セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

物理的に実体のないビットコインは現金とどう違うのかを具体的に解説します

   

ビットコインはコンピューター上で取引される仮想通貨で、暗号通貨という種類の通貨の一つです。暗号通貨ではセキュリティ対策に暗号技術が用いられたりしており、電子署名などの技術などが用いられています。

そこで、ビットコインについて、どんな仮想通貨なのかという点について、実体性や保管という面からご紹介してみたいと思います。

ビットコインはバーチャルな通貨

ビットコインはオンライン上で使ったり得たりできるデジタル通貨です。そして、ビットコインは暗号通貨でもあります。そこで、ビットコインと現金の違いについてご紹介したいと思います。

バーチャルなお金ビットコイン

ビットコインは、今までのお金のように紙幣やコインのような実体がない仮想の通貨です。実体がないため、財布に入れたり手に取ったりすることはありませんよね。

・どのように使うのか
触って使う実際のお金とは異なり、パソコンやスマートフォンから利用できます。ウォレットというアプリを使えば、ビットコインを保有したり、使うことができるようになります。ウォレットは、オンライン上での財布の役目をするものです。インターネットができる環境であれば、いつでもどこでも使うことができます。

電子データというビットコインの利便性・安全性

電子データ

ビットコインの正体は、電子データです。そのため、現金のようにかさばることはありません。銀行などに預けたり、ATMを利用する手間もかかりません。

送金手数料が安い

送金に必要な手数料が安く、数十円ほどです。台帳情報を不特定多数で共有管理するため、銀行に比べてコストを低くできます。また、一つのコンピュータに問題が生じても、ビットコインは守られます。

世界中で利用できる

インターネット上でやり取りするだけなので国内に限らず世界中で利用することもできます。現金の単位は円やドルなどですが、ビットコインはBTCです。現金化せず、ビットコインで購入できる物も多くあります。

ビットコインは暗号通貨のひとつである事

ビットコインは暗号通貨になります。暗号通貨とは、取り引きの安全性を確保するために、暗号理論に基づいて取り引きされたり新たな発行の統制を受ける通貨で、暗号通貨は代替通貨の一つです。このような暗号通貨はデジタル通貨の一種でもあります。

暗号通貨は、セキュリティ対策として暗号技術が用いられていて、公開鍵暗号やハッシュ、その両方が用いられた電子署名などの技術が使われています。ビットコインは仮想通貨とも及ばれていますが、仮想通貨と暗号通貨に意味の違いはなく、仮想通貨という名称は海外ではCryptocurrencyという単語が用いられ、暗号通貨という用語が使用されていることもあって日本では暗号通貨と訳されているのです。

ビットコインは現金と違い実体のないお金

ビットコインは実体のないデジタルなお金です。
実体のないとは触ることができないという意味で、法定通貨である円は、紙幣やコインの形で発行され、実際に触ることができます。

そのような形態とは異なる仮想通貨であるビットコインは、デジタル上で取引される通貨で、実際に触ることはできないお金です。

ビットコインはクレジットカードやインターネットバンキングのようなネットワーク上のお金で、他のお金の形式の通貨と同様オンラインで支払いをしたり、店舗で使うことができます。

ビットコインは円やドルなどの実際の通貨と交換することもできますが、通常は携帯電話やスマホなどを用いて支払う方がより便利に使えるデジタル通貨なのです。

ビットコインはクラウド上に保管するため紛失したとしても安心できる事

基本的に、ビットコインは小銭入れ的な感覚で利用するのがおすすめの仮想通貨で、もしも失ったら困る額のビットコインの管理については考え方がいろいろあるようです。

ビットコインは、口座開設方法や設定方法がシンプルで、どのコンピュータからもアクセスできるといった点にメリットがあります。セキュリティ面については基本的にサイト管理者に任されています。選ぶ時にはできるだけ信用性の高いサイトを選ぶことが大切です。

日本で利用できる日本語対応のおすすめビットコイン取引所

それでは、非常に利用しやすいおすすめの取引所を、数社紹介致します。

bitFlyer ビットフライヤーは、多くの方々大企業から出資を受けている会社。
かなりの勢いで成長しているが設立は2014年と比較的若い会社。

キャピタルゲインによる利益を検討している投資家の方々に注目を集めている。比較的柔軟な取引を行える会社で、通常のコイン取引を行う事ができる。
最大15倍のレバレッジになるBTC-FXという取引や、イーサリアム:ETHの取引も買いだけでなく売りからのエントリーも可能。

Coincheck コインチェックは、多彩な仮想通貨を扱っているのが特徴的。

リップル(ripple)やFactom(ファクトム)、Augur(オーガ)といった多彩な通貨を扱っていますが、比較的簡単に取引を行える事から初心者向けの取引所でもある。

Zaif ザイフは、国内仮想通貨取引所に該当。

扱っているのはビットコイン以外にネム(NEM)やモナコイン(Monacoin)なども取り扱っている。
またコイン取引だけでなく、積み立てによる資産運用を行える。その際ハードウェアウォレットというコインを用いて運用する事も可能。

価格が急上昇しているモナコイン。国内で初めて使える点は、ザイフの最も大きな特徴。

BitbankTrade レバレッジが最大20倍での取引を行う事が可能。このレバレッジの高さは、業界の中では比較的珍しい。
レバレッジを意識した取引をしたい投資家にとっては他社と比較すると柔軟な取引が可能であるといえる。

 

米ドルなどの外貨で運用したい人は外国のサービスを利用してみよう

Coinbase Coinbaseはオンラインウォレットで、ビットコイン取引所も兼ねており、アメリカの銀行口座さえ持っていれば、直接ビットコインに米ドルを両替することが可能。
管理画面にはペイパル決済も揃っていて使い勝手が良い。
Airbitz Airbitzはスマホのウォレットアプリ。

暗号化した秘密鍵のバックアップがP2Pクラウドサーバー上に保管されていて、ビットコインをクラウド上に保管するため紛失したとしても安心。
近くのビットコイン決済対応店が検索できる便利な機能などもあるが、日本ではまだ未対応といわれている。

 

ビットコインは特定の国に属されない

仮想通貨としてますます注目されているビットコインですが、ビットコインは現金とどう違うのでしょうか?
そこでその違いについてご説明したいと思います。

国によるコントロールを受けずに世界中どこでも同じように利用できる

ビットコインは円やドル、ユーロ、中国元などのようにその国、地域の中央銀行などによって管理されている法定通貨とは異なり、紙幣やコインの形で触ることができません。

そして、国の通貨のようにその価値が国によって保証されているという通貨でもありません。

しかし、ビットコインは世界中で普及していて、決済などでも導入している国や会社も数多くあるのも事実です。
ビットコインはその国だけに通用する貨幣と異なり、世界中どこに行っても国境なく利用できるという性質をもち、特定の国に属されない通貨といえるのです。

従って、日本を訪れる海外の旅行者がショッピングをした代金をビットコインで決済するということがよく行われているのです。

ビットコインは世界で通用する国際通貨であり分散型通貨

ビットコインは世界で通用する国際通貨なのです。ビットコインはブロックチェーンという分散型台帳技術とよばれる独自技術によって、不特性多数のコンピューターによって管理されている分散型通貨です。

分散型通貨は、ブロックチェーン上に記録や書類を記録することによって分散的に管理されるシステムによって運営されている通貨のことです。

そのため国によるコントロールを受けないだけでなく、世界中どこでも同じように利用ができるというメリットがあるのです。
どこでも利用できるので、わざわざ自国のお金を旅行先のお金に換えて、また別の場所にいく時にそのお金をまた別の通貨に両替するという必要がなく、両替をする度に持っている通貨が両替手数料によって減っていくということがないのです。

ビットコインはネットワークに参加している人が主体となる

ビットコインはネットワークに参加している人が主体となって運営がなされています。そこでその運営の仕組みについてご紹介したいと思います。

ビットコインはネットワークに参加している人達が主体

ビットコインは特定の国によって発行されたり、管理されているわけではありません。ビットコインは、ネットワークに参加している人達が主体となって運営されているのです。
つまり、特定の国が発行管理しない代わりに、ビットコインネットワークの参加者が相互の信頼によって自分たちの手で運用しているのです。

ブロックチェーンでは世界のあちこちで24時間、365日行われている取り引きについて、参加メンバーがお互いに承認し合うということによって取引における信憑性の高さを証明されているのです。

つまり、中央集権なくして取引の正しさについての合意到達が行われているといわれ、ネットワークに参加している人達が主体となって運営されるというシステムになっているのです。

メンバー相互の承認によって運用される通貨

ビットコインはブロックチェーンというシステムによって、取引の正しさが承認され、メンバー相互が認め合うことによって運用されるという分散型の仮想通貨です。

ブロックチェーンシステムでは、世界中に点在しているパソコンにデータを置くことによって、ネットワークを形成し、そのネットワークを活用してビットコインの取引が担保されているということになるのです。

そのため、中央集権不在でも信頼性の高い合意に基づく取引が可能になっているのです。

国家が一元的に管理するのではなくて、メンバー相互の承認に基づいて運営がなされているとても民主的な通貨なのです。国によるコントロールを受けず、その国に受け入れ体制ができていれば世界中どこに行っても同じように使える国際通貨といえます。
 

ビットコインは暗号署名が必要

世の中は、決済や取引のために、現金が必要になってきます。

しかし、グローバル化が進む現代社会では、仮想通貨によるスムーズな取引が求められています。そのために生まれてきたのが、ビットコインと言っても過言ではないのです。

ただ、オンライン上で扱う通貨がいくら便利であってもセキュリティに弱くては誰も使わないですよね。どんな通信にも秘匿性の高いデータを送る時には、暗号化が必要です。

ビットコインであれば、その辺の課題もクリアしており、デジタル署名による暗号化をすることで高い安全性を担う役割を果たしているのです。
詳しくは>>ビットコインが送金中に盗まれた!?そんな事ってあるの?

ビットコインは電子署名という技術によって取引の経由、所有者の遍歴をさかのぼる事ができる事

ビットコインは仮想通貨のために、物理的に存在するお金でない事は、言うまでもありません。クラウド上での取引で利用される通貨のために、個人を特定するためのエビデンスが必要になってきます。

そうしないと、現在誰が所有しているビットコインを誰に送金すべきなのかが、できなくなるからです。

このような課題を解決させるために、デジタル署名が必須な事項になるのです。セキュリティの面からも、暗号化が重要な要件になってきますが、デジタル署名による暗号化が、個人を特定させることができるので、仮想通貨では無くてはならない技術です。

また、この暗号化技術のおかけで、ビットコインの遍歴も分かります。何処からどの人へお金が渡って行ったのか過去の個人のデータが残るようになっているので、ビットコインの長流れが特定てきるようになっているのです。

このことにより、犯罪・非合法の取引やマネーロンダリングのような異質の存在も排除させることができると考えられています。

まとめ

インターネットが発達して国境が限りなく低くなっています。そうなると、ビジネスの世界もグローバルな規模の取引が生まれてきて限りなくビッグなビジネスが期待できます。
その中で、ビットコインは、グローバル的な投資対象として使うことができますし、国を越えた送金や決済にも利用可能になってきます。

しかし、利便性の高い仮想通貨であるからこそ、公正明大な使われ方が必要になってきます。このような考え方を順守していくためにも、デシタル暗号化は避けては通れない条件になるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 61
    follow us in feedly

  関連記事

マウントゴックス社が倒産。今後も取引所が倒産する可能性はあるの!?

中本哲史(サトシ・ナカモト)さんが発明した仮想貨幣「ビットコイン」はとてもクリア …

ビットポイント(bitpoint)の取引手数料が無料!自動売買もできる仮想通貨取引所

出典:bitpoint 初心者〜上級者まで安心して取引ができるビットコイン/イー …

ビットコインが悪用される!?マネーロンダリングに利用される可能性は?

ビットコインは便利な通貨だけど、なにか怪しいイメージがある、マネーロンダリングな …

FXや株式のように投資対象としてビットコインを選ぶことのメリットは?

この数年で聞くようになった単語のビットコインですが、投資先として非常に有望な存在 …

zaifNEMやモナーコイン、SJCXなども取り扱う注目の仮想通貨取引所

出典:zaif ログインボーナスやマイナス手数料など仮想通貨が増える仕組みがある …

注目のリスク(Lisk)はイーサリアムの欠点を補う仮想通貨!?

スマートコントラクトとサイドチェーンの特徴を持った仮想通貨 仮想通貨の中では圧倒 …

ビットコインと電子マネーの違いを徹底解説!!

ビットコインは、お金の1つなのですが、厳密に言うと ・ビットコイン=デジタル通貨 …

世界で注目される分散型プロトコルのオーガーについて

未来予測市場を「公平・公正、低コスト」に変えるプラットフォーム 出典:augur …

ジーキャッシュは大手金融会社とも提携!完全匿名で追跡困難な仮想通貨

第誕生して間もないが「第二のビットコイン」と呼ばれるほど注目されている 出典:z …

ビットコインでも短期売買が可能?株やFXのように取引きができるのか!?

ビットコインは、短期で売買できる特性があります。売買を行うまでの手続きは、特に難 …