セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

家電消費電力は生活する上でNo.2の冷蔵庫!電気の節約術教えます。

   

冷蔵庫は一般家庭の家電の中で2番目に電力を消費すると言われています。

その分だけ節約する部分も大きいということ。そこでここでは、より効果的に冷蔵庫の節電ができるテクニックを紹介していきます。
 

●適正温度に設定する

冷蔵庫は庫内の温度が低いほど消費電力が高くなってしまいます。そのため、冷蔵庫の温度調整は必ず行いましょう。冷蔵庫の中に弱中強のダイヤルがついていたり、最近のものだと扉にデジタル表示されているものも増えてきました。
 
基本的には夏は中or強、冬は弱に設定するのが一般的です。なお、適正今度は以下の通り。

冷蔵庫:1~5度
冷凍庫:-18~-22度
野菜室:3~7度

ちなみに、冷蔵庫の温度を強から中にした場合、年間でおよそ1300円~1500円くらいの節約効果が生まれるとされています。かなり大きいですね。
 

●冷蔵庫は壁から離して設置

20080206181407
冷蔵庫を壁にピタっと沿うように設置している方が多いと思いますが、これは節約効果としてはあまりおすすめできません。というのも、冷蔵庫自体が発する熱が中にこもりやすくなってしまうからです。そうならないためにも、冷蔵庫の背面、あるいは側面はある程度スペースがあったほうが良いです。また、冷蔵庫の上に物を置くのも同じ理由でおすすめできません。
 
キッチンにあまりスペースがない場合は、スノコを活用すると放熱のための空間が作れるのでおすすめ。
 
 

●冷蔵庫内部の整理整頓

冷蔵庫の中はできれば冷風が循環しやすいように心がけましょう。そのためにもいかのポイントを守ります。
 

・冷風口の前には物を置かないようにする
・タッパーなどで整理整頓を心がける(それぞれに隙間ができるように)
・常温でOKなものは入れない

 
冷蔵庫の中に物を詰め込んだ方が冷気が逃げにくく、節約になる、というテクニックもありますが、あまり一般的ではないと思います。それよりは余計なものを入れない方がよっぽど節約効果が高いです。
 

●極力開閉しない

44284-l
冷蔵庫はついつい何度も開閉してしまいがちです。また、料理中などは1度開けると長い時間にわたって開けっ放しにしてしまうことも。
 
内部の冷気が逃げるとその分だけ電力を使って冷やそうとするので極力開閉しないようにすることから節約術になります。
 
そのためにも、どこに何を置いているのかを決めておくことが大切です。そうすることで、冷蔵庫のドアを開けておく時間を短くできるかもしれません。
 
また、市販されている冷蔵庫用のカーテンを設置すると多少ではありますが冷気が逃げるのを防げます。
 

●急速冷凍機能はあまりおすすめできない

食品の鮮度を保ち、いつまでも美味さをキープできる「急速冷凍機能」ですが、電気代の節約という面から見るとあまりおすすめはできません。一気に冷凍させるためにはその分だけ消費電力が高くなるからです。
 
もしも、急速冷凍したいのなら、できるだけ短時間で凍るように薄く、小さくカットしてから凍らせる、保冷剤を使ってできるだけ冷たくなりやすいように工夫する、といったテクニックを合わせて使ってみてください。
 

●省エネモードは必ずON

最近の冷蔵庫は省エネモードが搭載されているものが増えてきました。こちらはONにすることで最適化してくれるとても優れたものです。
 
冷蔵庫としての機能をしっかりと維持しながら電気代の節約にもなりますし、これ結果的に冷蔵庫の寿命を延ばす事も。必ずしも搭載されているわけではありませんが、もし搭載されている冷蔵庫を持っているのならONにするべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 63
    follow us in feedly

  関連記事

ブレーカーを切ると節約になるって本当?使う時は慎重に使おう!

電気代の節約を考える場合、必要のない電気の使用を避けるのはもちろんですが「待機電 …

主婦なら1度は夢見るオール電化での上手な節約術伝授します!

  ここ数年で一気に普及が広まっている「オール電化」。 要するに、ガス …

毎日パソコンする方に。なんだかんだで食ってしまうパソコンにかかる電気代を節約するテクニック

今や暮らしに欠かせない家電製品のひとつであるパソコン。 使わないのについついつけ …

スマホユーザーなら見逃せない!BIGLOBEが提供する格安SIMサービスとは?

目次1 BIGLOBEは信頼と実績のあるプロバイダー2 料金は安くても大手キャリ …

これからソーラー発電システムを導入するのは実際どうなの?どれくらい節約ができる?

最近注目を集めているソーラー発電システム。 導入することによって電気代を大幅に節 …

夏場&冬場のエアコン代はお財布の敵!しっかり抑える簡単な節約ポイントとは?

電気代を抑える方法といえばこまめに電気を消したり、使っていない家電をコンセントか …

切れかかっている蛍光灯はさっさと取り替えるべき!電気代が余計にかかり、目にも悪い!

せっかくなら節電効果と高寿命が魅力のLEDに変えてみては 気がついたら部屋の蛍光 …

掃除が楽で使い勝手の良い便利なIHの意外に食ってる電気代を節約しよう!

オール家電を導入している家庭ではほとんどがIHクッキングヒーターを使用していると …

早く食べたいからといって安易に早炊きはNG!炊飯器の早炊きは罠だらけ。

お米を炊く時に利用する炊飯器。 人によっては毎日利用しているのではないでしょうか …

生協の宅配 VS スーパー お得なのは意外にもこっち

今は何でもインターネットで買い物する時代、今まではいろいろなお店に買いに言ってい …