セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

ビットコイン活用術~海外送金~

   

海外にいる人との金銭の受け取りや支払いの方法として思いつくものはありますか。
現金での送金、ネットバンクなど沢山ありますよね。しかし、どれも盗難や手数料が割高などのデメリットがあります。そこでここ最近日本でも話題になりつつある便利なのがビットコインです。ビットコインを使用することでどのようなメリットがあるか見ていきましょう。

海外送金は必要な場面とは?

何らかの手続きを行う時には、海外送金が求められる事があります。
その事例も色々とあり、意外と多彩な局面で海外送金が必要です。

個人輸入をしたい時

例えば、どこかから買い物をしたい事もたまにあるでしょう。
最近では通販サイトなどを活用して、国内で買い物をする方々も増加傾向にあります。
ところで通販と言えば、個人輸入などもその1つなのです。海外の製品を購入したい時には、やはりそれで購買手続きを行う必要があります。
それで個人輸入をする際には、海外の業者に対して送金する必要があります。国内ではありません。

海外に投資をしたい時

例えば外国にある企業などに、投資をしたいと思う局面もたまにあるのです。
特に法人などは、外国の特定の企業と取引をしている事もあります。時には将来性が見込める企業に投資する事もあるでしょう。その際にも、投資の資金を送金する必要があります。しかも銀行振り込みなどでなく、海外送金が必要なのです。

トラブルが発生した時に送金する

海外では、たまに何らかのトラブルが生じる事もあります。
例えば知人が海外旅行に行っている事も、たまにあるでしょう。しかし治安があまりよくない国ですと、現金が盗まれてしまう場合があります。その場合、知人に対して海外送金を行う事になるのです。

そうかと思えば、大規模災害などもあります。海外で災害が発生した時などは、現地の会社に寄付金を送りたいと思う事もあるでしょう。それも海外送金で手続きを行う訳です。

その他の送金が必要な局面

その他にも、色々な状況が考えられます。例えば海外で働いていたり、通学をしている親戚に対して、仕送りをする局面もあり得るのです。また海外クラウドファイナンスです。

そのファイナンスに関わる投資を行いたい時にも、同じく送金をする必要があります。他にもブックメーカーなどに支払いをする時にも、海外送金が求められるのです。

このように海外送金が必要な局面は、意外と多彩なのです。

日本人が海外送金を行う場面とは?

日本にただ住んでいるだけという場合ならわざわざ海外送金をする必要なないと言えますが、子どもが海外留学しているという人や、海外で長期滞在をしていて、日本円から海外の通貨に送金をしたいという旅行者などは海外送金ということが身近な話になってくるといえます。

また、海外の銀行口座を基にして投資活動を行っているという人にも海外送金は関心が高いのではないでしょうか。

海外に子どもが留学しているという場合、生活費や学費などを日本から海外の子どもの口座に送金することになる場合が多いのではないでしょうか。
例えば50万円を送金するという時に、これまでは銀行に行って海外送金手続きをお願いしてから送金を行ってもらいました。

どうように、海外で長期滞在中の人も、インターネットバンクなどを活用して、自分の口座のお金を海外の口座に振り込むという手続きを行っていたといえます。
また、投資をしている人も同様に、日本のお金を海外の投資用の口座に送金をしていたのではないでしょうか。そんな時に気になるのが銀行の手数料です。

50万円を送るという時など、銀行から海外送金をしてもらう場合、5000円くらい手数料として支払わなければならないことも多かったのではないでしょうか。
結構割高だと思った人もいるといえます。

しかし、最近注目されているビットコインで海外送金をすると手数料がとても割りやすくなって、とてもお得なのです。
このように、日本人が海外送金をする場合は結構あるということなのです。

中国でビットコインが人気。その理由は?

2015年に発表されたゴールドマンサックスの調査によると、過去6ヶ月間のビットコイン取引で、最も多く取引されていた国が中国だといわれていました。
中国の取引量は全体の大体8割を占めており、残りがアメリカ、そして1%がユーロ圏でのトレードということでした。

どうして中国ではビットコインが人気があるのでしょうか?

その大きな理由の一つとして挙げられているのが、中国でのマイニングがとても活発であるということです。世界のマイニンググループのほとんどが中国にいるといわれているのです。

基本的に、ビットコインのシステムに関する決定などはビットコインのマイニング参加者や開発者などによって多数決で決められています。
中国には多くのビットコインマイニンググループが存在しています。そのため、中国国内の情勢などにも影響されていくといわれます。そのため、ビットコインは中国と関連性があり、中国でビットコインが人気があるということなのです。

なぜ中国にマイニンググループが多く存在しているのかというと、電気代の安さなども要因となっていると考えられています。

ビットコインのマイニングには高性能コンピュータが必要です。そのため、その維持にはコストがかかり、電気代の安いアジア等にマイニンググループが多く集中することになると考えられているのです。

また、アジアはビットコインとの相性も良いといわれ、中国はアジア最大の国でマイニンググループが多く、取引も活発と考えられているのです。

まとめ

このようにビットコインは中国を始めとするアジア、またはアメリカやユーロ圏内で取り引きが活発に行われるようになってきました。
ビットコインによって現金による取り引きでの盗難や送金する際に発生する割高な銀行手数料などのデメリットを解消することが出来るようになりました。

ビットコインは銀行手数料よりも割安で取り引きすることが可能です。
またアジアは世界的に見ても電気料金が割安なため、パソコンでの作業に関してはとても環境に適していると言えるでしょう。実際に中国国内ではビットコインマイニンググループの活動が世界でも一番活発に行われています。

これはビットコインの取り引きやマイニングをする際に使用するハイスペックなパソコンでも電気料金が割安なことも活発にビットコインを使用している理由のひとつとも言われています。
この機会に個人輸入、海外市場との取り引き、海外支援などに興味をお持ちの方はビットコインでの金銭の支払いや受け取りも視野に入れて、あなたのご興味ある活動を開始してみませんか。

また、ご自身や家族、親しい知人が海外旅行好きで頻繁に海外に行かれる方や海外留学を考えてる方やそのご家族の方なども万が一に備えてビットコインを備えてみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 63
    follow us in feedly

  関連記事

ビットコインが送金中に盗まれた!?そんな事ってあるの?

ビットコインの送金ですが、ビットコインを送金する際に、コインが抜き取られてしまう …

12/4にCOMSA(コムサ)がZaifに上場!!その後の値動き予想と中長期的な展望

いよいよ12月4日(月)にCOMSAがZaifで取引できるようになります。COM …

ファクトム(Factom)は書類やデータを低コストで安全に記録・管理できる

さまざまな業界・企業から注目を集める文書管理プラットフォーム 出典:factom …

ビットコインに限りがある!?掘り尽くされてしまった後はどうなるの?

2009年の登場から「ビットコイン」は、全く新しい通貨の形として注目され続けてい …

完璧に見えるビットコインに死角はあるの?

昨今ではインターネットの普及にともないオンライン上での金銭取引の増加している傾向 …

Kraken国内だけでなく世界中で使われている仮想通貨取引所

出典:kraken 多彩な仮想通貨を取り扱い、安心・安全な環境で取引ができる人気 …

ビットポイント(bitpoint)の取引手数料が無料!自動売買もできる仮想通貨取引所

出典:bitpoint 初心者〜上級者まで安心して取引ができるビットコイン/イー …

FXや株式のように投資対象としてビットコインを選ぶことのメリットは?

この数年で聞くようになった単語のビットコインですが、投資先として非常に有望な存在 …

ビットコインとは?投資の始め方、ビットコインの仕組みを投資歴10年の私が解説します

ネットニュースや雑誌でたびたび話題になるビットコインという言葉。これは仮想通貨の …

ビットコインに興味がない!あなた損してますよ!

如何なる政府機関や銀行からの介入も受けない全く新しい通貨システムとして、2009 …