セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

MVNO、格安SIMから大手キャリアに乗り換えると違約金は発生する?

   

大手キャリアからMVNOの格安SIMに乗り換えたい、あるいは格安SIMから大手キャリアに戻りたい!

スマホはただ単純に値段だけで決めるわけではなく、サービスやサポートなど様々な角度から決めていく必要があります。

>>自分の条件にあったスマホ探し

そこで今回は大手キャリア、MVNOの最低利用期間や違約金について紹介していきます。

大手キャリアの最低利用期間・違約金は?

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)は最低利用期間が2年に設定されていることがほとんどです。いわゆる「2年縛り」。

もしも契約してから2年以内に解約したり、乗り換えたりすると違約金が発生してしまいます。

>>二年縛りから開放されたい方に

また厄介なことに「2年を過ぎたからいつでも解約できる」というわけではありません。契約更新月に該当する2ヶ月以内に解約しないと自動更新が適応され、また2年縛りが始まることに。つまり、3キャリアの回線を解約して解約金がかからないのは2年間に2ヶ月のみ。

ドコモは2016年6月からいつでも解約できる「フリーコース」を用意していますが、それでも事前に契約内容を確認しておくべきです。

大手キャリアの解約金はいずれも9500円。決して安いとは言い難いのが現状です。

>>違約金のかからないスマホを契約しよう!

MVNOの格安SIMは最低利用期間・違約金は?

次に格安SIMを提供しているMVNOの最低利用期間や違約金を見ていたいと思います。

格安SIMの最低利用期間は「無し~1年」に設定されていることが多く、ほとんどは「半年」or「1年」です。

最低利用期間無しに設定されているのは「データ通信専用プラン」の格安SIMに多い傾向があり、通話プランを利用しないならほぼ最低利用期間や違約金を気にする必要は無いと言えます。

また、大手キャリアは契約月から2ヶ月以内に解約手続きを行わないと自動更新されて再度2年縛りが始まってしまいますが、格安SIMは最低利用期間を超えればいつでも解約できます。

>>魅力満載の格安SIM

このように格安SIMは月々のスマホ代を安く抑えられるだけでなく、最低利用期間や違約金の面を見ても手軽に利用できるのがメリットといえます。

MVNO(格安SIM)の最低利用期間、違約金の比較表

MVNO 契約期間 違約金
OCN モバイル ONE データ専用SIM:なし
音声対応SIM:6ヶ月
8000円
IIJmio データ専用SIM:なし
音声対応SIM:12ヶ月
(12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1000円
DMM mobile データ専用SIM:なし
音声対応SIM:12ヶ月
データ専用SIM:なし
音声対応SIM:9000円
ぷららモバイルLTE データ専用SIM:なし
音声対応SIM:6ヶ月
データ専用SIM:なし
音声対応SIM:8000円
U-mobile データ専用SIM:なし
音声対応SIM:6ヶ月
データ専用SIM:なし
音声対応SIM:6000円
BIGLOBE データ専用SIM:なし
音声対応SIM:12ヶ月
データ専用SIM:なし
音声対応SIM:8000円
楽天モバイル(音声プラン) 12ヶ月 12ヶ月以内で9800円
ワイヤレスゲート WiFi+LTE なし なし
So-net モバイル LTE データ専用SIM:なし
音声対応SIM:12ヶ月
データ専用SIM:なし
音声対応SIM:+Talk、+Talk S2は5000円
+Talk S、+Talk Lは8000円
UQ mobile データ専用SIM:なし
音声対応SIM:12ヶ月
データ専用SIM:なし
音声対応SIM:9500円
mineo なし なし

 
注目したいのが「mineo」です。こちらはデータ通信専用SIMはもちろん、通話SIMにも最低利用期間が設けられていません。つまり、いつ解約しても違約金が発生しない、ということ。

>>自分の条件にあったスマホ探し

6ヶ月という短期間の最低利用期間を設けているところはたくさんありますが、音声通話機能付きSIMで一切違約金が発生しないのはかなり珍しいです。

au、ドコモの両回線が使えますし、サービスの質の高さ、回線のクオリティとあらゆる面から見てもmineoは本当に優秀なMVNOだと言えます。

ただ、違約金が無いものの、利用開始から12ヶ月以内にMNP転出(電話番号引き継ぎ)すると手数料が高いのがネック

ほとんどのMVNOは3000円の手数料ですが、1万1500円と割高。これが実質違約金と取れないこともないですね。

終わりに

ということで主要なMVNO(格安SIM)の最低利用期間と違約金について紹介しました。今回の内容はあくまでも格安SIMだけに絞った話。SIMと一緒にセット販売スマホを購入した場合は残りのスマホ代を一括で支払う必要が出てくる可能性もあります。

格安SIMから大手キャリアに、あるいは格安SIMから他の格安SIMに乗り換える前に最低利用期間や違約金の内容をきちんと確認しておきましょう。

>>損しない格安SIM

格安SIMおすすめランキング


ドコモ、auの両方の回線を用意しているのはmineoだけ!これらのキャリアからmineoに乗り換えれば、面倒なSIMロック解除をしなくてもSIMを差し替えるだけですぐに格安SIMでスマホが使えるようになります。
→ mineoの公式サイトへ 公式サイトはこちら


プランが豊富でしかも安い!高速通信は一切使えないものの、月額525円でデータ通信ができる格安SIMは「スマホはSNSとかLineくらいしか使わない」という方にピッタリ!自宅にwifi環境がある人に是非オススメしたい格安SIMです。
→ 楽天モバイルの公式サイトへ 公式サイトはこちら


とにかく安い!格安SIMの中でも最安水準を保ち続けている「攻めの姿勢」とも取れる運営スタイルが高く評価されているDMM mobile。
値段が安い、にも関わらず通信品質が高いのは老舗MVNOの「IIJmio」のサービスを利用しているから。実効速度データなどをみても、IIJmioとほぼ同じスペックが計測されていることからも安心感に優れていると言えます。
→ DMM mobileの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 61
    follow us in feedly

  関連記事

格安SIMは圏外が多い?克服法はあるの?

圏外になってしまう…その理由は? 大手キャリアと比較して、かなり通信費を安くでき …

格安スマホの解約をしたいSIMカードや端末の取り扱いはどうなるの?

格安SIM業者によって分かれる対応 格安SIM業者と契約したけれども、その後何ら …

インターネットを利用する機会が多い人には使い放題プランを提供する格安SIM事業者がおすすめです!

スマートフォンで高速通信を利用したいのであれば、通信速度が速い格安SIM事業者に …

格安SIMを利用していても必要!おすすめの光回線はどこ?

Wi-Fi通信にすればデータ容量を温存できる 格安SIMを利用していると、何も自 …

スマホの料金が高すぎる…そんな人は格安SIMにチェンジして金額を安く

携帯利用料のかさむ日本人 街中を見ていてもスマホをいじっている人をしばしば見かけ …

通話アプリとは?お金はかかる?スマホにひとつは入れておきたい通話アプリ基本のまとめ

スマホや携帯電話を使って通話するとそれなりの通話料が発生してしまいますよね。 キ …

パケット料金を節約したい人には格安SIM事業者のデータ通信使い放題コースをおすすめします!

スマートフォンは一般的な携帯電話と同じように通話を行うこともできるのですが、やは …

格安SIMを買ったのに使えないだって? 知らないと大失敗!全機種どれでも対応するわけじゃない

通信料金を安くしようと思って格安SIMを購入。早速自分のスマホに差し込むと…「ガ …

格安スマホで注目を集めるmineoのサービスを徹底検証してみた

  mineoに乗り換えるのは本当にお得?     …

大手キャリアにはない・低速SIMとは何?メリットデメリットを紹介

高速通信だけじゃないスマホの通信モード LTEをはじめとして、主要キャリアのスマ …