セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

楽天モバイルはスマホを少しでもお得に利用したい、そんな人におすすめ!

   

楽天モバイルのサービス内容を完全解説

 

楽天モバイルは楽天グループの強みを活かした格安SIM!

 

あの楽天でスマートフォンがこれまでより安く利用できる

楽天といえば、ショッピングサイトの楽天市場でみなさんにもおなじみですよね。

それ以外にも、「楽天トラベル」や「楽天オークション」、ネット銀行の「楽天銀行」、電子マネーの「楽天Edy」など、幅広く事業を展開しています。

その楽天グループの通信事業「フュージョン・コミュニケーションズ」が始めた新しい格安SIMのサービスが、楽天モバイルです。

格安SIMはその名称どおり、大手キャリアにくらべて格段に安くスマホを使えるサービスです。手元にあるNTTドコモの端末やSIMフリー端末を利用することができるので、わざわざ買い換える必要もありません。もちろん、楽天モバイルで新しくスマホを購入することもできます。

毎月の高額な携帯料金に悩まされていた人にとっては、まさにぴったりのサービスといえるでしょう。

>>楽天グループでお馴染みのの楽天モバイルをもっと詳しく知りたい方はコチラ!

 

格安プランと豊富なキャンペーンの組み合わせが最強

格安SIMはほかにもたくさんありますが、なかでも楽天モバイルの料金プランは業界最安値クラス。

回線もNTTドコモと同じものを使用しているので、大手キャリアと変わらず安定しています。
ナンバーポータビリティも利用できるので、電話番号を変える必要もありません。

何より見逃せないのが、楽天スーパーポイントが貯まるさまざまな特典。月々の支払いにもポイントがついてくるので、利用すればするほどお得になります。総合的に考えて、まさにナンバーワンの格安SIMといえるでしょう。

>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!

 

楽天モバイルは業界シェアナンバーワン!ユーザーが選ぶその理由は?

格安SIMを選ぶなら押さえておきたいポイント

格安SIMの最大の特徴は、何といってもその安さです。

大手キャリアなら5,000円以上かかる月額料金が、わずか2,000円程度に抑えられるのでとても助かりますよね。

ただ、安さだけで選んでは失敗するのが格安SIMです。

特に気をつけなければいけないのが、回線の品質。つながりにくかったり、速度が出なかったりする格安SIMでは、結局使い物にならないこともあります。

格安SIMを選ぶなら、この点にも十分注意して選びましょう。

 

楽天グループだからこそ実現できるどこよりもお得なサービス

楽天モバイルがほかの格安SIMにくらべて優れているのは、楽天グループとの提携です。

楽天グループでは、楽天市場や楽天トラベル、楽天ブックスなどで共通のポイントが使えます。
楽天モバイルでも、この楽天スーパーポイントをさまざまな特典で貯めることができます。

月額料金だけ見ればさらに安い格安SIMもありますが、この点もふくめて考えれば、楽天モバイルがもっともコストカットできるという人も多いでしょう。

楽天市場で普段からショッピングをしている人には、特におすすめの格安SIMです。

 

ポイントを押さえたサービスでユーザーの満足度も高い

楽天モバイルが多くの人に選ばれているのは、このようなポイントをすべて押さえているからです。

月額料金については、データSIMなら525円、通話SIMでも1,250円から始められるという驚きの安さ。

ほとんどの方は、大手キャリアとくらべて月に数千円以上、年間で5万円の節約になるでしょう。

ドコモ回線の安定性はもちろん、3GBクラスのプランに他社より100MB多い3.1GBを用意するなど、ユーザー目線で考えられたサービス内容は満足度が高いです。

これに加えて楽天グループの特典があるのだから、業界シェアナンバーワンになるのもうなずけますね。

>>楽天グループでお馴染みのの楽天モバイルをもっと詳しく知りたい方はコチラ!

 

楽天モバイルのプランを上手く使い分けるなら容量に注目!

 

高速データ通信をどれくらい使うかがプランの決め手

楽天モバイルの料金プランには、高速データ通信ができるものと、つねに200kbpsで速度制限のないベーシックプランがあります。

高速データ通信のプランは、月間の容量ごとに3.1GBプラン、5GBプラン、10GBプランの3つに分けられています。

それぞれの容量を超えると、ベーシックプランと同じ200kbpsの通信速度に制限されることになります。

 

メールやLINEしか使わないなら最安のベーシックプランがおすすめ

ベーシックプランの200kbpsとは、実際にどれくらいの速度なのでしょうか?

画像の多いサイトは時間がかかりますが、テキストが中心のページならそれほどストレスなく開くことができます。

ほかにも、メールやTwitter、それにLINEやSkypといったチャットアプリ程度なら問題なく使うことができます。

安いのはもちろん、速度制限を気にせず使えるのが大きなメリットです。

 

動画やゲームを楽しむには高速データ通信が必要

動画や音楽をダウンロードしたり、ソーシャルゲームをよく利用する人は、ベーシックプランでは足りません。

かならず、高速データ通信のプランを選ぶようにしましょう。ベーシックプランよりは高くなりますが、それでもほかの格安SIMとくらべればお得です。

楽天モバイルでは余った容量は翌月に繰り越すことができるので、無理して使いきる必要もありません。

使い方に合わせて、もっともお得な容量を選びましょう。

>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!

 

楽天モバイルの料金プランはどれが一番おすすめ?

 

さまざまな要素を組み合わせて考えよう

楽天モバイルには、データSIMと通話SIM、高速データ通信容量、さらにSMS機能のありなしで12のプランが用意されています。

これだけ多くあると、逆に何を選んだらよいか分からなくなってしまう人もいるかもしれませんね。

ここでは、それぞれの特徴からどのプランがおすすめか紹介していきたいと思います。

 

とにかく安くスマホを持ちたいならデータSIMがおすすめ

データSIMはインターネット通信だけを行うSIMカードです。
通話機能はありません。

 

  データSIM 通信速度
SMSなし SMSあり 200Kbps
ベーシックプラン 525円 645円 下り最大
225Mbps
上り最大
50Mbps
3.1GBプラン 900円 1,020円
5GBプラン 1,450円 1,570円
10GBプラン 2,260円 2,380円

 

特におすすめなのは、最安のベーシックプランです。わずか月額525円で、メールやTwitter、LINE程度なら十分に使うことができます。

高速データ通信を使いたいなら、月額900円の3.1GBプランがおすすめです。
ほかの格安SIMでは同じ価格帯でも3GBがほとんどなので、それより安く0.1GBも多く使えるのはお得です。

普通にインターネットを使うだけなら、毎月余るくらいでしょう。

もちろん、動画やゲームを楽しみたい人は、5GBプランや10GBプランでもお得です。

大手キャリアのように電話番号でメールを使いたい場合は、それぞれ120円プラスすることでSMSが利用できるようになります。

 

大手キャリアと同じように使いたいなら通話SIMがおすすめ

通話SIMでは、大手キャリアと同じように通話もデータ通信もできます。

 

   通話SIM  通信速度
200Kbps
ベーシックプラン 1,250円 下り最大
225Mbps
上り最大
50Mbps
3.1GBプラン 1,600円
5GBプラン 2,150円
10GBプラン 2,960円

 

なかでもおすすめは、最安のベーシックプランです。自分からほとんど電話をかけず、インターネットもあまり使わないのであれば、月額わずか1,250円でスマホを持つことができます。

インターネットも使いたいのであれば、月額1,600円の3.1GBプランがおすすめです。大手キャリアの最安値プランが2GBで3,000円以上ということを考えれば、半額以上のコストカットです。

 

データSIMと通話SIMをうまく使い分けよう

データSIMと通話SIMは、どのような基準で選べばよいのでしょうか?

たとえば、すでにガラケーやスマホで安く通話ができるのなら、サブ機でデータSIMを利用するのもおすすめです。

通話はLINEやVIber、skypなどのアプリで済ませられるという人も、データSIMで十分でしょう。

逆に、大手キャリアですでにスマートフォンを利用している人は、同じ使い方で大きくコストカットできる通話SIMがおすすめです。

現在の使用状況を考えて、それぞれうまく使い分けてみてください。

>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!

 

自分の使い方が分からない人は「簡単プラン診断」を試してみよう

あまりスマホに詳しくないと、どれくらいの容量を使うかと言われても、ぴんと来ないかもしれませんよね。

そこでぜひ試してほしいのが、楽天モバイル公式サイトの「プラン診断」です。

こちらでは、LINEやメールのやりとりを一日に何回するか、ネットやSNS、動画をどれくらいの時間見るか、といった簡単な3つの質問に選択肢で答えるだけで、1分もかからずに自分のデータ使用量を知ることができます。

おすすめのプランも教えてくれるので、まずはそこから始めてみるとよいでしょう。

もし合わなかった場合でも、容量の変更はいつでも無料で行えます。

 

急な海外出張でも大丈夫!楽天モバイルの海外SIMは世界中で使える

 

海外でも安くスマホが使える格安SIM

楽天モバイルでは、海外でも国際ローミングで日本と同じようにスマホが使えます。とても便利なサービスですが、通話料が1分間で100円以上になるのは大きなデメリットです。

そこで、より安く海外でスマホを利用したい人におすすめなのが、楽天モバイルの海外SIMです。

海外SIMはプリペイド方式で、日本人の渡航者が多い地域を中心に、世界190カ国以上で利用することができます。

楽天モバイルと契約する必要がないので、誰でも気軽に使えるのも便利です。

 

海外SIMは購入しておけばいつでも使える

海外SIMカードは、楽天市場や楽天ショップで3,000円で購入できます。

容量はあらかじめ30MBが特典として付いていますが、それ以上利用するときには地域別パックか、クレジットで購入しなければいけません。

プリペイド方式なので、そのほかに月額料金などはいっさいかかりません。

有効期限は1年間なので、よく海外に出かける人は、あらかじめ持っておけば急な渡航にも対応することができます。

>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!

 

たくさん使いたいときは地域別パックを購入

地域別パックは、「データ通信」と「通話+SMS」の2種類があり、さらに使用する国によって、「ヨーロッパパック」、「北アメリカパック」、「アジアパック」の3つに分かれています。

自分が行く国を確認して、対象地域をチェックしておきましょう。

 

各パック対象地域
 ヨーロッパパック  アイスランド、イギリス、イタリア、ウクライナ、エストニア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、クロアチア、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、セルビア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、モナコ、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、ロシア 
北アメリカパック アメリカ合衆国(ハワイ州含む、アラスカ・サイパン・グアムを除く)、カナダ
アジアパック インド、インドネシア、オーストラリア、大韓民国、カンボジア、シンガポール、タイ、台湾、中国、ニュージーランド、香港、マレーシア

 

データSIMは容量ごとに、50MB、200MB、500MBの3つがあり、それぞれ800~1,000円程度で購入できます。有効期限は、50MBと200MBが購入してから7日間、500MBが30日間です。

 

 50MB   200MB   500MB 
 ヨーロッパパック  820円 1,930円 3,850円
北アメリカパック 880円 2,040円 4,240円
アジアパック 1,040円 2,310円 4,950円

 

一方、通話+SMSは「通話 100分 SMS 100通」と「通話 300分 SMS 300通」の2つがあり、それぞれ3,000~4,000円の価格となっています。こちらは、「通話 100分 SMS 100通」が7日間、「通話 300分 SMS 300通」が30日間の有効期限です。

通話100分/SMS100通 通話300分/SMS300通
 ヨーロッパパック  3,190円 7,150円
北アメリカパック 4,290円 9,680円
アジアパック 4,070円 9,020円

 

少しか使わないならクレジットで購入するのがお得

地域別パックでは容量が多すぎたり、あるいは該当する地域別パックがないときは、クレジット購入がおすすめです。

1000円単位から購入できて、使った分だけ消費することができるので便利です。

 

データ
(1MBあたり)
SMS
(1通あたり)
  通話  
受信
(1分あたり)
発信
(1分あたり)
発信先
(Zone1-6)
発信先
(Zone7)
Znoe1 22円 10円 12円 45円 60円
Zone2 31円 33円 31円 56円 71円
Zone3 18円 21円 17円 43円 58円
Zone4 55円 40円 40円 75円 90円
Zone5 47円 21円 26円 43円 58円
Zone6 242円 33円 22円 50円 65円
Zone7 743円 59円 186円 297円 312円

 

データ通信は1MBあたり22~743円、SMSは1通あたり12~186円、通話は受信が1分あたり12~186円、発信が1分あたり43~297円という価格帯になっています。

価格は、7つのZoneと使用用途によっても分かれているので対象Zone1-7は、公式サイトでチェックしてみてください。

 

日本の電話番号もそのまま使用できる

海外SIMでは、登録するとそれぞれの国番号で始まる電話番号が割り当てられます。

それでは不便という人は、普段からの電話番号をそのまま使えるように、日本番号を1,272円で購入することができます。

 

困ったときでも日本語サポートが受けられるから安心

現地の格安SIMは安い代わりに、何かトラブルがあったときに現地の言語でサポートを受けることになります。

楽天モバイルの海外SIMならもちろん日本語で対応してくれるので、渡航先でも安心です。

 

格安SIMでもかけ放題!楽天モバイルなら通話料を気にせずに電話をかけられる

 

かけ放題プランのサービス説明

格安SIMでもっともネックとなるのが、通話料です。

月額料金は大幅に安くなるのですが、大手キャリアにはかけ放題などのプランもあるので、30秒につき20円という通話料はかなり割高になってしまいます。使い方によっては、格安SIMでむしろ高くなってしまった、というケースもありえます。

そこで、楽天モバイルが新たに用意したのが「5分かけ放題オプション」です。

楽天でんわは、フュージョン・コミュニケーションズの回線に切り替えることで、通話料を30秒につき10円にすることができる便利な無料アプリです。
IP電話などと違い、電話回線を使っているので、音声が途切れるようなこともありません。

このアプリを使うだけでも通話料を半額にできるのですが、5分かけ放題のオプションを付けることでさらにお得になるわけです。

 

格安SIMでは珍しいかけ放題のオプション

5分かけ放題オプションは、月額850円で利用することができます。

5分以内の通話はすべて無料で、それ以降の通話料も楽天でんわの通常料金である30秒につき10円となります。

850円は、通常料金で考えると42分30秒にあたります。

つまり、月にそれ以上の通話をする人には、このオプションはより安くなるわけですね。1回の通話を5分間としても、10回も使えば確実にお得になる計算です。

大手キャリアでも各社が同じようなサービスを提供していますが、楽天モバイルなら半額以下で使えるのが大きなメリットです。もちろん、ほかの格安SIMではこのようなサービスはほとんどありません。

 

「料金シミュレーション」でどれだけお得になるか確かめてみよう

5分かけ放題オプションを利用する迷っている人は、楽天モバイルの公式サイトで料金シミュレーションを試してみてください。

使い方は、とても簡単。

まず公式サイトの「料金シミュレーション」のページに移動します。

最初に、現在の月額料金を入力します。次に、SIMカードのみか端末もセットで購入するか、そしてSIMタイプ、MNPのありなしを選びます。

最後にデータ通信量を選びますが、よく分からない人は簡単な3つの質問に選択肢で答えるだけで、おすすめのプランを確認することができます。

以上の入力が済むと、楽天モバイルでの月額料金と現在との差額がひと目で分かります。

差額が分かれば、5分かけ放題プランを付けてもお得になるかどうかが、すぐに判断できるようになりますね。

 

楽天モバイルを利用するには動作確認済み端末が必要!

 

動作確認をしていないと使えないケースもある

楽天モバイルでは、基本的にNTTドコモの端末ならどれでも使用することができます。

このほかに、単独で購入できるSIMフリー端末や、au、ソフトバンクの端末でもSIMロックを解除すれば使えるものがあります。

ただし、実際に使えるかどうかは分からないので、かならず楽天モバイルの公式サイトで「動作確認済み端末」を確認してください。

>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!

 

なぜ動作確認をしておく必要があるのか

このように、端末によって使えるものと使えないものがあるのはなぜでしょうか。

もともと、端末には対応できる周波帯数が決まっています。
これに対し、大手キャリアではそれぞれバラバラの周波帯数を使っているので、これが一致しないと通信自体ができません。

楽天モバイルはNTTドコモの回線を利用しているので、auやソフトバンクの端末では、SIMロックを解除しても周波数が合わない可能性もあるわけです。

SIMフリー端末は、日本で販売されているものなら、基本的にほとんどの周波数に対応しています。ただ、万が一のことを考えれば、楽天モバイルが公式に確認したものがより確実というわけです。

 

実際に自分のスマホが使えるかチェックしてみよう!

 

楽天モバイルで使えるおもなAndroidのスマホ

楽天モバイルで動作確認されているAndroidの最新端末は、おもなメーカーごとに次のようになっています。

ASUS / Zenfone Go / マイクロSIM
Fujitsu Mobile Communications / arrows RM02(M02) / nanoSIM
Huawei / HUAWEI P9 / nanoSIM
LG Electronics / G2 mini / マイクロSIM
NEC CASIO Mobile Communications / MEDIAS X N-06E / マイクロSIM
Panasonic Mobile Communications / ELUGA P P-03E / マイクロSIM
SAMSUNG ELECTRONICS JAPAN / Galaxy Active neo SC-01H / nanoSIM
SHARP / AQUOS ZETA SH-01H / nanoSIM
Sony Mobile Communications / Xperia Z5 SO-01H / nanoSIM
VAIO / VAIO Phone Biz / マイクロSIM
ZTE / ZTE Blade S7 (g05) / マイクロ/nanoSIM
京セラ / S301 / nanoSIM

 

楽天モバイルで使えるiPhone

楽天モバイルで使えるiPhoneは、以下の15機種となっています。

iPhoneSE / SIMフリー版 / nanoSIM
iPhoneSE / docomo版 / nanoSIM
iPhone 5c / SIMフリー版 / nanoSIM
iPhone 5c / docomo版 / nanoSIM
iPhone 6 Plus / SIMフリー版 / nanoSIM
iPhone 6 Plus / docomo版 / nanoSIM
iPhone 6 / SIMフリー版 / nanoSIM
iPhone 6 / docomo版 / nanoSIM
iPhone 6s Plus / SIMフリー版 / nanoSIM
iPhone 6s Plus / docomo版 / nanoSIM
iPhone 6s / SIMフリー版 / nanoSIM
iPhone 6s / docomo版 / nanoSIM
iPhone 5 / SIMフリー版 / nanoSIM
iPhone 5s / SIMフリー版 / nanoSIM
iPhone 5s / docomo版 / nanoSIM

 

それ以外の端末も「動作確認済み端末一覧」で調べられる

自分の端末が上記にない場合は、公式サイトの「動作確認済み端末」のページで確かめてください。

メーカーごとに絞り込んでキーワード検索できるので、簡単に見つけられると思います。

また、SIMサイズを間違えると使用できないので、そちらもしっかりチェックしておくようにしましょう。

 

プランを選んだらさっそく楽天モバイルに申し込もう!

 

楽天モバイルに申し込んで使用するまで

ここでは、楽天モバイルへの申し込み方法を具体的に見ていきます。

 

SIMカードだけを購入する場合

公式サイトからの申し込みで「SIMのみの購入」を選び、SIMタイプやプラン、SIMサイズなどを決めていきます。

個人情報は、楽天会員のIDでログインすればそのまま使用できます。会員でない場合は、住所や氏名、クレジット情報などを正しく入力してください。

このあと、通話SIMでは本人確認が必要です。
1時間ほどで「本人確認書類提出のご案内」というメールが届くので、URLにアクセスして、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類を撮影した画像データをアップロードしてください。

あとは、数日程度でSIMカードが自宅に届きます。

 

端末とセットで購入する場合

端末も合わせて購入する場合は、申し込みで「端末と同時購入」の一覧から購入したい端末を選びます。

あとは、SIMカードのみの購入と同じ流れで商品の到着を待つだけです。

 

APNの設定方法

SIMカードだけを購入した場合は、商品が届いてからAPN設定を行う必要があります。

APNというのはアクセスポイントネームの略で、インターネットの接続先のことです。
これを設定しておかないと、SIMカードをセットしても通信ができません。

まず、SIMカードを端末に挿入します。
やり方はそれぞれの説明書に記されているので、そちらで確認してください。

次に電源を入れて、「設定」の「無線とネットワーク」から「その他」を選び、「モバイルネットワーク」から「アクセスポイント名」に進みます。

メニューから「新しいAPN」をタップして、「申込種別」ごとにデータを入力します。

データについては、マイページの「APN情報」から確認することができます。

データを入力したら、あとは一覧に表示されたAPN名を選べば、設定は完了です。

LTEに接続されない場合は、再起動するとつながることがあるので試してみてください。

それでもつながらないときは、楽天モバイルカスタマーセンターへ相談してみましょう。

 

iPhoneのAPN設定方法

iPhoneでは、APN設定方法が少し異なります。

まずWi-Fiでインターネットにつないで、ブラウザのSafariから公式サイトの「会員サポート」、「APN情報」と進んで、それぞれの申し込み種別を選んでください。

リンク先の構成プロファイルをインストールすれば、設定は完了です。

Wi-Fiの接続を切って、実際にデータ通信できるかどうか確かめてみてください。

 

アプリを使ったAPN設定方法

Android端末では、「楽天モバイルSIMアプリ」を使ってもっと簡単に設定することもできます。

まずはアプリを起動して、「APN設定」をタップします。
するとデータの項目ごとに「コピー」のボタンがあるので、それを押して、「設定画面を開く」からアクセスポイントの編集にそれぞれペーストしていきます。

すべてコピーし終えたら、保存して、作成したAPNを選択してください。

戻るボタンで「モバイルネットワークの設定」に戻り、「データ通信を有効にする」にチェックすれば通信できるようになります。

>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!

 

キャンペーンを利用すればもっとお得に楽天モバイルを利用できる!

 

楽天モバイルのキャンペーンは他社にない豊富さ

楽天モバイルでは、つねに何らかのお得なキャンペーンが開催されています。

その種類は、大きく分けて、期間限定のキャンペーン、申し込みか利用でかならずもらえる特典、そしてさまざまなサービスとのコラボキャンペーンのがあります。

新規契約者だけではなく、すでに利用している人でもたくさんのキャンペーンが利用できるので、うまく獲得しながらコストを減らしていきましょう。

 

申し込みと利用だけで適用されるもキャンペーン

「月額料金1ヵ月無料」と「スーパーポイントアッププログラム」については、申し込みや利用をしているだけでポイントをもらうことができます。

それ以外のキャンペーンでは、エントリーなどが必要なので、うっかり忘れてしまうということもあります。

これらのキャンペーンは自動的にポイントがつくので、そういう心配もいっさい必要ありません。

 

すべてのプランに適用される「月額料金1ヵ月無料」

楽天モバイルでは、最初の1ヵ月は誰でも月額料金を無料で利用することができます。

どのプランでも適用されるので、もっとも高い通話SIMの10GBプランなら、2,960円のお得になるわけです。

ただし、あくまで月額料金が対象なので、通話料やオプション料金はふくまれません。

楽天モバイルでは、毎月1日から末日までを月額料金として計算するので、末日近くに契約するとすぐに無料期間が終了してしまいます。
契約するときは、できるだけ月の頭を狙うようにしましょう。

 

スーパーポイントアッププログラムでポイントが2倍

楽天市場などで買い物をすると、100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントがもらえます。

楽天モバイルで通話SIMを利用していると、「スーパーポイントアッププログラム」でさらに+1倍のポイントを余分にもらうことができます。

さらに、楽天市場アプリで月に1回買い物をすると+1倍、楽天カードで買い物をすると+3倍、楽天プレミアムカードだと+1倍と、最大で+6倍もおまけにポイントを獲得することができます。

このように、楽天グループではそれぞれのサービスを利用することで、よりお得になっていくのが最大の特徴です。

>>楽天グループでお馴染みのの楽天モバイルをもっと詳しく知りたい方はコチラ!

 

お得なキャンペーンが気になったらすぐに申し込もう!

 

期間限定で端末やポイントがお得に手に入るチャンス

 

すべてのプランに共通のキャンペーン

「最大70%割引きセール」は、新しいスマホが欲しい人に大きなチャンスです。

人気機種の「arrows RM02」や「ZenFone 2 Laser」が半額で手に入るほか、「Liquid Z330」は70%OFFでわずか3,600円で購入できます。

一括購入でも分割購入でも同じ金額なので、端末を同時購入したいと考えている人は急いでください。期間は2016年8月1日の9:59までです。

 

通話SIM限定のキャンペーン

「3カ月無料でおかわりキャンペーン」では、新規契約のユーザーに対して、2枚目以降のSIMカードの事務手数料と月額料金3ヵ月分が無料になります。

10GBプランなら11,880円も無料になるので、とてもお得なキャンペーンです。

複数の端末を持ちたい人や、家族で利用する人はぜひ申し込んでみてください。

新規契約の申し込み完了メールに専用のURLが記載されているので、そちらのページからあらためて申し込みます。期限は2016年8月1日の9:59までです。

また機種交換を考えている人には、手元の端末を売ることで楽天スーパーポイントがもらえる中古買取キャンペーンが継続中です。

ポイント数は、楽天モバイル販売端末かiPhone5S以降なら4,000ポイント。
iPhone5、iPhon5c、または対象のAndroid端末なら3,000ポイント。
対象のガラケーなら1,500ポイントです。

端末自体も高値で売ることができるので、二重にお得なキャンペーンです。

 

契約しなくてももらえるポイントプレゼント

楽天モバイルでは、新規契約者以外にもさまざまなポイントプレゼントのキャンペーンが行われています。

なかでもお得なのが、「ご家族・ご友人に紹介して3,000ポイントGET!」。

これは、楽天モバイルを家族や友人に紹介するだけで、1人につき3,000ポイントがもらえるというものです。
何人でも適用されるので、たとえば4人家族であれば、3人全員申し込むことで9,000円分ものポイントがもらえることになります。

方法はとても簡単。キャンペーンのページから紹介文を作成して、TwitterやFacebookで投稿するか、メールで送るだけです。
あとは、そのURLから30日以内に申し込みが行われれば、ポイントがプレゼントされます。

ただし、キャンペーンが適用されるのは通話SIMのプランのみです。

また、「アンケートに答えて6ポイントキャンペーン」では、契約していない人でも4つの質問に選択肢で答えるだけでポイントがプレゼントされます。

8月1日の9:59までなので、興味のある方はぜひ試してみてください。

>>楽天グループでお馴染みのの楽天モバイルをもっと詳しく知りたい方はコチラ!

 

学生なら「楽天学割」でさらに楽天モバイルを安く利用できる!

 

学割で月額料金が3カ月も無料になる

楽天グループには「楽天学割」というものがあります。

これは、楽天グループのさまざまなサービスに共通で利用できる学割で、もちろん楽天モバイルでも適用されます。

その内容は、3ヵ月で最大9,000円まで月額料金無料。

楽天学割の年会費は1,780円で、初回6ヵ月間は無料です。
つまり、楽天モバイルで学割が使える20歳から25歳まの5年間でも年会費は8,010円なので、確実にお得になるわけです。

もちろん、ほかの楽天グループのサービスでもお得なクーポンやポイントサービスを使うことができます。

 

楽天学割で楽天モバイルを利用するには

まず、楽天学割のサイトで学割を申し込みます。

対象となるのは、満15~25歳までの、日本国内の高等学校、専門学校、高等専門学校、短期大学、大学、大学院に在学している学生です。

手続きはとても簡単。
入力フォームに学校の情報を記入し、学生証の画像をアップロードするだけ。あとは2~3営業日の審査を経て、審査完了メールが届いたらそれで完了です。

楽天モバイルで楽天学割を使用するには、楽天学割の会員ページから専用のページに移動して、そこから申し込みを行う必要があります。

無料の対象はあくまで月額料金のみです。事務手数料や通話料、オプションは対象外となるので注意してください。

 

楽天学割はどのプランでも利用できる?

楽天モバイルで楽天学割の対象となるのは通話SIMのすべてのプランです。
データSIMでは適用されないので気をつけてください。

通話SIMでは10GBの2,960円がもっとも高いプランなので、最大で8,800円もお得になります。

プラン変更はいつでもできるので、学割を適用するときにはまず10GBで3ヵ月の無料期間を体験してみることをおすすめします。

 

楽天モバイルを実際に利用している人の意見を参考にしよう!

 

楽天モバイル利用者の口コミのまとめ

楽天モバイルを実際に利用している人は、どのような感想を持っているのでしょうか。
ここでは、その口コミについてまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

「5分かけ放題があるから電話代を気にせずに済むようになりました!時間を考えながらするのが嫌だったので助かってます」20代/女性
 
「楽天ポイントが2倍になるのが嬉しい。キャンペーンがいろいろあって、すごく得した気分になります30代/女性」
 
「速度はドコモのときより遅く感じますが、問題ない程度。ほかの格安SIMでも同じくらいでしょう。昼や夕方はやや遅くなります」30代/男性
 
「ネットにあまり詳しくないので設定できるか少し不安だった。しかし、説明書を読めばそれほど難しくなかったのでほっとしました」50代/男性
 
「サポートで相談したときに、とても丁寧な対応をしてもらいました。チャットで相談できるのは気軽でいいですね」40代/女性

 

楽天モバイルが向いているのはどんなタイプ?

 

こんな人は楽天モバイルを使ったほうが絶対にお得

格安SIMのサービスもさまざまに増えてきたので、ますますどれを選んだらよいか分からないという人も多いと思います。

そこで、ここではこのよう人は絶対に楽天モバイルを選んだほうが得だ、というタイプを紹介していきたいと思います。

 

楽天グループのサービスをよく使う人

楽天市場のショッピングはもちろん、楽天トラベルや楽天ブックス、楽天銀行など楽天グループのサービスは幅広くあります。

このいずれでも利用できる楽天スーパーポイントは本当に便利。

ポイントを料金と合わせて考えれば、これより安くなる格安SIMはないといってよいでしょう。

 

とにかく安くスマホを持ちたい人

ベーシックプランは月額料金で500円台と業界最安値クラス。
メールやLINEくらいしか使わないという人は、200kbpsでもまったく問題ありません。

このような人には、間違いなく楽天モバイルがおすすめです。

 

あまりスマホやネットに詳しくない人

格安SIMをためらっている人のなかには、スマホやインターネットのことをよく知らない、という人も多いのではないでしょうか。

格安SIMでは自分で設定などを行わなければいけないので、それがハードルになっている面もあります。

しかし、楽天モバイルなら「スマホサポート」でいつでも電話でオペレーターに相談できます。年中無休でいつでも対応してくれるので、月額500円でも付けておいて損はありません。

 
短い電話をよくかける

楽天モバイルの「5分かけ放題オプション」は、5分以内の通話なら月額850円で回数制限です。

ほかの格安SIMではなかなか見られないサービスなので、短い電話の多い人はぜひ楽天モバイルを選んでみてください。

 

楽天モバイルを上手く利用するための4つのポイント!

 

これさえ押さえておけば選んだプランに後悔しない

端末の記憶容量はどれくらいあればよい?

端末の記憶容量は、スマホをどのように使うかで決まってきます。

カメラやゲーム、音楽プレイヤーとして使いこなしたいのであれば、記憶容量が多いほど便利です。

一方、電話やメール、LINEくらいでしか使わないのであれば、ほとんど記憶容量は使いません。その場合は、より安いモデルを選んだほうがよいでしょう。

 

LINEを使うなら電話番号があったほうが便利

スマホでLINEを使う人が増えています。LINEならインターネット回線で通話できるので、データSIMでも十分だと考える人もいるかもしれません。

しかし、LINEでは電話番号の登録が必要になります。

データSIMには電話番号がないので、結果的にLINEが使えないというケースも出てきます。

Facebookのアカウントで登録することもできますが、連携させるのに抵抗がある人は、かならず通話SIMを選んでおきましょう。

 

IP電話を使うならどのプランがよい?

IP電話というのは、インターネット回線を利用した電話のことです。「050 plus」や「SMARTalk」、「LaLa Call」などのアプリがあります。

ただし、回線が安定していないと音声などが途切れることもあるので、ベーシックプラはできるだけ避けたほうがよいでしょう。

 

高速データ通信はどんな端末でも使える?

楽天モバイルでは、2015年10月6日以降に用意された新プランでは3Gに対応していません。

つまり、Covia「FLEAZ NEO」などの3G専用機では通信することができません。手持ちの古い端末を使うときには注意してください。

 

楽天モバイルで契約する前に注意点をチェックしよう!

 

最後に確認しておきたいポイントのまとめ

ここでは、楽天モバイルで契約するときに注意しておくべきポイントを紹介します。
契約することを決めた人も、一度はチェックしてみてください。

 

通話SIMの注意点

 
楽天モバイルが利用できる地域は?

楽天モバイルは、NTTドコモのカバーするサービスエリアなら基本的に使うことができます。自分の地域が気になる場合は、ドコモの公式サイトでサービスエリアを確認してみてください。

 
速度制限の条件は?

楽天モバイルの通信最大速度は、LTEでは受信時225Mbps、送信時50Mbpsです。

高速データ通信が1ヵ月の容量を超えた場合は、ベーシックプランと同じ200kbpsに速度が制限されます。

また、それ以外にも3日間の通信制限があり、3.1GBプランは540MB、5GBプランは1GB、10GBプランは1.7GBをオーバーしてしまうと、その日の23時59分まで速度制限されます。1日で制限を超えてしまった場合には、3日間の速度制限となるので注意してください。

 
解約はどのようにするのか?

通話SIMには12ヵ月の最低利用期間があります。

それ以前に解約するときは、違約金として9,800円を支払わなければいけません。

また、解約したあとはSIMカードをユーザー負担で以下の住所に返却してください。

 

 
2015年10月5日以前に申し込んだ場合
〒338-0824 埼玉県さいたま市桜区上大久保303-1
物流センターSIM返却係

2015年10月6日以降にWebで申し込んだ場合
〒107-0052 東京都港区赤坂4-2-19 赤坂SHASTA・EAST 5F
楽天モバイルSIM返却係 

 

2015年10月6日以降に店舗で申し込んだ場合は、楽天モバイルカスタマーセンターに相談してください。

 
余った容量は繰り越しできる?

楽天モバイルでは、1ヵ月分の容量が余ったときに、翌月まで繰り越すことができます。

ただし、2015年10月5日以前に申し込んだ場合は、プラン変更をすると繰り越した分はなくなってしまうので気をつけてください。

 

楽天スーパーポイントの注意点

楽天モバイルでポイントを受け取るには楽天スーパーポイント口座が必要なので、事前に登録しておきましょう。

ぽんとは支払いにも利用できますが、端末購入に利用できるのは3万ポイントまでです。
このとき、キャンセルすると1年間の期限が切れたものは失効してしまうので気をつけてください。

 

データSIMの注意点

 
通話SIMに切り替えるときは注意

データSIMには最低利用期間がありません。いつでも解約できるので、まずはデータSIMでお試しして、気に入ったら通話SIMに切り替える方法もおすすめです。

ただし、一度通話SIMに切り替えたら、そこから12ヵ月の最低利用期間が適用されるので気をつけてください。

 
LINEを使うなら「SMSあり」プラン

SMSは、LINE、Viberなどのアプリで認証するときに用いるので、これらのサービスを利用する人は必要になります。

データSIMでは120円プラスでSMS付きのプランがあるので、そちらを選ぶようにしましょう。

 

iPhoneの注意点

iPhoneはAPAPN設定がAndroid機と異なるので気をつけてください。

SIMカードをセットするには、iPhoneに付属していた金具が必要になります。なくしてしまった場合には、ペーパークリップなどで代用しましょう。

SIMカードをセットしたら、構成プロファイルをインストールします。iPhoneのSafariからAPN設定方法のページにアクセスして、インストールを行いましょう。

 

楽天モバイルのよくある質問から気になる点をチェック!

 

Q:楽天モバイルではどんな端末が使えますか?

 

 
A:楽天モバイルでは、NTTドコモの端末やSIMフリー端末、SIMロック解除を行ったauとソフトバンクの端末を利用することができます。
ただし、現在のプランでは3G専用端末は利用できません。
公式サイトに動作確認済み端末一覧があるので、事前に確認してみてください。

 

Q:楽天モバイルのメールアドレスは利用できますか?

 

 
A:楽天モバイルでは、楽天メールのアドレスを無料で1つ取得できます。メンバーズステーションで登録を行ってください。

 

Q:データSIMでIP電話のアプリを利用できますか?

 

 
インターネット回線を利用する通話アプリは、どのプランでも利用できます。ただし、ベーシックプランでは音声が不安定になります。

 

Q:申し込みから実際に使えるまでどれくらいかかりますか?

 

 
A:申し込み完了から数日でSIMカードが届きます。受け取り日を指定できるので、都合のよい日を選んでおきましょう。

 

Q:どのような支払方法がありますか?

 

 
A:支払いに使えるのはクレジットカード、楽天銀行かスルガ銀行が発行するデビットカードだけとなっています。

 

Q:Wi-Fiやテザリングでインターネットにつなぐことができますか?

 

 
A:Wi-Fiもテザリングも利用することができます。ただし、テザリングはNTTドコモの端末やテザリング機能のない端末ではできません。

 

Q:SIMサイズを途中で変えられますか?

 

 
A:通話SIMとデータSIM(SMSあり)は、いつでもサイズ変更できます。公式サイトのお問い合わせフォームか、楽天モバイルのカスタマーセンターで申し込みしてください。再発行手数料は4,000円です。
データSIM(SMSなし)についてはサイズ変更できないので、一度解約してあらためて申し込んでください。

 

Q:プランを途中で変えられますか?

 

 
A:SIMカードが届いた翌月から、プランはいつでも無料で変更できます。
ただし、1ヶ月に1回のみで、サイズ変更は同時にできません。両方変更したい場合は、まずプランから変更してください。プランを変更した月は、解約やMNP予約番号を発行することもできません。
また、2015年10月5日以前の旧プランから新プランへの変更はできません。

 

Q:好きな電話番号を選ぶことはできますか?

 

 
電話番号は指定できません。070、080、090のいずれかから始まる番号が割り振られます。
また、解約したあとも同じ番号を指定することはできません。

 

Q:SIMカードを無くしてしまったらどうすればよいですか?

 

 
SIMカードを紛失したときは、楽天モバイルカスタマーセンターへ相談してください。
再発行する場合は、4,000円の交換費が必要です。
再発行を行った場合、以前のカードは使えなくなります。

 

Q:明細はどこで確認すればよいのですか?

 

 
A:通常の通話分は、メンバーズステーションの「会員メニュー」から確認してください。
楽天でんわの通話分については、楽天でんわのマイページから確認してください。

 

Q:端末保証やスマホサポートは後で追加できますか?

 

 
「端末補償・スマホサポートパック」と「端末保障」は、端末と同時購入の契約時にしか申し込めません。
「スマホサポート」は、いつでも申し込むことができます。

 

Q:誤った情報で申し込んでしまったらどうすればよいですか?

 

 
A:通話SIMは時間が経てば自動的にキャンセルされるので、本人確認書類をアップロードせず、あらためて申し込みを行ってください。
データSIMの場合は、楽天モバイルカスタマーセンターに相談してください。

 

Q:おサイフケータイは利用できますか?

 

 
A:楽天モバイルのSIMカードで利用できるおサイフケータイは、楽天Edy、Suica、Pasmo、nanaco、WAON、などです。ドコモ「iD」は利用できません。

 

Q:解約したときの月額料金はどうなりますか?

 

 
楽天モバイルでは、月額料金は1日~末日までの1ヵ月ごとで計算します。途中で解約しても日割りはされません。

 

>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!

 

楽天モバイルはショップやカフェでも申し込むことができる!

 

端末が気になったら直接確かめに行こう

格安SIMの多くは店舗がなく、インターネットでの受付というのが一般的です。自宅で手軽に行える反面、店員に相談しにくいといったデメリットもあり、そこがネックとなっている人もいます。

しかし、楽天モバイルなら、以下のような楽天モバイルショップや楽天モバイルカフェで契約することもできます。

 


楽天モバイル 銀座店

〒104-0061
東京都中央区銀座5丁目1 銀座ファイブ 1F
営業時間10:00~20:00

 


楽天カフェ 渋谷公園通り店

〒150-0041
東京都渋谷区神南1丁目20-6 マ・メゾンしぶや公園通りビル 1F
営業時間10:00~20:30

 


楽天カフェ 二子玉川ライズ S.C.店

〒158-0094
東京都世田谷区玉川1丁目14-1 二子玉川ライズ・ショッピングセンター テラスマーケットE2020
営業時間10:00~20:30

 
これらのショップの長所は、何といってもSIMカードや端末をその場で受け取ることができ、MNPまでその日のうちに済ませられるスピーディーさです。

また、実際に端末を手に取って確かめたり、店員に直接話を聞けるのは、あまり詳しくない人にとってありがたいポイントです。

カフェのゆったりした雰囲気も魅力のひとつです。
軽食やスイーツだけではなく、お酒も楽しむことができます。

興味のある方は、最寄りのショップを公式サイトで確認して、ぜひ一度足を運んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 62
    follow us in feedly

格安SIMおすすめランキング


ドコモ、auの両方の回線を用意しているのはmineoだけ!これらのキャリアからmineoに乗り換えれば、面倒なSIMロック解除をしなくてもSIMを差し替えるだけですぐに格安SIMでスマホが使えるようになります。
→ mineoの公式サイトへ 公式サイトはこちら


プランが豊富でしかも安い!高速通信は一切使えないものの、月額525円でデータ通信ができる格安SIMは「スマホはSNSとかLineくらいしか使わない」という方にピッタリ!自宅にwifi環境がある人に是非オススメしたい格安SIMです。
→ 楽天モバイルの公式サイトへ 公式サイトはこちら


とにかく安い!格安SIMの中でも最安水準を保ち続けている「攻めの姿勢」とも取れる運営スタイルが高く評価されているDMM mobile。
値段が安い、にも関わらず通信品質が高いのは老舗MVNOの「IIJmio」のサービスを利用しているから。実効速度データなどをみても、IIJmioとほぼ同じスペックが計測されていることからも安心感に優れていると言えます。
→ DMM mobileの公式サイトへ 公式サイトはこちら

  関連記事

大手キャリアにはない・低速SIMとは何?メリットデメリットを紹介

高速通信だけじゃないスマホの通信モード LTEをはじめとして、主要キャリアのスマ …

安く中古端末を購入したい!赤ロムを避けるためにやっておきたい3つのポイントを解説

保証のついている店舗で購入する 格安SIMを購入するにあたって、節約するために中 …

格安SIMを使っていることは周りにバレるリスクはどの程度あるの?

外見に関して見分ける方法はなし 格安スマホといって、従来のスマホよりも激安料金で …

スマホユーザーなら見逃せない!BIGLOBEが提供する格安SIMサービスとは?

BIGLOBEは信頼と実績のあるプロバイダー インターネット接続のサービスを行う …

日本の携帯キャリアでよく見られるSIMロックとは?解除はできるの?

端末とSIMカードの組み合わせで通信できる 皆さんお手持ちの携帯電話やスマホ、タ …

通話アプリとは?お金はかかる?スマホにひとつは入れておきたい通話アプリ基本のまとめ

スマホや携帯電話を使って通話するとそれなりの通話料が発生してしまいますよね。 キ …

ソフトバンク利用者と同等のクオリティでスマホライフ Y!mobile

格安SIMと大手キャリアの中間に位置するSIMの魅力とは >>>満足度の高いY! …

格安スマホの解約をしたいSIMカードや端末の取り扱いはどうなるの?

格安SIM業者によって分かれる対応 格安SIM業者と契約したけれども、その後何ら …

今後は問題になる?格安SIMの災害時の通話状態はどうなる?

いつどこで起こるかわからない大災害 日本はいろいろな自然の脅威にさらされています …

キャリア囲い込みの元凶・SIMロック解除の義務化に関する注意点とは

端末縛りから解放されるSIMロック解除 いままで携帯電話やスマホですが、自由に乗 …