セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

格安スマホでしばしば紹介されるUQmobileって正直なところ使いやすいのか調査してみた

   

UQmobileは格安スマホとしてお得か?

>>>詳しく知りたい方はコチラから!

出典:uqwimax.jp

巷で話題のUQmobileってそもそもどんなの?

格安スマホは現在いろいろな業者がしのぎを削っていますが、その中でも高い人気を誇るのがUQmobileです。
パソコンをしている人の中には、UQWiMAXという通信プランを知っている人もいるかもしれません。

このUQグループの一員がUQmobileです。ちなみにこのUQ系ですが、KDDIという電話会社の大手の関係子会社に相当します。
ですから運営母体はしっかりしていると言えるでしょう。

また通信品質の安定感では、格安スマホ業者の中でもトップクラスと評価されています。

コンテンツマーケティング会社で「格安SIMアワード2015」という賞を設けているのですが通信速度部門で最優秀賞を獲得している実績を見れば納得でしょう。

UQmobileの特徴として押さえておきたいのは、auの回線を使って格安スマホのサービスを提供している点です。

現在たくさんの格安スマホ業者がありますが、auの回線を利用できるところはmineoとこのUQmobileくらいです。
auのスマホ端末を持っていて格安スマホを利用してみたいと思っている人には、おすすめの業者といえるでしょう。

>>>気になるUQmobileの公式HPへ行く!!

格安スマホがたくさんあってどこに入ればいいかわからない…UQmobileおすすめの人って?

UQmobileにおすすめの人は、先ほども紹介したようにauのスマホ端末を使って格安スマホのサービスを受けたい人です。ほとんどの格安スマホ業者はdocomo回線を使用しているので、auユーザーはSIMフリーかdocomoスマホを準備しないと格安スマホのサービスが受けられません。

しかしUQmobileはau回線を利用しているので、他社回線に対応した端末を購入する必要がなくなります。お手持ちのauの端末を利用して、格安スマホの通信が楽しめます。ただし機種によっては、au系の端末でも使用できないことがありますので注意しましょう。

>>>詳しく知りたい方はコチラから!

ストレスなく通信を楽しみたいと思っている人も、UQmobileはおすすめです。格安スマホ業者ですが、基本的にdocomoやauの回線を間借りしているような感じサービス提供しています。あまり回線を利用するので、主要キャリア通信と比較すると時間帯によっては回線が込み合い、極端に通信速度の悪くなることがあります。ですからなかなか思うようにダウンロードできない、ホームページが画面に表示されないなど、ストレスを感じることもあります。

しかしUQmobileの場合、1日通して比較的安定した通信速度を維持し続けていると評価されています。特に朝や夜間になると回線の混み合う傾向が見られるのですが、この時間帯でもサクサクネット通信を楽しめます。長時間ネットをすることが多いという人にはオススメの格安スマホといえます。

>>>気になるUQmobileの公式HPへ行く!!

自宅や会社などにWi-Fiが用意されている人にも、UQmobileはおすすめです。というのもUQmobileのプランはシンプルで、月のデータ容量は3GBが中心となります。この容量は格安スマホの中ではちょっと少なめです。ホームページを閲覧する分には問題ないでしょうが、例えば動画をスマホでしばしば見ている人にとっては物足りなさを感じるでしょう。

しかし身の回りにWi-Fiがあれば、普段はこちらを使ってデータ通信をすれば、UQmobileのデータ容量を無駄に食うこともなくなります。Wi-Fiを使って動画を見て、外出中のネット検索などにはUQmobileを利用するなどの使い分けも可能となります。

>>>au回線で安定したUQmobileを契約したい!

UQmobileで通信・どんな端末を利用するのがおすすめ?

UQmobileですが、いろいろなスマホ端末に対応しています。最新の対応情報はホームページにて紹介されています。その中でもおすすめの端末をここでは3つ紹介しましょう。

HTC J butterfly HTL23

出典:htc.com
サイズ:70×145×10.0
重量:約156g
画面サイズ:約5.0インチ

HTCの2014年夏のモデルになります。まず見た目ですが、カラフルでデザイン性に優れています。しかも軽量化されているので、外出するときに持ち運ぶ際にスタイリッシュに演出できます。

スマホを使って写真をしばしば撮影する人には、特におすすめです。カメラが背面に2つ搭載されていて、ボケ味のある写真や背景に効果を加えるなど、一眼レフカメラと比較してもそん色ない仕上がりに持っていけます。

スマホで音楽をしばしば聞く人にもおすすめといえます。HTC BOOMSOUNDとJBLのイヤフォンによって、ライブのようなサウンドをいつでも手軽に楽しめます。こちらの機種ですが、値段もそれほど高くないです。新しく端末を購入したいけれども、少しでもコストは安くしたいと思っている人におすすめです。

>>>気になるUQmobileの公式HPへ行く!!

Sony Mobile Xperia Z3 SOL26

サイズ:146×72×7.3
重さ:約152g
画面サイズ:約5.2インチ

Amazonでは白ロムの販売も行っているのですが、売れ筋トップを争っている端末と言われています。SONYの2014年モデルで、若干値段が高いのがネックになるかもしれません。しかしそれを補って余りあるスペックを有しています。

全体的に機能は優れているのですが、その中でも特におすすめしたいのはカメラでしょう。暗い場所でもくっきりとした写真撮影ができ、手ブレ補正も行っています。ですからどのようなシチュエーションでもきれいな仕上がりになって、思い出を美しい状態で残せるでしょう。

またカメラを起動させてから撮影できる状態まで持っていくのにあまり時間がかからないので、シャッターチャンスを逃す心配もないです。長時間外出することの多い人にも、Sony Mobile Xperia Z3 SOL26はおすすめです。口コミサイトを見てみると、充電なしで3日間持ったといった話も出ているほどです。これだけ長持ちするスマホは、他にはなかなかないはずです。

iPhoneユーザーで自分の端末に格安SIMカードを入れて通信してみたいと思っている人もいるでしょう。

>>>気になるUQmobileの公式HPへ行く!!

UQmobileですがサービス開始当初はiPhoneには対応していませんでした。しかし2015年7月から、au版のiPhoneであれば利用できるようになったので、該当する端末を持っている人はわざわざ新しいSIMフリー端末を購入する必要はないです。

ただし一部例外もありますので注意しましょう。それはiOS端末にiOS7もしくはiOS8のアップデートを行った場合です。こちらの端末はUQmobileの適用外になってしまうので、注意しましょう。
UQmobileの格安SIMカードですが、microSIMしか発行していないようです。ですからnanoSIMに対応した端末の場合、SIMカードを挿入できない可能性があります。この点も頭の中に入れておきましょう。

>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!

またUQmobileとWiMAXルーターを組み合わせてネット通信するという方法もあります。こうすることで、月額の通信費用をかなり安くできます。WiMAX2ギガ法大というプランがあるのですが、こちらと比較して個人差があるもののだいたい1/3~1/4に持っていくことも可能です。

ちなみにWiMAXのルーターですが、Amazonなどをチェックしてみると安く購入することも可能です。UQmobileではau 4G LTEやWiMAX2/WiMAXハイパワーの通信回線を利用しています。このため、WiMAXのルーターを使用することが可能なわけです。

>>>もっとオススメ端末はコチラへ!

より使い勝手を良く、UQmobileはオプションも豊富

出典:uqwimax.jp

UQmobileではいろいろなオプションサービスを付けることが可能です。オプションサービスを活用することで、自分の用途に合った格安スマホにいわばオーダーメイドすることも可能です。UQmobileの提供するオプションサービスですが、主に以下のようなものがあります。

SMSサービス

電話番号を使って短めのメッセージを送ることのできるサービスになります。SMSサービスですが月額料金は一切かかりませんし、申し込みをする必要もないです。ただし送信をする時には1通当たり3円の通信料がかかりますので注意しましょう。
メッセージですが、全額文字で最大70文字・半角文字で最大160文字になります。メッセージの保持期間も制限があって、メールを受け取ってから最大72時間です。
auのSMSサービスですが、国内のau以外並びに海外事業者からのメッセージの受信を拒否する設定になっています。ただしauに対して解除のメッセージを送信すれば、この設定は解除できます。

>>>気になるUQmobileの公式HPへ行く!!

テザリング機能

格安スマホをパソコンやタブレット端末などにつなぐことで、ネット通信を楽しめる機能です。こちらも月額料金は無料で、申し込み手続きもありません。テザリングの方式には3種類あります。
まずはWi-Fiテザリングで、どのような危機でも対応できるのが強みですし、複数の効きに同時に接続できます。高速データ通信することも可能です。

2つ目の方法はBluetoothテザリングです。Wi-Fiテザリングと比較すると電池が長持ちしますし、パスワードの入力など余計な手間もかけずにテザリングできるのが魅力です。
最後がUSBテザリングです。これはパソコンのUSBと格安スマホをつなげることでネット通信する方法になります。パソコンから宮殿しながらデータ通信できますので、ずっと使用し続けられますし、データも高速通信が可能です。

音声プラン専用オプション

後で詳しく見ていきますが、UQmobileにはデータ通信専用プランと音声プランの2種類があります。音声プランを選択した人のために、いくつかのオプションが用意されています。まずは着信転送サービスです。格安スマホに電話がかかってきたときに、あらかじめ登録しておくと別の電話に転送されるサービスになっています。

割り込み通話サービスもあります。これはだれかと通話をしていた時に、他の誰かから電話がかかってくることもあります。この時いったん通話中の電話を保留にして、そのかかってきた相手に応対できるサービスです。かかってきた相手との通話が完了したところで、また最初に通話していた人と会話できます。

>>>気になるUQmobileの公式HPへ行く!!

番号通知リクエストサービスもあります。通常電話がかかってくると、相手の番号が液晶に表示されます。しかし相手が非通知設定出かけてくることもあるでしょう。その時に番号を通知して掛け直すように音声ガイダンスが流れるサービスになります。

メールサービス

メールサービスとは月額200円で、@uqmobile.jpをドメイン名とするアドレスを取得できるサービスのことです。@以前の名称は自分で好きに設定できます。
最大3MBまでのメールの送受信を行え、受信箱に入ると30日間サーバーに保管されます。添付ファイルや絵文字を使用することも可能で、迷惑メールフィルタ機能も付いてきます。

端末補償サービス

こちらは端末が壊れた際の修理や紛失・盗難の被害に遭ってしまった時の補償をしてくれるサービスになります。ただしこちらのオプションサービスですが、UQmobileの提供する端末でないとサービス対応していません。月額料金は380円となります。
回数制限なしで自然故障の場合無料、部分破損や水漏れなどの全損の場合には5000円を上限として補償してもらえます。自然故障も購入2年目以降になると、5000円が上限となりますので注意が必要です。

出典:uqwimax.jp

盗難や紛失をしてしまった場合には、1万円が補償されます。ただしこちらはUQmobileの端末を購入する際に、購入代金から1万円を差し引くという形の補償になりますので注意しましょう。
修理の間、代替機の支給に対応しています。この代替機利用料として1000円がかかります。

>>>気になるUQmobileの公式HPへ行く!!

セキュリティサービス

月額290円で、ウイルスバスターモバイル for UQ mobileを使って皆さんのスマホをウイルスなどの脅威から守ってくれます。不正アプリのブロックやWEBサイトの中でも問題のあるサイトへのアクセスをブロックする、迷惑電話・SMSの着信拒否、盗難や紛失にあってもパソコンなどを使って端末の現在位置情報を取得できるなどのサービスがついてきます。

電話基本パック

こちらのオプションは月額料金380円で、留守番電話や三者通話、迷惑電話撃退といった音声通話利用者へのサービスがセットになったものです。

通話明細サービス

請求書なしでも、通話・通信明細の閲覧のできるサービスになります。過去7か月分の明細の閲覧が、my UQ mobileというログインサイトで確認可能です。申し込み手続きが必要で、月額100円かかります。

Wi2 300 for UQ mobile

UQmobileユーザーを対象にした、公衆無線LANサービスになります。初期費用や通信量、月額料金一切かかりません。どこで利用できるかですが、ワイヤ・アンド・ワイヤレスというWi2のサービスを提供しているところのホームページでWi2エリアを表示しています。もしエリア内であれば、パソコンやスマホ、タブレット端末を利用してネット通信をどこででも楽しめます。

>>>UQmobileは便利なオプションがたくさん!

UQmobileのプランってどんな感じ?

出典:youtube.com

UQmobileの格安スマホを利用したいけれども料金が気になるという人もいるでしょう。UQmobileはほかの格安スマホと比較して、プランが大変シンプルな構成になっています。ですから自分にぴったりのプランが、スマホ初心者でも比較的見つけやすいでしょう。

>>>気になるUQmobileの公式HPへ行く!!

UQmobileのSIMカードだけがほしいと思っているのであれば、コースは2種類しかありません。高速通信で月間のデータ容量3GBか最大500kbpsと低速通信だけれども、データ容量は無制限のプランです。データ通信のみであれば高速通信(3GB)980円低速通信(無制限)1980円となります。もし音声通話も付けるのであれば、高速1680円・低速2680円です。

その他にUQmobileでは、ぴったりプランというものを用意しています。基本料金とパケット代、無料通話、多種多様なアプリが込みで月額2980円となります。データ容量は月々2GBまで、無料通話も1か月あたり最大60分です。アプリに関しても人気の高いアプリを厳選して10個ついてきます。

UQmobileでは格安SIMカードだけでなく、端末も販売しています。もしUQオンラインショップからこの端末を購入した場合、端末の料金は無料になります。たとえば、電池が最大3日間持つ端末のarrows M02とか防水・防塵対応しているKC-01などは無料で電話料金だけを負担する形になります。お手元にSIMフリーの端末を持っていないようであれば、UQオンラインショップから購入するのも一つの方法といえます。

>>>詳しく料金プランを確認したい!

お得に格安スマホを使い放題!UQmobileのキャンペーン情報

格安スマホ業者はいろいろと出てきているので、業界内の競争も激しさを増しています。そこで新規顧客や既存の顧客を確保するために、各業者ともいろいろなキャンペーンを実施しています。UQmobileでもいろいろなキャンペーンを行っています。

例えばUQmobileとTwitterがコラボするキャンペーンを実施しています。2016年夏のキャンペーンでしたが、毎日いろいろなつぶやきのテーマが出されるのでそれをリツイートすると抽選で毎日1名にJCBギフトカード1万円分が当たります。その他にもハーゲンダッツギフト券が100人・純金のSIMカードが3人に当たります。ちなみに純金のSIMカードですが、使用はできないので注意しましょう。

出典:uqwimax.jp

またUQmobileでは、ぴったりプランと呼ばれるコースを用意しています。ぴったりプランは通常月額2980円なのですが、2016年現在1980円でサービスが提供されています。無料通話などがパッケージになっていてこの価格ですから、かなりお買い得なプランといえます。

>>>おすすめキャンペーン情報はコチラ!

格安スマホは地方では通信できない?UQmobileの利用できるエリアを検証してみた

格安スマホと言われると、主要キャリアと比較すると利用可能なエリアが限定されるのではないか、このようなイメージを持つ人もいるでしょう。結論から言いますが、UQmobileの場合、主要キャリアとほとんど引けを取らない広いエリアをカバーしています。

というのもUQmobileでは、auの4G LTE回線を利用しているからです。しかもUQmobileはauの1次事業者になりますので、通信設備などについてもauの設備を共有する形で利用できます。ですからauのスマホを使っているのとほとんど同じような感覚で利用できるわけです。

auの4G LTEですが800MHzの人口カバー率は実に99%を超えるといわれています。よっぽどの山奥や無人島であれば、格安スマホが利用できないということもあるかもしれません。auの4Gですが、docomoの3Gと比較してもエリアが広いといった評判もあります。ですから地方在住の方はUQmobileが使えないということはまずないでしょう。

>>>詳しく知りたい方はコチラから!

エリアが広いだけでなく、UQmobileの回線速度は早くしかも安定していることがわかっています。しかもこれはMMD研究所というUQmobileの外部機関が検証しているデータを根拠としているのです。他の格安スマホ業者と比較して速いだけでなく、朝昼晩を通して速いというのが魅力です。

UQmobileを利用している人の中には、WiMAXとかWiMAX2を利用しようと思っている人もいるでしょう。WiMAXもWiMAX2もエリアに関しては、同じような感じでカバーしています。基本的に都市部であれば、かなりのレベルでカバーできていると言って良いでしょう。ただし山間部の方に行ってしまうと、通信ができない地域も多くなります。ですからスキーや登山など、山間部に行く機会の多い人はルーターは使えないと思っておいた方が良いかもしれません。

>>>気になるUQmobileの公式HPへ行く!!

UQmobileで格安スマホを利用したい!申し込みの流れを紹介

UQmobileのスペックを聞いて、「格安スマホの契約をするならUQmobileにしよう」と思っている人もいるでしょう。では具体的に契約するためには、どのような流れで進めていけばいいのかについてみていきます。まずUQmobileの申し込みの流れですが、UQオンラインショップからの申し込みと販売店舗からの申し込みの2種類のスタイルがあります。

UQオンラインショップからの申し込み

オンラインショップから申し込みをする場合には、まず画面で商品や契約プラン、オプションサービスの選択などを行ったうえで申し込みフォームに必要事項を入力して送信します。続いて、本人確認書類のアップロードを行います。本人確認書類は運転免許証とパスポート、健康保険証、身体障碍・療育・精神障碍者保健福祉者手帳、特別永住者証明書、在留カードのいずれかになります。もし引越しをして上の本人確認書類と現住所が一致しない場合には、公共料金の領収書や住民票、届出避難場所証明書、行政機関の発行した領収証のうち1つも併せて提出します。
デジカメもしくはスマホのカメラを使って撮影します。jpgもしくはpng方式で、3MB以内の容量で送信しましょう。
申し込みフォームと本人確認書類で確認完了できれば、商品が発送されます。最短で翌日には発送されるスピーディさです。

>>>気になるUQmobileの公式HPへ行く!!

販売店舗で申し込み

UQmobileは販売店舗に出向いて購入することも可能です。家電量販店やスマホショップ、ゲオなどで購入できます。販売店舗に行く前に、必要なものとして本人確認書類とMNPを利用する場合には予約番号、本人名義のクレジットカード、メールアドレスが必要になりますから、あらかじめ準備しておきましょう。
>>>近くの販売店舗を探す!!

その上で販売店舗に行き、契約したい旨を伝えると申し込み手続きについてスタッフから案内されます。そして手続きが完了すれば、その場でUQmobileの端末やSIMカードが発行され、その場で利用できます。

現在他社キャリアのスマホを使っていて、その番号を引き続きUQmobileの格安スマホでも使用したいと思っているのであれば、MNPを利用しましょう。MNPの利用方法についても、簡単に説明しておきましょう。

まず現在契約している携帯電話会社に連絡をして、MNPの予約申し込みをします。すると「MNP予約番号」というものが発行されます。そしてUQmobileで加入の申し込み手続きを進めます。

ちなみにMNP予約番号は有効期限があります。予約した当日も含めて15日間となります。しかもUQオンラインショップを利用する場合、予約番号を取得してから2日以内に申し込みをする必要があります。ですからMNPを利用して申し込みをする場合には、日を置かずに早めにどんどん申し込みをしましょう。

UQmobileのSIMカードが届けば、初期設定をしないと利用できる状態にはなりません。まずSIMカードをスマホの端末に挿入しましょう。
その上で携帯の電源を入れると、初期設定画面となるはずです。主にWi-Fi接続の設定やGoogleアカウントの設定、端末固有の設定などが含まれます。またもしUQmobile以外の端末のSIMフリーを利用するのであれば、ネットワーク設定をする必要があります。

「設定」から「その他設定」「モバイルネットワーク」「高度な設定」「APN」もしくは「CPA設定」と選択します。そして各種設定を行います。

>>>魅力的なUQmobileを契約したい方はコチラ!!

他の格安スマホとはここが違う!UQmobileの魅力を解剖

UQmobileは格安スマホの中でも高い人気のある業者です。それは他にはない魅力があるからです。その魅力について、いくつかピックアップしてみます。

通信品質の高さ

格安スマホは月額料金は主要キャリアと比較すると格段に安いです。しかしその分品質は若干劣ると言われていて、特に朝の通勤時間帯や夕方から夜間にかけてのスマホを頻繁に使用する人が多いため、通信速度が落ちます。

しかし格安スマホの中でもUQmobileは、比較的どの時間帯でも安定した通信速度を維持できます。通信速度に関して、主要キャリアと比較してもそん色ないと言われるほどです。いつでもスピーディにネットにアクセスしたいと思っている人にはオススメです。

>>>通信品質がピカイチ!UQmobileの詳細はコチラから!

プラチナバンドに対応

通信品質に関連することですが、UQmobileは800MHzのプラチナバンドの対応エリアの広いのも強みといえます。プラチナバンドに対応していると屋内でも電波が届きやすいのでどこでデータ通信をしてもストレスを感じることは少ないです。またプラチナバンドの人口カバー率は、実に99%にも達しています。ですからどこに暮らしている人でも、ほぼどこでもスマホの電波が届くでしょう。

VoLTE対応のSIMカードも提供している

UQmobileはVoLTE対応のSIMカードも販売しているのが魅力です。VoLTEとはLTE回線を使って通話できる機能を指します。VoLTEは通常のスマホの音声通話と比較して音質が良くて、音声のディレイなども少ないですからスムーズなスマホ会話が可能です。

プラスUQmobileはau VoLTEのシンク機能も活用できます。シンク機能とは、通話相手のスマホ画面に自分のスマホ画面を映し出せるものです。例えば自分が会話しながら画面に出ているサイトを相手に見せることで、それを会話の話題に持っていくことが可能です。VoLTE回線を活用することで、スマホの会話もより楽しくなるでしょう。

>>>楽しいスマホ会話ができるUQmobileの詳細はコチラから!

高速から低速への切り替え可能

UQmobileでは、データ容量節約機能が搭載されています。これはボタン一つ操作することで、通信速度を高速と低速に切り替えることが可能です。これをUQmobileでは「ターボ機能」と呼んでいます。もしターボ機能をオフにすれば、通信速度がダウンします。しかし高速通信分の容量を消費せずに済みます

3GBのコースを選択していて、ムダに容量を使いたくない人におすすめです。低速通信ではネットを利用するときにストレスに感じると思う人もいるでしょう。しかし通常のホームページの閲覧やTwitterやFacebookの閲覧や投稿、LINEのやり取りといったことであれば問題なく利用できます。

ただし画像や動画を視聴する場合には低速通信では厳しいので、うまく使い分けをしましょう。またターボ機能をオフにすれば電池の無駄な消費も避けられるというメリットもあります。

低速通信でも高速通信を購入できる

3GBのコースを選択していて、高速通信分が足りなくなったときにデータチャージ機能を活用できます。これは高速通信分のデータ容量を追加購入できるシステムで、100MBで200円・500MBで500円となります。例えば普段は低速通信を利用していて、たまに動画を見る時には高速通信を活用したい時などにこのデータチャージ機能を活用すると良いでしょう。

UQmobileのデメリットも検証しておこう

UQmobileは上で紹介したように、いろいろな魅力があります。しかしその反面使用するにあたって注意すべきデメリットについても頭に入れておきましょう。

>>>詳しく知りたい方はコチラから!

データ繰越ができない

格安スマホのサービスで多くの所で提供しているのは、データ繰越です。これは自分の割り当てられているデータ容量をある月使いきれなかった場合、翌月に繰り越せるサービスです。例えば3GBコースに加入していて、ある月2GBしか使用していなかったとします。もしデータ繰越に対応している格安スマホ業者であれば、翌月は最大4GBまで使用できます。

しかしUQmobileは、このようなデータ繰越システムを採用していません。ですからもしデータを使いきれなかった場合には、その分が無駄に終わってしまいます。月によってネット通信の使用頻度にムラのある人は、もしかすると損してしまうかもしれません。

>>>詳しく知りたい方はコチラから!

料金は高めかも

UQmobileの料金プランはシンプルで、高速3GBと低速通信の無制限プランのいずれかです。もし3GBを選択しなかった場合には、無制限プラン月額1980円のものとなります。この料金ですが、他の格安スマホ業者と比較するとやや高めの印象があります。

スマホを使ってネット通信をするけれども、ホームページの閲覧やメールのやり取り、SNSの利用程度であれば、ちょっと割高になってしまうかもしれません。もしこのような用途で少しでも安い格安スマホ業者を探しているのであれば、UQmobile以外の情報もチェックしてみると良いでしょう。

>>>詳しく知りたい方はコチラから!

サポートが弱い

UQmobileの場合、サポートが少し弱いという評価があります。例えばUQmobileのSIMカードを挿入していたスマホ端末が故障してしまった場合、サポートはあまり期待できません。自分でスマホ端末の修理を行っている業者を見つけて依頼するか、他の新しい端末を購入するなどの対策をとらないといけません。スマホ初心者で、自分では対応できないかもしれないのでできることなら格安スマホのサポート体制のきちんとしている所を探しているのであれば、UQmobileはお勧めできないかもしれません。

>>>デメリットもメリットに変えられます!!

UQmobileに加入する前に、注意点を押さえよう

ここまで見て、UQmobileに加入したいと思っている人もいるでしょう。しかし申し込みをする前に、注意すべきポイントについていくつかピックアップしてみました。こちらを見て、最終的にどうするかを検討しましょう。

初期費用はかかるの?

UQmobileでは月額料金の他にも、初期費用が掛かりますので注意しましょう。基本料金プラス、3000円の初期費用が掛かります。この初期費用は、SIMパッケージ料金として徴収されます。他の主要な格安スマホ業者を見ても、初期費用として3000円かかるところが大半なので大きな負担にはならないでしょう。

その他に月額料金を負担する形になります。プランやSMS、音声通話の月額料金は契約開始日から日割りで計算されます。ただし高速データ通信料に関しては、日割りがなく1か月分まるまる負担する形になりますのでこちらも注意しておきましょう。

最低契約期間の設定はある?

スマホの場合主要携帯キャリアを中心として、最低契約期間を設けているケースが多いです。そしてもしこの期間前に中途解約をした場合、違約金が発生します。

格安スマホのUQmobileでは、最低契約期間を設けています。利用開始日から12か月間は利用することになります。ちなみにピッタリプランと呼ばれるコースがあるのですが、こちらは契約期間は2年間・25か月間が契約満了付きで、翌月が更新月となります。更新月に解約をしないと自動更新になる主要キャリアと同じシステムをとっています。

もし最低契約期間前に中途解約をした場合、契約解除料が必要になります。UQmobileでは税抜き9500円の支払いが必要です。

UQmobileの解約方法ですが、UQmobile お客さまセンターという電話による受付になります。公式サイトから手続きはできないので注意しましょう。解約した場合SIMカードはどうするかですが、お客さんの方で破棄するよう求められます。返却する必要はないです。

>>>詳しく知りたい方はコチラから!

電話番号やアドレスは変更される?

UQmobileではほかのスマホ業者同様、MNPサービスが利用できるので他のキャリアに代わっても電話番号を引き続き利用できます。その手続きですが、先ほど紹介した電話のお客さまセンターもしくは、WEBサイトからも手続きが可能です。My UQmobileからご契約内容にアクセスして、契約一覧紹介/変更、詳細へと進みます。そして他社乗り換えで手続きできます。

UQmobileでは、@uqmobile.jpというアドレスを有料に手に入れることが可能です。しかしもし解約すれば、このアドレスは使えなくなります。もし解約するのであれば、友人・知人などに新しいアドレスを速やかに情報提供するように心がけましょう。

>>>詳しく知りたい方はコチラから!

困った時には?

もしUQmobileを利用していて困ったことになったら、UQお客様サポートセンターに問い合わせしましょう。年中無休で、9時から18時まで受け付けています。

その他にはインターネットから問い合わせすることも可能です。ネットから質問内容を送信すると、皆さんが指定するアドレスにその回答が届きます。もし端末が故障してしまったのであれば、端末故障受付センターがあります。こちらは年中無休で9時から21時まで受け付けています。スマホ端末の調子がおかしい場合には、まずはこちらに連絡を入れましょう。

>>>気になる項目がなかった方はコチラへ!!

UQmobileて実際のところどうなの?ネットの評判をピックアップしてみた

UQmobileは格安スマホ業者の中でも人気のある業者といわれています。しかし実際に使いやすいのかどうか気になるという人も多いでしょう。そこでネットのユーザーの実際の体験談をもとにして、UQmobileの本当の所についてみていきます。

格安スマホの評判の中で、値段は安いけれども通信速度が…のようなレビューをしばしば見かけます。UQmobileはそのような格安スマホの弱点を見事にカバーしている業者といえます。しかもほぼどの時間帯でも通信速度の速い所に着目しましょう。

格安スマホの場合、昼間の時間帯になると急激に速度の遅くなるケースがしばしばみられます。またもともと通信品質のあまり高くない格安スマホでデータ通信していると、夜間でもあまり速度の出ないケースもあるほどです。しかしUQmobileは昼夜関係なく速度が速いので、どのようなスタイルでネット通信をしてもストレスに感じることはまずないはずです。

利用者の満足度ですが、押しなべて高いと言っていいでしょう。先ほど紹介した通信速度の速さで、サクサクネットサーフィンできる所が高く評価されています。

ただ、料金システムに関しては賛否両論出ている所もあります。UQmobileでは3GBと無制限、データ通信のみと音声通話月の計4種類のコースしかないです。一方では「もっといろいろとバリエーションを広げてもらった方が、より自分に合ったスマホの使い方ができる」と思っている人もいます。しかし他方で格安スマホ初心者を中心として、「シンプルなのでわかりやすい」という意見も見られます。

UQmobileのサポートに関しては、少し評価が低いかなという印象があります。UQmobileのサポートですが、電話やインターネットが中心です。細かなニュアンスを伝えることができないといった不満もしばしば出ています。

しかしその一方で、「丁寧にこちらの話を聞いてもらえた」という意見も見られます。自分である程度格安スマホのやり方が分かっていて、ストレスなくネットを利用したいと思っている人向けの格安SIMカードであることが分かります。

>>>気になるUQmobileの公式HPへ行く!!

UQmobileのプランはどんな感じ?一覧表を紹介

UQmobileに加入する場合、料金プランは基本的に4種類の中から選択します。他の格安スマホ業者と比較すると、非常にシンプルでわかりやすいです。

料金プラン 月額基本料 通信速度 最低契約期間
データ高速プラン 980円 月間3GBまで
受信最大150Mbps
(3GB超えると200Kbps)
なし
データ高速+音声通話プラン 1680円 12ヶ月
データ無制限 1980円 通信速度500Kbps
月間通信量制限なし
なし
データ無制限+音声通話プラン 2680円 12ヶ月

 

その他にぴったりプランといって、データ容量月々2GB、無料通話月々60分SNS、人気アプリ10個パックのセットで月額1980円というコースもあります。

ネット中心で音声通話は使わない、もしくはガラケーを使うというのであればデータ高速、もしくはデータ無制限プランにすると良いでしょう。また音声通話も格安スマホで利用したければ、音声通話プランがオススメです。仕事などの関係でインターネットを頻繁に行う人はデータ無制限プランを活用すれば、用量制限を気にせず使用できるでしょう。

>>>UQmobileの公式HPはコチラ!!

UQmobileと他の業者、どっちがいいのか比較してみた

UQmobileはauの回線を利用している格安スマホ業者です。auと比較すると、圧倒的に料金は安くなります。例えばデータ高速プランだけは3GBで980円です。しかしauのスマホでデータ定額3GBのプランは月額4200円になります。

またUQmobileは通信設備もauのものを共同で使用しています。ですから通信速度や環境に関しては、auと比較してもほとんど遜色がないと言っていいでしょう。

ではほかの格安スマホ業者と比較するとどうでしょうか?au系の格安スマホ業者はUQmobileの他に、mineoがあります。mineoと比較してみましょう。

データ通信に関して比較すると、mineoの方がやや有利かなという印象があります。例えばデータ容量が足りなくなったときに、容量追加ができるのですがmineoは100MB単位で買い増しができます。

また3日間の制限容量もUQmobileが1GBからであるのに対し、mineoは3GBです。動画などの重たいデータのやり取りをする場合には、mineoの方が使い勝手もいいでしょう。

料金で比較してみると、UQmobileの一枚上手かもしれません。特にデータ専用プランを検討している人は、mineoは12か月以内だと9500円の違約金がかかります。しかしUQmobileはデータ通信専用であれば無料です。自分の用途などを考えて、どこに加入するのがベストかを検討しましょう。

>>>気になるUQmobileも公式HPへ行く!!

お得にUQmobileを利用するコツを紹介

UQmobileを利用する場合、ターボ機能をうまく活用することが第一歩です。例えば動画などをスマホで視聴する場合には、データ高速プランに加入する必要があります。しかしデータ高速プランは月々3GBまでの制限がかかります。

ターボ機能とは、オンオフの切り替えができオフにすると低速通信になる機能です。つまり高速データを消費せずに温存できるわけです。例えばインターネットサーフィンやメールなどの高速で通信する必要のない時にターボ機能をオフにすれば、できるだけ動画を視聴できるようになります。

UQmobileではいろいろなオプションが付いてきますが、その中でもお勧めなのはメールサービスです。月額200円で@uqmobile.jpが使えるようになります。@uqmobile.jpを使うとDoCoMoやauの携帯メールでも問題なくやり取りできると言います。家族などとメールを頻繁にする人にはオススメです。

>>>気になるUQmobileも公式HPへ行く!!

UQmobileで困った…そんなときのマニュアル

UQmobileを使っていてどうしたらいいかわからなくなることもあります。そこでUQmobileに関してよくある質問をいくつかピックアップしてみました。

Q:困った時はどうすれば良い?サポートセンターはあるの?
A:UQmobileでは、お客様サポートセンターという電話によるサポートを実施しています。0120-929-818で年中無休・9~18時で受け付けています。
その他にはインターネットによる問い合わせ受付もあります。問い合わせすると、登録しているアドレスに回答が返信されます。
Q:料金はどうやって支払いますか?
A:各種クレジットカードによる支払いのみを受け付けています。
Q:解約は面倒?
A:お客様サポートセンターで手続きができます。SIMカードについても破棄するだけで、返却する必要もないです。
Q:契約更新時期が分からなくなったのですが?
UQmobileでは、my UQmobileというログインサイトがあります。こちらで皆さんの現在の契約内容を確認できます。

>>>もっとちゃんと解決したい方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 62
    follow us in feedly

格安SIMおすすめランキング


ドコモ、auの両方の回線を用意しているのはmineoだけ!これらのキャリアからmineoに乗り換えれば、面倒なSIMロック解除をしなくてもSIMを差し替えるだけですぐに格安SIMでスマホが使えるようになります。
→ mineoの公式サイトへ 公式サイトはこちら


プランが豊富でしかも安い!高速通信は一切使えないものの、月額525円でデータ通信ができる格安SIMは「スマホはSNSとかLineくらいしか使わない」という方にピッタリ!自宅にwifi環境がある人に是非オススメしたい格安SIMです。
→ 楽天モバイルの公式サイトへ 公式サイトはこちら


とにかく安い!格安SIMの中でも最安水準を保ち続けている「攻めの姿勢」とも取れる運営スタイルが高く評価されているDMM mobile。
値段が安い、にも関わらず通信品質が高いのは老舗MVNOの「IIJmio」のサービスを利用しているから。実効速度データなどをみても、IIJmioとほぼ同じスペックが計測されていることからも安心感に優れていると言えます。
→ DMM mobileの公式サイトへ 公式サイトはこちら

  関連記事

格安スマホのサービスで浸透しているSIMフリーについて詳しく解説

SIMロックとSIMフリー スマホや携帯電話、タブレットなどの通信端末は、端末を …

格安SIMでもテザリングは出来る?MVNOによって対応しているものとそうでないものがあるので事前に確認しておこう!

普段からMVNOの格安SIMを使っている方でも「テザリングが使えたらいいな」と思 …

海外旅行の際に格安SIM事業者のサービスを利用することはできるのでしょうか?

ゴールデンウィークや夏休みなどに備えて、海外旅行の計画を立てているという人なども …

電池が持つ持つ!格安SIM対応の富士通のarrowsシリーズ おすすめはコレ

格安SIMが出始めて、人気が急上昇した機種があります。それが富士通のarrows …

来日する外国人や一時帰国する人のために成田空港の自動販売機で購入できるSIMカード情報

成田空港でプリペイドSIMカードが購入できる 出典:ntt.com 来日する外国 …

中古のスマホを格安で調達・白ロムの他にも赤ロムがあるので要注意!

スマホ買い替えのネックは端末にあり 大手携帯キャリアでも格安スマホでも、機種変更 …

地下鉄通勤時でもスマホ通信したい!格安SIMでも問題なく使えるの?

格安SIMでも地下鉄通信は可能 従来の携帯キャリアと比較して、かなり低価格でスマ …

便利でお得なおすすめのプランを提供する格安SIM事業者をご紹介します!

現在では大手携帯キャリア(docomo、au、Softbank)以外にも、様々な …

絶対に月々の携帯電話料金を安くしたい人が契約するべきなのがイオンモバイル

目次1 今注目の格安SIMイオンモバイルとは?2 イオンモバイルはこんな人にオス …

格安SIMを購入するだけでは通信できない?利用までの流れを紹介

格安スマホを購入する前に 格安SIM業者に申し込みをして、SIMカードを入手すれ …