セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

希少価値高し ワンセグ付いてるSIMフリースマホ おすすめ3機種

   

スマホでリアルタイムでテレビを見るためには、やっぱりワンセグ機能が付いていてほしいものです。

しかしワンセグつきで売り出されているスマホは残念ながらキャリアとの抱き合わせ販売品がほとんどを占めています。ですが大容量通信ができる格安SIMを使ってテレビを見たい人は、どうしてもSIMフリーのワンセグスマホがほしいことでしょう。

日本ではSIMフリーのワンセグスマホは非常に少ないのですが、売り出されています。数が少なく希少価値の高いSIMフリーワンセグスマホにはどんなものがあるのか、それら機種にはどんな違いがあるのか見ていきましょう。

キャリアのワンセグとSIMフリースマホのワンセグ

キャリアの抱き合わせ販売ではたくさんのワンセグつきスマホが売り出されています。毎月の支払も2000円~3000円と安いのですが、支払いは長期にわたり総支払額はそれなりに高くなります。SIMフリーのワンセグつきスマホは、購入時にある程度まとまったお金がいるイメージがありますが、現在は5万円もあれば十分購入できます。

SIMフリースマホならMVNOの格安SIMのデーター通信が使えるゆえに、結局キャリアのスマホを使うより総合的経費は節約となることでしょう。おすすめのSIMフリーワンセグスマホは下記の3つです。

arrows M03

出典:fmworld.net

一番のおすすめは安心の国産、富士通製のarrows M03です。おすすめの理由はその価格で、3万2800円というSIMフリースマホの中ではかなり安い部類に属します。ワンセグ対応で格安MVNOを使った高速通信でテレビが見れる上、5インチの見やすいスクリーン、1310万画素の高画質内臓カメラ、壊れにくい防水、防塵機能に、さらにおサイフケータイ機能まで付いていてこの値段ですから、コスパ的にも最高のスマホです。

arrowsシリーズの欠点だった電池の持ちの悪さもM02からM03に変わった際に改善されて、現在連続待受LTE640時間を実現しています。総合力の高いSIMフリースマホが欲しいなら、arrows M03で決まりでしょう。

AQUOS SH-M01

出典:sharp.co.jp

続いて紹介するおすすめワンセグSIMフリースマホはAQUOS SH-M01です。価格という点ではarrows M03におよびませんが、やはりSIMフリースマホとしては安い価格帯である3万8000円です。

特徴はAQUOSならではの液晶ディスプレイの美しさにあるでしょう。さすがはAQUOSとうなるほど鮮明なフルHDディスプレイです。ですがスクリーンの大きさは4.5インチと若干小さめですので、端末でも大画面を好む人には向かないでしょう。ただしその分持ちやすいスリムボディーで、片手でも操作のしやすい大きさと軽さを維持しています。

AQUOS mini SH-M03

出典:sharp.co.jp

最後に紹介するSIMフリーワンセグスマホは、同じくAQUOSのAQUOS mini SH-M03です。値段はすこし高めの4万9800円ですが、スマホ価格の目安となる5万円台は切っています。ではなぜ同じメーカーのSH-M01より少し高いのでしょうか?それはCPUのスピードとメインメモリーが上記2機種の1.5倍だからです。

やはりスマホを使っているときに一番困るのは操作スピードです。買ったばかりの時はあまり違いは感じませんが、いろんなプログラムが更新されるにつれて、このスピードの違いは肌で感じるようになるでしょう。

SIMフリースマホ ワンセグ 価格 CPUコア数 メインメモリ 液晶サイズ
arrows M03 2万2800円 4コア 2GB  5インチ 
AQUOS SH-M01 3万8000円 4コア 2GB 4.5インチ
AQUOS mini SH-M03 4万9800円 6コア 3GB 4.7インチ

 

ワンセグを利用するときに重要な見易さとスピード

ワンセグは受信状況が良好のときでも、スマホそのもののスペックが不足しているとスムーズに見れなかったり、スクリーンが固まったりすることがあるものです。一旦ダウンロードしてしまった動画を再生するときはメモリの大きさとスクリーンの見易さが大きく影響を与えます。

上記3機種はいずれも高性能ではありますが、自分のスマホはテレビ代わりというようなワンセグハードユーザーは、ハイスペックのSH-M03を選んだほうがよいかもしれません。

格安SIMおすすめランキング


ドコモ、auの両方の回線を用意しているのはmineoだけ!これらのキャリアからmineoに乗り換えれば、面倒なSIMロック解除をしなくてもSIMを差し替えるだけですぐに格安SIMでスマホが使えるようになります。
→ mineoの公式サイトへ 公式サイトはこちら


プランが豊富でしかも安い!高速通信は一切使えないものの、月額525円でデータ通信ができる格安SIMは「スマホはSNSとかLineくらいしか使わない」という方にピッタリ!自宅にwifi環境がある人に是非オススメしたい格安SIMです。
→ 楽天モバイルの公式サイトへ 公式サイトはこちら


とにかく安い!格安SIMの中でも最安水準を保ち続けている「攻めの姿勢」とも取れる運営スタイルが高く評価されているDMM mobile。
値段が安い、にも関わらず通信品質が高いのは老舗MVNOの「IIJmio」のサービスを利用しているから。実効速度データなどをみても、IIJmioとほぼ同じスペックが計測されていることからも安心感に優れていると言えます。
→ DMM mobileの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 51
    follow us in feedly

  関連記事

格安SIMを利用していても必要!おすすめの光回線はどこ?

Wi-Fi通信にすればデータ容量を温存できる 格安SIMを利用していると、何も自 …

定額通話サービスを利用することができる格安SIM事業者をご紹介します!

近年では格安SIM事業者のサービスを利用するユーザーが増加しているのですが、格安 …

格安SIMでは購入できないアプリがある!?支払や認証を対策すれば大丈夫!

格安SIMでスマホを運用している人から「購入できないアプリがあるんじゃないの?」 …

格安スマホの解約をしたいSIMカードや端末の取り扱いはどうなるの?

格安SIM業者によって分かれる対応 格安SIM業者と契約したけれども、その後何ら …

格安SIM業者の中には実店舗のあるところもあり・スタッフと相談しながら契約できる

店舗を展開していてそこで契約できる場合も 格安SIMを使ってスマホの料金を安くし …

U-mobile徹底解説!スマホ代を大きく節約するコツを伝授!

U-mobileの魅力やメリット、特徴を知って自分にぴったりのプランを選ぼう! …

MVNO、格安SIMから大手キャリアに乗り換えると違約金は発生する?

大手キャリアからMVNOの格安SIMに乗り換えたい、あるいは格安SIMから大手キ …

格安SIMで注目!そもそもSIMとはどのようなものを指すの?

携帯電話やスマートフォンに欠かせないSIMカードを理解しよう 最近格安SIMとい …

格安SIMは圏外が多い?克服法はあるの?

圏外になってしまう…その理由は? 大手キャリアと比較して、かなり通信費を安くでき …

データ容量を温存できる!公衆無線通信できる格安SIMもある

公衆無線LANは活用しよう 日本全国の鉄道の駅や空港、ホテル、スーパー、コンビニ …