セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

ソフトバンク利用者と同等のクオリティでスマホライフ Y!mobile

   

格安SIMと大手キャリアの中間に位置するSIMの魅力とは

>>>満足度の高いY!mobileへ!

ソフトバンクの回線を利用する唯一の格安SIM Y!mobileとは?

Yahoo!のワイを冠にしたY!mobile

Y!mobile(ワイモバイル)はソフトバンクとウィルコム沖縄が2014年8月1日にサービスを開始した携帯電話などへのサービスのブランド名です。携帯電話サービスであるイー・モバイルの運営をしていたイー・アクセス社と、PHSのサービスをしていたウィルコムを統合し、Y!mobileというブランドが誕生しました。Y!mobileのワイは、当初Yahoo! Japanがイー・アクセスの株式を買収すると発表したもののとりやめ、業務提携に留めた名残だとされています。

Y!mobileは様々なプランを用意して魅力に磨きをかけています。特に注目すべきはスマートフォンのプランに組み込まれている、他社の携帯電話や固定電話にかけても10分以内の通話なら月に300回まで無料といった、太っ腹なサービスです。ほかにもYahoo! Japanでのショッピングでポイントがより多く付与されるなど、使いこなせるようになれば節約にかなり便利な格安SIMの会社になるかと思います。

ネットのレビューなどではデータ通信専用SIMにはメリットが少ないとも言われてしまっていますが、実際にはソフトバンクの4G回線を利用できるので通信速度は速いので、ネットもサクサクと利用できるかと思います。
いろいろと賛否は多いですが、Y!mobileは決して悪い会社ではありません。むしろユーザからの満足度が高いキャリアなのです。

>>>満足度の高いY!mobileへ!

Y!mobileが使用しているネットワークの回線は?

Y!mobileが使用している回線は、設立の経緯を見ればわかるようにソフトバンクの回線になっています。ですので、ソフトバンクを利用できるエリアは自動的にY!mobileも利用できるということになります。

日本においてはやはりドコモが強いので日本全国で使用できます。ソフトバンクもほぼ同等で、山間部などの辺鄙な場所では電波がないといった事態もなくはないでしょうが、都心や普通の市町村ではよほどのことがない限り電波の受信状況が悪いということはありません。

格安SIMの業界においてはドコモと提携して通信網を利用している会社が多いようですね。しかし、Y!mobileは業界においては唯一ソフトバンクとの提携です。ソフトバンクのネットワークも広大で日本全国で利用できますから、ドコモと比較してもなんら遜色はなく、利用エリアで不満を持つユーザーはまずいないでしょう。

Y!mobileがどんなユーザーだとよりおトクなのかを分析してみた!

格安SIMの業界にはたくさんの業者が存在しています。どこも個性豊かで選ぶのにも一苦労でしょう。そこで、ここではY!mobileに向いている人というのを簡単にまとめてみました。それはまずこの一言に尽きます。

音声通話をより多くする人

ネットをたくさん利用する人よりも、音声通話を好む人の方が用意されているサービスの関係上、かなりY!mobileの魅力を享受できるかと思います。Y!mobileはネット上では元ユーザーからの賛否両論がたくさんありますが、Y!mobileに向くのは特に電話をよくかける人なのです。

特に10分以内の短い電話をよくするという場合がこれに当たります。10分以内であれば月に300回も無料になりますから、手短に話す人ならなおのことおトクを感じるでしょう。300回ということは平均すると1日10回、合計で100分までは無料で話が可能だということになります。1日1時間半以上話しても通話料がかからないわけですから、おトクだとしか言えません。

ネット回線の通信速度は速いと評判です。しかし、料金的には他社と比べてそれほどおトク感はありません。ただし、これはあくまでも他社比です。速いのは速いのです。しかし、音声通話ほどの際立つ魅力がデータ通信専用SIMには感じられません。ですので、とにかくY!mobileは音声通話SIMの方がいいのです。

ただ、プランはいくつもありますから、ライフスタイルをしっかり考えて、それに見合ったプランを選択してください。最もいけないのは自分の生活に全然合っていないプランを選んで、不要な料金を払い続けることです。

これはY!mobileに限ったことではなく、スマホでもなんでも、基本料金を支払うサービスを契約するときに大切なことです。その点だけは必ず肝に銘じておくべきでしょう。そうすれば自ずとどのプランがいいのか、そもそもY!mobileが見合っているのかどうかが自動的にわかるかと思います。

Y!mobileのプランやオプション、利用方法をしっかり学んで、よりおトクにモバイルライフを満喫してください。楽しく節約するのがY!mobileの楽しさのひとつです。

>>>ピンッ!と来たらY!mobileへ!

Y!mobileで購入できる製品や端末のラインナップ

Y!mobileで買うべきオススメの端末はどれ?

Y!mobileでは店頭およびオンラインショップで端末購入ができます。プランとセットにすれば分割払いも可能ですし、Y!mobileのSIMが間違いなく使える端末を用意していますから、確実にY!mobileを始めるには手っ取り早いのです。

Y!mobileで買えるのはスマートフォンやタブレットはもちろん、ガラケーやルーター(ポケットWi-Fi)、バッテリーWi-Fiなど各種揃っています。料金プランとセットでおトクに加入できるのが魅力です。

また、端末だけを別に購入してSIMカード単体で契約することも可能です。ただし、その場合は必ずSIMフリーの設定になっている機種を選択しなければなりませんし、SIMフリーだからといってY!mobileのSIMカードで作動しないかもしれません。

相性があるので、そういったリスクがあることを忘れないでください。もし確実に使いたければ、Y!mobileのショップで端末を購入することをオススメします。

iPhoneからアンドロイドまで揃ったスマホ

Y!mobileで使えるオススメのスマートフォンはいくつかありますが、やはり代表的なのはiPhoneでしょう。今ですとiPhone5Sの16GBと32GBがあります。世界中で使われていて、端末のブランド単体としては世界で最も評価されている機種ですので、使い勝手は抜群です。

出典:ymobile.jp

Y!mobileのショップであれば頭金108円の24回払いでiPhoneユーザーになれます。32GBの方でも月々2700円の支払いですから、懐への負担も少なくて済みます。

アンドロイドのスマホもまた充実しています。京セラの「DIGNO」シリーズは人気です。例えばDIGNO Eは防水防塵ですし、バッテリーも長持ち。使用感としては初心者でもすぐに馴染める設計なのがいいですね。手袋をしていても使えるので冬になっても不便を感じないのは日本国内向きですね。

出典:ymobile.jp

あとは大画面が売りのシャープの「AQUOS」シリーズ、使いやすさが魅力の「nexus」シリーズがラインナップに揃っています。

出典:ymobile.jp

>>>気になる端末をチャックしに行く!

データ専用でネット三昧を堪能できるタブレット

タブレットのラインナップは多くはないので、Y!mobileのショップ以外で探せばいろいろあるかもしれませんが、人気なのはタブレットの王道とも呼ばれるマイクロソフト社の「Sureface3」です。

出典:ymobile.jp

この機種の特徴は軽るさ、薄さが抜群でありながら、耐久性にも優れている点です。持ち運びに便利なのは言うまでもなく、3段階のキックスタンドでひざの上やデスク上で快適に作業もできますし、キーボードを使えばまるでノートパソコン並みの使い勝手です。

バッテリー駆動も最大で約10時間、ネット環境も高速通信をサポートしているので、ビジネスユースにも十分耐えうるスペックをもっています。

64GBの端末の価格は69984円ですが、データプランLと共に加入すると通常は基本料が3991円のところ、1313円の特別割引が3年間適用されるので、月々、端末の分割費を含めても2678円で済んでしまいます。音声通話に興味がない方はタブレットもいいかもしれませんね。

進化して全然ガラパゴスではないガラケー

Y!mobileのショップではガラケーも購入できます。ガラケーというのはスマホなどの最新技術を盛り込んだ携帯電話ではなく、昔の、特に音声通話を重視している携帯電話のことです。とはいっても昔の本当の意味でのガラケーとは違って、今のものはラインなどのSNSも利用でき、ネットはあまりやらないけれどY!mobileを使いたいという人にはうってつけかと思います。

中でも人気の機種と言えばやはりシャープのAQUOS ケータイ。大画面で防水機能があり、ラインも問題なく利用できます。ネットは使わなくても、一般生活や社会生活で必須になっているラインさえできれば、時代に取り残される心配はなくなりますよね。

800万画素のカメラもついていますから、気になったものを素早く撮影することもできます。値段は端末一括ですと32400円とさすがに高額ですが、Y!mobileのケータイプランSSで契約すると割引後の月額はたった1062円です。Y!mobileを始めるきっかけになります。

ほかにもDIGNO ケータイなど12機種が用意されているので、スマホデビューに興味がない方はガラケーにも注目してみてください。

出典:ymobile.jp

パソコンなどをY!mobileに接続させてくれるルーター

Y!mobileではモバイルWi-FiのルーターとしてポケットWi-Fiもラインナップに揃えています。ほかのスマホやタブレット、ノートブックパソコンでY!mobileのネットワークを利用してインターネットをする際にこのポケットWi-Fiを通して接続できるようにするのが役目になります。

Y!mobileのポケットWi-Fiは現在は8機種あり、そのうち5機種が最近よく名前を聞くようになった中国のメーカーのHUAWEIになります。PocketWi-Fi506HWは計量でコンパクトなサイズで、ほぼ名刺と同じくらいの大きさです。PocketWi-Fiプラン2ライトというポケットWi-Fi用のプランもあり、これであれば月々1528円で利用できます。

出典:ymobile.jp

完全にデータ通信専用になるので、音声通話に興味がなく、ネットもスマホやタブレットよりはノートパソコンなどの方が多い方にはオススメです。

>>>もっとY!mobileのオススメを知りたい方はコチラへ!

Y!mobileで購入できるスマホ以外の製品とは?

Y!mobileはスマホやタブレット、ポケットWi-Fiのほかにもいろいろな製品があります。まず、「Battery WiFi MF855」があります。これはWi-Fiのルーターとしての機能と、7800mAhの大容量バッテリーを組み合わせたものです。要するに、Wi-Fiもできるし、スマホなどの充電もできるというものです。

Car Wi-Fi 404HW」というのもあります。これは名称通りで、車で利用するWi-Fiですが、シガーソケットに差し込めば車内にネット環境が誕生するというわけです。ただし、運転中にドライバーがネットをするのは危険ですのでやめておきましょう。

かなり変わった製品では「だれとでも定額パス」があります。クレジットカード大のルーターのようなものにアンドロイドのスマホ専用アプリから接続をすると、誰でもY!mobileの回線で通話ができるというものです。家族や仲のよい友人とシェアして利用するといいかもしれません。

出典:ymobile.jp

スマホのサービスではないですが、自宅の固定電話に取り付ける「迷惑電話チェッカー」というのもあります。登録した電話の着信拒否や、知らない電話からかかってきたときにその場で対応できるなどの機能があります。しかも、自分の登録したものだけでなく、日本中の全ユーザーが登録した番号がY!mobileのネットワークを経由して配信されるので、詐欺の電話などの防犯にも役立ちます。

出典:ymobile.jp

ありそうでなかった製品として「イエデンワ2」。これは自宅で使うような家電のサイズのPHSで、子機だと小さすぎて使いづらい人に向いています。

防犯装置として「お知らせ窓センサー」はどうでしょう。窓のサッシにセットしておくと、誰かが開けるなどすると警告音が鳴り、同時にメールでお知らせをしてくれます。
Y!mobileはスマホだけの企業ではないのです。

通信会社だからこそ各種機器に通信網を取り付けてIoT製品

Y!mobileではIoT製品の取り扱いもあります。IoTとはあらゆるものに通信機能を持たせて便利に利用するというものです。

Y!mobileのIoT製品には健康管理のグッズが多いように見受けられます。ゴルフのスイングセンサーや、リストバンドのようにつけることで運動などが記録できるものなどがあります。

また、ラジコンカーやラジコンヘリコプターもありますし、ロボットの操作も可能です。変わったところではスマホと連携した魚群探知機も揃っています。Y!mobileもさすが通信キャリアだと実感をしますね。

>>>「Y!mobile」の公式ページへ行く!

Y!mobileで利用できる便利なサービス、オプション

Y!mobileを初めて利用する方に

Y!mobileを初めて契約した人はY!mobileサービスの初期登録をしましょう。「My Y!mobile」に登録すれば様々なサービスが受けられるようになります。ネットからでもいいですし、専用アプリが登場しているので、ダウンロードしてグーグルのアカウントで簡単に登録することが可能です。

Y!mobileで登録をすると、Yahoo!Japanのサービスが受けられます。例えばメールアドレスで『@yahoo.ne.jp』の形式で取得できます。MMSなどのアドレスもあります。

Y!mobile にはYahoo! Japanの連携サービスもあり、中には無料で受けられるものもあります。例えば「パケットマイレージ」でYahoo!のサービスを利用すると得られるポイントです。「パケくじ」を利用すると、くじ引きでマイレージが大量に貯まっていくようにもなっています。

出典:ymobile.jp

有料サービスでは、月額500円で「Enjoyパック」があります。これはマンガや動画などのエンタメコンテンツを利用できるサービスです。ほかにもバックアップサービスや、支払いなどが簡単になる「Yahoo!ウォレット」など盛りだくさんです。

Y!mobileでインターネットを賢く利用するには?

Y!mobileで賢くインターネットを利用する方法は、すなわち提供されるサービスの機能を理解し、余すところなく利用することです。

例えば、Yahoo!のサービスで利用できる「パケットマイレージ」でマイレージポイントをたくさん貯め、ほかのサービスで利用するといった手法があります。「Enjoyパック」を通してネットショッピングすれば、特にYahoo! ショッピングではTポイントが通常の買いものよりも最大で12倍もの付与を得ることができます。

LOHACOでもポイントが貯まりますので、月額500円かかっても間違いなく元は取れます。さらにY!mobileのスマホなどはソフトバンクやエコネクストが提供するWi-Fiスポットも無料で利用できます。Wi-Fiを使えばパケット制限が減らないので、いざ使いたいときのためにデータ通信量を温存しておけるメリットがあります。

このようにサービスの機能ひとつひとつを最大限に活用すれば、これまで以上に携帯電話料金の節約が可能なのです。

Y!mobileを国際電話やメールで利用する

Y!mobileでは国際電話もかけることができます。世界を相手に仕事をするビジネスマンでも利用しやすい環境を提供しています。その際は+もしくは010を押して、相手の電話番号をダイアルし(ゼロで始まる電話番号の場合は最初のゼロは省く)、あとは通話ボタンを押せば世界と繋がります。

それから、Y!mobileのスマホなどを持って国外に行く人もいるかと思います。その場合は国際ローミングサービスを利用することで海外でもY!mobileの端末を利用できるようになっています。手続き不要(My Y!mobileで事前に登録は必要)で電話はもちろんインターネットも可能です。

ただし、注意したいのはそのまま利用すると通信量などが高額になってしまいます。「海外パケットし放題」に申し込んでおきましょう。そうでないと25MB以上では5万円以上の請求が来てしまいます。パケットし放題なら25MB以上の場合1日2980円まで抑えることが可能です。

外国はフリーWi-Fiがかなり充実しています。それを利用するようにすれば国際ローミングでのパケット料金はほぼ無料になりますので、日本国外ではできるだけ無料Wi-Fiを見つけるようにしましょう。

>>>Y!mobileを賢く利用しよう!!

Y!mobileを始めたけれど、スマホの操作が難しいという人へ

スマートフォンをY!mobileで始めたけれども、どうにも使い方が理解できないという人は案外多いものです。パソコンができるのでスマホも問題ないと思ったら、スマホやタブレット独特の操作も結構多いですから、馴染めないという人は若い人でも少なくないのです。

そんな方のためにY!mobileではサポートを用意しています。有料になりますが、月額500円を払っておけば「ワイドサポート」が利用でき、スマホやタブレットはもちろん、パソコンや周辺機器、ネット環境の確認まで、なんでもこなしてくれます。サポートの方法は電話でのアドバイスやリモートコントロールでパソコンを操作して問題解決をしてくれます。

電話で指示されてもよくわからなかったり、ひどくコンピューターウィルスに感染している場合などは担当者が出張して対面でサポートもしてくれます。出張料は3000円、プラス各サービスの対価がかかります。もしワイドサポートに加入していればサービス対価は2000円引きになるのでおトクです。目安は5000円~7000円で、加入者はここから2000円が引かれます。安心のサービスはY!mobileの特徴ですね。

端末が破損してしまった場合はどうしよう!?

Y!mobileでは端末が故障した場合、盗難被害に遭った場合などに遠隔操作でサービスを停止したり、万が一の保証パッケージが用意されています。

例えば、スマホやガラケー、ルーターで内容詳細は違いますが、「故障安心パックプラス」などがあります。スマートフォンやタブレット向けでは月額690円。故障や水濡れ、盗難被害の保証、インターネットでウィルスに感染した際の補償、故障時などの際に画像やメールなどデータを復旧サービスなどがあります。このオプションは万が一のときに安心の7つのサービスがまとめて加入できるものになります。スマホは小さなパソコンですので、濡れたり落としたりで故障はつきもの。こういった保証で安心です。

あんしん保証サービス プラス」というのもあり、月額500円で修理は無料、あるいは交換になったときにも5000円で済むようになります。

紛失や置き忘れでスマホの中を見られないようにする遠隔ロックや紛失した端末から発信される微弱な信号をキャッチしての捜索サービスメールや電話帳などのデータをバックアップしておくサービスもあります。Y!mobileは格安SIMながら、安心して利用できるのは大きな強みです。

携帯電話の使いすぎ防止のオプション

格安SIMとはいっても通話が増えればそれなりに高額になります。そこでY!mobileが用意しているサポートとして「一定額お知らせメール」があります。月額不要で、5000円から10万円の間を1000円単位で上限設定し、それを超えるとメールでお知らせをしてくれるシステムです。

これでも心配な場合は月額100円で一定額を超えたら通話発信を規制するサービスもあります。ガラケーには2万円以上の請求が来ない「パケット安心サービス」もありますので、必要があれば申し込みましょう。

あとは月々の請求書や利用明細の郵送のサービスもあります。紙で来るので電話料金に対する印象が違うかと思います。利用料が毎月200円ほどかかってしまいますが、保管できるので長期データを採取する場合に向いています。

簡単ボタン操作で通話先ごとに請求先を変える分計サービスや、逆にまとめて支払える「ソフトバンクまとめて支払い」もあります。

>>>トラブルでも安心はU-mobile

Y!mobileが用意する家族や子ども向けのサービス


 
Y!mobileでは家族や子どもが安心して利用できるスマホ環境も用意しています。近年の子育てで懸念なのが有害サイトが子どもの目に留まりやすいというのがありますが、「スマホ安心サービス」や「ウェブ安心サービス」を利用すれば閲覧制限が可能です。オプションは有料になりますが、基本機能は無料ですので安心です。

また、子どもがどこにいるのかを見ることができる「位置ナビ」も便利な機能です。情報料として月額200円、検索料として1回5円がかかりますが、子どもを守ることができるのであれば安いものです。

位置ナビに加入していれば「みまもりマップ」も無料で利用できます。これは家族がどこにいるかがマップ上で把握できるので、万が一の災害などで安否確認もできますから、防犯だけでなく、絆を守ることもできるものです。

防犯の意味もあるY!mobileの通話機能のガード

Y!mobileでは一般的な携帯電話キャリアが用意しているような、通話に関する様々な機能も用意しています。例えば、留守番電話や着信転送、割り込み通話なんかは昔からあるサービスで、このY!mobileでも利用できます。ほかには複数で会話ができ、会議などに活用できるグループ通話もありますね。

防犯に役立つものとして着信拒否、番号非通知ガードなどがあります。発信者の番号通知をディスプレイにしてくれるのはもう当たり前の機能ですね。このように通話機能においてもY!mobileはたくさんあり、大手キャリアと遜色なく利用できるようになっています。

>>>Y!mobileはとてもオプションも充実!

Y!mobileのユーザー像別オススメのプラン

ネットも通話もたくさんする人へのオススメプラン

Y!mobileを始めるに当たって、どんなプランを選べばいいか迷っている人も多いかと思います。ここではタイプ別に紹介したいと思います。

まずネットもたくさんするし、通話もするというタイプです。ビジネスマンや学生などはこのタイプじゃないでしょうか。こういった人はスマートフォンを利用するかと思いますので、スマホ用プランの「スマホプラン S/M/L」をオススメしたいですね。

このプランはネーミング通りスマートフォン向けであり、パケット定額サ―ビスと通話無料サービスが基本月額内にコミコミになったものです。

S、M、Lは通信量制限の違いです。Sは月々1GBまで、Mは3GB、Lは7GBまでになっています。この容量制限までは4G/3Gの高速通信が利用できて快適にネットが楽しめます。

音声通話は1回あたり10分以内の電話がY!mobileの携帯でもそれ以外の携帯や固定電話にかけても月間300回まで無料です。10分超過分あるいは300回を超過した場合は30秒につき20円の通話料がかかりますが、それまでは自由に電話ができるのです。

料金はプランSで3980円、Mは4980円、Lは6980円です。2年契約をすると少し安くなって、Sは2980円、Mで3980円、Lが5980円です。ただ、2年契約を途中解約すると9500円の解約手数料がかかるので注意しましょう。もし2年契約を希望しない場合はプランSが月額5480円、Mで6480円、Lだと8480円と割高です。

電話をたくさんする人へのオススメプラン

続いて、Y!mobileで電話をとにかくたくさんしたいという人は「スーパー誰とでも定額」のオプションをスマホプランS/M/L、ケータイプランSSにつけると、制限時間10分以内で月間300回までの制限が外れて、無制限にかけ放題になります。しかも、月額たったの1000円を追加するだけです。

ガラケー用の「ケータイプラン」もありますが、こちらは「スーパー誰とでも定額」を1500円でつけると、かけ放題はもちろん、ネットも無制限になります。通常の場合では上限で2667円かかるのですが、これが自由に使えるようになります。

たまに電話、ネットが8~9割の人へのオススメプラン

音声通話はたまに、ネット利用の方が多いという場合はふたつの方法があります。ひとつはデータ通信専用SIMにしてしまい、ラインなどで通話をする方法です。ある程度割り切って利用してしまうのもいいかもしれません。

もしくは、「スマホプラン S/M/L」の、特にLかMの容量が大きいもので契約するのはいかがでしょう。ネットが多い方の懸念としては「スマホプラン S/M/L」のSやMで始めた場合に、容量が不足して速度制限がかかってしまうことではないでしょうか。仕事などで使うときに、大きなファイルを送受信できなくなって困るかもしれません。

しかし、その点は「快適モード」があるので安心してください。データ通信のデータ容量制限を超えたときに、データ量を追加することができるものです。スマホプランのほかだと「ケータイプランSS」、「データプラン」、「Pocket WiFiプラン2」、「Pocket WiFiプラン2 ライト」が対象で、各プランのデータ容量を超過しても自動的にデータ容量が追加され、通信速度の低速化を避け、高速データ通信を維持します。

1回あたり500MB分(0.5GB)で500円です。追加回数は上限設定できるので、知らないうちに使い過ぎたということもありません。

電話機能なんていらない!ネットだけで十分な人へのオススメプラン

音声通話はしないので電話機能はいらないというユーザーにはデータ通信専用SIMで十分でしょう。こういったユーザーはタブレットを使用することが多いかと思いますが、最適のプランがあります。

それは「データプラン S/L」です。Sが1GB、Lが7GBまで4G/3Gの高速回線でネットを利用できます。料金も音声通話のスマホプランよりずっとリーズナブルで、Sで月額3980円、Lが5969円になっています。よくある契約期間を設定した「おトク割」を利用すればSは1980円、Lが3696円で済んでしまいます。ただ、スマホと違いその期間は3年間とやや長く、この期間内に解約をすると9500円の違約金が発生します。

これも容量をオーバーしても追加できる快適モードが使えるので、月末に容量不足でファイルが送れないということは起こりません。

>>>Y!mobileのプランを確認しに行く方はコチラへ!

Y!mobileをより快適に利用するおトクなキャンペーン

Y!mobileで最も簡単な割引プランは長期契約縛りにすること

Y!mobileでも、携帯電話キャリア大手がよく行っている割引手法のひとつである契約期間の縛りを容認すれば、月々の基本使用料が1000円引きで利用できるようになります。スマホなら2年間、データ通信専用なら3年間の契約期間です。

この契約縛りを容認すると使い始めの月から1000円引き(データプランの場合は500円引き)ですので、おトクにデータ通信を楽しめます。ただ、この縛りを回避しても、長く利用しているユーザーであれば25ヶ月目以降から1000円割引が受けられます。しかし、それであれば最初から契約すれば2年間で24000円(データプランなら18000円)も得になるので、割引は最初から受けておきたいものですね。

気をつけたいのは契約期間内に解約をした場合、違約金が発生します。その額は9500円ですので、スマホだと単純計算で10ヶ月以内、データプランだと約2年以内に解約すると損をします。

このキャンペーンは今のところ終了時期は決まっていませんので、この機会にY!mobileを検討してみてください。

Y!mobileには学割がない代わりに家族割がある!

Y!mobileでは様々なキャンペーンを実施して加入の決意を促しています。時期によって違いますが、基本的に使えるキャンペーンがあればそれを利用して加入しましょう。

携帯電話の契約でよくあるのが学割キャンペーンですが、残念ながらY!mobileにはありません。実は2016年5月末までに25歳未満の新規や乗り換えユーザーを対象に学割のようなキャンペーンを行っていたのですが、今現在は終了しています。もし再び実施されるようでしたら、そのときに加入するのもいいでしょう。

常時行われている割引としては家族割引があります。スマホプラン、デープラン、ポケットWi-Fiのプラン、ケータイプランを契約している人が2回線以上契約すると、2回線目以降の月額基本料から毎月500円引きの特典が得られます。

2回線目以降がケータイプランであれば、なんと全額無料です。簡単に言えば、メインの契約者名義のものを主回線、家族の回線を副回線として契約するもので、副回線は最大9回線まで作ることができます。
基本料金の支払いもまとめることができますので便利ですし、子どものスマホの管理もできるので安全です。

>>>気になるY!mobileの割引は~!?

Y!mobileを始めるならセットがお得

Y!mobileをおトクに契約する方法として、あとはソフトバンクのサービスと併用する方法などがあります。「SoftBank光」もしくは「SoftBank Air」とY!mobileのサービスをセットで利用すると、毎月最大5200円もの割引を受けることができます。

SoftBank光は月額3800円~利用できる家庭向け超高速インターネット接続サービスです。毎月最大5200円だと年間62400円ですから、かなりの節約になりますね。SoftBank Airは置くだけですぐにネットに繋げられる、使い放題の高速インターネットサービスで、どちらも使いやすい魅力があります。

ほかには端末とセットで購入するバリューセットがあります。「バリュースタイル」では指定端末になりますが、バリュースタイル販売価格で購入できるので、ほしい機種が指定されている場合は断然おトクです。支払いも一括払いか分割払いを選べ、Y!mobileの基本使用料も割引適用になります。このセット購入では「W-VALUE SELECT(ダブルバリューセレクト)」というサービスもあるので、目的に合わせて、あるいは希望購入機種に合わせて検討してみてください。

さらに、このセットにはパソコンやタブレットで適用される「バリューセット」があります。ポケットWiFiとセットで購入でき、長期契約割引+購入代金軽減が期待できます。

データ通信の契約になるので長期契約は3年間縛りになりますが、同時購入される対象機器が「バリューセットY」なら38300円、「バリューセットライトY」では25700円が割引きになります。これは大きいですね。

>>>Y!mobileはセットがお得~!!

Y!mobileの端末がしっかり使えるエリアを確認!

Y!mobileの魅力は広範囲でサービスの利用が可能なところ!

Y!mobileの売りはなんといっても広範囲で電波を受信できて、サービスを受けられるという点です。ビジネスで使う場合でも、レジャーの緊急用通信機器としても、日常生活でも、どんな場面でも利用しやすいのが最大の魅力です。

東京や大阪などの大都市は繋がらないところはほとんどないというレベルですし、地方でも山間部はちょっと厳しいですが、ほとんどの地域で利用可能です。沖縄などの沿岸部ではある程度の距離内であれば海上でも使えるほどです。

900MHz帯を利用したプラチナバンドであればこれまで使いにくかったエリアでも使えるように段々となってきていますから、利用範囲が広がっているのは事実です。今後もY!mobileの利用可能範囲はもっともっと増えていくことでしょう。
 

ソフトバンクのエリアも使用可能

高速通信の4Gも使えるのはY!mobileの大きな魅力です。格安SIMというと安かろう悪かろうのイメージが思い浮かびますが、Y!mobileは大手キャリアと遜色のない高速通信が可能です。

それはひとえにY!mobileの受信範囲がソフトバンクのサービス範囲内だからです。格安SIMの多くは大手のキャリアの受信帯を利用していて、Y!mobileは唯一のソフトバンク系のSIMとなります。

ソフトバンクは今最も人気のキャリアですから、その電波を受信できるY!mobileはほとんどソフトバンクと同等の携帯電話キャリアだとも言えるかもしれません。しかも基本使用料は長く使えば安くなりますので、Y!mobileの魅力は尽きません。

>>>Y!mobileはソフトバンク回線なのでとっても安心!

全国に1000店以上!? のY!mobileショップ

対面でサービスを受けられるY!mobileショップ

出典:ymobile.jp

Y!mobileのサービスを利用するために契約したり、端末を購入したりなどする場合にはネットでの購入のほか、Y!mobileショップに出向いてサービスを受けることもできます。

実店舗でY!mobileの知識が豊富な店員がいますので、なんでも相談でき、最適な解決方法を示してくれることでしょう。ネットが苦手、スマホがよくわからない人でも安心してY!mobileを始めることができます。

ショップの形態としては直営店もありますし、契約店舗(サテライトショップなど)もあります。また、独立した店舗の場合もあれば、家電量販店の中の1ブースのような形でサービスを提供している場合もあります。まあ、これはY!mobileに限りませんが、都会に行けば行くほど、また店舗が大きければ大きいほど取り扱う端末の種類や在庫が多くなりますので、人気のものや、逆に数が少ないものは大きな店を狙っていった方がいいかもしれません。

新規契約や解約のほか、修理などのアフターサービスもショップや取扱店、サテライトショップで利用できるので、少なくとも最寄りのショップの場所だけは把握しておくべきでしょう。

>>>近くのY!mobileショップを検索!!

Y!mobileのショップは全国にどれくらいあるのか

Y!mobileのショップや取扱店は全国に展開しています。それこそ北は北海道、南は沖縄まで、一般的に知られていないような市町村にも最低1軒程度はショップがあります。間違いなく全国にあるショップの合計は1000店舗を超えるでしょう。そうなれば、必ずや最寄りのショップというのが出てくるかと思います。

これだけ店舗が多いと、一番近いショップがどこにあるのかを探すのが逆に大変になってきます。しかし、Y!mobile はその点も抜かりありません。Y!mobileのホームページでは各都道府県、市区町村から検索する方法と、キーワード、あるいは条件設定から候補を見つけたり、パソコンやスマホの設定から現在地を自動で割り出してワンクリックで検索できるなど、簡単に最寄りのY!mobileショップを発見できるようになっています。

Y!mobileショップで行われている取扱サービスは?

Y!mobileショップでできることとはなんでしょうか。まず、Y!mobileショップは大きく分けて、ショップ/量販店ショップ(以下A)、サテライトショップ(以下B)、取扱店(以下C)があります。
サービスの一覧と、どのショップで利用できるのかを簡単にまとめてみましょう。

新規契約 A、B、C
機種変更 A、B、C
解約 A、B
契約内容変更 A、B(ただし譲渡は不可)
支払い A、B(一部店舗では不可
修理受付 A、B(一部店舗では不可)
A…ショップ、量販店/B…サテライトショップ/C…取扱店

 
Y!mobileのサイトで事前に希望のサービスを受けられるかどうかを指定して検索できるので、行ってからできませんでしたということを避けることができます。

近くにY!mobileショップがない場合は?

これだけショップがあるのですから、近くにY!mobileショップがないというのは考えにくいですが、しかし、もしなかった場合、どうしたらいいのでしょうか。

この場合、まず考えられるのはY!mobileユーザー専用のアカウントである「My Y!mobile」にログインすることです。契約内容の設定や解除、変更などもこのアカウントひとつで可能です。もしわからないことがあれば問い合わせもできますし、便利です。

修理などは基本的にショップ持ち込みになるので、いずれにせよ最寄りのY!mobileショップは見つけておいた方がよさそうです。

Y!mobileのオンラインストアとは?

最寄りのショップがない場合、Y!mobileにはオンラインストアもあり、購入や契約加入などはここですべて対応可能です。

今一度具体的に書いておくと、Y!mobileオンラインストアでは新規回線の申し込みあるいは他社からの乗り換え(MNP)、契約変更、端末や付属品、アウトレットデータカードの購入ができます。

気をつけたいのは他社を含むすべての通信会社で料金未納があるユーザーや、ラネットやヤマダ電機、ノジマ、エディオンコミュニケーションズで購入した携帯電話から機種変更したいケースではオンラインストアを利用できません。

Y!mobileのオンラインストアは自宅にいながらにしてワンクリックで購入でき、しかも最短で即日発送。送料も無料のケースも多いですし、24時間いつでも端末を購入できるので便利です。

>>>Y!mobileの公式ページにいく!

他社にはないY!mobileの強みとは一体なに?

出典:ymobile.jp

Y!mobileがほかの格安SIMの会社と違う強みと言えば、まずYahoo! Japanとの連携が強いことでしょうYahoo!のロゴのようなワイが頭に入っているくらいですから、このアドバンテージは高いです。

例えば、飛行機のようにマイルを貯めることでデータ通信容量を無料で追加できるようになるサービスがY!mobileにはあり、これは他社にありません。「パケットマイレージ」という制度で、Yahoo! Japanに1日1回アクセスするだけで獲得でき、5日間連続アクセスすれば「パケくじ」を引くことができ、当たればさらに多くのマイルを得ることができるのです。

また、Yahoo! Japanの会員サービスである「Yahoo!プレミアム」がセットになった「Enjoyパック」もあり、サービスを利用するだけで月額料金500円以上のおトク感が得られます。

それから、一般的な格安SIMの会社だとメールアドレスはもらえなかったりしますが、Y!mobileでは登録をするとYahoo!Japanのメアドが手に入ります。ちゃんと『@yahoo.ne.jp』の形式ですから、使い勝手はいいでしょう。

ほかにも「Yahoo!ウォレット」などYahoo!との連携サービスが盛りだくさんなのはY!mobileならではでないでしょうか。

Y!mobile最大の魅力、強みは無料通話の回数設定!

Y!mobileはソフトバンクの4G回線が利用できたり、ネットの環境は充実しています。しかし、格安SIM他社と比較すると案外それは大きな魅力ではありません。いくつか似たような水準のところはありますから。そう考えれば、Y!mobileはどちらかというと、データ通信よりは音声通話に魅力があります。

というのは、10分以内の短い通話であれば、月間300回までの通話は無料になるのです。通話無料というのも他社でもなくはありません。よくあるのは、同じキャリア同士の通話ならという条件付きですが。しかしY!mobileがすごいのは、Y!mobile契約端末間での通話が対象ではなく、他社の携帯や固定電話でも適用されるのです。月300回であれば1日10回平均と考えると、1日計100分(1時間40分)は無料。これはかなりおトクなのではないでしょうか。

音声通話に魅力があるのであればスマホじゃなくてガラケーやPHSの契約の方がいいのではないかとなりますが、それはそれで考えるべきかと思います。決してネットが遅いわけではないので、音声通話もネット通信もしたいというケースにおいてY!mobileは強みがあるのです。

ところで、そんなおトクなサービスですが、ビジネスでの利用では1回10分の通話は少ないかもしれないですね。そういった人には月額1000円でオプションとして「スーパー誰とでも定額」をつけることができます。すると1回の通話時間制限も、1ヶ月の通話回数制限もなくなり、完全かけ放題になります。

このようにY!mobileの強み、ニーズはどちらかというと音声通話が強いのです。

>>>満足度の高いY!mobileへ!

知られざるY!mobileの弱点、デメリット点

Y!mobileが他社よりも劣っている点!?

出典:ymobile.jp

Y!mobile は数ある格安SIM会社の中でも非常に満足度が高いとされています。ユーザーも多いですし魅力もたくさんあります。しかし、実際にはいいことばかりではないのは当然です。すべてがパーフェクトな企業なんて存在しません。

そんなY!mobileの弱点はどこにあるのでしょうか。ある人が注目したのはSIMカードの値段の高さです。
「SIMカード再発行が3000円は高いですね。ドコモとauは2000円なんですよ」格安SIMカードはご存知の通り、大手キャリアのネットワークを利用してサービスを提供しています。

Y!mobileはソフトバンクの回線を使っています。ですので、Y!mobileの魅力やデメリットはそのままソフトバンクのメリット・デメリットに直結するのです。ソフトバンクのSIM再発行はちょっと高いと言われてきていましたが、残念ながらY!mobileもまたやや高め設定になっています。

これもやはり「まるでソフトバンクのようだ」という評価が出ているのは事実です。企業側としてはどうしても顧客を逃がしたくないですから、その分、契約期間などを設けて厳しい対応をしてしまうことも事実。

しかし、ユーザーとしては縛りが多いと万が一のことを考えてY!mobileで契約しようという気持ちが萎えてしまうこともあるでしょう。これがY!mobileにおける最大の弱点なのではないでしょうか。

こんな人にはY!mobileをオススメしません

Y!mobileに限らず格安SIMは安くしている分、契約内容が細かいというのは致し方ありません。ですので、そういったところから判断するに、下記のような人はY!mobileにオススメはできません。

例えば、キャリアの乗り換えを頻繁にする人です。これはY!mobileに限らず、手数料や特別割引などを無駄にしています。格安SIMの基本は長く使えば使うほどおトクになるのですから、頻繁にキャリアを変えている人は向かないでしょう。

すぐにスマホをなくす人も同じですね。SIMカード再発行になりますから、そのときの手数料が高いので、無駄に大きな出費になってしまいます。

ですので、端末とSIMカードを大切にできない人はY!mobileには向いていません。これはY!mobileに限らず、大手キャリア、ほかの格安SIMの会社で契約する人も同じですけれども。

>>>Y!mobileの公式ページに行ってみる!

Y!mobileの利用にあたっての注意点

Y!mobileに最低利用期間はあるのか

Y!mobileで契約した場合、最低利用期間は基本的には設定されていないようです。端末と基本料金がダブルで割引になるW-VALUE SELECT(ダブルバリューセレクト)では一括やクレジット分割で1ヶ月以上、分割で6ヶ月以上利用しないと機種変などもできないという設定はありますが、それ以外には指定はありません。

しかし、契約時に長期契約での割引というプランを利用している場合はその期間内に解約すると手数料がかかるので注意しましょう。スマホで2年、データ通信専門で3年の契約期間が設けられています。

Y!mobileを始めるための初期費用はどのくらいかかるのか

Y!mobileを始めるに当たり、初期費用が発生します。プランによっては基本料は初月無料などもありますし、端末もセットで分割にすると基本料金に組み込まれることから、見た目上の初期費用を低く抑えることは可能です。

Y!mobileの事務的にかかってくる初期費用はたった3240円です。この金額は大体どこのキャリアも同じですので、決して安いわけでも高いわけでもありません。これだけの費用でY!mobileが始められるのですから、割引を利用して元は簡単に取れるはずです。

期間内に解約すると解約金や違約金など発生するのか?

Y!mobileの契約で長期契約をすると基本料がだいぶ安くなります。しかし、その期間内に解約をすると違約金が発生します。

以前はその縛りが終わると通常料金に戻ったのですが、今は継続してその後も割引基本料金が維持されます。その代わり、その期間を1単位として、その期間の満了時以外で解約すると違約金が発生する仕組みになってしまっています。

違約金が発生するのは、スマホのプランで2年単位、データ通信専用のプランで3年単位です。違約金が9500円(税抜)となります。

また、「のりかえサポート 一括払い」を利用してY!mobileを始めた場合、12ヶ月以内の解約では解約金として2万円もかかってきますので注意してください。

解約後にY!mobileへ返却するものは?

Y!mobileを解約したあとに返却するものは基本的にはありません。通常ですとSIMカードの返却を言われるのですが、Y!mobileではあまり気にしていないようで、解約後ハサミを入れて捨ててしまってもいいようです。

本来はSIMカードはキャリアから借りているものなので、解約後に返却するように言うキャリアは少なくないのですが、ネットで見ていると少なくとも電話で解約を希望されているユーザーがY!mobileから返却を要請されたという話は見当たりませんでした。一応、解約時にショップや電話オペレーターに確認してください。

ほかのもの、例えば端末などはユーザーが買ったものですから返却は不要です。SIMフリーのスマホなどであれば、別のキャリアに乗り換えた際に利用できる可能性も高いですから(他キャリアのSIMで動作するかは要確認)、気に入っているのであれば捨てずに取っておき、次のキャリアで使いましょう。

今のスマホデータは引き継げるのか?

Y!mobileで使っていたスマホ内のデータが他社のSIMに変えたときに使えるかどうかは要確認です。スマホの内蔵メモリーや外付けのメモリーカードにデータが残っている場合、そのまま使える可能性は高いですが、残念ながら、少なくともSIMのメモリーに残していた電話番号などは引き継げません

また、各種アプリなども基本的には使えるはずですが、うまく引き継げない可能性も捨てきれません。その場合は事前にパスワードやアカウント名などをメモに残しておき、次のキャリアに移行したらただちにアナログでログインして設定をしてみましょう。その方法であればアプリなどは引き継げるかと思います。

電話番号やアドレスは変わってしまうの?

電話番号はMNP転出を利用すれば、Y!mobileで手に入れた番号を使うことが可能です。事前申し込みをして予約番号を受け取り、その番号の期限内に次のキャリアで申し込めば、今の携帯番号をそのまま利用することが可能です。

メールアドレスはYahoo! Japanで入手したYahoo!のフリーアドレスであればそのまま利用できます。しかし、メールアドレスが@xx.pdx.ne.jp、 @willcom.com、 @y-mobile.ne.jpは引き継げないので注意が必要です。ただし、Y!mobile PHS(Dual PHS含む)からソフトバンクへの番号移行の場合に限ってはこれらのメアドも引き続き利用可能です。

>>>もっと詳しく知りたい方はコチラへ!

Y!mobileの気になる評価はどんなもの?

Y!mobileの音質や通信速度はどう?

Y!mobileのユーザーからの評価として、一番気になるのは音質や通信速度ではないでしょうか。まず、音質は普通の大手携帯キャリアとは遜色はないようです。というのは、ご存知の通りY!mobileはソフトバンクの回線を利用していますから、まったく問題なく利用できるのです。

しかも、山間部を除いた場所であればほぼ全国で同じレベルの通信環境を得られますから、まったく音質に違和感を感じることはないというのがユーザーの評価です。

それから、データ通信の速度もまた高評価です。遅くないどころかむしろ速いとさえ言われています。一般的な格安SIMの通信速度は大手キャリアより遅いのが当たり前です。ネットワークを間借りしているのですから、そうなってしまうのは仕方がないのです。

しかし、Y!mobileはソフトバンクで契約しているユーザーとほぼ同じレベルでネットを利用できるようです。Y!mobileはソフトバンクと回線利用条件がほぼ同等だそうで、そのため同じレベルの速度が出ているのです。

Y!mobileユーザーの満足度チェック

Y!mobileユーザーからの満足度は非常に高いというのは大きな特徴です。ネットを見ても案外Y!mobileの評価が低いレビューが多かったりするのですが、反して現実は高評価です。

恐らく、様々なサービス、環境が平均レベルを超えているからなのではないでしょうか。すべてのレベルがトップレベルに高いのが一番ですが、どうしてもあちらを立てるとこちらが下がるというのはよくあることで、完璧は存在しないわけです。そして、そのレベルが本当に低くてひどい有様ならば人気は出ないでしょう。

このY!mobileはなにを取っても平均値以上なので、悪意のあるレビューは叩きやすいわけです。ネット通信だって決して遅くはないですが、傑出して速いわけでもない。そこを遅いと言うことだって可能です。料金だって安いのですが、ものすごく安いほかの会社もあります。そこを高いと叩くことは可能です。

ですので、実際に使ってみたユーザーが「Y!mobile、いいじゃないか」という結果が、結局のところ真実で、それが十分な満足度になって表れているのかと思います。ネットで見て悩むよりは、まずは本当に契約してみてください。それでY!mobileが悪いというのであれば、それは仕方のないことでしょう。

Y!mobileの充実したサポートやアフターケア

Y!mobileはYahoo!も関係した格安SIMですから、ネット上や対面でのサービス、サポートが充実しています。これも高評価のひとつの理由です。

サポートで言えば店舗、ネット、電話とあらゆる手段で対応してくれます。オンラインショップを利用しユーザー専用のアカウント「My Y!mobile」で各種手続きを済ませれば、担当者と誰とも会わずにY!mobileライフを始めることが可能です。

解約だけはショップに行かなければならないので誰かに会う必要がありますが、それまでは誰とも顔を合わせなくていいのはしっかりしたサポート体制が整っているからにほかなりません。

店舗も日本全国に1000店以上はあるとされ、最寄りのショップに行けば修理の依頼もできます。なにがあっても心配ないのがY!mobileの強みです。

>>>満足度の高いY!mobileの公式ページはコチラ!

Y!mobileが用意する代表的なプランを徹底解剖!

Y!mobileのどのプランがどんな人に向いているのか大雑把に理解しよう!

Y!mobileの各種プランがどんな人に向いているのか、大雑把でいいので理解しておきましょう。その知識を中心に、自分に合ったプランをじっくり検討してみてください。

電話:たくさんかける 通信:たくさん使う

こういったタイプはスマホのプランで特にMかLがいいでしょう。さらに月額1000円で「スーパー誰とでも定額」をオプションでつけておきます。通話回数も時間も無制限のかけ放題になります。また、「快適モード」をオンにしておき、自動的に0.5GBが追加されていくようにしておきましょう。

電話:たくさんかける 通信:それほどでもない

このタイプはスマホプランSで大丈夫です。通話の量を考えると、場合によっては月額1000円の「スーパー誰とでも定額」をつけて起きましょう。

電話:それほどでもない 通信:それほどでもない

この場合はデータ通信専用のデータプランなどを利用し、通話をする際はラインやスカイプなどにしてもいいかもしれません。かなり割り切ってしまうのです。もしくはスマホプランSやガラケーのプランをオススメします。

電話:まったく使わない 通信:たくさん使う

これは間違いなくデータ通信専用SIMでデータプランにするか、スマホやタブレットを持たずにノートブックやデスクトップのパソコンのためにポケットWi-Fiにするといいでしょう。SやLの容量は自分の生活を振りかえって考えてみましょう。

Y!mobileが用意するスマホプランS/M/Lはどれがいい?

スマホプランS スマホプランM スマホプランL
月額基本料金 3980円 4980円 6980円
月額基本料金
(制限なし)
5480円 6480円 8480円
割引料金
(25ヶ月間)
2980円 3980円 5980円
割引料金
(26ヶ月目以降)
2980円 3980円 5980円
通信制限容量 1GB 3GB 7GB
通信速度 下り最大112.5Mbps、上り最大37.5Mbps 
通信時速度 送受信時 最大128Kbps
対応SIM 音声通話

 
Y!mobileのプランを詳しく見てみましょう。やはりY!mobileで契約するからには2年契約などの長期契約を併用して基本使用料を安く済ませるようにしたいですね。もし契約期間を設定しない場合、プランMで1500円もの差が出ます。24ヶ月で36000円ですから、それこそ端末を1台買えてしまうレベルの差額です。

それから、データ制限速度です。128Kbpsはメールをする分にはあまり気にならないかもしれませんが、添付ファイルをつけたりすると重く感じますし、動画を観ることはまずできません。

容量制限まではソフトバンクが宣伝している数値を鵜呑みにするとすれば4G回線で下り最大165Mbpsなので、ムチャクチャ速いと言えます。もちろんこれはなんの障害もない、最高の環境での測定です。実質的にはこれよりはかなり低いのが現実です。表のレベルが最良値で、送受信時に実勢でせいぜい25Mbps~27Mbps、速くて30Mbps。それでも、遅いときで20Mbpsは出ているようですから、大手キャリアとほとんど差はありません。

これが急に128Kbpsになるわけですから、できるだけ自分がどれだけ通信量を使うかを把握しておき、容量制限まで使いきらないプランで契約したいところです。とはいえ、もし制限を使いきってしまっても0.5GBを500円で足すことが可能ですので、対処法はなくはありません。ただ高いですからね。できるだけ使いきらない容量にしておいた方がよさそうです。

あとは音声通話も環境はいいですし、なんといっても10分以内の通話なら月間300回の無料通話は魅力的です。もしビジネスユースであれば+1000円でかけ放題にもなりますし、Y!mobileは魅力たっぷりです。

Y!mobileのデータ通信専用SIMのプランならどんなものがある?

データプランS データプランL データ
ベーシックS
データ
ベーシックL
Pocketwi-fi
プラン2
Pocketwi-fi
プラン2ライト
Pocketwi-fi
プランL
Pocketwi-fi
プランSS
基本料金
(通常)
2480円 4196円 3980円 5696円 4196円 2980円 7884円 2980円
基本料金
(制限なし)
3980円 5696円 なし なし 5696円 4480円 9184円 なし
割引料金
(37ヶ月間)
1980円 3696円 対象外 対象外 3696円 2480円 4380円 2480円
(36ヶ月間)
割引料金
(38ヶ月以降)
1980円 3696円 対象外 対象外 3696円 2480円 4380円 2480円
(37ヶ月以降)
通信容量 1GB 7GB 1GB 7GB 7GB 5GB 7GB 5GB
通信速度 下り112.5Mbps、上り最大37.5Mbps
制限時速度 送受信時 最大128Kbps
対応SIM データ通信専用 ポケットwi-fi

 

では、Y!mobileにおけるデータ通信専用関連の料金も見てみましょう。

データ通信は音声通話と違い、長期契約の期間が2年ではなく3年間になっています。また、プランもタブレットなどに使うデータ通信専用SIMのタイプとポケットWi-Fiの場合があります。ポケットWi-Fiだとプランごとで機種も限られてくるので、ほぼ選ぶ機種=選ぶプランになります。

通信速度は回線が音声通話と同じなのでほぼ同じ水準です。実効速度が最大で30Mbpsレベル、遅くても20Mbpsですから十分に速いでしょう。格安SIMでこのレベルですからY!mobileはかなりハイレベルな通信環境だと思います。

>>>魅力的なY!mobileを契約したい!

Y!mobileのプランやサービス内容を他社と比較してみよう!

Y!mobileと大手キャリアを比較するとどちらに軍配が?

Y!mobileと大手キャリアと比較するとどれくらいY!mobileは安いのでしょうか。
まず、データ通信料でいくと大手キャリアの方が安いことがわかります。というのはドコモ、ソフトバンク、auの5GBは5000円の設定です。Y!mobileは5GBがないですから3GBで見るしかありませんが、3980円ですね。すると1GBあたりの単価を出して5GBに換算すると6600円を少々超える料金になります。

10GBですとauとソフトバンクで8000円、ドコモで9500円です。Y!mobileの7GBで5980円ですので、これも単価を出して10GB換算すると8540円くらい。ドコモよりは安いのですが、ソフトバンクなどとは互角になります。

要するに、通信量が多ければY!mobileでも単価は安くなりますが、そうなると基本料が上がるので果たして格安SIMに乗り換えた意味があるのかという疑問が残ります。

ただ、Y!mobileは通話やネット接続の基本料がコミコミの料金なので、最低で2980円~始められるようになっています。大手キャリアだと通話基本料とネット接続は別ですから、最低でも月に6500円+通話料などがかかる計算です。通話料が10分以内に限り300回まで無料という大きなメリットを考慮すればY!mobileはおトクですね。

ほかにサービスやサポートも大手キャリアと遜色はないですから、Y!mobileも十分検討の余地はありそうです。

Y!mobileと格安SIMキャリアと比較するとどっちがおトク?

さて、Y!mobileとほかの格安SIMのキャリアではどんな感じでしょうか。
そもそもの点でいうと、実はY!mobileは格安SIMに分類されないという声もあります。というのは、普通の格安SIMは携帯電話とは関係のなかった事業者がネットワークを大手キャリアのものに頼ってサービスを提供しているのに対し、Y!mobileはソフトバンクの関連会社とした位置づけになっているからです。それでも大手キャリアよりもトータル的に安くなるので格安SIMだと言われているに過ぎないのです。

つまり、Y!mobileはある種日本では最も特殊な通信キャリアであり、他社と比較することがおかしな話なのです。大手キャリアでもないし、格安SIMでもないのですから。

それでも比較してみたいという場合、やはりY!mobileの強みとして挙げられる10分以内の通話が300回まで無料というのは大きいです。料金的な部分で見ると、例えば楽天モバイルは5GBと5分間かけ放題プランで3000円です。Y!mobileだと3GBで3980円ですから、楽天モバイルは約1000円も安くて、2GBも通信量が多いということになります。データ通信だけを取るならば楽天モバイルあるいはほかの格安SIMを選んだ方がよさそうです。

しかし、電話をたくさんかけるという人の場合は、トータル的にどう見てもY!mobileがいいでしょう。楽天モバイルのようにたった5分で話せることなんて早々ないのではないでしょうか。

ということで、どういった使い方をするか。また、データ通信だけでなく、音声通話でどれくらいかかっているかを検討してみることが、他社とY!mobileのどちらがいいのかを見極めるコツになるのかと思います。 

>>>満足度の高いY!mobileへ!

Y!mobileを賢くお得に利用したい

Y!mobileを賢く利用する第一歩は、まず事前に調べることが大切

Y!mobileをよりおトクに賢く使いたいという場合、事前にある程度調べものをしておいた方がよいでしょう。これはY!mobileに限った話ではなく、ほかの携帯キャリアで契約するときも同じです。

というのは、Y!mobileの社員も人間です。接客態度のよさもまたY!mobileの人気の理由なのですが、彼らも遊びで仕事をしていません。なんとか競争に勝ってY!mobileの端末やSIMを売りたいのです。ですので、セールストークではあまり悪いことを教えてくれなかったりします。

本来は告知しないことは法律違反になりますが、ギリギリの感じで、あるいはうまい言い方をして乗せてくるわけです。そうすると思わず契約してしまったりして、あとで違った! と後悔する場合もあるでしょう。

Y!mobileを契約するにあたり、事前に勉強しておきたいのは初期費用がどれくらいかかるのか、割引はどれくらいあるが契約期間はどうなているか、違約金はどうなるのかなど、主に金銭面の部分はしっかり見ておきましょう。塵も積もれば山になります。今日明日で1円2円を損するだけでも、来年にはそれが高額な値段になって返ってくる可能性だってあります。

そのあたりを特に調べておけば、下手なセールストークに引っかかることもないかと思います。

Y!mobileでオススメしたいオプションはこれ!

Y!mobileを賢く利用するにはオプションやサービスも調べておきましょう。不要なサービスに入っていても損ですし、入っておくべきものに入っていないのもまた損です。ここではざっと誰にでも有効なオプションを紹介しておきます。

まずY!mobileに加入したら、My Y!mobileに登録をしましょう。様々な手続きがこのサイト上で可能になるので、なにかあったときに便利です。登録すればYahoo! Japanとの連携サービスも受けられるようになるので必須事項です。パケットマイレージでマイレージポイントを貯めてデータ通信量をおトクにしたり、Tポイントを貯めて買いものを安くできます。

スマートフォンは案外故障が多いです。また、頻繁にポケットやカバンから取り出して操作するのでどこかに忘れてしまったり、盗難に遭うこともあります。そんなときに対応してくれる「故障安心パックプラス」が万が一のときに便利で、月額690円です。

家族で加入している場合、子どもにも安心のスマホ環境を与えるサービスも充実しています。「スマホ安心サービス」や「ウェブ安心サービス」では閲覧制限ができ、オプションは有料であるものの、基本機能は無料なので使い勝手がいいです。

家族の安全を守るための「位置ナビ」や家族がどこにいるかがマップ上で把握できる「みまもりマップ」も便利です。位置ナビは情報料が月額200円、検索料1回5円がかかりますが、位置ナビに加入していればみまもりマップの方は無料になります。

着信拒否や留守電確認機能など、様々な防犯に役立つような機能も多いので、把握して自分に必要なものは積極的に利用しましょう。

>>>Y!mobileはオプションもサービスもとっても充実しています!

Y!mobileの口コミや評価、よくある質問Q&A

Q:Y!mobileのショップやオンラインストアで買える端末はいくらくらい?

A:Y!mobileのショップやオンラインストアでは端末の販売もあります。特にY!mobileのSIMとセットで購入するようにすると値段はかなり安くなります。例えば、2016年7月下旬現在予約受付中、7月29日から発送予定の機種「507SH, Android One」は51948円とかなり高額です。

しかし、プランSとセットで24回払いにすると108円の頭金で月々3758円と無理せず支払いができます。どの端末でも気軽にスマートフォンデビューがY!mobileでできるようになっています。

Q:解約したくなったときの手続きはどこでする?

A:Y!mobileの解約は基本的には最寄りのY!mobileショップで手続きをします。カスタマーセンターや家電量販店、My Y!mobileでは解約手続きはできません。また、家電量販店などの独自内容で契約している場合もY!mobileショップでは手続きできません。

もし近くにショップがない場合は郵送での手続きもできますが、その前に契約者本人がY!mobileカスタマーセンターに確認ください。解約に必要な書類は次の通りです。

・本人確認書類(運転免許証、パスポート、顔写真付マイナンバーカード(個人番号カード)、住民基本台帳カード(QRコード付)と住所確認書類、身体障がい者手帳もしくは療育手帳もしくは精神障がい者手帳、健康保険証と補助書類など)
・印鑑
・契約中の通信機器(端末など)※ただし、新規の契約や紛失の場合は不要

それから、家族などに委任状を渡せば本人でなくても代理人が解約可能です。

Q:Y!mobileではおサイフケータイは使える?

A:Y!mobileではおサイフケータイのサービスを利用できます。おサイフケータイとは読み取り機にかざせば支払いができたり、交通機関では乗車券になり、いろいろな店などで会員証やポイントカードとしても使えるようになるサービスです。小銭のやり取りなどわずらわしさもなく、支払いがスマートになります。

しかし、対応はすべての機種ではなく一部の端末のみになります。Y!mobileのショップで買えるスマホでは「AQUOS CRYSTAL Y2」、「AQUOS Xx-Y」、「AQUOS CRYSTAL Y」、「ARROWS S」、「AQUOS Phone ef」、「AQUOS Phone es」、「DIGNO DUAL 2」、「STREAM X」です(2016年7月下旬現在Y!mobileのサイトで紹介されている機種)。

Q:端末の壊れやすさ、耐久性などは?

A:Y!mobileだけでなく、スマートフォンはかなり壊れやすいです。耐久性に優れていないのと、そもそもコンピューターが携帯型になったわけですから、精密機器であり、少しの衝撃や雨などの水ですぐに壊れてしまいます。

もし故障をしたらY!mobileショップに持ち込むことで修理が可能です。購入からの期間や故障原因などで有償か無償かはそのケースで変わりますが、直せる可能性はあります。

また、オプションで故障時の対応などを保証してくれるものもありますので、アグレッシブに使う人はそういったオプションに入っておきましょう。

もしくは、最近は耐衝撃性、耐水性を設計に組み込んだ機種も登場していますので、そういった端末を選択しましょう。

Q:Y!mobileにこれまで使っていた端末は利用できる?

A:Y!mobileに加入するにあたり、他社で使っていたスマホなどの端末を使いたい場合、概ね問題はありません。ただし、最低限SIMフリーである機種でなければなりません。

理解しておいていただきたのは機種によってY!mobileのSIMカードと相性が悪い場合があります。ですので、Y!mobileが動作確認をした機種が望ましいです。移行して実際に使えたという端末のリストは下記に記載されています。
「他社が販売する携帯電話をワイモバイルで利用する」

「他社が販売する携帯電話をワイモバイルで利用する」: http://www.ymobile.jp/service/others/simonly/

あくまでもこれはY!mobileが設定した環境下でのテストですので、これまでユーザーが使ってきた環境や使い方などで端末に個体差が出ているため、使えないケースもあります。その場合は新しく端末を買わなければなりません。

Q:ネットを使いすぎて速度制限がかかってしまった!

A:Y!mobileでは音声通話SIMでもデータ通信専用SIMでもネットの制限があり、容量オーバーになると速度が急速に遅くなります。また、場合によっては1日で3GB近く使うと翌日に制限がされる場合があるようなので注意してください。

速度制限がされた場合、0.5GBを500円で追加していくことができます。また、快適モードを選択すると自動的にデータ容量が追加されます。上限回数を設定することもできるので、勝手にどんどん課金されることもないので安心です。

>>>疑問が解決出来なかった方はコチラで解決!

Y!mobileの魅力を総まとめしてみた!

結局、Y!mobileについて我々がわかったこととは?

出典:ymobile.jp

Y!mobileは日本における格安SIM業界にも、大手数社が牛耳る携帯電話業界にも属さないという、かなり特殊なキャリアであることがわかってきました。ですので、大手よりは安く、格安SIMよりは高いという料金的なメリット・デメリットがあり、多くのユーザーが誤解をしているような状況になってしまっています。

結論から言うと、Y!mobileはあくまでライフスタイルに合わせて選ぶもので、大手キャリアよりは安くしたいが、大手キャリアのメリットも捨てられない人に向いているのかと思います。

まず、データ通信で言えば、Y!mobileの通信速度はかなり速いです。なんといってもソフトバンクのネットワークですし、格安SIMキャリアでソフトバンクの回線を使う会社はほかにないのですから、メリットは大きいです。

しかし、デメリットとしてはやや通信料が高い傾向にある点です。これは大手キャリアと比べても単価は高いので、この点だけはかなりのマイナスポイントになっています。ネットの多くではこの点を指摘してY!mobileを批判しているようですね。

ところが、です。Y!mobileのユーザーの多くはY!mobileで契約したことに満足しているのです。このギャップはなんでしょう。

それは音声通話にあります。データ通信はよくないと言われながらも、それを巻き返すだけの魅力があるのです。

Y!mobileの音声通話SIMの基本料はほとんどデータ通信の基本料で通話もネット接続も大手キャリアでは別々に基本料金を設定している中、コミコミにしています。そして、10分以内の通話であれば月間300回までが無料になっています。300回は計50時間にもおよびます。それでも足りないというビジネスマンなどには月額1000円プラスで無制限。時間も回数も制限なしのかけ放題になるのです。

この通話のメリットが大きく、データ通信の不評をも乗り越えて、高評価を得ているのです。といっても、データ通信も4G回線を使っていて、環境に関しては格安SIMの会社からの追随は許していないですし、それどころかソフトバンクのユーザーとほぼ同条件下で利用できているのですから、なんの文句があるのでしょうか。

それから、新しい企業らしく顧客サービスも充実しています。オプションも非常に多く、様々なサポート受けられます。また、Y!mobileのショップが日本全国に1000店舗以上はあるとされ、確実に最寄りショップがありますから、故障や相談も気軽にいけるのが魅力です。

魅力が詰まっているキャリアがこのY!mobileというわけです。

>>>満足度の高いY!mobileへ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 62
    follow us in feedly

格安SIMおすすめランキング


ドコモ、auの両方の回線を用意しているのはmineoだけ!これらのキャリアからmineoに乗り換えれば、面倒なSIMロック解除をしなくてもSIMを差し替えるだけですぐに格安SIMでスマホが使えるようになります。
→ mineoの公式サイトへ 公式サイトはこちら


プランが豊富でしかも安い!高速通信は一切使えないものの、月額525円でデータ通信ができる格安SIMは「スマホはSNSとかLineくらいしか使わない」という方にピッタリ!自宅にwifi環境がある人に是非オススメしたい格安SIMです。
→ 楽天モバイルの公式サイトへ 公式サイトはこちら


とにかく安い!格安SIMの中でも最安水準を保ち続けている「攻めの姿勢」とも取れる運営スタイルが高く評価されているDMM mobile。
値段が安い、にも関わらず通信品質が高いのは老舗MVNOの「IIJmio」のサービスを利用しているから。実効速度データなどをみても、IIJmioとほぼ同じスペックが計測されていることからも安心感に優れていると言えます。
→ DMM mobileの公式サイトへ 公式サイトはこちら

  関連記事

キャリア囲い込みの元凶・SIMロック解除の義務化に関する注意点とは

端末縛りから解放されるSIMロック解除 いままで携帯電話やスマホですが、自由に乗 …

格安SIMが壊れた…大手キャリアのような保証はあるの?

スマホ本体をどこで調達したかで異なる対応 格安スマホを購入して利用していたところ …

家族間の通話がお得になる家族割サービスを提供する格安SIM事業者をご紹介します!

通信量ごとに最適なプランが選べることや、比較的低料金で利用できることなどが、格安 …

050+とは?プライベートでもビジネスでも役立つ定番のIP電話アプリ!従来の電話よりもかなりお得!

スマホを使っているとよく耳にするのか050+です。今や定番のIP通話アプリとして …

格安SIMや新しい端末に乗り換えるときにアプリのゲームデータの引き継ぎを忘れないように!引き継ぎ方法のまとめ

格安SIMに乗り換えたり、新しい機種に変更する場合、これまで遊んでいたアプリのゲ …

テザリングとはスマホを中継点とすることで他の通信機器をネットに繋げられる機能

テザリングとはスマートフォンや携帯電話を中継点にし、ノートパソコンやタブレット、 …

壊れたので修理してほしい・プラン変更したい!格安SIMはどこに相談すればいいのか?

電話・メールなどのサポートが中心 携帯キャリアのスマホを所有していて、故障したと …

格安SIMを買ったのに使えないだって? 知らないと大失敗!全機種どれでも対応するわけじゃない

通信料金を安くしようと思って格安SIMを購入。早速自分のスマホに差し込むと…「ガ …

IIJmio徹底解説ガイド!よりお得に格安SIMフリースマホを楽しもう!

IIJmioは月額900円から使えるMVNO!格安SIMでお得にスマホを楽しめる …

データ通信だけの格安スマホ・緊急事態の時に緊急電話は利用できるの?

データ通信だけだと通報はできない 人生どこでどのようなアクシデントに巻き込まれる …