セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

高速通信を重視という人必見! おすすめLTE対応機種を紹介

   

スマホを利用していて最もストレスがたまるのは、やはり通信速度が遅いときでしょう。

スマホはいまや単なる電話の手段ではなく、インターネット回線を利用して即時に情報を入手する手段となっています。現在高速通信に対応した格安SIMも売り出されていますが、せっかくの高速通信対応SIMも差し込んだスマホが高速通信対応でなければ遺憾なく能力を発揮することはできません。高速通信を可能にするにはLTE対応機種のスマホを購入することがポイントとなります。

LTEとは?

いままで1G、2G、3Gというのを聞いたことがおありと思います。これは通信方式を表すもので、数字が大きくなるにつれて高速通信が可能になってきました。現在3Gを越えた更なる高速通信を表すものとしてLTEが登場しています。

LTEとは”Long Term Evolution”の略語、つまり「3Gをもっと長期的に進化させました」という意味合いがあります。要は3Gよりも高速通信が可能だというわけです。わかりやすくするために、LTE通信のことを「4G」と呼んでいるケースも多くあります。LTEが3Gよりも進化した点は、データ通信時の遅延が少なくなるような通信方法が採用されているので、画面が固まるようなことが少なくなっています。

おすすめLTE対応機種

高速通信対応SIMカードには高速LTE通信対応機種ということで、おすすめのLTE機種を安い順に4つ紹介していきましょう。

goo「g06」

なんと実勢価格が8400円という格安LTE対応スマホ、それがクロスリンクマーケティングのgoo「g06」です。クロスリンクマーケティングは聞き慣れない会社名ですが、親会社はカメラで有名なポラロイドなので安心です。

格安スマホなので、CPUは1.1GHz、4コア、メモリは1Gと通常利用に支障がない程度の簡単なものです。それでいてdocomoプラチナバンドLTEに対応しているのが特徴でしょう。プラチナバンドとは以前のFOMAの通信帯域で、800MHzという各社通信割り当て済み空き領域が非常に少ない貴重価値の高い通信領域です。プラチナバンド対応エリアでは通信が込み合わない分高速通信が可能となります。

ZTE「BLADE E01」

出典:ztemobile.jp

実勢価格は1万4800円で、ある程度標準的なCPUやメモリが装備されています。ドコモプラチナバンドも対応可能で、大きな5インチディスプレイが付いておりストレスなく画面を見ることができます。カメラも800万画素の解像度のよいものが装備されています。

ASUS ZenFone 2 Laser(ZE500KL)

出典:asus.com

実勢価格は現在1万9000円となっています。スペックも高い上2万円を切った価格で現在高い人気を誇っています。販売当事は3万円という価格設定でしたが、現在2万円を以下にまで値段が落ちたので狙い目機種です。メモリは2GBで、カメラは1300万画素と高性能、対応可能な通信領域も多く、申し分のないLTE対応スマホでしょう。

iPhone6s

出典:apple.com

最後に紹介するのがスマホ界に今も王者として君臨するiPhoneです。iPhone7の登場により人気のiPhone6sの販売価格も6万6000円台にまで落ちてきて、高性能スマホを比較的安価で手にしたい人には狙い目です。

スペックは申し分のないもので、OSもIOSを利用している長所も重なり、一度iPhoneを利用するともはやアンドロイドを利用できないほどです。高速通信以外にも指紋認証センサー搭載や3Dタッチ機能も搭載されているという総合力が高い優れものです。

LTE通信 値段(目安) CPU 本体重量 ディスプレイ バンド領域
goo「g06」 8400円 MediaTek MT6737M(1.1GHz、4コア) 129g 4インチ B1,3,⑲
ZTE「BLADE E01」 1万4800円 MediaTek MT6735P(1.0GHz、4コア 155g 5インチ B1,3,8,⑲
ASUS ZenFone 2 Laser(ZE500KL) 1万9000円 Snapdragon 410(1.2GHz、4コア) 145g 5インチ B1,3,8,⑱,⑲,㉘
iPhone6s 6万7000円 A9+M9 143g 4.7インチ B1,3,8,18,⑲,㉘

 

高速通信で重要なバンド領域とは

高速通信を行なう周波数域は一つではありません。東京等の大都市ではBAND1と呼ばれる高速通信が利用できます。周波数は2GHz/2.1GHzです。しかしこの周波数帯を利用するにはそれなりの設備が必要なため、地方に行くとこの周波数域が利用できません。

BAND3は東名区間で使われている周波数領域で150Mbpsの高速通信が可能です。地方ではBAND19と言われる最大通信速度75Mbpsの通信領域を使うことになります。

住んでいる場所によって高速通信は選ぶ必要あり

都市部ではなく地方に住んでいる人は、BAND1や3が使えないということがあります。地方に住んでいる人はBAND19、21などが対応しているSIMカードとスマホを購入して初めて、ある程度高速の通信が楽しめるようになります。都市部に住んでいる人は、高速通信LTE対応であればどの機種でも、どの格安SIMカードも心配要りません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 61
    follow us in feedly

格安SIMおすすめランキング


ドコモ、auの両方の回線を用意しているのはmineoだけ!これらのキャリアからmineoに乗り換えれば、面倒なSIMロック解除をしなくてもSIMを差し替えるだけですぐに格安SIMでスマホが使えるようになります。
→ mineoの公式サイトへ 公式サイトはこちら


プランが豊富でしかも安い!高速通信は一切使えないものの、月額525円でデータ通信ができる格安SIMは「スマホはSNSとかLineくらいしか使わない」という方にピッタリ!自宅にwifi環境がある人に是非オススメしたい格安SIMです。
→ 楽天モバイルの公式サイトへ 公式サイトはこちら


とにかく安い!格安SIMの中でも最安水準を保ち続けている「攻めの姿勢」とも取れる運営スタイルが高く評価されているDMM mobile。
値段が安い、にも関わらず通信品質が高いのは老舗MVNOの「IIJmio」のサービスを利用しているから。実効速度データなどをみても、IIJmioとほぼ同じスペックが計測されていることからも安心感に優れていると言えます。
→ DMM mobileの公式サイトへ 公式サイトはこちら

  関連記事

格安SIMを買ったのに使えないだって? 知らないと大失敗!全機種どれでも対応するわけじゃない

通信料金を安くしようと思って格安SIMを購入。早速自分のスマホに差し込むと…「ガ …

大手キャリアと格安SIM、同じスマホでもこんなに違う

格安SIMは品質的に大手キャリアよりも劣る? 最近格安スマホと呼ばれる商品がコマ …

格安SIMを購入するだけでは通信できない?利用までの流れを紹介

格安スマホを購入する前に 格安SIM業者に申し込みをして、SIMカードを入手すれ …

どこで購入したかによって異なる?スマホが届いたらまずすべきことを解説

格安SIM業者からSIMカードを購入した場合 SIMカードを購入したらすぐに格安 …

大手キャリアにはない・低速SIMとは何?メリットデメリットを紹介

高速通信だけじゃないスマホの通信モード LTEをはじめとして、主要キャリアのスマ …

格安SIMを利用するにあたって必要なAPN設定とは何か?どうやって設定するの?

端末にSIMカードを入れれば利用できる、わけではない 格安SIM業者に申し込みを …

インターネットを快適に楽しみたい人には通信速度の速い格安SIM事業者がおすすめです!

スマートフォンでインターネットを利用したいという人には、できるだけ通信速度の速い …

格安SIMを使っていたら容量オーバーしそう…速度制限がかからないための対策は?

速度制限が起こるかも 格安SIMは従来の携帯キャリアのスマホと比較して、料金をか …

日本で今一番契約数が多い格安SIM「OCNモバイルONE」とは

>> OCNモバイルONEの公式サイトを見てみる 出典:service.ocn. …

無制限通信のできる格安SIMはいろいろ・どこを利用するのがおすすめ?

無制限通信できる格安SIMの一覧 格安SIMを比較するにあたって、よくネットを利 …