セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

完璧に見えるビットコインに死角はあるの?

   

昨今ではインターネットの普及にともないオンライン上での金銭取引の増加している傾向にあります。
その中でも最新の記述を駆使したビットコインは正しい支払いを保障するものです。そのビットコインにもメリットとデメリットがあります。

便利なものだからこそ、失敗することのないように正しく使用しましょう。そして、そのために気をつけることをビットコインのメリットとともに紹介します。

ビットコインの取引量増加により各ノードの情報の増加

現在進行形で注目を集めているビットコインは、最新の技術を取り込んだ新しい通貨取引の形態を提供しています。
このビットコインは、分散型の仮想通貨であって、発行主体が存在しない特徴を有しています。

私たちが使用している日本円などの通貨は、日本国政府などが通貨の発行主体となっています。
ビットコインでは、通貨の発行主体がなくて、支払人(=ノードA)から受取人(ノードB)に対してビットコインがノードAからノードBにバケツリレーで伝送される仕組みになっています。
ノードがオフラインの場合は、ノードに再接続することでビットコインの情報を取得することになります。

銀行などで取り扱う通貨は、中央に通貨を扱うサーバーが存在しており、リアルタイムで情報が記録・保存される仕組みと対照的になります。
このビットコインのような分散型の仮想通貨は、各ノードが支払い情報を分散して保存することで支払い情報の正しさを担保することができるようになっています。

このようにビットコインは、情報を分散して各ノードが記録・保存する必要があるために、ビットコインの取引量が増加するに従って、全てのビットコインの情報をパソコンに取り込むために膨大な時間と保存するための記録メディアが必要になります。

このビットコインの情報を全て取り込むために、ビットコイン種類によっては3日程度を要する場合もあります。さらに、記録するメディアも大容量のタイプを準備する必要があります。

この増加したビットコイン情報は、ビットコイン初心者の方には頭の痛い話になります。
逆にこのような問題は、政府が発効主体の通貨では、このような問題は発生しません。

ビットコイン情報の損傷時による取引タイミングを逃すリスク

ビットコインは、ビットコイン情報を各ノードに分散して記録・保存されているためにビットコイン情報が全体として消失することはありません。
しかしながら、ビットコインの取引をしている個々のノードは別問題なのです。多くノードは、一般に市販されているパソコンを使用しているものと考えられます。つまり、サーバーなどのような動作保証・データ保証ができない環境で運用されていることが実態になります。

そのために、ある一定の割合でパソコンに保存されているビットコイン情報が消失するリスクがあります。
一度、ビットコインの情報が消失してしまうと、ビットコインの情報を取り込みために膨大な時間を要します。このために、ビットコイン情報を保全するための技術的な手段が必要になります。

これに対応するために、ビットコイン情報を保存しているHDDやSSDにRAIDを導入する必要があります。
RAIDとは、HDDやSSDに保存された情報の損傷を守る幾つかの仕組みが準備されています。このように、ビットコインは、廉価なパソコンで取引が可能な通貨という視点で考えている方もいるかもしれません。
しかし、中央で管理しているサーバーと同様のデータ保全の仕組みを導入しない限り、ビットコイン情報の消失のリスクが内在してしまいます。

つまり、取引タイミングを逃すリスクが生じていることになります。この技術的な盲点を解消して、取引タイミングを常に担保する必要があります。

将来このまま上がり続けるマイニングコスト

ビットコインには、取引台帳の計算に協力すると褒美としてビットコインをもらえる、マイニングというシステムがあります。
以前は気軽に参加できるものだったのですが、世界中の人がこのマイニングに参加するようになり、マイニングコストが急激に上がってきています。

今はマイニングで得られるビットコインよりも、電気料金や効率よくマイニングするために必要な高スぺックパソコンの代金などマイニングコストの方がかかる状況になっています。

その結果、クラウドマイニングというシステムが現れました。

このクラウドマイニングとは、マイニングを業務として行う組織にお金を投資し、その見返りとしてビットコインを得るというシステムですが、クラウドマイニングを行う組織が増えたことにより、ますますマイニングの敷居が上がりました。
世界中からオンラインで資金を募り、そのお金でマイニングするパソコンを買い、見返りとしてビットコインを返す、こういうクラウドマイニング的なシステムが現れると、普通の人はマイニングができなくなります。

そうなると、いったいどうなるのでしょうか。
マイニングは取引台帳の計算など、ビットコイン業界に貢献している人への報酬です。

この貢献作業を一部の組織や企業に独占されると、もしその組織や企業がマイニングを辞めてしまった場合、ビットコインのシステム全体が不安定になってしまいます。
すでに一部の組織にマイニングを独占されつつあること、それが将来業界全体に不利な結果をもたらすかもしれないこと、これもビットコインが抱える弱点だと言えるでしょう。

ビットコインのサイドチェーン上での「死角」

現在のビットコインにおいては、権限の支払いにおいての公開鍵暗号における暗号解読での実装を緩めるようなネット環境上での現状があります。
このため、送付人・受取人が特定をされたりする事はありませんので、その当事者同士間での互いの特定が出来ないようになっています。また、その当事者同士以外の第三者の人間がやり取りをしているビットコインを盗もうとしても、その当事者の両者が秘密の鍵を持ち、彼等がその第三者本人に直接教えたりしなければ盗む事が不可能ですので、プライバシー面では万全な、環境仕様といえます。

上記で述べたようなプライバシー保護面での万全さは確かにありますが、今度は当事者であるビットコインの利用者自身が、同じコインを複数からなる受取人への支払い、つまり、重複決済が容易になされてしまうといった問題があります。
これを解決するために、ビットコイン取引に関して、その一連を取引の当事者全員がみる事が可能なブロックチェーンと呼ばれる帳簿の記録を行い、怪しげな人物の存否についての特定検証や、その取引で使われたコイン自体が別の取引などで使用されたものか否かを確認出来るようになっています。

そして、ブロックチェーンを一度作成した後に、また別にブロックチェーンを作成したりした場合に、その別のものを「サイドチェーン」と呼びます。

これ自体は親チェーンである最初のブロックチェーン本体とは独立をしており、匿名性や速めな取引速度、コイン発行量の調整その他からなるあらゆる技術、経済的な実験とかが行えるようになっています。

また、独自の通貨をサイドチェーン上で発行出来る上に、そのサイドチェーンにおいて独自通貨もそしてビットコインも、両者ともに双方向での移動や取引が可能なので、大変便利な面があります。

サイドチェーンでの取引や移動などは大変便利ですが、親チェーンとサイドチェーンの両方を同時採掘するためのシステムであるマージマイニングが無ければ、一部のチェーンにおいてセキュリティのリスクが高まり、スキミングなどをされたりしてしまうといった恐れが出てきたりします。

このため、より大きな採掘力が必要になり、現在とくに問題になっている採掘グループ自体の集中化がビットコインの環境において進んだりしないかが懸念をされたりしています。このように、サイドチェーン上での「死角」があり、まだまだ課題があります。

まとめ

ご紹介したようにビットコインは仮想のコインです。
そのため、支払人や受取人がオフライン(不在)でも再接続することでビットコインの情報を取得することが可能であることがメリットの一つとも言えます。また、支払人や受取人がお互いのプライバシーを守りながら取引を行うことが可能な上に、怪しげな人物の特定検証や、そのコインを他の場所で使用していないか特定することも可能な点も利点です。

それらのメリットを上手く活用するために、これから使用するビットコインの情報量と手持ちのパソコンやメディアの要領があっているかを確認しましょう。
その上でRAIDを導入しHDDやSSDに保存されたビットコイン情報を損傷からしっかり守るようにしてください。また、マイニングシステムの報償を追い求めすぎてクラウドマイニングを行い行為は、本末転倒どころかビットコイン業界を荒らすことにも繋がります。

そして最も問題なのは、ビットコインを別の通貨を交換する際のスキミング対策としての採掘グループが集中化しすぎてしまわないかです。
システム上の死角になっている部分は他にも存在し、課題の多いビットコインですが、メリットであげたように使い方を誤らなければ大変利便性の高いものです。正しい使用法を身に付けると共に、マナーを守りビットコインをより利用しやすいものにしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 63
    follow us in feedly

  関連記事

買い物でもらえるポイントやゲームで使える通貨とビットコインの違いはなに?

仮想通貨という言葉が世間を賑わせている昨今、「ビットコイン」について聞いたことの …

ビットコインは誰が作ったの?~ビットコイン誕生まで~

皆さんは、ビットコインというインターネット上で使用できる仮想通貨をご存知でしょう …

「GMOコイン」2017年5月誕生のGMOグループならではの安心感!

出典:coin.z.com 堅固なセキュリティ体制でビットコインの取引手数料は無 …

ビットコイン決済ができる店舗・通販サイトがどんどん増えて、私たちは何でもビットコインで買い物するようになる

ビットコインは仮想通貨で、日本円のような法定通貨と異なり、硬貨や紙幣はありません …

世界で通用する通貨。ビットコインを初めて取引する人へ

ビットコインはこれからの時代の新しい通貨として、注目されている仮想通貨の1つです …

ビットコイン活用術~海外送金~

海外にいる人との金銭の受け取りや支払いの方法として思いつくものはありますか。 現 …

ビットコインとは?投資の始め方、ビットコインの仕組みを投資歴10年の私が解説します

ネットニュースや雑誌でたびたび話題になるビットコインという言葉。これは仮想通貨の …

世界で注目される分散型プロトコルのオーガーについて

未来予測市場を「公平・公正、低コスト」に変えるプラットフォーム 出典:augur …

Kraken国内だけでなく世界中で使われている仮想通貨取引所

出典:kraken 多彩な仮想通貨を取り扱い、安心・安全な環境で取引ができる人気 …

コインチェックの「貸仮想通貨サービス」を利用すれば銀行預金より高い金利が付く!

仮想通貨の取引所のひとつであるコインチェックが行っている新しいサービス。それが「 …