セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

スマホユーザーなら見逃せない!BIGLOBEが提供する格安SIMサービスとは?

   

BIGLOBEは信頼と実績のあるプロバイダー

インターネット接続のサービスを行う業者のことを、プロバイダーといいます。

BIGLOBRはそのなかでも老舗といっていいほど、すっかりおなじみとなったブランドです。

>>>BIGLOBEの公式ページを見る!

ネーミングの由来は、「Big(大きい)」と「globe(地球)」の組み合わせ。
みなさんのなかにも、「水の惑星」をモチーフとした丸い目玉のキャラクター「びっぷる」に見おぼえのある方は多いのではないでしょうか。

プロバイダーとしては、OCNやYahoo!BBなどに次ぐ業界3位の大手で、NTT東日本・西日本、auひかりの光回線や、モバイルルーターのWiMAXなどで接続サービスを行っています。

ほかにも、ポータルサイトやブログサービス、アプリやトレンド情報のコンテツ配信など、インターネット上のサービスを幅広く展開している会社です。

そのBIGLOBが手がける高速モバイルデータ通信サービスが、「BIGLOBE SIM」です。

手元にあるスマホでも利用できるBIGLOBE SIM

BIGLOB SIMは、まず2012年に「BIGLOBE 3G」としてスタートしました。

携帯電話事業というと、NTTドコモやau、ソフトバンクをイメージする方が多いと思います。
BIGLOB SIMは、こういった大手キャリアのように自社で回線設備を持つのではなく、その回線を借りることでサービスを行う、MVNO(仮想移動体通信事業者)という形態を取っています。

その特徴は、何といっても月額料金が大幅に安いところ。

そのため、MVNOは一般的に「格安SIM」とも呼ばれています。格安SIMでは、通信に必要なSIMカードだけを提供します。
それを手元にあるスマートフォンなどの端末にセットすることで、通信ができるようになるわけです。

現在ではBIGLOBE SIMとブランド名を変更し、端末もセットで購入できる「BIGLOBEスマホ」と合わせてサービスを行っています。

MVNOとしても老舗のBIGLOBE SIMですが、2015年9月には料金プランなどサービス面が大きく見なおされ、ますます使いやすい格安SIMへと生まれ変わりました。

大手キャリアの通信料が高いと悩んでいる方は、ぜひ乗り換えの候補として注目してみてください。

>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!

料金は安くても大手キャリアと変わらないクオリティのサービス!

NTTドコモの回線を利用しているから全国どこでもつながりやすい

現在のところ、格安SIMの業者が利用している回線は、そのほとんどがNTTドコモのものとなっています。

NTTドコモといえば、大手キャリアのなかでも、もっともつながりやすく安定しているという点で、そのクオリティには信頼感がありますよね。

その回線を利用しているということは、つまり格安SIMでも同じような品質のサービスが期待できるということ。

もちろん、BIGLOBE SIMも例外ではありません。

格安SIMの業者は、自前で回線設備や店舗を持たないので、その分の費用をすべて通信サービスに回すことができます。
そのため、高品質でありながら安いサービスをユーザーに提供することができるわけですね。

格安SIMは回線がつながりにくいのでは?と心配する方もいるかもしれませんが、その必要はまったくないのです。

NTTドコモのXiを利用して高速通信のLTEにも対応

携帯電話を使用していると、「3G」や「LTE」という言葉をよく耳にしますよね。

これは、携帯電話の通信規格のことで、3Gというのはようするに「第3世代」のことです。現在もっとも広まっているこの3Gを、さらに高速化することを実現したのが4Gです。

LTEは、もともとは4Gへのステップとして開発された「3.9G」に分類されていました。
しかし、現在ではほとんどの携帯電話会社が4Gのひとつとして扱っています。

たとえば、NTTドコモでは「Xi(クロッシィ)」、auでは「au 4G LTE」、ソフトバンクでは「SoftBank 4G LTE」と呼ばれているサービスがそれに当たります。

その速度は、家庭用のブロードバンド回線とほぼおなじレベルで、理論上ではダウンロードで100Mbps以上出るとされています。

これは、スマートフォンでもデータの大きな動画やアプリのダウンロードが簡単にできてしまう速度です。

BIGLOB SIMでは、NTTドコモのXiを利用しているので、全国どこでも最大262.5mbpsという速度を体感することができるのです。

>>信頼と実績のあるプロバイダーのBIGLOBEの詳細はコチラから

どうして格安SIMのなかでもBIGLOOBがおすすめなのか?その3つの理由!

同じ電話番号のままその日のうちに乗り換えられる

BIGLOBE SIMではMNP(携帯電話番号ポータビリティ)を利用できるので、今使っている電話番号を変えたくない人も、安心して乗り換えることができます。

ただし、格安SIMの業者は大手キャリアのように店舗を持たないので、どうしても新しいSIMカードが届くまでに数日は時間がかかってしまいます。
すると、その間は携帯電話を使用できない空白期間ができて、困ってしまいますよね。

そこで、BIGLOB SIMではヨドバシカメラやイオンなどの店舗を利用して、その場ですぐ乗り換えができるように対応しています。

それよりもさらに便利なのが、「らくらく乗り換えSIM」というサービスです。

これは、自宅にSIMカードが届いてから乗り換えをするというもの。いつでも好きなときに電話一本で回線を切り替えられるので、とてもスムーズに乗り換えができます。

放っておいても、2日後には自動的に切り替わるので、忘れたままになることもありません。

使いきれなかった高速データ通信容量は翌月に回すことができる

大手キャリアでは、1カ月分の高速データ通信容量を使い切れなかったときに、余った分を翌月に繰り越すことができるサービスが行われています。

BIGLOB SIMでも、これと同じサービスを利用することができます。

たとえば、2GBの契約で1GB余った場合には、翌月は3GBまで高速データ通信容量を使えることになります。繰り越しは最大で月間分の容量までとなっているので、3GBのうち2GBが余れば、さらに翌々月にも回すことができます。

特に手続きの必要はなく、余った分は自動的に回されるので、うっかり忘れるといったこともありません。

ほかにも、高速データ通信容量を使いきってしまったときには、100MBあたり300円で追加することができる「ボリュームチャージ」というオプションもあります。
こちらで購入した通信容量も無期限で繰り越すことができるので安心です。

こういったサービスを、すべてのプランで利用できるのもうれしい点ですね。

>>信頼と実績のあるプロバイダーのBIGLOBEの詳細はコチラから

全国8万6,000ヶ所のアクセスポイントでWi-Fiを利用できる

BIGLOB SIMでは、セブン-イレブンやロッテリア、スターバックスなどの店舗、あるいは駅、空港などに設置された公衆無線LANを利用できる「BIGLOBE Wi-Fi」を提供しています。

Wi-Fiにつなげば、LTEや3Gを利用することなく自宅と同じような感覚でインターネットにつなぐことができます。
通信容量を気にしなくてよいので、好きなだけ動画や音楽などのコンテンツを楽しむことができます。

もちろん、セキュリティ対策もしっかり行われているので、その点も心配ありません。

BIGLOBE Wi-Fiは月額250円のオプションですが、6GB以上のプランなら無料で使用することができます。

格安SIMで公衆無線LANを利用できるのは、BIGLOB SIMならではのメリットとなっています。

>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!

データSIMと音声通話SIMはどちらを選んだほうがお得?

スマートフォンの使い方でSIMの種類を決めよう

BIGLOBE SIMのSIMカードには、大きく分けて「データSIM」「音声通話SIM」の2種類があります。

データSIMではインターネット通信しかできませんでしたが、2014年からは通話機能もある音声通話SIMが加わったことで、一気に利用方法の幅も広がりました。

たとえば、データSIMなら2台目以降のサブ機に利用したり、あるいはガラケーと合わせて使うことで節約することができます。

一方、音声通話SIMであれば、これまでの大手キャリアのスマートフォンと同じように使用できるので、新しくスマートフォンを持つ人や乗り換えを考えている人にとっても、有力な選択肢のひとつとなっているわけです。

通話機能ありでも月額1,400円から始められる

音声通話SIMのプランは、1カ月に使用できる高速データ通信容量ごとに、4段階のプランが用意されています。

他社の格安SIMとくらべても、同じ価格帯で多めの容量となっているのが特徴です。

とはいえ、初めて格安SIMを使うことに不安をお持ちの方も多いですよね。

そこで、まずおすすめなのがもっとも料金の安い「音声通話スタートプラン」です。高速データ通信容量は1GBと少なめですが、月額1,400円というのは、ほとんどガラケーの基本料とも変わりません。
また、実際に利用してみると分かると思いますが、よほど多く通信をする人でなければ、意外と1カ月1GBでも十分に足りてしまうものなのです。

もしも容量が足りないなと思えば、いつでもプラン変更ができるので、使用状況に合わせて、あらためてほかのプランを選ぶこともできます。

まずはお試しで、その確かな品質を体感してみてください。

データSIMなら72時間の制限なしで使えるライトSプランがおすすめ

データSIMのプランには、音声通話SIMのように1GBのスタートプランは用意されていません。

とはいえ、もともと通話機能がないので、料金自体はとても安く設定されています。

なかでもおすすめなのが、「ライトSプラン」

月額2,150円と大手キャリアとくらべて安いのはもちろん、他社の格安SIMとくらべても、同じ価格帯なら5GBがほとんど。6GBという容量は、なかなか見られません。

6GBもあれば、好きなだけ動画やアプリなどをダウンロードしても、ほとんどの人が満足できる容量になるでしょう。また、これより安いプランになると、1カ月のほかに72時間で600MBという通信速度制限もついてきます。ライトSプランならそういった制限を受けることもないので、多くインターネットを利用する人にはとてもおすすめです。

>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!

BIGLOBE SIMの料金プランはどれを選んでも業界最安水準!

BIGLOBE会員ならすべてのプランが最安

BIGLOBE会員は、BIGLOM SIMのプランをすべて200円引きで利用することができます。

BIGLOBE会員というのは、BIGLOBEのメールアドレスを持っている方のことです。光回線などのプロバイダー契約している方はもちろん、メールを利用するために「ベーシック」コースだけを契約している方もふくまれます。

値引きが適用されるのは、公式サイトからの申し込みのみです。BIGLOBE会員の方は、かならず「お支払いについて」の項目で「BIGLOBE会員の方」を選びましょう。

BIGLOBE会員の方には、次のようなプランがおすすめです。

データSIM

 

高速データ通信容量 エントリープラン
3GB
ライトSプラン
6GB
12ギガプラン
12GB
プラン月額料金 700円(税別) 1,250円(税別) 2,500円(税別)
+SMSオプション 120円(税別)
申込特典 最大3ヶ月無料 最大3ヶ月無料
BIGLOBE Wi-Fi 有料 1ライセンス無料 1ライセンス無料
シェアSIM追加 最大2枚 最大4枚
通信速度制限 600MB なし なし

 

データSIMには、高速データ通信容量によって3種類のプランが用意されています。

なかでもおすすめなのは、やはり6GBの「ライトSプラン」です。

他社の格安SIMのプランが5GBで1,500円前後という価格帯のなか、BIGLOB会員なら最安の月額1,250円で利用することができます。

そのうえ1GBも余分に使えるので、コストパフォーマンスは抜群です。

72時間の通信速度制限もなく、BIGLOBE Wi-Fiを無料で利用できるのもうれしいポイント。

もちろん、3GBの「エントリープラン」も12GBの「12ギガプラン」も最安なので、コストパフォーマンスの良さは変わりません。

音声通話SIM

 

高速データ通信容量 スタートプラン
1GB
エントリープラン
3GB
ライトSプラン
6GB
12ギガプラン
12GB
プラン月額料金 1,200円(税別) 1,400円(税別) 1,950円(税別) 3,200円(税別)
申込特典 最大3ヶ月無料 最大3ヶ月無料
BIGLOBE Wi-Fi 有料 有料 1ライセンス無料 1ライセンス無料
シェアSIM追加 最大2枚 最大4枚
通信速度制限 200MB 600MB なし なし

 

音声通話SIMには、高速データ通信容量によって4種類のプランが用意されています。

まず、とりあえず格安SIMを始めてみたいという人におすすめなのが、1GBの「音声通話スタートプラン」です。

他社の1GBのプランが安くても1,400円というなか、1,200円で始められるのはとてもお手軽ですね。

音声通話SIMのプランにならいつでも無料で変更できるので、しばらく利用してから、あらためて容量を見なおすのもよいでしょう。

もちろん、ライトSプランも他社の5Gのプランにくらべて最安、なおかつ1GBも多く使えるのでおすすめです。

>>>料金をもっと詳しく知りたい!

BIGLOBE会員でなくても最安水準のプラン

BIGLOB SIMのプランは、BIGLOBE会員でないからといって、けっして割高となっているわけではありません。

というのも、BIGLOBE SIMの契約には月額200円の「ベーシック」コースがもともとふくまれているからです。つまり、BIGLOBE会員の方はその分だけあらかじめ料金プランから差し引かれているわけですね。

会員でない方におすすめなのは、次のプランです。

データSIM

 

高速データ通信容量 エントリープラン
3GB
ライトSプラン
6GB
12ギガプラン
12GB
プラン月額料金 900円(税別) 1,450円(税別) 2,700円(税別)
+SMSオプション 120円(税別)
申込特典 最大3ヶ月無料 最大3ヶ月無料
BIGLOBE Wi-Fi 有料 1ライセンス無料 1ライセンス無料
シェアSIM追加 最大2枚 最大4枚
通信速度制限 600MB なし なし

 

3種類のプランのなかでおすすめなのは、やはりライトSプランです。

他社の5GBのプランとくらべると、月額はOCNモバイルと楽天モバイルと同額の1,450円。DMM mobileはさらに安く1,270円となっていますが、ライトSプランが1GB多いことを考えれば、コストパフォーマンスでは十分勝っています。

もっとたくさん使いたいという人には、12GBのプランもコストパフォーマンスは最高なのでおすすめです。

音声通話SIM

 

高速データ通信容量 スタートプラン
1GB
エントリープラン
3GB
ライトSプラン
6GB
12ギガプラン
12GB
プラン月額料金 1,400円(税別) 1,600円(税別) 2,150円(税別) 3,400円(税別)
申込特典 最大3ヶ月
無料
最大3ヶ月
無料
BIGLOBE Wi-Fi 有料 有料 1ライセンス
無料
1ライセンス
無料
シェアSIM追加 最大2枚 最大4枚
通信速度制限 200MB 600MB なし なし

 

4種類のプランのなかでも、初めて格安SIMを利用するという人におすすめしたいのが1,400円の音声通話スタートプランです。

他社の1GBのプランもほぼ同じ価格帯ですし、音声通話SIMのプランになら無料で変更できるので、どれくらいの通信容量が合っているかを確かめるのに最適です。

もちろん、ライトSプランも他社の5GBのプランが2,000円前後であることを考えれば、コストパフォーマンスは最高です。

料金シミュレーターでどれだけお得になる確かめてみよう

大手キャリアから乗り換えを考えるとき、もっとも気になるのが、どれだけコストを減らすことができるのか、という点です。

しかし、なかには料金プランの計算をするだけでも面倒だ、という人も多いのではないでしょうか。

そこで、ぜひ利用していただきたいのが、BIGLOBE公式サイトにある 「料金シミュレーター」です。

最初に、現在スマートフォンに毎月支払っている金額を入力します。
あとは、BIGLOBE会員かどうか、利用したいサービス内容など、わずか5ステップの質問に答えていくだけです。
それだけで、乗り換えた場合の月額料金と、現在との差額を簡単に知ることができます。

>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!

BIGLOBE SIMならオプションサービスでさらにお得な使い方も!

格安SIMでも無料通話ができる「BIGLOBEでんわ 通話パック60」

格安SIMにとって、もっとも大きなデメリットが通話料の高さです。

格安SIMでは、基本的にどの会社でも30秒につき20円という料金が基本となっています。

一方、大手キャリアではかけ放題のオプションなどが用意されているので、いくら通話をしても無料という利用方法もあります。
そのため、通話時間によっては、格安SIMのほうがかえって高くついてしまった、というケースも十分に考えられるのです。

BIGLOBE SIMでは、このデメリットを「BIGLOBEでんわ」というアプリによって解消しています。

このアプリでは、相手の電話番号の頭に自動的に4ケタの番号を付けて、独自の回線を使用します。それによって、通話料金は通常の半額となる30秒10円。
もちろん、アプリは無料、申し込みなしで利用することができるので、まったく手間もお金もかかりません。

さらに、このBIGLOBEでんわのオプションとして新しく始まったのが「BIGLOBEでんわ 通話バック60」です。

こちらは、BIGLOBEでんわでの通話が、60分間1,200円分が無料になります。月額料金は650円かかりますが、これはBIGLOBEでんわで32分間通話するのと同じ金額です。

つまり、1カ月に少なくとも32分以の通話をするという人は、このオプションを利用すればかならずお得になるというわけです。

通話時間が多い人には、絶対におすすめのオプションです。

家族で利用するなら「シェアSIM」がお得

BIGLOBE SIMには、月間のデータ通信容量を複数のSIMで分け合うことができる「シェアSIM」というサービスがあります。

たとえば、6GBの通信容量を2枚のSIMで使い分ければ、ひとつは5GB、もうひとつは1GBという使い方もできるわけですね。

月額料金は1枚につきデータSIMが200円、音声通話SIMが320円となっているので、プランを複数契約するよりもかなりお得になっています。

ただし、利用できるのはライトSプランと12ギガプランのみ。
追加できる枚数は、ライトSプランが元のSIMカードと合わせて合計3枚、12ギガプランは合計5枚までとなっています。

1人でスマートフォンとタブレットを使い分けるなどといった利用方法もありますが、やはり何といってもおすすめなのは、家族でシェアする方法です。特に、あまりインターネットを利用しない家族がいれば、安いプランでも十分に足りてしまうでしょう。

もちろん、使い切れなかった分は翌月に繰り越すこともできます。

シェアSIMなら6歳以上から利用できるので、お子様のいる家庭でも、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

追加手数料は3,000円かかりますが、2016年10月2日までなら、キャンペーンで月額利用料金が15カ月間200円引きになるので、実質無料で済ませられます。

ただし、音声SIMはシェアSIMでも最低利用期間が12カ月なので、その点には気をつけてください。

3つの電話オプションでより使いやすい通話サービスに

BIGLOBE SIMの大きな弱点として、留守番電話やキャッチホンを利用することができない、という点がありました。

あまり通話をしないという方でも、意外と気になるポイントですよね。

しかし、2016年1月28日からは、それらをふくめ、新しい電話オプションが利用できるようになっています。

「割込通話」はキャッチホンと同じ機能で、通話中に着信しても、現在の通話を保留にして対応することができます。月額200円で使用できます。

「留守番電話」は、着信に対応できないときや、電源が入っていなかったり圏外のときでも、相手のメッセージを受け取ることができるようになります。月額300円で使用できます。

ほかにも、海外もでそのまま通話やSMSが利用できる「国際ローミング」も無料でサービス開始となりました。
ただし、通話料は国によって異なり、着信側でも料金がかかるので気をつけてください。

SMS送信料は1回100円で、それぞれの料金の上限額は5万円となっています。

>>高速モバイルデータ通信サービスのBIGLOBEを詳しく知りたい方はコチラ

「最適プラン診断」で自分に一番合ったプランを決めよう!

プランを迷っている人におすすめの「最適プラン診断」

BIGLOBE SIMのプランは、高速データ通信容量によってシンプルに設定されています。

でも、自分はいったいどれくらいのデータを月間で使用しているのかよく分からない、という人も多いのではないでしょうか。

そこで、ぜひ利用していただきたいのが、BIGLOB SIMの「最適プラン診断」です。

簡単な情報を入力するだけで、おおよそのデータ通信量を知ることができ、なおかつ、おすすめのプランを教えてくれるというとても便利なサービスです。

なかなかプランが決められないという人は、ぜひ参考にしてみてください。

スマホに詳しくない人でも簡単に入力できる

「最適プラン診断」は、BIGLOBE SIM公式サイトの「料金プラン」のページにリンクがあります。

まずはじめに、だいたいの目安として「ライトユース派」、「ミドルユース派」、「大容量派」の3つから当てはまるものを選んでクリックしてください。

すると、WebページやEメール、動画といったインタネットサービスの使用量の項目が表示されるので、1日あたりのページ数や時間をスライドして合わせてください。

スライドをしていくたびに、画面下部にある「1日の利用量」と「1カ月分の利用量」が変化していきます。

最終的に、どのプランがおすすめなのかも上部に表示されているので、確かめてみてください。

>>>BIGLOBEの公式ページに行ってみる!

「BIGLOBE SIMアプリ」で高速データ通信の使いすぎを防ぐ!

現在の利用状況がひと目で分かる

通信のしすぎで速度制限を受けるてしまうことは、できるだけ避けたいものです。

ただ、具体的に3GBや6GBといっても、いったいどれだけ利用すればそれだけの通信量になるのか、実感としては分かりにくいものですよね。

そこで、役に立つのが「BIGLOBE SIMアプリ」です。

このアプリを利用すれば、1時間ごとに更新される通信量が、分かりやすい円グラフで確かめることができます。

それ以外にも、直近72時間のデータ通信量、追加したボリュームチャージの残量、さらに自分の契約情報や通話履歴、利用明細なども確認することができます。

また、ボリュームチャージやシェアSIMの追加、料金プラン変更などの手続きもここから行うことができるので、とても便利です。

もちろん、使用料もいっさいかかりません。BIGLOBE SIMを利用している人は、絶対にインストールしておくべきアプリといえるでしょう。

さっそくBIGLOBE SIMアプリをインストールしてみよう

BIGLOBE SIMアプリは、公式サイトの「オプション」から「詳細を見る」で移動したページに、ダウンロードのリンクがあります。

AndroidとiPhone、iPadのいずれにも対応しているので、それぞれGoogle PlayかApp Storeからインストールしてください。

アプリを起動すると、メイン画面には今月の利用状況やデータ残量などが表示されています。

プラン変更やSIMカードの追加は、サポートメニューからタップひとつでアクセスできます。

通信速度制限になった段階で通知がされるので、気づかずに使い続けるということもありません。あらかじめ「通信量アラート」で設定しておけば、自分の知りたい使用量のタイミングで通知を受け取ることもできます。

このように自分の通信状況をよく知っておけば、利用方法やプラン変更を考えるうえでもかならず役に立つはずです。

>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!

BIGLOBE SIMのSIMカードはどんな端末でも使える?

申し込む前に「利用できる端末一覧」を確かめよう

BIGLOBE SIMで利用するSIMカードは、NTTドコモのSIMカードです。
ですから、NTTドコモの端末であればほとんど使うことができますし、ほかにもさまざまなメーカーのSIMフリー端末で動作することが確認されています。

おもなメーカーごとに見ていくと、次のようになります。

Sony「Xperia Z5 SO-01H」nanoSIM
富士通「arrows M02」nanoSIM
NECモバイルコミュニケーションズ「MEDIAS NE-202」microSIM
シャープ「AQUOS SH-M01」microSIM
ASUS「ZenFone Max ZC550KL」microSIM
Acer「Liquid Z330」microSIM
SAMSUNG mobile「Galaxy S7 edge SC-02H」nanoSIM
HUAWEI「GR5 KII-L22」microSIM
LG Electronics「G2 L-01F」microSIM
Motorola「Moto X Play XT1562」nanoSIM

ほかにも、iPhoneやNexusの最新機種などでも動作確認がされています。

Apple「iPhone SE (Appleストア販売版:モデルA1723)」nanoSIM
Apple「iPhone 6s(Appleストア販売版:モデルA1688)」nanoSIM
LG Electronics「Nexus 5X(SIMロックフリー版:モデルLG-H791)」nanoSIM
HUAWEI「Nexus 6P(モデルH1512)」nanoSIM

これ以外で、自分の端末が使えるかどうかは、公式サイトの「利用できる端末一覧」で確かめてみてください。

SIMカードはサイズが異なると利用できないので、その点もあらかじめ確認しておきましょう。

>>>もうちょっと詳しく知りたい方はコチラへ!

SIMだけじゃない!BIGLOBスマホなら高機能のスマホも格安で手に入る!

BIGLOBEスマホの人気ランキングをチェック

BIGLOBEスマホ・タブレットでは、SIMカードとセットで、端末を購入することができます。

アシストパックを利用すれば、24カ月の分割払いで購入することもできるので、すぐにお気に入りの端末を手に入れることができます。

現在のラインナップは9種類。そのおすすめ機種を人気ランキングで見ていきましょう。

ZenFone 2 Laser

格安SIMで人気ナンバーワンのZenFonシリーズ。アシストパックなら月額1,150円という驚きの安さ。

ZenFone Max

こちらも人気のZenFonシリーズ。大容量のバッテリーと、BIGLOBE限定カラーのアクアブルーが人気のポイントです。

arrows M02

国内メーカーでは人気ナンバーワンの富士通のスマホ。アシストパックなら月額1,380円で購入することができます。

ZenFone2

ZenFonシリーズのなかでも、よりハイスペックで大画面を楽しむならこの機種。メーカー純正のスマホカバーがもらえるのもうれしいポイント。

Moto X Play

わずか15分の充電で8時間も使用できる急速充電機能「TurboPower」が特長。アシストパックなら月額1,840円で購入することができます。

BIGLOBEスマホならこの2つから選べば間違いなし

BIGLOBEスマホ・タブレットでは、5つのメーカの端末を取りそろえています。機種は全部で9つですが、どれも人気メーカーのものばかりなので、選ぶのに困ることはないでしょう。

なかでも、特に人気の高いのが、ASUSと富士通の2つの端末です。

まずは、人気ナンバーワンのASUS「ZenFone2 Lazer」から。

ZenFoneといえば、格安SIMではスタンダードといってもよいほどの人気シリーズ。その理由はもちろん価格の安さですが、機能面から見ても、かなりクオリティの高いスマホとなっています。

アプリをたくさん起動させたり、マルチタスクを行うようなヘビーユーザーでも、十分に満足することができるでしょう。

カメラの機能も高く、瞬時にピントを合わせる「レーザーオートフォーカス機能」で、暗いところや逆光でも美しく撮影することができます。

このコストパフォーマンスの高さが、人気ナンバーワンの理由でしょう。

次に、ZenFonと並んで人気が高いのが、富士通の「arrows MO2」です。

こちらのスマートフォンは、SIMフリー機としては珍しい、おサイフケータイに対応しているのが最大の特徴です。これひとつ持ち歩けば、さまざまな電子マネーやクーポン、モバイルSuicaで買い物などをすることができます。

また、通話相手の声が聞こえやすくなる「スーパーはっきりボイス4」を搭載しているので、よく電話を使う人にもおすすめの端末です。

健康に関するアプリや、文字入力のガイドなどもついているので、お年寄りの方でも安心して使うことができます。

>>>気になるスマホがあった方はこっち!!

BIGLOB SIMを選ぶ前にチェックしておきたい4つの注意点!

解約するときにお金を支払う必要はある?

BIGLOBE SIMは、契約と同じように解約もとても簡単。公式サイトの解約ボタンをクリックするだけで、すべての手続きを済ませることができます。
あとは、SIMカードを郵送すればそれでおしまいです。

データSIMの解約にはいっさいお金がかからないので、いつでも好きなタイミングで気軽にやめることができます。

ただし、音声通話SIMには12カ月の最低利用期間があるので、それ以前の解約には8,000円の解除料が必要となります。

また、端末をアシストパックで購入している場合にも、それとは別にアシストパック加算分契約解除料を支払わなければいけません。
24カ月の支払いのうち、早ければ早いほど解除料も高くなります。

実際にどれくらいの金額になるかは、公式サイトのモバイル契約情報ページでチェックしてみてください。

ライトSプランで音声通話SIMを始めるときは解除料に気をつけよう

ライトSプランは、安い料金で6GBという高速データ通信容量が使える、とてもコストパフォーマンスの高いプランです。72時間の速度制限もなく、BIGLOBE Wi-Fiを無料で使えるなど数多くの特典もあることから、BIGLOBE SIMでもナンバーワンの人気プランとなっています。

データSIMならいつでも解約することができるので、まずは試しに利用してみるという方も多くいます。

ただし、同じライトSプランでも、音声通話SIMの場合は12カ月の最低利用期間があるので、それ以前の解約には契約解除料として8,000円が必要になります。

これは、音声通話SIMからデータSIMに変更するときでも同じことなので、気をつけてください。

音声通話SIMを申し込むときには、少なくとも12カ月は使用するつもりで考えておきましょう。

留守番電話とキャッチホンは使えない?

携帯電話で意外とないと困るのが、守番電話やキャッチホンの機能です。

格安SIMだからあまり通話は使用しないという人でも、これが使えるかどうかを決め手にしている方は、けっこういるのではないでしょうか。

じつは、BIGLOBE SIMでも2015年まではこれらの機能を使うことができませんでした。しかし、2016年1月28日からは、割込通話と留守番電話をそれぞれ月額200円と300円で利用することができるオプションサービスが開始されています。

情報サイトなどでは、BIGLOBE SIMではキャッチホンと留守番電話が使えないとされているところもけっこうありますが、それはデータが古いので気をつけてください。

よく通話する人にとっては格安SIMはお得にならない?

格安SIMの最大のポイントは、何といっても安い料金でスマートフォンを使えるようになる、という点です。

現在、大手キャリアで月額5,000円以上を支払っている人がいれば、そのメリットはかなり大きいものとなるでしょう。

ただ、その一方で通話料は割高になっていることに気をつけてください。

基本的に、格安SIMはどの会社も30秒につき20円という料金設定がほとんどです。その一方で、大手キャリアではかけ放題などのオプションを利用することができるので、通話料がほとんどかからないこともあります。

すると、せっかく通信料を安く抑えたとしても、通話料でかえって割高になってしまうというケースも珍しくないのです。

ただし、BIGLOBE SIMでは通話料が30秒につき10円と半額になる「BIGLOBEでんわ」を利用することができます。さらに、月額650円で60分の無料通話がいてくるオプション「BIGLOBEでんわ 通話パック60」も用意されています。

自分がどれだけ通話をするのかをよく考えて、どちらが得になるかよく考えてみましょう。

>>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!

申し込む前にここが気になる?BIGLOBE SIMについてのQ&A

自分の疑問点をQ&Aでチェックしよう

ここでは、BIGLOB SIMについてよくある質問とその回答についてまとめてみました。みなさんも、自分の気になる点は確かめておいてください。

Q:どの地域でも使うことができますか?
A:BIGLOBE SIMの回線は、NTTドコモの「Xi」、FOMAハイスピード、FOMAを利用しています。これらが利用できる地域なら問題ありません。
NTTドコモの公式サイトでも確かめられるので、参考にしてください。
Q:3G専用の端末でも使用することができますか?
A:BIGLOBE SIMは3G回線にもつないでいるので使用できます。
具体的にどの端末が利用できるかは、公式サイトの「利用できる端末一覧」を見てください。
Q:使いすぎるとどれくらい速度が遅くなりますか?
A:プランごとの高速データ通信容量を超えると、その時点から通信速度は最大200kbpsとなります。通常は受信で最大375Mbps、送信で最大50Mbpsなので、かなりの速度差となります。たとえば、一般的なサイトなら表示に10秒以上もかかりますが、メールやLINEくらいであれば問題なく使用できます。
現在の通信量が気になるときは、公式サイトのマイページか、BIGLOB SIMアプリからチェックしてみてください。
Q:自分の好きな電話番号で契約できますか?
A:契約時に電話番号を選ぶことはできません。以前から他社で利用していた電話番号であれば、MNPで引き継ぐことができます。
Q:BIGLOBEのメールは使えますか?
A:BIGLOBE SIMのプランには、BIGLOBEのメールアドレスを利用するための「ベーシック」コースが含まれているので、すべてのプランで使用することができます。
また、SMS(ショートメッセージサービス)対応のSIMカードも月額120円で利用することができます。
Q:Skypeなどで通話をすることはできますか?
A:IP電話などに対する制限はいっさいありません。ただし、アプリによっては登録の際にSMSが必要となる場合もあるので、その点については各自で確かめてください。
Q:SIMカードの種類は変更できますか?
A:手数料3,000円で、どの種類にも変更することができます。ただし、音声通話SIMカードからデータSIMカードへの変更は、契約解除料8,000円を支払うことになります。SIMカードにはピンクと白の2種類がありますが、性能に差はありません。
Q:料金はどのように支払えばよいのですか?
A:BIGLOBE SIMでは、支払い方法にクレジットカードと口座振替が用意されています。ただし、口座振替を利用できるのはデータSIMのみです。音声通話SIMやBIGLOBE スマホ・タブレットの支払いには、クレジットカードを使用してください。
Q:料金の引き落とし日はいつですか?
A:引き落とし日については、カード会社によって異なります。それぞれの会社に確認してみてください。
また、BIGLOB SIMでは日割り計算を行わないので、解約した場合には、その月の分の料金も全額支払うことになります。
Q:申し込みにはどのような書類が必要になりますか?
A:本人確認として、運転免許証やパスポートなどの画像をアップロードします。健康保険証については、補助書類として、3ヶ月以内に発行された公共料金領収書か住民票、戸籍謄本のいずれかも合わせて必要となります。
Q:SIMカードや端末が届くにはどれくらいかかりますか?
A:SIMカードは支払い方法が確定してから、スマホ・タブレットの端末は、支払い方法の確定と本人確認の完了が済んでからの発送となります。だいたい、数日から1週間もあれば届くでしょう。なお、口座振替の場合は、郵送された「支払い方法登録申込書」に必要事項を記入し、返送されてから支払い方法確定となります。
到着日は指定できないので、気をつけてください。送料はすべて無料です。
Q:アシストパックで支払いをしていても、ほかの端末に買い換えることはできますか?
A:「BIGLOBE 電話で入会センター」に相談してみてください。条件によっては認められないこともあります。

>>>解決出来なかった方はコチラへ!!
 
 

キャンペーンを利用してお得に大容量プランを体験してみよう!

今ならBIGLOBE SIMの6GB以上のプランが3カ月無料に

BIGLOBE SIMでは現在、新規契約のユーザーを対象に、最大で3カ月も月額料金が無料になるキャンペーンを行っています。

条件はとても簡単で、ライトSプランか12ギガプランに申し込むだけ。

それで、サービス開始月の翌月分が無料となります。さらに、月額380円のセキュリティセット・プレミアムを同時に申し込めば、1カ月の無料期間が追加されます。

BIGLOBE SIMは、もともとサービス開始月は無料なので、合計で3ヶ月の無料期間となるわけです。

ただ、サービス開始日が月末になってしまうと、その月の無料期間はすぐに終了してしまいます。なるべく月始めがサービス開始となるように、工夫しましょう。

また、セキュリティセット・プレミアムが必要ないという人もいるかもしれませんが、こちらも3カ月無料で、その後はいつでも解約することができます。

キャンペーンを利用するなら、絶対に申し込んでおいて損はありません。ただし、オプションを過去に一度でも利用したことのあるユーザーは、セキュリティセット・プレミアム自体は無料とならないので、気をつけてください。

実質、3カ月のうちにかかる費用は、プラン申込み手数料の3,000円だけ。これで6GB以上の大容量を体験できるのだから、とてもお得ですよね。

容量が多めのプランを考えている人は、ぜひこのキャンペーンを利用してみてください。

信頼と実績のあるプロバイダーのBIGLOBEの詳細はコチラから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 61
    follow us in feedly

格安SIMおすすめランキング


ドコモ、auの両方の回線を用意しているのはmineoだけ!これらのキャリアからmineoに乗り換えれば、面倒なSIMロック解除をしなくてもSIMを差し替えるだけですぐに格安SIMでスマホが使えるようになります。
→ mineoの公式サイトへ 公式サイトはこちら


プランが豊富でしかも安い!高速通信は一切使えないものの、月額525円でデータ通信ができる格安SIMは「スマホはSNSとかLineくらいしか使わない」という方にピッタリ!自宅にwifi環境がある人に是非オススメしたい格安SIMです。
→ 楽天モバイルの公式サイトへ 公式サイトはこちら


とにかく安い!格安SIMの中でも最安水準を保ち続けている「攻めの姿勢」とも取れる運営スタイルが高く評価されているDMM mobile。
値段が安い、にも関わらず通信品質が高いのは老舗MVNOの「IIJmio」のサービスを利用しているから。実効速度データなどをみても、IIJmioとほぼ同じスペックが計測されていることからも安心感に優れていると言えます。
→ DMM mobileの公式サイトへ 公式サイトはこちら

  関連記事

インターネットを利用する機会が多い人には使い放題プランを提供する格安SIM事業者がおすすめです!

スマートフォンで高速通信を利用したいのであれば、通信速度が速い格安SIM事業者に …

格安SIMを購入するだけでは通信できない?利用までの流れを紹介

格安スマホを購入する前に 格安SIM業者に申し込みをして、SIMカードを入手すれ …

格安スマホを紛失してしまった時はどうするか?4つのステップを紹介

目次1 とりあえず電話をかけてみよう2 見つからない場合には一時停止の処置をする …

炊飯器
早く食べたいからといって安易に早炊きはNG!炊飯器の早炊きは罠だらけ。

お米を炊く時に利用する炊飯器。 人によっては毎日利用しているのではないでしょうか …

MVNO、格安SIMに乗り換える前にチェックしておきたい注意点まとめ

三大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)からMVNOの格安SIMに乗り換えを検 …

格安スマホのサービスで浸透しているSIMフリーについて詳しく解説

SIMロックとSIMフリー スマホや携帯電話、タブレットなどの通信端末は、端末を …

冬到来! 欠かせない暖房機器もできるだけ効率よく節約したい!

いよいよ本格的な冬に入りました。寒さはへたをすれば死んでしまいますからね。体を温 …

データ通信だけの格安スマホ・緊急事態の時に緊急電話は利用できるの?

目次1 データ通信だけだと通報はできない2 ガラケーと格安スマホの併用を3 アプ …

キャリア別・SIMの使い回しが出来るかどうかについて調べてみた

キャリアによって異なるSIMカードの使い回し 複数の端末を使いこなそうと思ってい …

大手キャリアの2年縛りはもう嫌!格安SIMには縛りがあるのか?

いったん契約するとなかなか解約できない2年縛り 携帯電話の契約をして、なんとなく …