セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

U-mobile徹底解説!スマホ代を大きく節約するコツを伝授!

   

U-mobileの魅力やメリット、特徴を知って自分にぴったりのプランを選ぼう!

>>>U-mobileの公式ページはこちらから!

出典:umobile.jp

U-mobileとは?高品質な格安SIMで大人気のMVNO!

U-mobileはいわゆるMVNO、つまり格安SIMを提供しているモバイル通信サービスです。従来の携帯電話キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)と比べてとてもリーズナブルな価格でスマホが使えるので人気を集めています。また、驚きの低価格だけにとどまらず高品質な通信も実現しているのも注目のポイント!

U-mobileの使用回線は?高速通信にも対応!

U-mobileで使用している回線は「ドコモ回線」になります。そのため、ドコモのスマホを使っている人はSIMを差し替えるだけですぐに利用可能!もちろんSIMフリースマホを持っている方もSIMを装着するだけでOKなんです。

もちろん高速通信「LTE」も用意!低速通信時は「3G回線」を使用しています。ニーズに合わせた通信速度が選べるのもU-mobileの魅力のひとつと言えます。

最新のiPhoneにも対応!もちろんAndroidもOK!

U-mobileで使える端末はほぼ全てのスマホになります。比較的新しいスマホなら問題なく利用できると考えて大丈夫です。もちろんiPhoneも利用対象!ドコモ、SIMフリーのiPhoneならすぐに利用できます。

ただし注意したいのがauとソフトバンクのiPhoneを利用している人。これらはSIMロックを解除しても通信規格が異なるので残念ながら利用できません。その場合は一度お手持ちのiPhoneを売って、ドコモorSIMフリーのiPhoneに買い換える必要があります。

>>>「U-mobile」公式HPへ行く!

U-mobileはこんな人にオススメ

U-mobileの特徴やメリットを考えると、以下の条件に当てはまる人に特にオススメです。ひとつでも該当するものがあるなら、ぜひU-mobileを候補のひとつとして検討してみてください。

・格安SIMでスマホ代を節約したい
・格安SIMだけど安定したデータ通信じゃないと嫌だ
・高速データ通信に対応しているところが良い
・従来のスマホと同じように、通話にもデータ通信にも使いたい
・通話は使わないのでデータ通信専用SIMが欲しい
・従来のスマホと同じエリアで使えた方が良い(対応エリアが広い)
・従来の電話番号をそのまま使いたい

いかがでしょう。当てはまるものは見つかりましたか?特にスマホ代を節約したい!と思っている人はU-mobileを検討してみてほしいと思います。

>>>当てはまったらU-mobileへ!!

U-mobileオススメ端末をピックアップ!人気のスマホはどれ?

U-mobileは格安SIMを提供しているだけでなく、スマホ端末自体も販売しています。スマホだけを購入することはできず、SIM+スマホで契約する形に。もちろん既にスマホを持っている人はSIMのみの契約が可能です。

ここではU-mobileで取り扱っているスマホの中でも注目の機種をピックアップして紹介していきたいと思います。

安い!使いやすい!大人気の「arrows M02」

出典:fmworld.net

arrows M02はU-mobileのスマホの中でも圧倒的な人気を誇る機種になります。一般的なスマホの使い方をしている人には十分な性能を持っていて、さらに嬉しいことに防塵・防水仕様に!「仕事中はずっとポケットに入れっぱなし」「以前スマホや携帯電話を水没させてしまった」といった人にこそ使って欲しいスマホです。またおサイフケータイにも対応しているので、edyやsuica、waonなどの電子マネーを利用している方にもオススメです。

価格:2万9800円
性能:5インチ、CPUクワッドコア1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ810万画素、重さ149g、電池容量2330mAh、連続待受LTE540時間、防水・防塵、おサイフケータイ対応、ナノSIM、Android 5.1、VoLTE対応

リーズナブルなのにハイスペック!次世代スマホ「ZenFone2」

出典:asus.com

ZenFone2は安いのに高性能なスマホで高く評価される「ASUS」のハイエンドモデルスマートフォンです。世界初の大容量メインメモリ4GB、そしてCPUにはintel製のものを採用、と従来のスマホとは一線を画すハイスペックな内容になっています。スマホをヘビーに使うことが多い方…例えばスマホゲームを楽しむことが多い人や、スマホで写真加工、動画加工を楽しんでいる人にこそオススメ。ハイエンドモデルならではの快適な動作を堪能できます。またディスプレイサイズが5.5インチと大画面仕様になっているので、動画閲覧や画像閲覧もオススメ!

価格:4万5800円
性能:5.5インチ、Intelクアッドコア2.3GHz、RAM4GB、ROM32GB、カメラ1300万画素、重さ170g、電池容量3000mAh、連続待ち受けLTE267時間、ナノSIM、Android 5.1

手軽に楽しめるリーズナブルなスマホとして注目の「Y6」

出典:huawei.com

Y6は格安スマホでお馴染みのhuaweiが販売する低価格スマホ。スペックを重視する傾向の強い昨今ですが、低価格かつ一般ユーザーには十分な性能を持ち合わせた、万人受けするスマホとして注目されています。

コンセプトは「ちょうどいいは気持ち良い」。確かに突出した性能や特徴は無いのでハイスペック志向の人には物足りなく感じられるかもしれません。ですが価格が非常にリーズナブルなので「初めてのスマホで、安く使えればそれに越したことはない!」という方にピッタリ!

価格:1万5980円(安い!)
性能:5インチ、クアッドコア1.1GHz、RAM1GB、ROM8GB、カメラ800万画素、重さ155g、電池容量2200mAh、連続待ち受け時間LTE300時間、ナノSIM、Android 5.1

>>>他にも端末あるかな?U-mobileに見に行こう!

U-mobileのモバイルルータープランにも注目!外出先でもネットを楽しむ人にオススメ!

U-mobileはスマホ販売だけでなく、モバイルルーターの販売も行っています。例えば外出先でも頻繁にネットを利用する機会のある人はモバイルルーターがあると利便性がグッと高まって本当に便利。もちろんスマホ+格安SIM+モバイルルーターの組み合わせもオススメです。

デュアル周波数帯を束ねて通信、超高速データ通信を実現した「305ZT」

モバイルルーターで必要なのは「安定性」そして「通信速度」の2つです。両者を実現したのが305ZT。キャリアアグリケーション(CA)に対応したモバイルルーターで、従来品よりもずっと快適なデータ通信を体感できます。

価格:さんねんデータプラン+月額4380円36ヶ月契約、にねん+ワイド1620月額3696円24ヶ月契約
性能:重さ150g、連続通信9時間、連続待機1000時間、バッテリー容量2,700mAh、インターフェースUSB2.0、同時接続14台*2、通信方式AXGP2.5GHz,LTE1.7GHz,W-CDMA(3G)1.7GHz

大容量バッテリーで長時間の通信を実現!「GL09P」

モバイルルーターを使っていて「バッテリーが少なくて…」と困る経験は誰もがあると思います。その問題をクリアしてくれるのがGL09P。5000mAhの大容量バッテリーを搭載したモバイルルーターで、なかなか充電できない外出先でも安心感が大きいのが特徴です。もちろん高速通信に対応しているのでサクサクと快適に利用できます。

価格:にねん+ワイド1600月額3696円24ヶ月契約、フラットにねん月額3696円24ヶ月契約(自動更新)
性能:重さ168g、連続通信14時間、連続待機900時間、バッテリー容量5,000mAh、インターフェースUSB1.1/2.0、同時接続14台、通信方式AXGP2.5GHz,LTE1.7GHz,W-CDMA1.5/1.7GHz

>>>モバイルルーターってすごいなぁ!U-mobileの公式ページへ!

用途に合わせてプラン選択!より賢く使うために

U-mobileは用途、ライフスタイルに合わせて様々なプランを用意しています。自分の使い方に合ったプランを選ぶことができれば無駄にデータ容量を取る必要もありませんし、もちろんスマホ代の節約にも!ここでは回線だけ、SIMだけの契約プランを中心に紹介していきます。

USEN MUSIC SIMプラン

出典:umobile.jp

ネットも通話も音楽も!全部楽しめるプランです。U-mobileを運営しているUNEXTの親会社、USENの「スマホでUSEN」をセットにしたお得なプランになっています。最新Jpopはもちろん、洋楽、JAZZ、クラシックと幅広いコンテンツが魅力!また音楽だけでなくトーク番組も充実していて、1000チャンネルを超えるコンテンツをスマホで手軽に楽しめます。

ネット使い放題!

USEN MUSIC SIMプランは「LTE使い放題」のプランです。なので通信容量を気にすることなく、高速通信をいくらでも楽しめます。

通話もお得!

今まで使っていた電話番号をそのまま乗り換えることができますし、通話アプリ「U-CALL」を使えば通話料が半額!

音楽聴き放題

上記した通り、1000以上のチャンネル、そして150万曲オーバーの音楽が好きなだけ聴けます。

月額料金

通話プラスLTE使い放題2490円+スマホでUSEN490円=2980円

U-mobileデータ専用

出典:umobile.jp

スマホ、タブレットなどのモバイル端末で使えるデータ通信限定のシンプルなSIMプランです。「通話はLineやSkypeなどの通話アプリしか使わない」「通話が出来る携帯と2台持ちしたい」「ネット用、ゲーム用にしかスマホを使っていない」といった人にオススメのプランになります。

まずはお試し!1GBプラン

通信容量が1GBの極めてシンプルかつ低容量なプランです。基本料金は790円とU-mobileの中で最安値。容量がとても小さいのですが、SNSやメールチェック、少しだけニュースサイトを閲覧…といった使い方しかしていない方には十分!節約効果にも優れています

ライト~ミドルユーザーにピッタリ!5GBプラン

通信容量5GBのデータ通信専用プランです。基本料金は1480円。1GBでは足りないけれど、使い放題にするほどたくさん使わない、という人にピッタリ。YouTubeなどの動画サイトを閲覧する機会が多い人にも良いですね。

ヘビーユーザー向け!LTE使い放題プラン

名前の通り、高速通信のLTEが使い放題になっているので、通信容量を気にする必要がありません。YouTubeやhuluなどのストリーミングサービスを頻繁に利用する人にこそ最適。ちなみにU-mobileのプラン「USEN MUSIC」とセットになったコースもあるので、スマホで音楽を楽しみたい方はそちらがオススメです。

>>>もっと詳しく知りたい方はコチラから!

使った容量で値段が変わる!ダブルフィックスプラン

通信量の使用量に応じて基本料金が変動するプランです。1GB以下は680円、1GB以上は900円、最大で3GBまでとなります。「データ通信をたくさん使うときもあれば、全然使わないときもある。だから1GBプランや5GBプランだとどうしてもムダが出て嫌だ!」という方にピッタリ!

U-mobile通話プラス

出典:umobile.jp

U-mobile通話プラスはスマホに高速データ通信に加えて090、080、070の携帯電話番号を割り振り電話での通話ができるSIMカードプランです。これまでに使っていた携帯電話番号をそのまま引き継ぐ「MVP」にも対応しているのも大きなポイント!「通話もデータ通信も使いたい!」という方にオススメです。

ライト~ミドルユーザー向けの3GBプラン

通話機能+データ通信容量3GBのプランです。月額1580円。最もスタンダードと言えるのではないでしょうか。3GBあれば、普通に利用する程度なら十分なのでおそらくほとんどの方がこちらを契約することになると思います。「通話ができて、ほどほどにデータ通信ができればOK」という人向け。

ミドルユーザーも納得の5GBプラン

通話機能+データ通信容量5GBのプランです。月額1980円。通信容量が5GBもあるので、スマホで動画を楽しむ機会が多い人でも納得の使いやすさ!

ヘビーユーザー必見!LTE使い放題/使い放題2

高速通信のLTEでデータ通信容量の上限が無いプランです。LTE使い放題プランが月額2980円、使い放題2が月額2730円。両者の違いは「U-NEXTポイント付与数」です。前者は毎月600ポイント、後者は毎月400ポイントが付与されます。

U-NEXTはU-mobileからも提供されている音楽配信サービスで、獲得したポイント(1P=1円分)を使って割引を利用できます。

使ったデータ量に合わせて価格が変動!ダブルフィックス

ダブルフィックスは毎月の通信量に応じて基本料金が変動するプランです。1GB以下は月額1480円、1GB超は月額1780円で最大3GBが通信容量になります。たくさん使うときもあれば、全然使うことがないときもある人にピッタリ!

>>>U-mobileはニーズに答えてくれるプランがたくさん!

U-mobileのサービス、オプションを活用してもっと賢く!便利に使おう!

「こういうサービスがあったら良いのに」「オプションでもっと便利にならないかな」「かゆいところに手が届く何かが必要!」という方はオプションをチェックしてみましょう。

モバイル簡単セットアップサービス

初めてスマホを使う方向けの完全無料訪問サポートです。初心者はもちろん、初期設定が上手くいかない人、アプリのダウンロードやインストールの仕方が分からない人は気軽に利用してみましょう!自宅までスタッフが訪れてアドバイス、セットアップしてくれます。ただし無料なのは初回のみなので、この点は注意を。

でんわパック60

出典:umobile.jp

月額800円で最大60分の通話ができるオプションサービス。本来なら通話料10円/30秒(U-CALL使用時)なので、月額800円で1200円分の通話料が使える…つまり400円お得になります。

通話半額アプリ「U-CALL」

名前のとおり通話料金が半額になるアプリです。本来なら20円/30秒なのですが、U-CALLを使えば10円/30秒になります。U-mobile契約者なら誰でも無料で使えるアプリです。通話SIMを使っている人は必ずダウンロード・インストールしておきましょう!

キャッチホン

月額200円でキャッチホン機能が付けられます。通話中に電話がかかってきたら着信音でお知らせ。話し中の通話を保留にしたまま、新しくかかってきた電話が受けられます。

留守番電話

月額300円。電波が届かない場所にいたり、電源を切っているときにかかってきた電話からの伝言メッセージを保管してくれます。

SMSオプション

電話番号を指定して最大全角70文字のメッセージを送受信できるSMS(ショートメッセージサービス)を付与できます。月額150円。最近はスマホアプリでSMS認証が必要なもの(Lineなど)が増えています。スムーズに使い始めるためにも検討しておきましょう。

>>>U-mobileには充実したサポートがたくさん!!

U-mobile*Eオプション

出典:umobile.jp

U-mobileのサポートオプションサービス。なお各オプションはモバイルルーター契約と同時に申し込むと初月無料になりお得です。

モバイルサポートSプラン

月額500円。ネットやデジタル機器に関する設定方法、使い方、トラブルに関する相談ができます。また必要に応じて遠隔操作によるサポートも提供しています。

モバイルサポートLプラン

月額940円。Sプランの内容に加えて、自宅への訪問サポートを提供します。

プレミア優待サービス

月額500円。宿泊施設やレジャー施設などの優待サービスが受けられます。また専門医の紹介や、生活上のトラブルを解決するための専門機関の案内なども。実に様々な便利サービスが用意されているのでチェックしてみてください。

スマホでUSEN

月額490円。1000以上のチャンネルが楽しめるスマホ向け音楽コンテンツサービスです。聴き放題!よりお得なスマホでUSEN+LTE使い放題プランもあるので、せっかく利用するならそちらをオススメします。

PC+Androidセキュリティサービス

月額350円。パソコンとAndroid端末を合わせて3台までウイルス対策してくれます。スマホもきちんとウイルス対策をしないと、個人情報を抜き取られたり、動作不良を起こすことがあります。

端末保証お見舞い金サービス

月額500円。スマホやタブレット、パソコン、ネット環境下のテレビなどでトラブルが起こったときに最大5万円の保証が受け取れる保険オプションです。

遠隔サポートサービス

月額500円。スマホだけでなく、パソコンなどの設定が分からないときに専門のオペレーターに相談・遠隔サポートが受けられるサービスです。初期設定はもちろん、基本動作からセキュリティソフトの導入、ネット接続、SNSの設定まであらゆる相談に応じてくれます。

ライフサポートパックサービス

月額300円。鍵のトラブル、水回りのトラブル、ガラスのトラブルから家電取り付け、バイク・自動車のトラブルに至るまで、日常生活で起こる様々なトラブルを電話一本で解決できます。

U-NEXTポイントが毎月もらえる

音声通話対応SIMを対象に、毎月U-NEXTポイントが付与されます。こちらは動画・音楽・電子書籍を配信している「U-NEXT」で1ポイント1円として利用可能です。

>>>U-mobileを賢く利用しよう

申込から使用までの流れを確認しよう

次はU-mobileを申し込んでから実際に利用するまでの大まかな流れをチェックしていきましょう。

プランを選ぶ

利用スタイルに合わせてプランを選びましょう。端末(スマホ)も必要な場合はセット購入がお得です。プランの種類は以下のとおり。

・スマホセットプラン
・通話プラスプラン
・データ専用プラン

それぞれのプランの詳細は上記したのでそちらを参考にしてください。

申込み前に用意しておくものを準備する

U-mobileの申込みに必要なものがいくつかあるのでそちらを事前に用意しておきます。

・本人名義のクレジットカード
・メールアドレス
・モバイル端末(スマホなど。持っていない場合はスマホセットプランを選ぶ)
・本人確認書類(運転免許証や保険証、パスポートなど)
・MNP予約番号(電話番号を引き継ぎたい場合のみ)
Webサイトから申込み

U-mobile公式サイトの申込みボタンをクリック。案内に従って必要事項を入力すれば完了です。

SIMカードの郵送

申込みが完了したら、自宅宛にSIMカードが郵送されます。発送は申し込み日の翌営業日。

SIMカードを端末に挿入、利用の設定

SIMカードのIC部分を取り外して使いたい端末に挿入します。あとは端末で初期設定を行えば完了です。

>>>簡単に契約できちゃうU-mobile

U-mobileはどこで契約できる?ネット以外の申し込み方法はある?

U-mobileは公式サイトのネット申し込みだけでなくパッケージを店頭で購入した上で契約することもできます。家電量販店や各通信事業者から購入可能となっています。

パッケージ購入後はSIMカード利用手続きを行う必要があり、U-mobile公式サイト上からアクセスします。

U-mobileを契約時にやっておくべき事、知っておくと便利な事

U-mobileの契約前に知っておきたいポイントをまとめました。ぜひチェックしてから申し込むようにしてください。

その場でSIMカード発行もできる!

上記したとおり、U-mobileは契約が完了してSIMカードが郵送されるまで利用できません。すぐにでもスマホを使いたい人にとってストレスですよね。

ですが、U-mobileは全国各所に対応店舗を設置することで、即日受け渡しを実現しています。もちろん申し込みから面倒な手続き、初期設定まで担当スタッフが対応してくれるので安心!

店舗は全国のU-NEXTストア、YAMADA電気、ヨドバシカメラをはじめとした家電量販店を中心に展開しています。公式サイトから店舗一覧が確認できるので一度覗いてみてはいかがでしょうか。

MNPを使って以前の電話番号が引き継げる!

電話番号を引き継ぎたい人はMNPというサービスを利用しましょう。これを活用すれば、以前の電話番号のままU-mobileに移行できます。

予約番号の発行は今まで使っていた携帯電話キャリアの店頭窓口orサポートセンターから申込めばOKです。

ただし有効期限は15日間なので計算して予約番号を発行しないと、いざ!というときに有効期限が切れていた…ということにもなりかねません。

>>>詳しくは公式U-mobileのページへ!

U-mobileの強みってなんだろう?安いだけじゃない魅力がたくさん!

ただ単純にスマホ料金を安く抑えるだけならU-mobile以外のMVNOでも良さそうな気がします。しかし、数多くある格安SIMの中でU-mobileが選ばれているのには理由があるから。そこでここではU-mobileの強み、他社には無いメリットをまとめました。

やっぱり安い!スマホ代を節約できる!

三大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の料金プランとU-mobileの料金プランを比較すれば一目瞭然です。

いずれのキャリアもかけ放題、通話し放題の基本料金は2700円。加えてインターネット接続基本料が300円、ここにさらに各通信容量に応じたデータ料金が必要になります。安めのプランで見積もっても、6000円~1万円くらいの料金になってしまうのがネックでした。

しかしU-mobileは、音声通話対応SIMの3GBが1580円、5GBが1980円、使い放題が2730円or2980円、さらにダブルフィックス(1GB以下1480円、1GB~3GB1780円)まで用意されています。最も高いLTE使い放題でも2980円は相場よりもずっと安いことが分かります。

他MVNOと比較しても平均的な価格設定になっています。

単純にスマホ料金を節約したいなら、三大キャリアよりもU-mobileの方が間違いなく安く抑えられます。

LTE使い放題プランは他に無い!

他のMVNOでも通信容量無制限のプランが用意されていますが、LTE対応で通信容量無制限…つまり使い放題のプランはU-mobileだけ!厳密には他MVNOにも用意されているのですが、通信速度が極端に絞られていたり、安定しなかったりと、他社の使い放題プランはあまり評判が良くありません。

しかしU-mobileのLTE使い放題プランは通信速度、安定感といった品質に優れ、価格も非常にリーズナブルに設定されています。スマホヘビーユーザーにとってこれほど魅力的なプランはありません。U-mobile最大のメリットと言っても良いかもしれませんね。

U-CALLで通話料金を半額にできる!

U-mobile専用のアプリ「U-CALL」は通話料金が20円/30秒のところ、半額の10円/30秒になります。現状は通話し放題のプランが無いので(そもそも格安SIMに通話し放題を提供しているところは無い)、いかに時間あたりの料金を下げられるかが肝に。

もちろんLineやSkypeなどの通話アプリを利用するのが一番の節約になりますが、話し相手全員が通話アプリを使っているわけではありませんよね。

無料アプリで簡単に通話料を半額にできるので、実質30秒あたり10円で通話できる格安SIMとして人気を集めています。

NuAns Neoのセット販売はU-mobileだけ!

出典:neo.nuans.jp

各MVNOからSIMとセット販売されるスマホが用意されています。そんな中、U-mobileだけが取り扱っているスマホ「NuAns Neo」に注目が集まっています。

こちらはトリニティというメーカーのスマホで、国内ではまだまだ珍しい「windows10搭載スマホ」です。キャリアはSIMフリーになっているので、U-mobile以外のMVNOでも利用できますが、セット販売を行っているのはU-mobileだけ!なので実質、U-mobileの独占販売のような状態になっています。

リーズナブルな価格ながら高性能で、スマホというよりは超小型のパソコンに近い感覚。文書作成や編集もスマホで手軽に行いたい人にピッタリの端末となっています。

>>>魅力がたくさんのU-mobileを契約しよう!

U-mobileを利用する前に必ずチェックしたいポイント一覧

U-mobileの魅力を存分に伝えたところで、利用前、申し込み前にチェックしておきたいポイントを紹介したいと思います。一通り目を通しておきましょう。

最低利用期間

各プランによって最低利用期間が異なります。

・データ専用プラン:無し
・音声通話機能付きプラン:最低6ヶ月間
・ダブルフィックス:無し

初期費用

登録事務手数料として初期費用3000円が必要です。1契約ごとに支払いが発生。なおパッケージ版を購入した場合はパッケージ費用が初期費用となり、登録事務手数料が含まれています。

追加チャージ

高速データ通信料を使い切ってもチャージできます。チャージした容量に応じて再び通常速度(高速通信)が可能です。

・100MB:300円
・500MB:500円
・1GB:800円

このように容量が大きいほどお得になります。なおチャージは専用アプリが用意されているのでそちらから購入します。

解約後は?端末やSIMカードは返却するの?

端末の返却は必要ありませんが、分割払いにしている場合は残り代金の一括支払いになります。

SIMカードの返却は必須で、送料は利用者負担。解約月の翌月15日までに返却されない場合は損害金が発生するので注意してください。1枚につき2000円。

違約金の発生は?通話プランのみ可能性

U-mobile通話プラス3GB、5GB、ダブルフィックスを利用している人で、利用開始月から6ヶ月以内に解約した場合、違約金(解約事務手数料)として6000円の支払いが発生します。なお1契約ごとに別途違約金が発生するので注意。

データ通信専用SIMは最低利用期間が設けられていないので、違約金の発生はありません。

今のスマホまたはiPhoneは引き継げる?やり方は?

Android端末、iOS端末(iPhone)のいずれも今まで使っていたスマホは「SIMロック解除」でU-mobileで引き続き利用できます。ちなみにドコモキャリアのスマホはSIMロック解除は不要です。SIMを差し替えるだけでOK!

SIMロック解除は自力で行えますが、高度な専門知識が必要な上に失敗するとOSが破損して使い物にならなくなる可能性も。うまくいってもセキュリティレベルが著しく低下する恐れがあるので、必ずショップでやってもらいましょう。ドコモ、au、ソフトバンクの各キャリア共に3000円で請け負っています。

なおiPhoneはSIMフリー版orドコモ版のみ引き続き利用できます。au版とソフトバンク版のiPhoneはSIMロックを解除しても使えないので注意してください。

電話番号、アドレスは変わるの?そのまま使えない?

電話番号はMNPサービスを利用すれば引き継ぐことができます。以前使っていたキャリアの店頭窓口やサポートセンターに連絡してMNP予約番号を発行してもらい、U-mobile申し込み時に申告すれば引き継ぎ完了です。

キャリア依存のアドレス(@docomo.ne.jpなど)は残念ながら引き継ぐことができません。しかしgmailやyahoo!mailなどキャリアに依存しないメールアドレスは引き続き利用できます。

>>>もっと詳しくU-mobileの疑問に答えます!!

U-mobileの気になる評価は?口コミや体験談をチェック!

次は実際にU-mobileを利用しているユーザーの口コミや体験談をチェックしてみましょう。

信速度、安定度どちらも満足です。
格安SIMなので、通信速度はそこまで期待していませんでしたが、十分な速度を実現してくれています。安定度についてですが、基本的にはあまりブレることはないように思います。人が多い場所で使ったらまた違うのかもしれませんが、大丈夫だと思いますよ(男性)
LTE使い放題が便利です。
毎日スマホでゲームをしたり、ネットサーフィンしたり、動画を見たり…と通信容量はかなり多い方だと思います。短期間で大量のデータ通信を行うと制限がかかるそうですが、今のところ「制限がかかっちゃったなー」ということはあまり無いです。他の格安SIMでLTE使い放題はほとんど見かけないのでU-mobile一択です(女性)
サポートがしっかりしていて助かりました。
初めてのスマホで、初期設定の段階でつまづいてしまいました。そこでサポートセンターに電話で連絡したのですが、訪問サポートが初回は無料で使える、ということでお願いしました。スタッフが自宅に訪れて手際よくセッティング。私は見ているだけでしたが「必要なアプリはありますか?」「LineとかTwitterとかやります?」と細かく聞いてくれたので助かりました(女性)
音声SIM即日発行が助かった!
すぐにでも通話ができないと困る!という状況だったので焦っていましたが、U-mobileなら即日でSIMカードを発行できる、という話を聞いてすぐに店頭に足を運びました。申し込んでから30分くらいで手続き完了。初期設定までやってもらえて助かりました(男性)

>>>U-mobileはとっても高評価!口コミを実感してみる!?

料金プランを紹介!各プランの基本料金や通信容量を表でチェック

U-mobileデータ専用
  1GB 5GB LTE使い放題 ダブルフィックス
初期費用   3000円(税抜)
月額料金 790円 1480円 2480円 通信料1GB以下680円
1GB超え900円
SMSオプション 別途申し込み 150円/月   
通信容量 1GB 5GB  無制限 3GB 
通信速度 下り最大225Mbps、上り最大50Mbps
速度規制時:最大128kbps   
対応SIM 全てのプランでSIMカードのサイズを選択可能
(標準SIM/microSIM/nanoSIM)

 

U-mobile通話プラス 
  3GB 5GB LTE使い放題 LTE使い放題2 ダブルフィックス 
初期費用   3000円(税抜) 
月額料金+音声通話機能付帯料 1580円 1980円 2980円 2730円 通信料1GB以下1480円
1GB超え1780円
SMSオプション 契約に含まれる 
通信容量 3GB 5GB  無制限 無制限  3GB
通信速度 下り最大225Mbps、上り最大50Mbps
速度規制時:最大128kbps    
対応SIM 全てのプランでSIMカードのサイズを選択可能
(標準SIM/microSIM/nanoSIM) 

 

USEN MUSIC SIIM
初期費用 3000円(税抜)
月額料金 U-mobile通話プラスLTE使い放題2490円+スマホでUSEN490円=2980円
通信容量 無制限
通信速度 下り225Mbps、上り最大50Mbps
対応SIM  全てのプランでSIMカードの選択可能
(標準SIM/microSIM/nanoSIM)

 
>>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!

ケース別プランの選び方で無駄を減らして節約しよう!

通信量、通話量ともに多い人

データ通信も利用するし、通話も活用したい。どちらもかなり利用頻度が高い。という人にオススメなのがU-mobile通話プラスの「LTE使い放題」です。使い放題は「LTE使い放題:月額2980円」「LTE使い放題2:月額2730円」の2種類があり、どちらも通信容量に上限がありません。つまりデータ通信を好きなだけ利用してもOK!違いはU-NEXTポイントの付与で、前者が600ポイント、後者が400ポイントになります。より多くのポイントが欲しい人はLTE使い放題を、ほどほどで良い人はLTE使い放題2を選びましょう。

また通話が多い人はオプションの「でんわパック」に加入することをオススメします。月額800円で最大60分の通話が可能!1200円分が月額800円でもらえるので、実質400円割引になるオプションです。

データ通信だけで良い人

U-mobileデータ通信専用プランをオススメします。どれくらい使うかによって「1GB」「5GB」「使い放題」「ダブルフィックス」の中から選びましょう。

ダブルフィックスは「たくさん使うときとそうでないときの差が大きい」という人にピッタリのプランで、1GB以下が680円、1GB超が900円になります。なお容量上限は3GB。なおU-mobile全プランの中でダブルフィックス1GB以下が最安値。節約したい人にもオススメです。

スマホで音楽を楽しみたい人

断然「USEN MUSIC SIM」がオススメです。U-mobileの親会社USENが提供するU-NEXTのオンデマンドサービス「スマホでUSEN」と通話プラスLTE使い放題がセットになって2980円はとてもリーズナブル!1000チャンネル以上、150万曲以上が手軽に楽しめますし、LTE使い放題なのでYouTubeなどの動画サービスも手軽に利用できます。

>>>ピン!!ときたらU-mobileへGO!!

U-mobileのプラン、サービスを他社と比較!どんなメリットがある?

 

格安SIMが気になっているけれど、どのMVNOを選べば良いか悩む…。そんな方はU-mobileと他社のプランやサービスを比較して決めるのが一番です。ここでは大手キャリアとの比較、そして他MVNOとの比較を紹介します。

大手キャリアと U-mobileの比較!やっぱり安さが際立つ

まずは大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)とU-mobileの音声通話機能付きSIMを比較してみましょう。

  ドコモ au SoftBank U-mobile
プラン名/基本料 カケホーダイ/2700円 電話カケ放題/2700円 通話し放題/2700円 U-mobile通話プラス
ネット接続基本料 300円 300円 300円 なし
3GBプラン なし 4200円 なし 1580円
5GBプラン 5000円 5000円 5000円 1980円
10GBプラン 8000円 8000円 8000円 なし
使い放題プラン なし なし  なし  LTE使い放題:2980円
LTE使い放題2:2730円 
ダブルフィックス なし なし  なし  通信量1GB以下1480円
1GB超え1780円 

 

上記した通り、U-mobileの価格が圧倒的に安いのが見て取れます。U-mobile最高値の「LTE使い放題2980円」を見ても、大手キャリアの最安値「au3GBプラン2700円+300円+4200円=7200円」とその差は圧倒的です。

単純にスマホ料金の節約を考えるならU-mobileに軍配が上がります。ただし注意したいのが、U-mobileの通話はかけ放題ではなく、通話時間に応じて料金が発生すること。U-mobile専用の通話アプリ「U-CALL」を使うことで10円/30秒にできるのでぜひ活用しましょう。またLineなどの通話アプリを活用すれば通話料をグッと安く抑えられます。

他社のMVNOと比較!U-mobileの特徴「LTE使い放題」を中心に見てみよう

U-mobileと他のMVNOを比較して考えると、最も大きな比較ポイントであり、U-mobile最大の特徴のも言える「LTE使い放題」が浮き彫りになります。

現在U-mobileと同じ「通信無制限、使い放題プラン」を用意しているのはb-mobileとぷららモバイルの2社。これらと比較すると以下の表のようになります。

U-mobile LTE使い放題 ぷららモバイルLTE 定額無制限 b-mobile SIM 高速定額
料金 2678円 2980円 2138円
容量制限 なし(混雑時の制限あり) なし なし(混雑時の制限あり)
通信速度 225Mbps 3Mbps 150Mbps

 

見ての通り、U-mobileが最安値、というわけではありません。しかし通信速度は他社を圧倒する225Mbpsですし、通信品質についてもU-mobileに軍配が上がります。b-mobileが最も近いスペックになっているのですが、通信品質が安定しづらい、という意見が多いため、ストレス無くLTE使い放題を検討するならU-mobileになるでしょう。

>>>安いだけじゃなく、品質もしっかりしたU-mobileへ

U-mobileの弱点(デメリット)はある?事前に確認しておこう

メリットの多いU-mobileですが、弱点、デメリットが全くないわけではありません。申し込んでから「間違えたかなぁ」とならないためにも事前にチェックしておきましょう。

通信制限がある

公式で発表されているわけではありませんが、どうやら短期間で大容量の通信を行うと通信制限がかかる可能性があるようです。制限がかかると強制的に低速通信に切り替わり、数日経つとまた通常速度に戻ります。

ネットの口コミや体験談を見ると「3日のデータ通信料が1GB(or1.2GB)に達すると一時的な通信制限が入る」という意見が多く見受けられるので、どうやらこのあたりが設定されているのではないでしょうか。

通信速度切り替えがない

他社MVNOには高速通信と低速通信を切り替えられるアプリが用意されています。これで通信制限を回避したり、各プランごとの通信容量を節約できます。しかしU-mobileには通信速度切り替えアプリが無いので計画的な利用が必要です。

クレジットカードが必須

U-mobileはいずれのプランもクレジットカードが必須になります。店頭販売されているパッケージ版SIMもありますが、こちらもやはりクレジットカードが必要です。他MVNOはクレジットカードを持たない人のためにプリペイドSIMなどを用意しているところもあります。

クレジットカードと似た機能を持つ「デビットカード」での支払いも公式上はNG。ただし口コミを見ると「デビットカードでも大丈夫だった」という意見も見受けられるので、直接問合わせてみた方が良いかもしれません。

>>>もっと詳しく知りたい!U-mobileの公式ページへ!!

U-mobileを賢く利用するための3つのポイント

U-mobileをもっと賢く使いたい!という方は次の3つのポイントを意識してみてください。もちろん全て公式で推奨されていることですが、やるのとやらないのとでは使い勝手が変わってきます。

即日カード発行が出来る!

今すぐU-mobileが使いたい!という人はネット申し込みではなく、店頭での申し込みを利用しましょう。ネット申込みはSIMカードが手元に届くまで数日かかってしまいますが、店頭なら申込みからカード発行まで最短30分!

対応している店舗はU-NEXTストア、ヤマダ電機、ヨドバシカメラなど。公式サイトで店舗検索ができるので最寄りのストアを探してみましょう。

U-mobile専用通話アプリ「U-CALL」は必須!

U-mobileの通話SIM専用アプリ「U-CALL」は通話料金を半額にしてくれるお得なアプリです。もちろん無料でダウンロード・インストールできます。通常だと20円/30秒の通話料金ですが、U-CALL経由で通話すれば10円/30秒になります。

プロバイダも探しているならU-NEXT光を検討する!

格安SIMも使うけれど、自宅のインターネット環境も整えたい。そんな方はU-NEXT光のコラボプラン「スーパーファミリーバリュー」を検討してみましょう。プランによっては通信料が最大半額に!

U-NEXT光マンションとU-mobile通話プラス(LTE使い放題)の組み合わせで5660円、U-NEXT光ファミリー(戸建向け)とU-mobile通話プラス(LTE使い放題)の組み合わせで6680円と破格の安さになっています。

ルータープランとU-NEXT光のどっちが良いの?

基本的にはU-NEXT光の方がオススメです。割引率が大きいですし、単純にお得。しかしルータープランは外出先でも安定した高速通信ができるのが魅力。使い方に合わせて選ぶのがベストです。もちろん両方を組み合わせて運用するのもOK!

>>>U-mobileが気になった!!

U-mobileの疑問に答えます!Q&A

最後にU-mobileを利用するにあたって出てくる疑問とその答えを紹介していきます。一通り目を通し終えてから申し込むようにしましょう!

Q:支払いは?クレジット以外は無理?

A:現状U-mobileはクレジットカード以外の支払い方法を用意していません。店頭窓口での契約でもやはりクレジットカードが必須です。

Q:ポイントとかあるの?何に使える?

A:U-mobileの通話プランを利用するとU-NEXTポイントが付与されます。このポイントはU-NEXTという動画、音楽、電子書籍のオンデマンドサービスで利用でき、1ポイントあたり1円の割引。

Q:困った時はどこに連絡すればいいの?

A:水没、画面破損、作動しない、プランを変更したい…などスマホを使っていると色々なトラブルが起こるもの。従来のキャリアだと各ショップに持ち込めば対応してもらえましたが、U-mobileだとどうなのでしょうか。

困ったときの連絡先は「コールセンター」「メールサポート」「店頭(U-NEXTストア)」のいずれかになります。

U-mobileには「初回無料のセットアップサービス(訪問サービス)」やオプションの「モバイルサポート(遠隔操作サポート)」が用意されているので、これらの活用も検討してみましょう。

Q:店舗はあるの?

A:全国各地にU-NEXTストアがあります。スタッフと直接相談しながらプランを決めたい、細かい話が聞きたい、トラブルが起こったときに相談したい。そんなときは全国各地に展開しているU-NEXTストアを活用しましょう。

店舗の場所や営業時間などはU-mobile公式サイトから簡単に検索できます。
<公式サイトから店舗検索のページをもってくる>

Q:U-NEXTは加入した方が良いの?

A:U-NEXTは映画、ドラマ、アニメ、音楽が楽しめるオンデマンドサービスです。スマホやタブレットでも手軽に利用できます。

U-NEXTには見放題(月額のみ)で利用できるコンテンツと、ポイントを消費して楽しめるコンテンツの両方が用意されています。

U-mobile通話プラスの「LTE使い放題」と「LTE使い放題2」はそれぞれU-NEXTポイントが600、400ポイント付与。U-NEXTをお得に楽しみたいならLTE使い放題プランを検討してみましょう。

Q:動作確認端末は?最新機種でも使える?

A:U-mobileで使えるスマホ、いわゆる動作確認端末ですが、こちらは公式サイトから検索できます。比較的新しいスマホなら対応しているのでそこまで心配しなくても大丈夫でしょうが、事前にチェックしておくことをオススメします。

>>>問題解決しなかった方はコチラで解決しましょう!

最後に

出典:umobile.jp

ということで今回はU-mobile徹底解説の内容で紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。U-mobileのポイントをおさらいすると以下のようになります。

・格安SIMを提供している
・今までの携帯電話料金を大幅に節約できる
・データ通信のみのプランもある
・ダブルフィックスプランで使った通信量に応じて価格が変化。ムダが少ない
・スマホとSIMのセット販売もあるので、初めてスマホを使う人にも安心
・音楽サービス「スマホでUSEN」で1000チャンネル、150万曲以上の音楽が聴き放題
・他MVNOには無いLTE使い放題が安くてクオリティが高い
・専用アプリ「U-CALL」で通話料が半額になる
・ネット申込みだけでなく店頭申込にも対応

スマホ料金はきちんと抑えつつ、高速通信も利用したい、という方にとって最有力候補となるMVNOと言えるのではないでしょうか。

>>>品質、サポートもしっかりしたU-mobile

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 62
    follow us in feedly

格安SIMおすすめランキング


ドコモ、auの両方の回線を用意しているのはmineoだけ!これらのキャリアからmineoに乗り換えれば、面倒なSIMロック解除をしなくてもSIMを差し替えるだけですぐに格安SIMでスマホが使えるようになります。
→ mineoの公式サイトへ 公式サイトはこちら


プランが豊富でしかも安い!高速通信は一切使えないものの、月額525円でデータ通信ができる格安SIMは「スマホはSNSとかLineくらいしか使わない」という方にピッタリ!自宅にwifi環境がある人に是非オススメしたい格安SIMです。
→ 楽天モバイルの公式サイトへ 公式サイトはこちら


とにかく安い!格安SIMの中でも最安水準を保ち続けている「攻めの姿勢」とも取れる運営スタイルが高く評価されているDMM mobile。
値段が安い、にも関わらず通信品質が高いのは老舗MVNOの「IIJmio」のサービスを利用しているから。実効速度データなどをみても、IIJmioとほぼ同じスペックが計測されていることからも安心感に優れていると言えます。
→ DMM mobileの公式サイトへ 公式サイトはこちら

  関連記事

格安スマホで注目を集めるmineoのサービスを徹底検証してみた

  mineoに乗り換えるのは本当にお得?     …

格安SIMを購入するだけでは通信できない?利用までの流れを紹介

格安スマホを購入する前に 格安SIM業者に申し込みをして、SIMカードを入手すれ …

格安SIMが壊れた…大手キャリアのような保証はあるの?

スマホ本体をどこで調達したかで異なる対応 格安スマホを購入して利用していたところ …

どこで購入したかによって異なる?スマホが届いたらまずすべきことを解説

格安SIM業者からSIMカードを購入した場合 SIMカードを購入したらすぐに格安 …

安く中古端末を購入したい!赤ロムを避けるためにやっておきたい3つのポイントを解説

保証のついている店舗で購入する 格安SIMを購入するにあたって、節約するために中 …

固定回線の代わりになる!おすすめ格安SIMとSIMフリーモバイルルーターを紹介

テザリングをしても… 外でネット通信をして、仕事などの作業をするという人もいるで …

格安スマホでしばしば紹介されるUQmobileって正直なところ使いやすいのか調査してみた

UQmobileは格安スマホとしてお得か? >>>詳しく知りたい方はコチラから! …

LINEは格安SIMに対応している?使うときの注意点は?

「スマホ代を安くするために格安SIMを検討しているけれど、LINEは対応している …

格安SIM事業者との契約を解約する場合には違約金の支払いが必要になるのでしょうか?

スマートフォンを利用する際には各種のお得な料金プランに申し込むことができるのです …

地下鉄通勤時でもスマホ通信したい!格安SIMでも問題なく使えるの?

格安SIMでも地下鉄通信は可能 従来の携帯キャリアと比較して、かなり低価格でスマ …