セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

暗号通貨と仮想通貨ってなにが違うの?

   

「暗号」とは通信の秘密を守る為、情報を第三者が見ただけでは内容がわからないように当事者間だけでわかるように決めた特殊な記号を指します。「仮想」とは事実でないことを仮にそう考えてみることを指します。

一見すると混同することの無いような言葉ですが、暗号通貨と仮想通貨を混同して使用されている事を多く見かけます。暗号通貨と仮想通貨とはどういった物なのでしょうか?

海外で使われる『暗号通貨』という言葉は何を指す?

仮想通貨と暗号通貨、この二つの単語を目にする機会が多くなりました。仮想通貨はビットコインをイメージすることもあって、まだ意味は捉えやすいかと思います。

その一方で暗号通貨は見当のつかない、謎の多い存在として映る方が多いのではないでしょうか。

実際のところ、仮想通貨も暗号通貨もほぼ同じものを指す言葉として使われています。
暗号通貨という名称は主に海外でよく使われているもので、「暗号理論を用い、取引の安全性を確保したり、新規発行の統制を敷いている通貨」という意味が込められています。

一方、仮想通貨という名称については、マスメディアなどが一般人向けに親しみやすいものとして使っています。

私たちに馴染みの深い呼び方は後者ですが、電子マネー等のデジタル通貨との混同を避けるという意味では、暗号通貨と呼ぶのが適切と言えるでしょう。

ビットコインの正式な名称も『暗号通貨』

仮想通貨の代表格となっているビットコインですが、正しい名称は『Cryptocurrency Bitcoin(暗号通貨 ビットコイン)』となっています。そもそも『暗号通貨』という名称の由来がこの正式名称であり、ビットコインの普及とともに普及したという経緯があります。

ビットコインをはじめ、仮想通貨の多くは暗号技術をシステムに組み込むことで、通貨としての安定性を保証しています。
そのため、『暗号通貨』という呼び名は、仮想通貨システムの本質を示すものとして妥当であり、また明解なものと言えるでしょう。

日本では仮想通貨と呼ばれるのが一般的ですし、今後も仮想通貨という呼び名とともにビットコインが扱われることは確実です。
しかしながら、仮想通貨という呼び名が電子マネーなど無関係な通貨にまで使われることもあり、もはや暗号通貨のみを示す名称ではなくなってきています。

取引での混同や混乱を避けるためにも、より狭義の名称である『暗号通貨』という言葉は覚えておいた方が良いでしょう。

あまり知られていない暗号通貨の意味を解説

2009年に登場したビットコインは分散化された暗号通貨として初めて登場しました。

暗号通貨は、暗号理論を用いることで取引の安全性確保を図ったり、新たな発行の統制を行うという仮想通貨のことを言います。基本的に暗号通貨は代替通貨でもあり、デジタル通貨でもあります。

暗号通貨の統制は分散化されており、集中化されている銀行システムや電子マネーのシステムとは対照的と考えられています。
ビットコインにはブロックチェーン技術が採用されていて、P2Pネットワークはブロックチェーンを支えています。ビットコインは銀行のような中央サーバーの経由を行わず、直接、1対1で取り引きできるようになっていて、サーバーとクライアントというモデルに基づく信用によらずに取引できるのです。

こうしたビットコインの仕組みは、P2P技術と公開鍵暗号という暗号技術が用いられることで実現されています。これらをまとめて暗号通貨(Cryptocurrency)と呼ぶのです。

この分散化された統制はビットコインの分散型台帳ブロックチェーンという取引データベースの使用に大きく関係しています。このように、暗号通貨は公開鍵番号などの暗号理論をさいようすることで、取引の安全性を確保できる代替通貨でもありデジタル通貨でもあるのです。

仮想通貨と暗号通貨は別の物ではなく、ビットコインの特徴を区分して表わした時の呼び方であり、ビットコインでは同一のものであると考えられているのです。

なぜ仮想通貨と呼ばれるようになったのでしょうか?

ビットコインにおいては、仮想通貨と暗号通貨は全く別の物ではなく、同一のものであると考えられています。
ではなぜビットコインは仮想通貨と呼ばれるようになったのでしょうか?

これについては、海外では正式には暗号通貨と呼ばれています。
しかし、日本に入ってきた時には仮想通貨と呼ばれる方が多くなったのです。仮想通貨はバーチャルなお金で、コンピュータ上で取引される手に触れられない通貨という意味もあるといえます。

日本語でもビットコインは仮想通貨と紹介されていたり、また暗号通貨とも書かれていたりしています。これについては多くの人々にどちらでもいいと考えられているからといえ、日本では仮想通貨と呼ばれるほうが定着しているといえます。

ビットコインはもともとは海外で多く取引されていた通貨で、海外から入ってきた時には微妙に名前の呼び方が変わるということは日本でもこれまでにも多くありました。

ビットコインは日本でも既に普及している電子マネーと同類と考えられていて仮想通貨と呼ばれるようになったといえます。

また、ビットコインは代替通貨と呼ばれることもあり、そうなると呼び方が複雑化していくということもあり、現状では仮想通貨でも暗号通貨でもどちらでもよいという人も多く、既に呼び名としてより定着している仮想通貨という呼ばれ方をしているというのが多くの日との見解となっているようです。

まとめ

現在、日本では本来「暗号通貨」と呼ぶべきものを「仮想通貨」との呼び方が定着しつつあります。
しかし仮想通貨の呼び方では電子マネーと混同することが避けられない。仮想通貨と電子マネーはシステム面で全く違うものであるにもかかわらず、同じような物とされる事はどうなのでしょうか。

デジタル通貨という事で電子マネーと仮想通貨を混同しない方が良いかと思います。
仮想通貨では強固なセキュリティを実現し公開鍵暗号技術を取り入れており、管理者・発行元というものが存在しない。その為、オープンな仕組みとなっており世界中で受け取り、支払い、貯めておくことも自由に行うことが出来ます。

今後グローバルに様々なサービスが進む中で大きく発展し一般化していく可能性をもっています。
一方、電子マネーでは閉じたシステムとなっていて、発行元が全ての権限をもっています。価格も固定されており日本では円に依存します。電子マネーと仮想通貨はシステム面で根本的な違いがあります。

暗号通貨と呼ぶと謎の多い存在に聞こえるかもしれないが実はそのシステムは暗号化によって取引をオープンな状態にして正しい呼び名のように思います。

本来の暗号通貨を仮想通貨と呼んでしまうと事実の無い通貨のような気がして、日本での仮想通貨(暗号通貨)の発展の障害となるのではないかと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 61
    follow us in feedly

  関連記事

送金手段に「ビットコイン」を利用するという選択肢がある

最近、Webやニュースでビットコインにまつわる話題が多く見られるようになりました …

ビットバンク(bitbank)は高いセキュリティで幅広いアルトコイン取引ができる

ライトコインやモナーコインを取り扱い板で売買ができる! 国内の数ある仮想通貨取引 …

Kraken国内だけでなく世界中で使われている仮想通貨取引所

出典:kraken 多彩な仮想通貨を取り扱い、安心・安全な環境で取引ができる人気 …

ビットコインはクレジットカードとどう違う?ビットコインの台頭で財布の厚さはどんどん薄くなる?

お金が手元になくても物を買うことができるクレジットカードと、円やドルといったお金 …

ビットコインでも短期売買が可能?株やFXのように取引きができるのか!?

ビットコインは、短期で売買できる特性があります。売買を行うまでの手続きは、特に難 …

世界で通用する通貨。ビットコインを初めて取引する人へ

ビットコインはこれからの時代の新しい通貨として、注目されている仮想通貨の1つです …

リップルにGoogleも出資!国際送金の在り方を変える仮想通貨

大手金融機関が採用し、仮想通貨のなかでも多くの注目を集めるリップル リップルとい …

モナーコインは日本のカルチャーの根付いた日本発の仮想通貨

国産の仮想通貨であるモナーコインはどんな特徴を持つのか 多くの仮想通貨が注目され …

ビットコインが送金中に盗まれた!?そんな事ってあるの?

ビットコインの送金ですが、ビットコインを送金する際に、コインが抜き取られてしまう …

買い物でもらえるポイントやゲームで使える通貨とビットコインの違いはなに?

仮想通貨という言葉が世間を賑わせている昨今、「ビットコイン」について聞いたことの …