セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

買い物でもらえるポイントやゲームで使える通貨とビットコインの違いはなに?

   

仮想通貨という言葉が世間を賑わせている昨今、「ビットコイン」について聞いたことのある人も多いのではないでしょうか?

このビットコインは新たな投資対象として世界で話題となっています。
ビットコインの特徴について一般的なお店のポイントとゲーム内通貨の違いを解説していきます。

他人への譲渡や売買は禁止されているポイント。ビットコインとの違いは何?

日常生活でよく利用するお店では、所定のポイントが採用されている事があります。商品購入などに充当できるポイントですが、それは譲渡に関する特徴があるのです。

発生したポイントを渡すのは不可能

お店で発生したポイントなどは、誰か知人に渡したいと思う場合があります。親戚などに渡したいというニーズもたまにあるのです。
ですがお店で発生するポイントは、「Aさんに割り振られたポイントはあくまでもAさんだけが利用できる」仕組みになります。たとえご家族でも、BさんやCさんなど第三者に渡すことや売却はできません。

売却を行う事も可能なビットコイン

それに対してビットコインというのは、第三者に渡すことが可能です。言ってみれば、日本円と非常に似ているのです。
もちろんAさんが保有している日本円は、BさんやCさんなどに渡すことは可能です。

また譲渡が可能である以上、ビットコインを誰かに売却する事もできます。
いわゆる取引所を経由する事にはなりますが、個人間でのニーズが一致した時には、売却もできる訳です。もちろんポイントでは売却は可能ですから、それも両者の違いの1つです。

ポイントには決められた交換レートがあるがビットコインは…

お店や会社が採用しているポイントには、必ず交換レートという概念があります。
いわゆる1ポイントにつき何円という表記になっているのです。その変動性が極めて大きいのが、ビットコインの特長と言えます。

所定レートで算出した数字でポイントを購入する

お店や各会社としては、所定ポイントに関するレートの数字を決めているのです。
例えば10ポイントにつき1円というルールになっているとします。その場合500円を支払った時には、5,000ポイントが発生する訳です。1,000円なら、もちろん1万ポイントになります。

変動する性質があるビットコインのレート

ビットコインでも、同じくレートが設定されています。
ちなみにビットコインの場合は、BTCという単位が採用されています。
ビットコインのレートは、常時動く事になります。ある時は1BTCが30万だったとしても、数時間後には305,000円になる事もあるのです。

ポイントの場合は、そこまで大きな変動が生じる事は原則ありません。たまに会社の都合でレートが変わる事もありますが、上記のような極端な数字での変動が生じる事はほぼ無いと考えて良いでしょう。

ゲーム内通貨とお店などのポイントはどのように異なるのか

様々なゲームでは、独自の通貨が採用されています。各ゲームによって単位も異なるのですが、それは商店などが採用しているポイントと誤解される事もあるのです。両者には、いくつか違いがあります。

商品購入で発生するポイント

まずお店などが採用しているポイントの場合は、あくまでも商品購入に応じて発生する点に特徴があります。
ポイント発生率が5%だとすれば、1万円の商品を購入した時には、500円分のポイントといった具合です。しかし、商品が購入されなければポイントは発生しません。何かを購買する手続きが必要なのです。

購入しなくても発生するゲーム内通貨

そしてゲーム内通貨は、その限りではありません。何か商品を購入していなくても、基本的には通貨を発行する事は可能です。
言ってみれば、米ドルのようなイメージになります。

あくまでもゲーム内だけで使える通貨になる訳ですが、そもそも米ドルを入手するに際して、何かの商品購入後が求められる訳でもないでしょう。基本的には外貨と同じく、両替システムでゲーム内通貨を入手する事になります。
ただし外貨とは違って、特にレート変動などが設定されていません。基本的にはゲーム会社が数字を固定しているからです。

有効期限に関する違い

ゲーム内通貨の場合は、特に有効期限も設定されていない性質があります。その点は、お店が採用しているポイントとは異なるのです。
お店の場合は期限内に使わなければ、ポイントが消滅する事もあります。基本的にそれが無いのは、ゲーム内通貨の特長の1つです。

ビットコインはゲーム内通貨が進化したようなもの

このように数点の違いがあるポイントとゲーム内通貨ですが、ビットコインというものはゲーム内通貨と非常に似た一面があります。
その規模の大きさが特徴的なのです。

ゲーム内の通貨が進歩した形であるビットコイン

ビットコインは、まずゲーム通貨と同じく両替のようなシステムが採用されています。
ゲーム用のコインを入手したい時は、まずアカウントを作るでしょう。その後でゲーム通貨の両替手続きを行うという流れは、ビットコインとそっくりです。ビットコインというのは、そのゲーム用通貨が大きく進化した形とも言えるでしょう。

装備品などで使われるゲーム内通貨

各ゲームにおける装備品やアイテムなどは、有料になっている事も多いです。
そのアイテムを購入する為には、所定の両替手続きを行った上で、ゲーム内通貨を入手する必要があります。それで手元に通貨を確保できたら、改めてアイテム購入に充当できる訳です。

ビットコインというのは、それよりも大規模なグローバル通貨と言えるでしょう。
ある意味、全世界はゲーム世界に置き換える事もできます。もちろん世界各国には、様々なアイテムがあるでしょう。

そのアイテムを販売しているお店で品物を購入する為には、ビットコインと呼ばれるゲーム内通貨を利用するイメージになります。
ただゲームというのは、かなり閉ざされた空間です。ビットコインは全世界が対象になりますから、極めて規模が大きい事だけは間違いないでしょう。

まとめ

以上、仮想通貨「ビットコイン」の特徴について一般的なポイントサービスとの比較で紹介しました。
まとめるとビットコインには

①ポイントサービスとは違い、譲渡可能であること
②レートが変動する性質を備えていること、そして何よりその変動幅が大きいこと
③ポイントサービスとは違い、購入額に応じて得られるものでないこと
④世界を対象とするグローバルな通貨であること

といった4つの特徴があるようです。ビットコインが一般的なポイントサービスと似て非なるものであることは明らかですね。

仮想通貨という言葉の通り、ビットコインはまさに「通貨」です。円やドル、ユーロでの取引と同義と捉えてもらっても構わないのではないでしょうか。インターネットを介して簡単に取引を行うことができるところが、世界で話題になっている要因かもしれません。

変動幅の大きいビットコインを新たなビジネスチャンスと捉える人も多くいますが、ビットコインに投資して失敗した人も少なくありません。
失敗してからでは遅すぎますので、まずは今回紹介したような特徴や変動の大きさ、不正な取引所といったリスクをしっかりと勉強したうえで、賢くビットコインを運用していきましょうね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 65
    follow us in feedly

  関連記事

ビットコインが送金中に盗まれた!?そんな事ってあるの?

ビットコインの送金ですが、ビットコインを送金する際に、コインが抜き取られてしまう …

送金手段に「ビットコイン」を利用するという選択肢がある

最近、Webやニュースでビットコインにまつわる話題が多く見られるようになりました …

完璧に見えるビットコインに死角はあるの?

昨今ではインターネットの普及にともないオンライン上での金銭取引の増加している傾向 …

ビットポイント(bitpoint)の取引手数料が無料!自動売買もできる仮想通貨取引所

出典:bitpoint 初心者〜上級者まで安心して取引ができるビットコイン/イー …

暗号通貨と仮想通貨ってなにが違うの?

「暗号」とは通信の秘密を守る為、情報を第三者が見ただけでは内容がわからないように …

12/4にCOMSA(コムサ)がZaifに上場!!その後の値動き予想と中長期的な展望

いよいよ12月4日(月)にCOMSAがZaifで取引できるようになります。COM …

ビットバンク(bitbank)は高いセキュリティで幅広いアルトコイン取引ができる

ライトコインやモナーコインを取り扱い板で売買ができる! 国内の数ある仮想通貨取引 …

「みんなのビットコイン」トレイダーズが運営するビットコイン手数料無料の取引所

出典:/min-btc 堅固なセキュリティのなか手数料無料で取引できる誕生間もな …

マウントゴックス社が倒産。今後も取引所が倒産する可能性はあるの!?

中本哲史(サトシ・ナカモト)さんが発明した仮想貨幣「ビットコイン」はとてもクリア …

ジーキャッシュは大手金融会社とも提携!完全匿名で追跡困難な仮想通貨

第誕生して間もないが「第二のビットコイン」と呼ばれるほど注目されている 出典:z …