セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

ビットコインでも短期売買が可能?株やFXのように取引きができるのか!?

   

ビットコインは、短期で売買できる特性があります。売買を行うまでの手続きは、特に難しい事はありません。
また安全性なども比較的高めではあります。

その反面、ビットコインには様々なリスクもあります。比較的動きが大きい上に、ショートでの売買などは注意を要するのです。以下では、ビットコインでの売買に関する特長や注意点を紹介しております。

購入したビットコインは長期だけでなく短期売買も可能

ビットコインは、価格の動きはあります。その性質を用いて、もちろん売買をする事は可能なのです。
投資対象によっては、長期的なスタイルでの売買が行われている事もあります。

いわゆる投資信託などは、比較的長いスパンでの投資になる事が多いです。
また不動産投資なども、同じく長い目で見ていくケースが目立ちます。それに対してビットコインという投資対象の場合は、もっと短いスパンでの売買も可能です。
いわゆるデイトレなどの短期的な売買で、利益を狙う事も可能なのです。

短期売買を行うまでの手順

具体的な流れですが、まずは取引所での手続きからです。
メールアドレスや本人確認書類などを提示した上で、アカウントを作成する必要があります。
アカウント作成時にログインに必要なIDやパスワードが発行されます。これはしっかり保管しましょう。

それが完了したら、今度は取引所で作ったアカウントに入金します。
入金が完了したら、発行されたパスワードやIDなどを入力した上で、取引所のシステムにログインをします。
そこには売買に関わる様々なボタンが設置されていますから、所定の操作方法にしたがって、短期売買を行っていく事になるのです。
ちなみに取引所が採用しているシステムの操作方法などは、各業者によって異なるのが実情です。またスリッページや約定の成立率なども、各業種によって違いはあります。

値動きはかなり激しいビットコインとその主たる理由

ビットコインは、値動きの激しさが特徴的です。少なくとも外貨などと比べれば、かなりの上下動が発生している事だけは間違いありません。それにも、複数の理由があるのです。

市場参加者が比較的少ない

そもそも動きが激しくなるか否かは、参加者の人数などに左右される傾向はあります。
ビットコインというのは、いわゆる薄商いになる傾向はあるのです。アメリカのドルなどと違って流通量もあまり多くありませんから、誰かが大きなお金を動かしただけで、大変動が生じる傾向があります。

株で採用されている値幅の制限

株式投資などでは、動きに関する制限値が設定されているで、あまり大きな動きは発生しないのです。
例えば制限が300円と設定されているなら、それ以上の動きが発生する事はありません。あくまでも300円以内に限定されるからです。

特に制限幅が存在しないビットコイン

ビットコインという投資対象は、上場株とは全く性質が異なります
株価と違って、値幅に関する制限を課す事ができません。
特に制限が設けられなければ、ところで動きがストップする事もないのです。それで時には、株ではほぼ有り得ない動きが生じてしまうという仕組みになります。

また国によっては、投資に対する特定の規制が設定されている事もあります。

それで上記のような値幅制限が生じる事もよくあるのです。
ところがビットコインの場合は、特に各国による制限を課せられない性質があります。何かの歯止めが生じない都合上、値動きも少々大きくなる訳です。

経験のない初心者でもビットコインに投資できるの?

数ある仮想通貨の中でも最も有名なのがビットコインですが、この仮想通貨は投資初心者にも魅力が大きいです。

それは取引所へのアカウント作成が比較的簡単だからです。
株式では証券会社、FXでは証券会社またはFX専業会社に口座開設することが必要です。
国内の場合、口座開設するには何かと面倒な作業がありましたが、CoinCheckと言う取引所ならメールアドレスだけでアカウントの開設ができるのです。

Facebookのアカウントを持っていればさらに簡単に作成できます。
今後は本人確認書類の提出など厳しくなる可能性はありますが、今のところ簡単な作業で開設ができます。

出典:coincheck

アカウント開設後は日本円で入金することが必要です。
入金は最寄りのATMから行え、入金が反映されたらビットコインを購入できるようになります。
ビットコインの取引所は複数社あり、業者によって待遇や条件が違ってきます。
条件などをよく確認し、自分が利用しやすいと思った取引所にアカウントの開設しましょう。

ビットコインは少額から投資できる

ビットコインは少額から投資できると言うメリットがあります。
現物株や不動産への投資ではまとまった金額が必要で、初心者ではなかなか踏み出せませんがビットコインならまだ慣れていない初心者でも手軽に購入することが可能です。

また新しく始まったばかりの仮想通貨への投資は不安視されることが多かったのですが、最近では仮想通貨に関する新しい制度が国内でも始まったため安心して取引できるようになりました。
この安全性の高さも初心者向けの理由の一つとなっています。

ビットコインを株式やFXのように取引する際に注意したいところは?

乱高下しやすい

株式よりも乱高下しやすいと言う点には注意が必要です。
大手企業の株式より流動性が低いため、投資家心理が悪化すると急激に価格が落ちる可能性があります。
しかしビットコインの将来性は高いと見込まれているので、価格が落ちても元に戻る可能性は十分にあります。

レバレッジの効かせすぎには注意

ビットコインは取引所によってはFX同様、レバレッジを効かせた取引が可能です。
BIT Pointなら最大25倍ものレバレッジをかける事が可能ですが、レバレッジを効かせた取引を行う場合はリスクが高まるために注意が必要です。

もし取引に失敗し一定以下の保証金率まで落ちると追加保証金が発生するリスクがあります。
FXでは追証とも呼ばれており、期限までに入金しないと強制決済されてしまうのです。

初心者のうちはレバレッジ低めの倍数で取引した方が良いです。
取引所によって追証のルールが異なるため、事前に確認して下さい。

まとめ

ビットコインには主に3つのメリットがある事が分かります。
まずコインは、短期的な売買を行う事ができます。
必ずしも長期だけに限定されない点は、ビットコインのメリットの1つなのです。

2つ目は、ビットコインは比較的簡単に売買をスタートする事ができます。アカウントを作る為の手続きはそこまで難しいものではありません。比較的簡単な作業で取引を行える点も、ビットコインのメリットと言えます。

そして3つ目は、安全性の高さです。
最近に新しい制度がスタートした事もあり、比較的安全な取引が可能というメリットもあります。

このような様々なメリットはありますが、やはり短期売買を行う以上はリスクも考慮しておく必要はあります。株などと違って乱高下しやすい性質はありますから、リスク対策を考えておく必要はあるのです。
それと売りで売買を行う時にも、注意を要します。ロングの注文と違い、ショートの場合は底値が見えづらいという特性があるからです。
ショートの場合は、ロング以上にリスク対策を考えておく必要はあります。またレバレッジも高くしすぎないよう注意が必要です。

ですからビットコインは短期売買をスタートできるメリットはありますが、相応のリスクもある訳です。
ただ幸いにも、ビットコインは少ない金額から投資を行う事もできます。最初から大きなお金を動かす必要もない以上、初心者も短期売買を行いやすい特性もあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 63
    follow us in feedly

  関連記事

ビットコインに限りがある!?掘り尽くされてしまった後はどうなるの?

2009年の登場から「ビットコイン」は、全く新しい通貨の形として注目され続けてい …

FXや株式のように投資対象としてビットコインを選ぶことのメリットは?

この数年で聞くようになった単語のビットコインですが、投資先として非常に有望な存在 …

Kraken国内だけでなく世界中で使われている仮想通貨取引所

出典:kraken 多彩な仮想通貨を取り扱い、安心・安全な環境で取引ができる人気 …

ビットコインはなぜ通貨としての価値を持つの?バーチャルなお金に価値が出る仕組みを解説

今までの通貨である米ドルや日本円などの通貨はなぜ価値があるのかというとみんなが「 …

ファクトム(Factom)は書類やデータを低コストで安全に記録・管理できる

さまざまな業界・企業から注目を集める文書管理プラットフォーム 出典:factom …

ビットポイント(bitpoint)の取引手数料が無料!自動売買もできる仮想通貨取引所

出典:bitpoint 初心者〜上級者まで安心して取引ができるビットコイン/イー …

世界で通用する通貨。ビットコインを初めて取引する人へ

ビットコインはこれからの時代の新しい通貨として、注目されている仮想通貨の1つです …

ジーキャッシュは大手金融会社とも提携!完全匿名で追跡困難な仮想通貨

第誕生して間もないが「第二のビットコイン」と呼ばれるほど注目されている 出典:z …

ブロックチェーンはどんな技術なのかが知りたい!

財布の中には、どこの国のお金が入っているでしょうか? 日本円ですよね。もしかした …

送金手段に「ビットコイン」を利用するという選択肢がある

最近、Webやニュースでビットコインにまつわる話題が多く見られるようになりました …