セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

利用者も多く価値のあるビットコインがまさかの取引停止?!今後どうなってしまうのか

   

グローバル時代に向けて、インターネットの普及・拡大・浸透に伴い、国境なき通信世界の広がりが出来てきました。
これと共に急速に拡大してきたのが仮想通貨であるビットコインです。

グローバル世界の中で、資金の移動や投機の手段として利用されてきたビットコインは発足当初から比べると数百倍、数万倍にも価値が膨らんできたことも事実です。

これからもその基調は変わらないと考えられていたのですが、2017年8月1日にビットコインの分裂が予想させることから、ビットコインの交換業者サービスの間は多大な混乱を生じさせるとともに、資金運用をしている人々に対しても資産に大きな悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

このようなことから、ビットコインを扱う国内の取引事業者で受付や引き出しを受付することを停止するとの決定が下されたのです。
この動きは、ビットコインのプロトコル分岐の動きが落ち着くまで、当面継続される方向です。

ビットコイン以外の仮想通貨の取引は、今までと同様に継続されますが、仮想通貨の中では、大きな流れを作っているビットコインの動きは注視されることは言うまでもありませんが、金融業界の非常手段と言えるでしょう。

この流れは、ビットコインが生まれて初めてのことになりますが、当面はどのような事態になるのか、各取引事業者も静観している状態です。

ビットコインに関する規格の変更に伴い取引や利用者にどう影響するのか

今夏の取引停止はビットコインが生まれてきて初めての出来事。
ビットコインの規格が分裂することで、今後のどのような影響があるのかは、予測不明な側面が大きいのですが、少なくとも現時点では取引停止となることは、ほぼ間違いないことでしょう。

但し一部の報道では、取引システム上でのハッキングを受けて、預けていた資産が盗まれたという見方もあります。
この場合でも法的な保護が存在しているわけでもないので、すでに多大な損失となっている可能性もあると考えられます。

既に事業者の取引停止が表明されているために、少なくともビットコインの取扱いができなることは確かなことです。
したがって、今以上の損失を最小限に留めることが、必要最低限の防衛策なのかもしれません。

また、ハッキングによる窃盗の側面もあり、今後、日本政府が金融取引法の対象となるのかの県警や対応策を講じるかどうかも気になるところです。

しかしながら、今まで国の介入を意識しない自由な仮想空間でも通貨であったこともあり、この分裂問題をどのように収束させていくのかできるのかは、動きを見守るしかないと思われます。

個人の取引による損失の現状よりも拡大させないことが、現時点での対策としかい言えないではないしょうか。

仮想通貨であるが故に、脆弱な課題が露呈した結果になっていますが、この課題を乗り越えた時に、改めて個人個人が、ビットコインを特性を再認識して取り扱うことになると思うのです。

ビットコインはなぜ分裂するのか?

ビットコインは仮想通貨として世界中で注目され、ユーザーも増加しました。

送金手数料がとてもリーズナブルということで利用する人々も増えているのです。
そんなビットコインが分裂するかもしれないということが言われています。ビットコインが分裂するかもしれないと言われている原因は、増えた送金が処理しきれなくなってきたことに端を発していると言われています。

送金手数料が低いということで注目されているビットコインは、その手数料のリーズナブルさゆえに多くの人々が利用するようになりました。

しかしそのことで送金数が増えて、送金できる一定の処理キャパシティを超えてしまって、なかなか送金の承認がなされず、結果的に大量の送金依頼が送金街になっているという現状があるのです。

ビットコインは手数料を高く設定することで、より送金の待ち時間が短縮できるという制度もあり、送り手が、通常の手数料よりも手数料を設定することで、送金街の時間を短縮させるということなされたりしています。

しかし、このことが本来のビットコインの売りともいえる送金手数料の安さに矛盾するという意見などがあり、ビットコインの開発者側では、送金がより早くなるようアップデート(SegWit/セグウィット)を行おうとしているのです。

これにマイナー側の有力者が反対しているのです。
システムのアップデートは大手マイナーグループが現在使用しているASICBoostという手法が使えなくなるという理由なのです。このことで分裂の問題が出てきたのです。

分裂すると何が起こるのか?

ビットコインが分裂した場合には、大きな問題が起こることになります。
最も大きな問題としては、ビットコインを実際に利用しているユーザーが利用しているビットコインを利用できない状況が生まれてしまって、ビットコイン市場のユーザーからの信頼が低下するということになってしまうという点が挙げられます。

現在、大手のマイナーグループの有力者が用いているマイニングには、ある意味チート的な手法が使用されているということが伝えられています。
送金スピードを速めるために新しいシステムが導入された場合、そのような方法でのマイニングが行えなくなるということがあり、SegWitのアクティベートにその有力なマイニンググループは反対しているのです。

そして、システムをアップデートするためには95%のマイナーの賛成が必要とされており、システムのアップデートは行われませんでした。
しかし、8月にそのアップデートが行われることが発表され、そのことでビットコインの分裂に対する問題が出てきたのです。

ビットコインが分裂してしまうと、ビットコインの取引停止になるリスクがあるのです。
そのことによって、混乱が生じ、ビットコインが利用できなくなってしまうということにつながるかもしれないのです。そうなると、ビットコイン市場の信頼性が大きく揺らいでいくことになるかもしれません。

ビットコインの分裂によってこのような問題が起こることが懸念されているのです。

各取引所ではビットコインの取引停止を発表

日本仮想通貨事業者協会(JCBA)は18日に、8月1日からビットコインの受け入れや引き出しの受付などの取引を一時停止することを発表しました。
8月1日からの取引の一時停止は、日本仮想通貨事業者協会に加盟する13の取引所で行われることになりました。

以前からビットコインの関係者の対立問題によるビットコインの分裂問題が取り上げられていましたが、それがこの度の8月1日からのビットコイン取引の一時停止につながったといえます。

ビットコインの分裂問題は、ビットコインに関わる関係者間での規格の対立を発端として起こりました。
各取引所などではどのような対応になるかは不明でしたが、取引の一時停止が正式発表され、今後、一部のブロックチェーンにかかるコイン売買は継続されない可能性があることが指摘されました。

ビットコイン取引所はいつから停止するのか?

JCBAの発表によると、仮想通貨のビットコインの受け入れや引き出し受付は8月1日から一時的に停止されると発表されています。
フォークによって、いくつかのブロックチェーンが並存するという場合には、フォーク前に仮想通貨交換所などに預けられていたビットコインについては、フォーク後には一部のブロックチェーンに関するコイン売買の継続がなされない可能性があると言われています。

ただし、分岐した各ブロックチェーンに継続して記録があれば、取引停止終了後の引き出し依頼にはできるだけ応じる者であると言われています。

この度、取引停止を決定したのはJCBAに加盟する13事業者です。

取引停止を決定しJCBAに加盟する事業者
ビットバンク株式会社
株式会社ビットポイントジャパン
QUOINE株式会社
株式会社フィスコ仮想通貨取引所
コインチェック株式会社
GMO-Z.comコイン株式会社
BTCボックス株式会社
テックビューロ株式会社
株式会社CAMPFIRE
みんなのビットコイン株式会社
ビットトレード株式会社
バイクリメンツ株式会社
株式会社東京ビットコイン取引所

 

ビットコインの取引再開はいつ頃になるのか?

取引再開については現在のところは未定となっています。
現在、フォークによる混乱の規模に対する予想は困難で、重大なセキュリティーリスクが発生する可能性があると言われています。そのため、フォークが起きる前にビットコインの取引の一時停止措置が取られることになりました。

再開日時は未定ですが、今後のことについては、8月4日の午後4時までに再開のめどについて更新発表がなされるとされています。

ビットコインはP2P方式仮想通貨で、政府や中央銀行などの管理機関は存在せず、取引データが記録されたブロックチェーンの技術が用いられて管理されています。

ビットコインの利用者が急に増えてデータ量が拡大したことで、取引確定必要な時間がこれまで以上に必要とされるようになり、これを解決するための仕様変更に関する議論が行われ、これまで使用されてきたビットコインとの互換性を認めるソフトフォークと、互換性を認めないハードフォーク派に分裂しています。

まとめ

利用者も多く世界的にも拡大してきたビットコインが取引停止になるかもしれないという事で不安になった方も沢山いらっしゃると思います。

冒頭の方でもお話しましたが、ビットコインが分裂する事により資産運用をしている人たちにもかなり悪影響を及ぼす可能性も大いにありえます。
ですが正式に取引停止が決まった訳ではなく、一時取引停止という形ですので焦る必要も無いように思えます。

ビットコインは、送金手数料がかなり安い事から利用しているユーザーも多いです。
今ここでビットコインを利用できないとなると現在利用しているユーザー達か
らの信頼もなくなってしまいまう恐れはあります。

ビットコインが利用できなくなると、市場問題にもなりかねない状況に陥りますし、資産もそうですが株取引にも支障をきたす恐れがあります。

現在、いくつかの取引会社はすでに取引停止を決定しているので確実にビットコインが残る保証もないですが分裂する事により、何か少し違った形で残ってくれるんじゃないかという期待も大いにできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 62
    follow us in feedly

  関連記事

ブレーカーを切ると節約になるって本当?使う時は慎重に使おう!

電気代の節約を考える場合、必要のない電気の使用を避けるのはもちろんですが「待機電 …

resize (5)
毎日パソコンする方に。なんだかんだで食ってしまうパソコンにかかる電気代を節約するテクニック

今や暮らしに欠かせない家電製品のひとつであるパソコン。 使わないのについついつけ …

ビットコインの価格は特定の人物や国によって決められているの?

「ビットコイン」という言葉、みなさんは聞いたことありますか? まだ少し耳慣れない …

スマホユーザーなら見逃せない!BIGLOBEが提供する格安SIMサービスとは?

目次1 BIGLOBEは信頼と実績のあるプロバイダー2 料金は安くても大手キャリ …

ミニマリストがオススメする買って良かった品物15選

ミニマリストの生活はアイテムによって決まります。絶対的に持ち物の数が少ないので、 …

ハトのマークの引越しセンターはいくつかの引越し業者の連合体になります!特徴や口コミ・評判をチェック!

引越し会社の連合会であり、いくつかの組合により形成されるのがハトのマークの引越し …

電気代を節約したいなら支払いの方法を考えなおしてみるのががおすすめ!

電気代を抑えるといっても、ゼロにすることはできませんよね。 ですが、一年の電気代 …

4759877703_58cfd0a3a5_b
テレビは主電源を切った方が節約になる、はウソって本当!?

今や私たちの生活に欠かすことの出来ない家電のひとつ、テレビ。 テレビはやはりそれ …

自宅映画のお供に!ホットケーキミックスでお砂糖たっぷりチュロスのレシピ

チュロスは映画館や遊園地ではマストアイテムですよね。 子供から大人まで幅広く好か …

家電の寿命一覧と買い替えのポイント、長持ちさせる方法まとめ!

目次1 家電によって寿命は違いますが、具体的にどれくらい?長持ちの秘訣も紹介しま …