セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

大手キャリアと格安SIM、同じスマホでもこんなに違う

   

格安SIMは品質的に大手キャリアよりも劣る?

最近格安スマホと呼ばれる商品がコマーシャルでもしばしば宣伝されていて、注目を集めています。SIMフリーの端末に格安スマホ会社の提供するSIMカードを挿入することで利用するものです。「格安」SIMと呼ばれているだけあって、料金は大手キャリアと比較して基本料金が安くなります。

例えば大手キャリアの一角であるNTTドコモの提供するデータSパックはデータ通信が2GBとなっています。こちらの月額基本料金は3500円となっています。しかし格安SIMの中には3GBのデータ通信で月額1000円を切るようなプランもあります。このように格安SIMを利用すれば、半額以下のコストに抑えることも可能です。

このような激安価格を提示されると、品質に問題があるのでは、と不安に感じる人もいるでしょう。しかし大手キャリアと格安SIMの品質は基本的に一緒と思ってもらって良いでしょう。というのも大手キャリアも格安SIMも、同じ回線を利用しているからです。

格安SIMはNTTドコモもしくはauの回線を借りて、スマホサービスを展開しています。回線などの設備をレンタルで使用していますし、そのほかにも人件費などのコストを最小限にしているので格安サービスを提供できます。

ですから格安SIMはデータ通信が遅いとか、音声通話をする時に声が聞き取りにくいといったこともないです。同じ回線を利用しているので、格安SIMは利用できるエリアが狭いといったこともありません。

サポート面は大手キャリアの方がおすすめ

格安SIMの場合、必要最低限のサービスにすることで格安料金を実現しているところがあります。ですからサポート面で比較すると、大手キャリアのスマホの方がおすすめです。

たとえば格安SIMの場合、ほとんどが実店舗を持っていません。すべての手続きについてインターネットで行う方式をとっています。イオンモバイルや楽天モバイルのように実店舗でスマホの販売やサポートを行っているところもあるにはあります。しかし日本全国に手広く展開しているわけではないです。

もしスマホを使っていて困ったことや分からないことがあれば対面で相談したいと思っているのであれば、大手キャリアがおすすめです。大手キャリアであれば、日本全国にくまなくショップを展開しています。皆さんの家の近くにも、携帯ショップがいくつかあるでしょう。

大手キャリアの場合、端末の保証サービスも充実しています。どのようなスマホにまつわるトラブルにも対応してくれるので、いざというときでも安心です。

格安SIMも保証サービスを充実させているところも増えてきています。故障や水没については対応しているところも多いですが、盗難や紛失については対象外になってしまっている傾向があります。多少料金が高くても安心してスマホを長く愛用したければ、大手キャリアを選択した方が良いかもしれません。

キャリアメールが使えるかどうか?

大手キャリアのスマホ・携帯電話を使っていた人は、メールアドレスとして「○○○@docomo.ne.jp」といったアドレスだったはずです。このようにそれぞれのキャリアでは、独自のアドレスをユーザーに与えています。

もし格安SIMを利用した場合、このようなキャリアメールは使用できなくなりますのでその点は理解しておきましょう。格安SIMの中には、SMS機能をつけているところもあるにはあります。もし今までキャリアのメールを使ってきた人がいれば、アドレスを変更してメールのやり取りをしていた相手に伝える必要があります。

キャリアメールが使えなくなったら、格安SIMの場合どのようにしてメールをすればいいのかという人もいるでしょう。格安SIMでメールをするのであれば、GmailやYahoo!メールのようなフリーメールを利用すると良いでしょう。その名のとおりアドレスを取得するのは無料ですし、ログインをすればキャリアメールと同じような感じで送受信ができます。

端末は大手キャリアが高性能

大手キャリアの用意している端末ですが、基本的にハイエンド機種が多いです。特に店頭で販売しているのは最新機種で、最新鋭の機能が充実しています。防水・防塵機能などがついていて、おサイフケータイのような便利な機能も標準装備されています。

格安SIMの場合、通常はSIMカードだけを発行して端末はSIMフリーのものを探す形になります。ただし一部格安SIM業者の中には、端末もセットで販売しています。この端末ですが、大手キャリアと比較すると若干古い機種になります。最新鋭の機能はついていないかもしれませんが、普通に使うのであれば問題はないでしょう。端末も大手キャリアと比較すると、低価格で販売されています。

通話する頻度で決める方法も

格安SIMはデータ通信だけをしている分であれば、かなり電話料金の節約効果が見込めます。しかし格安SIMは通話料については割高に料金設定している傾向が見られます。ですからもしスマホを使って長時間通話をするのであれば、大手キャリアの方がむしろお得になるでしょう。

通話もそれなりにしたい、でも格安SIMの恩恵を受けたければ、2台持ちをするのもありです。つまり通話用としてガラケーを持ち、スマホはデータ通信専用にする方法です。2台持ちだとお金がかかってしまうのでは、と思うかもしれません。

しかしガラケーを通話専用・スマホをデータ通信専用にすると、大手キャリアのスマホ1台のメンテナンスコストよりも安くなることが多いです。

その他にはスマホはデータ通信専用にします。そして通話に関しては、LINEなどの無料通話アプリを使って対応するといった方法も考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 61
    follow us in feedly

格安SIMおすすめランキング


ドコモ、auの両方の回線を用意しているのはmineoだけ!これらのキャリアからmineoに乗り換えれば、面倒なSIMロック解除をしなくてもSIMを差し替えるだけですぐに格安SIMでスマホが使えるようになります。
→ mineoの公式サイトへ 公式サイトはこちら


プランが豊富でしかも安い!高速通信は一切使えないものの、月額525円でデータ通信ができる格安SIMは「スマホはSNSとかLineくらいしか使わない」という方にピッタリ!自宅にwifi環境がある人に是非オススメしたい格安SIMです。
→ 楽天モバイルの公式サイトへ 公式サイトはこちら


とにかく安い!格安SIMの中でも最安水準を保ち続けている「攻めの姿勢」とも取れる運営スタイルが高く評価されているDMM mobile。
値段が安い、にも関わらず通信品質が高いのは老舗MVNOの「IIJmio」のサービスを利用しているから。実効速度データなどをみても、IIJmioとほぼ同じスペックが計測されていることからも安心感に優れていると言えます。
→ DMM mobileの公式サイトへ 公式サイトはこちら

  関連記事

U-mobile徹底解説!スマホ代を大きく節約するコツを伝授!

U-mobileの魅力やメリット、特徴を知って自分にぴったりのプランを選ぼう! …

高速通信を重視という人必見! おすすめLTE対応機種を紹介

スマホを利用していて最もストレスがたまるのは、やはり通信速度が遅いときでしょう。 …

業界最安値水準のDMMモバイルは格安SIMでお馴染みだけど実際のところどうなの?

他社が安いプランを出してもそれを上回る値下げ攻勢を仕掛けるのがDMMモバイルの最 …

SIMカードには2種類あるデータ通信SIMと音声対応SIMを理解しよう

データ通信SIMと音声対応SIM 格安SIMでスマホ代を節約しようと思っている人 …

格安SIMで災害時安否情報を確認したければ災害用伝言板を活用しよう

格安SIMでも災害用伝言板は利用できる 震災などの災害が起きた場合、通話やメール …

格安SIMを利用していても必要!おすすめの光回線はどこ?

Wi-Fi通信にすればデータ容量を温存できる 格安SIMを利用していると、何も自 …

大手キャリアの2年縛りはもう嫌!格安SIMには縛りがあるのか?

いったん契約するとなかなか解約できない2年縛り 携帯電話の契約をして、なんとなく …

使い捨て感覚でスマホを利用できるプリペイドSIMカードを理解しよう

プリペイドSIMカードとは何? スマホや携帯電話を使って通話・通信するためには、 …

中古のスマホを格安で調達・白ロムの他にも赤ロムがあるので要注意!

スマホ買い替えのネックは端末にあり 大手携帯キャリアでも格安スマホでも、機種変更 …

今のスマホをそのままMVNOの格安SIMに使える?AndroidとiPhoneの両方を紹介

今までドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアのスマホを使っていて、MVN …