セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

VALUの使い方入門講座。これは仮想通貨のビットコインを通じて行う新しい取引

   

valu
2017年5月31日からスタートしたVALUは、だれでも、株式会社のように、自分の価値をトレードすることができるマイクロトレードサービスです。VALUは個人の株式を簡単に発行して、好きな価格をつけてから、仮想通貨であるビットコインを用いて売り買いすることができます。
そこで、VALUのサービスについてご紹介したいと思います。

VALUは個人で株式発行できる

・株式公開が民主化されたのがVALU
VALUはこれまで上場した会社だけができていた株式公開を個人レベルで可能にしたというとてもイノベーティブなサービスです。株式発行というのは株式会社だけに許された資金調達方法でしたが、VALUは仮想通貨のビットコインを通して、そんな株式発行を、個人単位で行えるようにしたのです!
つまり、会社組織しかできなかった株式公開が民主化されたという画期的なサービスなのです。

・一人一人が上場個人
このサービスでは個人一人一人が上場個人になって、擬似的な株式発行を行って、そこから資金調達することができるのです。これってかなり画期的なサービスですよね。株式会社の概念を個人に適用させたという点でかなり新しいサービスですよね。

VALUは個人の新しい資金調達法

・VALUはクラウドファンディングに変わるサービス
今、クラウドファンディングが新しい資金調達方法として注目されていますが、VALUは早くもそれに代わる新しいサービスだといわれているのです。でも、クラウドファンディングと違うのが、クラウドファンディングははじめから目的をもっている人に投資していくという話になるのですが、VALUは明確な目的がない人でも自分が買っている人に対して投資できるんです。

・個人の時価総額も変動
会社なら上場したら資金調達できますよね。その資金を元にして事業拡大を図って、利益を上げて投資家へ還元しますが、VALUはその流れを個人単位で行うのです。
VALUでは、SNSのフォロワー数や友達数などを参考にしながら個人時価総額を算出ししてから、模擬株式のVAを発行したらそれを売り出します。株式市場のように取り引きに応じて個人の時価総額が変動するのです。

個人に価値がつくVALU

・会社でなく、個人に投資
VALUは会社組織ではなくて、個人に対して投資できるという点でこれまでのシステムとは大きく異なります。あの堀江貴文さんも個人の株式を発行している一人。堀江さんのVALUの時価総額は8億円相当を超えたということで、すごく売れていますね。
valu_horiemon07

 
そして、イケダハヤトさんもすごいですね、高知のお山に住むというイケハヤさんはVALUランキング1位で、VALUにかなり詳しい方で、いろいろと意見なども発信されます。
ikehaya_valu

・法律もクリア
個人の株を安いうちに購入しておくと、その後大きく値上がりしたら利益を得ることもできてしまうのです。でもこれって法的に大丈夫なのか心配になる人もいるかもしれません。これについては、その点はクリア済みとのことで、VALUのサービスが始まる9ヶ月前くらい前から頻繁に金融庁を訪れて、法律面の問題がないかについて1つ1つ機能上の確認がなされたとのことです。

そもそもビットコインって?

・ビットコインとは?
VALUの取り引きを仲立ちするのに使われる通貨が、仮想通貨のビットコインです。そもそもビットコインって何かということですが、ビットコインはお金なのです、仮想の。そのため、円やドルのようなお金といえますが、法定通貨ではありません。お金なので、通貨の単位が存在し、ビットコインはBTC(ビーティーシー) という単位を用いて表記されます。1BTC(1ビットコイン)と数えることができるのです。

・ビットコインは仮想通貨
しかし、仮想上のお金なので、円やドルとは異なり、触れることはできず、目に見えないものなのです。紙幣やコインなどが存在するわけではないのです。

VALUを始めるには?

・ビットコインが必要
VALUを始めるには、まずはビットコインを購入する必要があります。ビットコインはcoincheckbitFlyerといった取引所で購入可能です。ビットコインを購入後、自分のVALUのアカウントにビットコインを送付し、その後VALUを購入します。購入価格を決め、注文するとすぐにアカウントに追加購入されたことが反映されます。

・上場してみよう
やはり購入側より、上場する側の方がVALUが面白いようです。実名などで何かに本気で打ち込んでいるという人なら上場してみる価値はあります。アクセス数の高いブログなどがあればなおおすすめです。VALUの審査に申し込んでみましょう。

個人の価値も変動、優待もある

・どんどん取引がなされている!
一度公開されて取引されたVALUは暗号通貨として流通します。時価総額も毎日変動し、思ってもみなかった価値を見つけられて、価値が高まっていくこともあるかもしれません!

・発行者から優待も
VALUは株式のように自分の価値を取引できて、市場原理によって個人に価値が付けられるという新しいサービスです。VA購入者は発行者から独自の優待などが受けられることも。この先楽しみなサービスですよね。

まとめ

2017年5月にスタートしたVALUは、株式会社のように自分の価値をトレードすることができるトレードサービスです。これまでは上場した会社のみに限られていた株式公開が個人レベルでも可能になり、そこから資金調達ができるようになった画期的なサービスです。仮想コインを用いて取引を行うことができる斬新な発想のトレードサービスです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 63
    follow us in feedly

  関連記事

暗号通貨と仮想通貨ってなにが違うの?

「暗号」とは通信の秘密を守る為、情報を第三者が見ただけでは内容がわからないように …

世界で注目される分散型プロトコルのオーガーについて

未来予測市場を「公平・公正、低コスト」に変えるプラットフォーム 出典:augur …

リップルにGoogleも出資!国際送金の在り方を変える仮想通貨

大手金融機関が採用し、仮想通貨のなかでも多くの注目を集めるリップル リップルとい …

イーサリアム(Ethereum)はビットコインを追い抜く!?契約の記録・管理もできる

イーサリアムがこれほどまでに普及して注目される理由とは? 出典:ethereum …

ビットポイント(bitpoint)の取引手数料が無料!自動売買もできる仮想通貨取引所

出典:bitpoint 初心者〜上級者まで安心して取引ができるビットコイン/イー …

新仮想通貨のビットコインキャッシュとは、その正体に迫る

仮想通貨のハードフォーク問題とマイニングの限界 出典:btcnews ビットコイ …

ビットコインはクレジットカードとどう違う?ビットコインの台頭で財布の厚さはどんどん薄くなる?

お金が手元になくても物を買うことができるクレジットカードと、円やドルといったお金 …

ビットコインでも短期売買が可能?株やFXのように取引きができるのか!?

ビットコインは、短期で売買できる特性があります。売買を行うまでの手続きは、特に難 …

ビットコイン決済ができる店舗・通販サイトがどんどん増えて、私たちは何でもビットコインで買い物するようになる

ビットコインは仮想通貨で、日本円のような法定通貨と異なり、硬貨や紙幣はありません …

完璧に見えるビットコインに死角はあるの?

昨今ではインターネットの普及にともないオンライン上での金銭取引の増加している傾向 …