セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

格安スマホで注目を集めるmineoのサービスを徹底検証してみた

   

 
mineoに乗り換えるのは本当にお得?
 

 

どういうサービス?mineoの基礎知識

格安スマホと言って、従来のキャリアのスマホと比較すると料金がかなり安くなるサービスが注目されています。その中でも高い人気を誇っているのが、mineoです。

ちなみに「ミネオ」と読むのではなく「マイネオ」と読みます。

mineoは、ケイ・オプティコムという株式会社の運営するMVNO事業者のことです。運営会社ですが、関西電力の系列なのでしっかりした経営母体といえます。

mineoの魅力ですが、わかりやすいコース設定となっている点です。

コースは2つでシングルタイプとデュアルタイプのいずれかを選択する形になります。

シングルはデータ通信だけで、音声通話もしたければデュアルタイプを選択すれば良いわけです。

格安スマホ初心者でも、利用しやすいサービス内容になっているといえます。

>>トップクラスの格安スマホマイネオを詳しく知りたい方はコチラ!

 

mineoの人気は他社にはないサービスにあり!

mineoは格安スマホの中でも、トップクラスの人気を誇っています。
その理由として、他社にはなかなか見られないサービスを展開していることが挙げられます。

その中でも特に着目してほしいのは、docomo回線でもau回線でもどちらも利用できる点です。
他にもたくさんの格安スマホの業者がありますが、両方の回線に対応しているのはmineoだけです。
どのスマホユーザーでも、格安SIMを挿入すれば割安な価格で通話やデータ通信ができるのです。

特にauユーザーにとっては魅力的な格安スマホ業者といえます。たくさん格安スマホ業者がありますが、そのほとんどがdocomo回線系の業者です。
auの回線が利用できる格安スマホ業者は、他にはUQ mobileくらいのはずです。

auの端末を持っている人でも格安スマホが楽しめるのは、mineoの人気の一因といえます。

スマホを使っていてパケットを使い過ぎたとか、今月あまりパケットを使っていないので電話料金が無駄になってしまったなどの不満を抱えたことはありませんか?mineoの魅力の一つに、無駄なくデータを活用できる点にも着目しましょう。

まず3GBの契約をしていて、ある月2GBまでしか使用しなかった場合にはあまりの1GBを翌月に繰り越しができます。

繰り越しは1か月限定になりますが、よく使う月があったりあまり使わない月があったりする人にとっては無駄なくパケットを使用できるでしょう。

またパケットシェアと呼ばれるサービスを提供している点にも着目しましょう。
パケットシェアとは、家族間でパケットのやり取りのできるサービスです。

家族間でパケットのやり取りのできるサービスは、他でもけっこう採用されています。

しかしmineoの場合特徴的なのは、友人とも分け合うことができる点です。
パケットギフトというのですが、親族や同居していない他人とでもパケットのやり取りが可能です。これはほかの格安スマホ事業者ではなかなか導入していないサービスです。

mineoに興味があるけれども、本当にお得になるかと疑問に思っている人もいるでしょう。

その場合にはmineoの公式ホームページに、3ステップ診断があります。「どのキャリアのスマホを使っているか?」「スマホで通話するか?」「スマホで普段何をしているか?」この3つの質問に答えれば、今のスマホ代からどの程度安くなるかを診断してくれます。

この3ステップ診断ですが料金は一切かかりませんし、1分もあれば診断も出るのでちょっとした空き時間にチャレンジしてみませんか?

 

格安スマホトップクラスの人気・mineoはなぜそこまで支持されている?

格安スマホ業者はいろいろとありますが、mineoは安定して高い支持をユーザーから集めています。
なぜ高い人気を誇っているかですが、サービスの充実が大きいでしょう。

格安スマホを利用するにあたって、料金は安いけれども品質も主要キャリアと比較して劣るのではないか、このような懸念を抱く人も多いです。

インターネット上で、mineoのスマホを使っての通信速度の実測結果について紹介しているサイトがいくつかあります。

こちらを見てみると、平均して11Mbps程度の通信速度の出ることがわかります。
メールやSNS、ネットサーフィンはもちろんのこと、動画視聴などもストレスなくできるだけの速度といえます。

しかも1日を通して速度の安定しているところが、mineoの指示される理由です。
もっとも回線の混み合う昼ごろは若干通信速度は鈍るものの、これはほかの格安スマホにも見られる現象です。

mineoの場合、単品で乗り換えても従来の主要キャリアを使っているころと比較して、かなり携帯料金は安くなるでしょう。

しかし家族で一緒に乗り換えるとか、複数台mineoにすれば、さらに節約効果が期待できます。

というのもmineoでは家族割や複数回線契約の割引など、様々なサービスを展開しているからです。

格安スマホでデータ通信を利用したいと思っている人もいるでしょう。

この時のパケット代を無駄にすることなく活用できるのも、mineoの魅力の一つです。
まずある月に自分が契約しているパケットをすべて使い切れなかったとします。

その場合、翌月にパケットを繰り越せます。
たとえば3GBの契約をしていて、2GBまでしか使わなかった場合、翌月は4GB利用できるわけです。

またパケットギフトというサービスも用意されています。自分が余ったパケットがあれば、他の誰かに譲ることが可能です。もちろんその逆もOKです。

この手のサービスはほかの格安スマホ業者の場合家族限定ですが、mineoでは友人含めだれとでもパケットのやり取りができます。

>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!

さらにmineoではフリータンクというシステムも導入しています。

これはmineoのユーザーが余ったパケットを持ち寄って、タンクに入っているパケットを利用できるサービスです。mineoユーザー全体でパケットのシェアを行えるわけです。

 

docomoでもauでもOK!mineoの料金プランを紹介

mineoの料金プランですが、Aプランと言われるauの回線を利用したものとDプランと言われるdocomoの回線を利用するプラントに分けられます。

それぞれデータ通信のみのシングルタイプと090音声通話も可能なデュアルタイプに分かれます。データ容量ですが、500MBと1GB、3GB、5GB、10GBの5つのコースがあります。

Aプランのシングルタイプは、500MB700円、1GB800円、3GB900円、5GB1580円、10GB2520円となります。Dプランのシングルタイプも同じ料金設定です。
 

ドコモプラン(Dプラン)
  データ通信のみ(シングルタイプ) 
基本データ容量
500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
700円 800円 900円 1,580円 2,520円
+700円で音声通話付き
 データ通信+090音声通話(デュアルタイプ)
基本データ容量
500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
1,400円 1,500円 1,600円 2,280円 3,220円

 

auプラン(Aプラン)
 データ通信のみ(シングルタイプ)
基本データ容量
500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
700円 800円 900円 1,580円 2,520円
+610円で音声通話付き
 データ通信+090音声通話(デュアルタイプ)
基本データ容量
500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
1,310円 1,410円 1,510円 2,190円 3,130円

 

デュアルタイプを希望する場合には、シングルタイプにAプラン610円・Dプラン700円加算されます。
Dプランで申し込みをする場合、SMSを使用するかどうかを選択できます。

もしSMSを使用する場合、月額基本料金として120円かかります。DプランのデュアルタイプとAプランを選択した場合、SMS月額基本料金は無料となります。

>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!

 

データ容量をどうすればいいかわからない…そんな人はSIMチェッカーを活用すべし!

mineoの格安スマホに興味があるけれども、データ容量をどのくらいにすればいいかわからないという人もいるでしょう。
余り数なすぎて通信制限に引っ掛かると使いにくくなりますし、あまり大きなデータ容量で毎月使っていないデータのあまりが出てしまうのももったいないです。

もし最適なデータ容量がどのくらいなのかわからないのであれば、mineoのホームページに「おすすめSIMチェッカー」というページがあります。おすすめSIMチェッカーは、4つの質問に答えるだけで最適なデータ容量がわかるサービスです。

質問内容ですが、データ通信専用か090音声通話付きのSIMカードか質問されます。

続いて、LINEやメールのやり取りの頻度が質問されます。1日当たりの回数です。

3つ目の質問は1日当たりのネットの利用時間です。30分から3時間程度まで4つの選択肢があるので、最もあてはまるものをクリックしましょう。

最後の質問は、動画やアプリを1日視聴する時間です。見ないと10分・30分・60分の選択肢がありますので、どれか選択しましょう。
するとどのコースが適切で、docomoとau両方のプランの月額が表示されます。

データ容量がどのくらいなのかわからないというのであれば、こちらのサービスを利用しましょう。
料金がかかるわけでもないですし、時間も1分ちょっとで完了するはずです。

 

mineoの格安スマホで通話をしたい!2種類ある通話のスタイル

mineoではデータ通信専用以外にも、音声通話のできるSIMカードの販売も行っています。音声通話可能なコースの場合、さらに090音声通話と050IP通話の2種類があります。

090音声通話とは、今使っているスマホと同様のスタイルで通話する形になると思ってください。
また現在他の主要携帯キャリアのスマホを利用している場合、MNPを使ってその電話番号を引き続きmineoの格安スマホで利用することも可能です。

できることならラグなしで音声通話できるようにしたいと思っている人にもおすすめのプランといえます。

というのもMNPの手続きをしてから、1時間もすれば回線が切り替わりますのですぐにmineoの格安SIMで音声通話を楽しめます。

データ専用プランと比較すると、音声通話もできるプランを選択した場合電話料金は少し上がります。

データ通信のみのシングルタイプにauプランの場合610円・ドコモプランの場合700円上乗せすると音声通話付きのデュアルタイプになります。

たとえば3GBはau・docomo共に900円です。
これを音声通話付きのデュアルタイプにすると、au1510円・docomo1600円となるわけです。

また090音声通話には、通話定額30と60があります。
これはそれぞれ最大30分と60分間定額で通話できるコースです。

通話定額30が840円・通話定額60が1680円となります。

mineoの国内通話料は30秒で20円なので、通常料金と比較して通話定額30は30分当たり360円・通話定額60分で60分当たり720円お得になります。

050IP通話とは通話アプリのLaLa Callを使って通話するコースになります。

LaLa Callの場合、月額基本料は無料なのが特徴です。もし音声通話をしている両者がアプリを利用しているのであれば、24時間いつでも何時間でも通話料は無料になります。
090音声通話と比較しても通話料は安くなることが多いです。

LaLa Callですが、通常の電話のネットワークを使うのではなくインターネット網を使った通話サービスになります。

ネットの混雑具合によっては通話環境が若干不安定になる可能性もありますが、電話網を使った通話と比較すると料金は安くなるのが特徴です。

通話料ですが、相手が携帯電話か一般加入電話かによって変わってきます。携帯電話の場合、1分当たり18円となります。一般加入電話だと3分8円が通話料です。

ちなみにこの電話料金ですが、通話料30秒20円の一般的なプランと比較すると携帯電話が1分で22円・一般加入電話が3分112円もお得になります。

>>トップクラスの格安スマホマイネオを詳しく知りたい方はコチラ!

 

mineoはオプションサービスも充実

mineoでは必要に応じて、オプションを付けることも可能です。オプションですが、両プラン共通のものとデュアルタイプだけのサービスがあります。

両プラン共通ですが、以下のようなサービスを利用できます。
 

 

パケットチャージ

 高速通信できるデータ容量を増やせるサービスで、100MB当たり150円です。
 

パケットシェア

家族同士で繰り越しになった容量をシェアできるサービスで無料です。
 

メールウイルスチェック

自分に送信されたメールがウイルス感染していないかどうか検知し、感染していれば自動削除するサービスで月額200円です。
 

SMS

メッセージの送受信ができるほかにもLineに登録する際に必要です。
月額基本料と受信は無料・送信する際に1通当たり3円かかります。
 

国際SMS

海外とSMSのやり取りのできるサービスで、月額基本料と受信は無料・送信は1通当たり100円です。
 

ウイルスバスター

セキュリティ対策のサービスで、ライセンス料と月額それぞれ270円かかります。

 

以下で紹介するオプションは音声通話付きのデュアルサービスを利用している人が対象です。
 

 

三者通話

2人で通話しているときに第三者を呼び出して同時通話できるサービスで月額200円です。
 

迷惑電話撃退

迷惑電話やいたずら電話をブロックする機能で、月額100円です。
 

お留守番サービスEX

スマホの電源がオフになっているときや受信エリア外に出てきたときに発生したメッセージを預かってくれるオプションで月額300円です。
 

着信転送

電話がかかってきたときに登録している別の電話に転送できます。
 

割り込み通話

通話中にほかの人から電話がかかってきた際に応対できます。
 

番号通知リクエスト

非通知でかかってきた電話があった場合に、番号通知するように相手にアナウンスを流せます。
 

ボイスメール

伝言を残す際に相手の着信音を鳴らしません。
着信転送以下のオプションサービスですが、いずれも利用料は無料です。

 

>>トップクラスの格安スマホマイネオを詳しく知りたい方はコチラ!

 

mineoで端末購入も可能・すべて国内メーカーで安心!

mineoでは格安SIMカードを販売しているだけでなく、スマホ端末もセットで販売しています。mineo端末のセットアップですが、面倒な作業が一切必要ないところが魅力です。

ただ単にスマホ端末にSIMカードを挿入して、電源を入れるだけでデータ通信でも音声通話も可能です。
ネットワーク設定などもする必要は一切ありません。ただし音声通話でMNPを利用する場合には、いったんマイページで認証手続きをする必要があります。

mineoで提供している機種ですが、docomoでもauでも国内メーカーのものだけを取り揃えています。
ですから高品質の端末ばかりで、ストレスフリーで格安スマホを利用できるでしょう。
 

auプランの端末

arrows 富士通のM02です。

一括28800円・24か月分割1200円となります。
 
LUCE 京セラのKC901Kです。

一括19200円・24か月分割800円になります。
 

docomoプランの端末

arrows 富士通のM02です。

こちらはauプランだけでなくdocomoプランにも対応可能です。

Aterm NECのMR04LN

こちらは高速通信ルーターになります。一括25200円・24回分割で1050円になります。

 

mineoで提供している以外の端末も利用できるか?動作確認済みの端末を紹介

mineoで販売している端末以外でも、皆さんが持っている端末にmineoのSIMカードを挿入して格安スマホにすることも可能です。

ただしすべての端末に対応しているわけではありません。
mineoのホームページでは動作確認済みの対応端末を紹介しているので、auとdocomo別にいくつかピックアップして紹介しましょう。

 

auプラン

 

FUJITSU/arrows M02/au VoLTE(nano)
KYOCERA/DIGNO(R) M 【KYL22】/nano
KYOCERA/LUCE 【KCP01K】/micro
SHARP/AQUOS SERIE【SHL25】/nano
SIMフリー端末でも対応可能な機種がいくつかあります。
Apple/iPhone SE/nano
Apple/iPhone SE/au VoLTE(nano)
Apple/iPhone 6s Plus/nano
Apple/iPhone 6s Plus/au VoLTE(nano)

 
などです。iPhoneの場合、データ通信や音声通話は可能ですが、テザリングの出来ない機種が大半なので注意しましょう。
 

docomoプラン

 

Acer/Liquid Z330 【T01】/micro
Acer/Liquid Z530/micro
Apple/iPhone SE/nano
Apple/iPhone 6s Plus/nano
Apple/iPhone 6s/nano
Apple/iPhone 6 Plus/nano
Apple/iPhone 6/nano

 
などです。docomoの場合iPhoneでもテザリングできる機種が多いです。

>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!

 
10.自分の端末に使える?そんな不安はmineoのプリペイドパックで解決!

mineoのサービスの中の一つに、プリペイドパックがあります。これは簡単に言ってしまうとお試しSIMだと思ってください。

「私が昔使っていた端末でmineoの格安SIMを使ってみたいけれども使えるの?」とか「1GBのコースにしようと思うけれども自分の使い方で足りるの?」といった不安を抱いている人もいるでしょう。

そのような人のために、mineoではお試しできるプリペイドパックを用意しているのです。自分の地域でも問題なく利用できるかどうか確認するために、mineoのプリペイドパックを利用する方法もあります。

mineoのプリペイドパックも、docomoとauバージョンの2種類が用意されています。

docomoは標準とNano、Microの3種類・auはNanoとMicro、au VoLTEに対応したSIMがあります。
au VolLTEに関してですが、au VoLTE端末でしか利用できませんので注意しましょう。

いずれも1GBの容量になっています。最大2か月利用可能で、1枚3200円にて販売されています。「mineoという格安SIM業者がネットで評価されているけれども本当のところどうなの?実際に試してみたい」という人におすすめです。

mineoのプリペイドパックですが使用するまでのステップは、たったの2ステップです。プリペイドパックを購入して、mineoに電話をかけて開通手続きを行います。
そうすれば、皆さんの端末はmineoの格安スマホとして利用できます。誰でも気軽にお試しできるので、興味のある人は利用してみませんか?

 

mineoはネットで評判だけれども実際のところどうなの?口コミの評判をピックアップしてみた

 

 
「キャリアのスマホを今まで使っていたのですが、時間帯や場所で若干速度が落ちることがありますがストレスはありません」
 
「ネットと電話でサポートしてくれるのですが両方とも丁寧に応対してくれるので好感持てますね」
 
「高速通信はもちろんのこと低速でも簡単なWEB閲覧程度であれば、けっこうスピーディですよ」
 
「自分でネットを使って初期設定するので不安でしたが分かりやすく初心者でもスムーズに作業できると思いますよ」
 
「夕方や深夜であればサクサクネットできますが、昼間は混み合うのか少しストレスを個人的には感じました」
 
「通話付きのSIMを利用していますが、通話の音質に関しては特に問題なく長電話をしてもストレスに感じることはないです」
 
「家族で契約しているのですがデータ量の融通がきくので、データを使いすぎて足りない時にはよく家族からデータを譲り受けています」
 
「私は地方在住なので格安スマホの通信状態が心配でしたが、mineoは特に問題もなく快適に使用できますね」
 
「ネットをよく使ったりほとんど使わなかったりすることがあるのですが、mineoは繰越ができるので無駄遣いした感はないです」
 
「端末を壊したので修理をお願いしたところ、4日くらいで治った電話が届いたので迅速に対応してくれる感じがあります」

 

>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!

 

mineoはどんな人が持つべき?おすすめ4タイプを紹介

格安スマホの中でも安定した人気のあるmineoですが、基本的に格安スマホに変更して携帯料金を少しでも安くしたい人にはオススメです。

しかしスマホユーザーの中でも特におすすめしたい人がいます。
そこでここではおすすめしたい人たちを4つのタイプに分類して紹介しましょう。

まずはスマホの端末でauのものを使っている人です。

格安スマホ業者はほかにもたくさんあるのですが、大半の業者はdocomo回線を使用しています。ですからdocomoの端末でSIMフリーのものであれば使用できるけれども、auの端末は使用できませんでした。

しかしmineoではauの回線にも対応しています。

ですからauのスマホを使ってきた人であれば、mineoに乗り換えてもそれほど不便を感じることはないでしょう。数十ある格安スマホ業者の中でも、auの回線が利用できるのはmineoの他にUQ mobileくらいです。

2つ目におすすめのタイプとして、iPhoneのユーザーが挙げられます。

iPhoneのユーザーの中には、au版のスマホを使っている人もいるでしょう。先ほども紹介したようにmineoではau回線にも対応しています。
ですからauバージョンのiPhoneでも格安スマホとして使用できるわけです。

ちなみにまずau版のiPhoneでmineoと契約したとします。

続いてdocomoの端末を購入した場合、通常であれば解約して契約し直さないといけなくなり、手続きが面倒でした。しかしmineoはdocomoもauも両方の回線に対応しているのでSIM交換手続きをするだけで完了します。
MNPの転出入手続きをする必要もないので、スムーズな機種変更ができるわけです。

3つ目はインターネットプロバイダーとして、eo光を利用している人です。実はmineoとeo光とセットで契約するとセットわりが適用されます。

eo光とはケイ・オプティコムというmineoの運営会社が提供している家庭用のインターネットプロバイダーになります。コマーシャルでもしばしば宣伝しているので、名前なら聞いたことがあるという人もいるでしょう。

サービス開始されたのが2002年のことですから、プロバイダー業界の中では老舗の部類に入ります。プロバイダー事業以外にも、光テレビや電力の小売りなど多角的に経営を展開している会社です。

ただしこのセット割ですが、常時実施されているわけではありません。キャンペーンの一環として行われています。mineoのホームページなどで、最新情報をチェックしてみましょう。

ちなみにどのようなメリットがあるかですが、2016年の1月21日から3月31日の期間で行われていたキャンペーンを一例とすると、デュアルプランの新規加入することで3か月間基本使用料が800円割引になります。
プラス最大12か月間、無料でデータ容量2GBついてくるというものでした。eo光をインターネットで利用している人は、要チェックです。

もう一つ着目してほしいのは、クレジットカードなしでも契約できる点です。

従来mineoに加入するためには利用料金支払いのために、クレジットカードを持っていることが前提でした。ところがeo光に加入している場合、eo光の支払いを銀行引き落としにしているのであれば、mineoの料金も同じ口座から引き落としができます。
よってクレジットカードを持っていなくても、mineoを利用できるようになります。

最後にスマホ初心者が挙げられます。mineoでは豊富なプランを用意しているので、より自分にマッチしたメニューを選択しやすくなっています。
たとえばデータ通信料を見ても、500MGと1GB、3GB、5GB、10GBと用意されています。

またスマホ初心者の場合、インターネットの通信速度が気になるという人もいるでしょう。mineoはどの時間帯にインターネットをしても、ほぼ安定した速度を記録します。

メールやLINEのようなライトユーザーからテザリング・動画を視聴する人まで、どのような人にも対応しています。
スマホ初心者で、いろいろと試行錯誤してみたいと考えている人にとってmineoはおすすめといえるでしょう。

>>トップクラスの格安スマホマイネオを詳しく知りたい方はコチラ!

 

mineoを契約する前に・気を付けておきたい4つのこと

docomoでもauでも両方利用できる、データの通信速度も安定しているということでmineoは数ある格安スマホの中でもかなりおすすめの部類に入る業者といえます。
しかしmineoも完全無欠ではありません。
実はいくつかデメリットではないですが、注意すべき点があります。ここでは主な4つの注意点について紹介します。

まずはデータ通信の種類に関してです。mineoでは基本LTEしか使用できません。

たとえばauの場合、4G LTEサービスエリアの範囲内であればデータ通信は問題なく行えます。しかし3Gサービスエリアだけでは通信できなくなります。

デュアルタイプで音声通話の契約を交わしているのであれば、3G通信が可能です。しかしあくまでも音声通話だけで、LINEやメールのやり取り、インターネットの表示などはできないので注意しましょう。

2つ目は最低利用期間についてです。
格安スマホも主要キャリア同様、少なくてもこの期間の間は契約を継続しなさい、もし中途解約をすれば違約金を請求するという最低利用期間を設定しています。

格安スマホの最低利用期間ですが設定していないところもあれば、長くてもせいぜい6か月間となります。しかしmineoでは、12か月間を最低利用期間としています。

主要キャリアの24か月と比較すれば短いですが、いったん利用したらたとえ自分の用途にマッチしていなくても1年間は使い続けないといけないでしょう。もし中途解約をした場合、違約金として9500円となかなかの額が請求されます。

mineoでは格安SIMカードの他にも、端末の販売も行っています。しかし販売している端末のバリエーションが少ないのも弱点といえるでしょう。

docomoとauの両方の回線合わせても、端末が3台・モバイルルーターに至ってはワンメイクとなっています。格安スマホと契約するにあたって、端末も心機一転したいという人にとっては、かなり選択肢は絞られると言わざるを得ないでしょう。

最後の注意点は、無料通話のサービスの整備していない点が挙げられます。

他の格安スマホを見てみると、たとえば家族間の通話とか同じキャリア間の通話の場合、無料で話ができるといったサービスを付けているところが多いです。
しかしmineoにはこのような家族観やキャリア間における無料通話のサービスがついてきません。

mineoには家族割と呼ばれるサービスはあります。しかしこれは家族割のグループに入っている場合、その回線の月額料金が50円安くなるというものです。

しかし通話料金そのものは安くならず、家族間通話でも通常通りの30秒20円となってしまいます。この部分を勘違いしないように注意しましょう。

>>トップクラスの格安スマホマイネオを詳しく知りたい方はコチラ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 62
    follow us in feedly

格安SIMおすすめランキング


ドコモ、auの両方の回線を用意しているのはmineoだけ!これらのキャリアからmineoに乗り換えれば、面倒なSIMロック解除をしなくてもSIMを差し替えるだけですぐに格安SIMでスマホが使えるようになります。
→ mineoの公式サイトへ 公式サイトはこちら


プランが豊富でしかも安い!高速通信は一切使えないものの、月額525円でデータ通信ができる格安SIMは「スマホはSNSとかLineくらいしか使わない」という方にピッタリ!自宅にwifi環境がある人に是非オススメしたい格安SIMです。
→ 楽天モバイルの公式サイトへ 公式サイトはこちら


とにかく安い!格安SIMの中でも最安水準を保ち続けている「攻めの姿勢」とも取れる運営スタイルが高く評価されているDMM mobile。
値段が安い、にも関わらず通信品質が高いのは老舗MVNOの「IIJmio」のサービスを利用しているから。実効速度データなどをみても、IIJmioとほぼ同じスペックが計測されていることからも安心感に優れていると言えます。
→ DMM mobileの公式サイトへ 公式サイトはこちら

  関連記事

格安SIM+モバイルルーターで固定回線の代わりになる基準って?

目次1 固定電話は必要ないかも2 月10GB以内であれば格安SIMで十分3 動画 …

安さが魅力の格安SIM・サービスやお客さんサポートはどうなの?

格安SIMは魅了的・でもいざというときのサポートは? 大手キャリアと比較して半額 …

格安SIMを使っていることは周りにバレるリスクはどの程度あるの?

外見に関して見分ける方法はなし 格安スマホといって、従来のスマホよりも激安料金で …

スマホユーザーなら見逃せない!BIGLOBEが提供する格安SIMサービスとは?

目次1 BIGLOBEは信頼と実績のあるプロバイダー2 料金は安くても大手キャリ …

楽天モバイルはスマホを少しでもお得に利用したい、そんな人におすすめ!

楽天モバイルのサービス内容を完全解説   目次1 楽天モバイルは楽天グ …

格安SIMや新しい端末に乗り換えるときにアプリのゲームデータの引き継ぎを忘れないように!引き継ぎ方法のまとめ

格安SIMに乗り換えたり、新しい機種に変更する場合、これまで遊んでいたアプリのゲ …

格安SIMを購入・固定電話に加入する必要はある?

格安SIMは固定回線の代わりになりうる 格安SIMがインターネットなどで注目を集 …

格安SIMカードを昔使ってたスマホに挿入して使えるの?

動作確認情報をチェックすることが大事 格安スマホとは業者からSIMカードを購入し …

格安SIMはデータ通信のみも対応!どんな人におすすめなの?

ほとんどの格安SIMでデータ通信専用のプランを用意 格安SIMではいろいろなプラ …

定額通話サービスを利用することができる格安SIM事業者をご紹介します!

近年では格安SIM事業者のサービスを利用するユーザーが増加しているのですが、格安 …