セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

夏場&冬場のエアコン代はお財布の敵!しっかり抑える簡単な節約ポイントとは?

   

電気代を抑える方法といえばこまめに電気を消したり、使っていない家電をコンセントから抜いておくという方法が定番ですよね。

ですが、こういった節約術を実践してもなかなか電気代が下がらないことがあります。

その原因として考えられるものが、エアコン代です。各家庭によって違いはありますが、エアコンをフル活用している家庭の場合、電気代のうち約半分がエアコン代であることも珍しくありません。そこで、電気代を抑えるためにも夏場と冬場のエアコン代節約術について学びましょう。

■夏場のエアコン代節約術


エアコンの冷房が必要ない気温である場合は、できるだけ使わないということが大前提です。中には少し暑くなってきただけですぐにエアコンをつけてしまう人もいますよね。ですが窓を開けて風通しを良くしたり扇風機をつけるだけで涼しくなる程度の気温であれば、エアコンを使わずに過ごしてみてはどうでしょうか。

実は、エアコンと扇風機では電気代が倍ほど違います。扇風機のほうが電気代を抑えることができるので、少し暑くなったからといってすぐにエアコンをつけるのではなく、扇風機も活用してみるといいですね。

それと、厚着のままでエアコンをつけている人がたくさんいます。エアコンを極力使わないためにもまずは薄着に着替えるといいですね。もちろん、我慢をしすぎて熱中症になってしまうようでは意味がないので、あくまでそんなに気温が高くない日の対策となります。

■エアコンを効率よく使うポイント


夏場の冷房費を浮かせるためには、エアコンの温度調整について考えるのがポイントです。できるだけ簡単にエアコン代を抑えたいと思っているのであれば、エアコンの設定温度を28度に設定してみましょう。

もやもやと暑い部屋でエアコンを28度に設定したとしてもほとんど冷えません。そこで、最初のうちはしっかり冷やし、ある程度部屋が冷えたら28度に調整するという方法がおすすめです。設定温度を1度あげるごとに10%もの節電効果が得られます。

それと、運転方法は「自動運転」を選択するのがおすすめ。自動運転であれば運転開始後に強風で部屋の温度を下げたあと、弱風に切り替えるといったことを自動で行ってくれます。

また、あまり気にしていない人が多いかもしれませんが、室外機について考えることもエアコン代を抑えるために欠かせないことです。室外機の周りに雑草が生い茂っていたり物が置かれている場合、室外機周辺の温度が上がり、エアコンの効率が悪くなってしまうので注意しましょう。夏場は室外機にすだれをかけて日陰を作るのもおすすめです。

■冬場のエアコン代節約術


夏場のエアコン代節約術でも紹介しましたが、先に着るものについて考えましょう。薄着の状態で暖房をかけるのはもったいないですよね。まずはしっかり着込んで、それでも寒ければ暖房をつけましょう。エアコンをつける際には温かい空気が天井付近にたまらないように工夫することが大切です。

エアコンをつけると、天井付近は暖かいのに床付近がなかなか暖まりませんよね。これは暖かい空気は上に溜まってしまうという特徴があるからです。そこで部屋の空気を循環させる方法として扇風機やサーキュレーターを使ってみてはどうでしょうか。天井に向けて扇風機で風を送ると上に溜まっていた温かい空気が下に降りてきます。

また、人間は下半身が温まると体全体の血行が良くなってぽかぽかしてくるので、エアコンだけでなくコタツやホットカーペットを組み合わせて使うというのも効果的です。

■こまめに電源を切るのは逆効果?


夏場だけでなく冬場にも同じことがいえますが、こまめにエアコンの電源を切るというのはおすすめできません。なぜならば、エアコンはつけっぱなしのほうが節電できるからです。

エアコンに限った話ではありませんが、家電製品の中には立ち上がりの初期起動時に一番エネルギーを使うものが多くあります。そのため、こまめにつけたり消したりしてしまうとつけっぱなしの時に比べて多くの電力を使ってしまうのです。例えば、コンビニに行くために10分ほど外出するという場合もエアコンをつけっぱなしで出かけたほうが節電に繋がるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 61
    follow us in feedly

  関連記事

iroiro-6_11
手軽に水とお湯が飲めるウォーターサーバーにかかる電気代うまく節約してみよう!

最近では一般家庭でも設置されることが増えてきたウォーターサーバー。 非常に便利な …

生協の宅配 VS スーパー お得なのは意外にもこっち

今は何でもインターネットで買い物する時代、今まではいろいろなお店に買いに言ってい …

1dxryxdrydhf
掃除が楽で使い勝手の良い便利なIHの意外に食ってる電気代を節約しよう!

オール家電を導入している家庭ではほとんどがIHクッキングヒーターを使用していると …

charge01_il02
意外と知られてない。電気基本料金を半額にできる!?アンペア変更節約術とは

  電気代には「基本料金」と「使用料金」の2つがあります。 私たちが普 …

ハトのマークの引越しセンターはいくつかの引越し業者の連合体になります!特徴や口コミ・評判をチェック!

引越し会社の連合会であり、いくつかの組合により形成されるのがハトのマークの引越し …

家電の寿命一覧と買い替えのポイント、長持ちさせる方法まとめ!

家電によって寿命は違いますが、具体的にどれくらい?長持ちの秘訣も紹介します。 家 …

和風のおつまみにも、洋風にもアレンジできる油揚げのオススメレシピ

油揚げのレシピと聞くと、どんな料理を思い浮かべられますか?おいなりさんや炊き込み …

家電消費電力は生活する上でNo.2の冷蔵庫!電気の節約術教えます。

冷蔵庫は一般家庭の家電の中で2番目に電力を消費すると言われています。 その分だけ …

ea_082
待機電力て知ってましたか?意外と地味に積み重なるとデカイ電気の落とし穴

家電のほとんどは「待機電力」が必要となります。 これは、電源を入れた時にすぐに機 …

4759877703_58cfd0a3a5_b
テレビは主電源を切った方が節約になる、はウソって本当!?

今や私たちの生活に欠かすことの出来ない家電のひとつ、テレビ。 テレビはやはりそれ …