セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

MVNO、格安SIMに乗り換える前にチェックしておきたい注意点まとめ

   

三大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)からMVNOの格安SIMに乗り換えを検討している人が増えています。理由はシンプルに「スマホ代がぐっと安くなるから」。

そこでここではMVNOに乗り換える前にチェックしておきたい、機種変や移行の注意点についてまとめます。

MVNOの格安SIMへ機種変・移行する前の注意点

ショップが無いのでサポートに注意

ドコモならドコモショップ、auならauショップがたくさんありますよね。どの地域にも必ず1店舗があるレベルです。

そのため何かあったらショップに足を運べば対応してもらえました。しかしMVNOは格安SIMを提供する代わりにショップを持っていないところがほとんどです。

「スマホが故障した」
「契約プランを相談しながら見直したい」
「初期設定をやってほしい」

といったサポートは電話やメール、チャットで対応してもらうことになります。いくつかのMVNOは訪問サポートサービスや、遠隔操作サポートを提供しているので、あまりスマホに詳しくない方はこれらのサポートを用意しているところを選んだほうが良いかもしれません。

初期設定など最低限のスマホ知識を持っている人なら電話やメール、チャットのサポートだけで事足りると思います。

使える端末か調べる必要がある

格安SIMは全てのスマホで利用できるわけではありません。対応しているものとそうでないものがあります。

基本的には各MVNOの公式サイトにアクセスすれば「対応機種一覧」といったページが用意されているので、そちらを確認してから乗り換えを検討しましょう。

「今まで使っていたスマホをそのまま使いたい!」「中古やオークションで買ったスマホで格安SIMを使いたい!」という方は特に要チェック!

格安SIMのセット販売が確実かつ安心

「格安SIMを機に新しいスマホに買い換えようかな」と思っているのなら、セット販売のスマホを検討してみましょう。

契約が一本化できて楽ですし、まず間違いなく格安SIMに対応している端末なので安心です。

一括購入もできますが、ほとんどが分割払いを標準としています。なので格安SIMの月額料+スマホの分割代金を支払うイメージ。

なお各MVNOごとにセット販売しているスマホ端末が異なります。中には限定カラーや限定機種を用意しているところもあるので、欲しい機種を基準にMVNOを選ぶのもアリ!

SIMが届くまで時間がかかる(すぐ使えるわけではない)

ドコモやauなどの大手キャリアは店頭で契約できるので、その日のうちにスマホでネットに繋いだり、通話したりできました。

しかし格安SIMは基本的に契約が完了してから数日、あるいは1週間くらい待たなくてはなりません

その理由は「SIMカードが郵送されるから」です。スマホにSIMを挿入し、初期設定を済ませることで使い始められるのですが、ネット契約が大半を占めるMVNOはどうしてもカード郵送に時間がかかってしまいます

ほとんどのMVNOは契約当日、あるいは翌営業日にカードを発送してくれます。なので早ければ翌日には手元に届くかもしれません。しかし地方や離島に住んでいる人は少々時間がかかります。

大手キャリアから乗り換えを考えているのなら、格安SIMが届いて準備が整ってから解約手続きを行った方が無駄がありません。

店頭窓口で契約すれば即日開通できるかも

IIJmioなど、いくつかのMVNOは家電量販店にSIMブースを構え、その場で契約できるようにしている場合があります。こういった店頭窓口を利用すれば、ほぼ即日でSIMカードを受け取れます。

なので「どうしても今日から使いたいんだけど!」という方は店頭契約、即時開通できる格安SIMを探しましょう。

2016年7月現在、ヨドバシカメラSIMフリーカウンターで取り扱っているMVNOは以下の通りです。※取り扱いMVNOは変動する可能性があるので事前にチェックしてください。

・IIJmio
・mineo
・BIGLOBE
・OCNモバイルONE
・U-mobile
・UQ mobile
・nifmo
・freetel
・ワイモバイル
・ワイヤレスゲート

通話し放題は無い!通話アプリが必須

大手キャリアはいずれも「通話し放題プラン」「家族間通話無料」といった、通話に特化したサービスを用意しています。しかし格安SIMに通話し放題系のサービスは基本的にありません。

通話料の相場は20円/30秒。なので1時間通話すれば、1200円もの通話料が発生してしまいます。これでは何のために格安SIMに乗り換えたのか分からなくなりそうです。

しかしスマホにはLineやSkypeといった「通話アプリ」があります。これを使えば、Line同士の通話は無料、Skype同士の通話は無料になります。特にLineは老若男女問わずほとんどのスマホユーザーが利用しているのでダウンロード・インストールを検討しましょう。

キャリアメールが使えなくなる

「@docomo.ne.jp」など、いわゆるキャリアメールは格安SIMには用意されていません。つまり、今まで使っていたメールアドレスが使えないことになります。

そのため、格安SIMに乗り換えるときはgmailやYahooメールなどの無料メールサービスをメインに扱うことになります。

クレジットカードが必須?

MVNOはほぼ全部がクレジットカードでの支払いのみ対応しています。口座振替が使えないところが多いので要注意です。「クレジットカードを持っていないから」という理由だけで格安SIMを諦めた人も大勢います。

現状調べた範囲内では大手MVNOで口座振替に対応しているのはBIGLOBE、OCN モバイル ONEのみ。

ただしIIJmioとmineoは「プリペイドSIM」を販売していて、これならクレジットカードを持っていなくても格安SIMが利用できます。若干割高なのと、継続して利用するたびにプリペイドSIMをチャージする手間はありますが…。また音声通話やSMSに対応していないのもネック。他にも細々としたデメリットがちらほら。

やはり格安SIMを利用する上でクレジットカードは必須アイテムと言えそうです。

解約前に違約金が無いか確認!

大手キャリアで更新月以外に解約すると違約金が発生する場合があります。解約手続きを事前に済ませておかないと自動更新されることがほとんど。

ショップに直接足を運んでスタッフに相談するか、マイページにログインして自分の更新月がいつ頃なのかを把握しておきましょう。どの契約に違約金が発生するのか分からない、不安なら店頭で確認してもらうのが確実です。

店頭で確認するなら、ついでにMNP番号(携帯電話番号の引き継ぎに必要)も発行してもらいましょう。有効期限は15日なのであまり早く取得しすぎても二度手間になりかねませんが…。

まとめ

MVNOの格安SIMに乗り換える前に注意したいポイントについて紹介しましたがいかがだったでしょうか。内容をまとめると以下の通り。

・ショップが無いのでサポートが受けづらい(ある程度スマホの知識が無いときついかも)
・持っているスマホが格安SIMに対応しているか必ず確認(MVNOの公式サイトに一覧があるのでチェックしてから申し込む)
・店頭契約できるMVNOもあり、即日開通に対応してもらえることも
・通話し放題は原則無い。Lineなどの通話アプリが必須
・キャリアメールが使えない
・クレジットカードが必須
・今使っている携帯電話キャリアで違約金が発生しないか確認するべき

スマホとして利用する分には従来のキャリアとほとんど同じなので、今回紹介した「乗り換える前に確認すべき注意点」こそしっかりとチェックするべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 61
    follow us in feedly

格安SIMおすすめランキング


ドコモ、auの両方の回線を用意しているのはmineoだけ!これらのキャリアからmineoに乗り換えれば、面倒なSIMロック解除をしなくてもSIMを差し替えるだけですぐに格安SIMでスマホが使えるようになります。
→ mineoの公式サイトへ 公式サイトはこちら


プランが豊富でしかも安い!高速通信は一切使えないものの、月額525円でデータ通信ができる格安SIMは「スマホはSNSとかLineくらいしか使わない」という方にピッタリ!自宅にwifi環境がある人に是非オススメしたい格安SIMです。
→ 楽天モバイルの公式サイトへ 公式サイトはこちら


とにかく安い!格安SIMの中でも最安水準を保ち続けている「攻めの姿勢」とも取れる運営スタイルが高く評価されているDMM mobile。
値段が安い、にも関わらず通信品質が高いのは老舗MVNOの「IIJmio」のサービスを利用しているから。実効速度データなどをみても、IIJmioとほぼ同じスペックが計測されていることからも安心感に優れていると言えます。
→ DMM mobileの公式サイトへ 公式サイトはこちら

  関連記事

ソフトバンク利用者と同等のクオリティでスマホライフ Y!mobile

格安SIMと大手キャリアの中間に位置するSIMの魅力とは >>>満足度の高いY! …

ルーターのセット販売を行うお得な格安SIM事業者をご紹介します!

スマートフォンやタブレットでインターネットを利用する場合には、端末本体の通信機能 …

日本で今一番契約数が多い格安SIM「OCNモバイルONE」とは

>> OCNモバイルONEの公式サイトを見てみる 出典:service.ocn. …

今のスマホをそのままMVNOの格安SIMに使える?AndroidとiPhoneの両方を紹介

今までドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアのスマホを使っていて、MVN …

お財布ケータイアプリを入れて電子マネーを賢く使う!不必要なカードや小銭を持ち歩かない時代に!

お財布ケータイはソニーが開発したFeliCa(フェリカ)チップを使用した電子決済 …

中古のスマホを格安で調達・白ロムの他にも赤ロムがあるので要注意!

スマホ買い替えのネックは端末にあり 大手携帯キャリアでも格安スマホでも、機種変更 …

固定回線の代わりになる!おすすめ格安SIMとSIMフリーモバイルルーターを紹介

テザリングをしても… 外でネット通信をして、仕事などの作業をするという人もいるで …

データ通信のみの格安SIMでもLINEの通話は使える!ただし認証するにはSMSが必須なので注意!

格安SIMに乗り換えたいけれど、LINEで通話できるか心配…。 特にデータ通信の …

U-mobile徹底解説!スマホ代を大きく節約するコツを伝授!

U-mobileの魅力やメリット、特徴を知って自分にぴったりのプランを選ぼう! …

使い捨て感覚でスマホを利用できるプリペイドSIMカードを理解しよう

プリペイドSIMカードとは何? スマホや携帯電話を使って通話・通信するためには、 …