セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

NISA口座を選ぶなら、まず手数料比較は最初にチェック!

   

2014年1月に始まった個人投資家のための新しい節税優遇制度のNISA

これらは日本国内の銀行や証券会社でNISA専用口座を開設し、そこで得られた利益などに対して非課税になるというものです。

その対象は、年間100万円、5年累積で500万円分の投資額に対する利益が非課税枠となります。

NISA口座は開設時に身分証明書などのほかに住民票などが必要になります。というのは、口座自体はすべての金融機関を合わせてひとり1口座のみだからです。現在では口座を移動させるなどの措置が条件付きで許されるようになりましたが、実際に非課税対象となる口座はひとつのみなので、注意が必要です。

NISA口座の選び方は様々ありますが、大切なのは手数料がどれくらいかかるのかということと、自分が投資したい商品がその金融機関で取り扱っているのかという点をチェックすることです。
投資したい商品がないところで開設してしまっても、そこでやめてほかの金融機関に口座を開設するというのは面倒です。そして、自分が興味もない商品に投資するものほどつまらないものもありません。ですので、口座開設前にしっかりとその金融機関がどういったところなのか、なにを取り扱っているのかをチェックしておきましょう。

手数料は取引経費として計算に入れておくべき!

取り引きにかかってくる手数料ですが、常に取り引きの際に念頭に入れておくべき事項です。これはNISAにおける株式投資だけでなく、あらゆる金融投資の基本です。
NISA口座開設が可能な金融機関では、2015年内はキャンペーンなどで取引手数料がかからないところも多いですが、今後もしかしたらその金融機関も手数料を乗せてくるかもしれないですし、すでにかかってくるところもあるでしょう。
手数料は非常に重要なパートです。1回にかかる経費はそれほど高くないとしても、何度も売買を行っていれば、その分手数料が積もりに積もって、どんどん膨らんでいくことになります。せっかく得た利益も、それで萎んでしまうことだってあるでしょう。手数料を知らないままに売買を実行をしてしまい、利益よりも手数料がかかって損をする可能性だってあります。

ですので、必ずどれだけの手数料がかかるのかは事前にチェックするべきです。無料のところもありますが、有料のところもあるでしょう。また、有料だからといって必ずしもダメだとも限りません。有料の分、素晴らしいサービスがある会社もあるからです。
要は手数料と取扱商品、その金融機関との相性など総合的に判断しながら、NISA口座を開設していくべきだということです。
ここでは、そんなNISA口座が開設できる金融機関の手数料を比較してみましょう。場合によっては変更されている可能性もあるので、あくまで参考にしていただき、実際に口座開設前に現状の手数料は確認してください。

国内株式投資による取引手数料 ネット証券会社の場合

ここでは代表的なネット証券会社の手数料を紹介します。

楽天証券
10万円まで : 無料
20万円まで : 無料
50万円まで : 無料
100万円まで : 無料
SBI証券
10万円まで : 無料
20万円まで : 無料
50万円まで : 無料
100万円まで : 無料
マネックス証券
10万円まで : 買付無料、売却100円
20万円まで : 買付無料、売却180円
50万円まで : 買付無料、売却450円
100万円まで : 買付無料、売却1000円
松井証券
10万円まで : 無料
20万円まで : 無料
50万円まで : 無料
100万円まで : 無料
カブドットコム証券
10万円まで : 買付無料、売却180円
20万円まで : 買付無料、売却270円
50万円まで : 買付無料、売却540円
100万円まで : 買付無料、売却990円
・SMBC日興證券ダイレクト
10万円まで : 135円
20万円まで : 194円
50万円まで : 432円
100万円まで : 864円

国内株式投資による取引手数料 一般的な証券会社や銀行の場合

ネット証券会社ではなく、一般的な証券会社や銀行の手数料も紹介します。手数料は高めですが、窓口が近所にあるなどのメリットも多いので、選択肢としては検討に値します。

・みずほ銀行
10万円まで : 997円
30万円まで : 997円
50万円まで : 1653円
その他 : 2015年9月30日までファ料キャッシュバックキャンペーン実施中
・野村證券
10万円まで : 500円
30万円まで : 500円
50万円まで : 500円
その他 : 2016年2月29日までにNISA口座開設手続完了すれば2000円プレゼントキャンペーン実施中
・大和證券
10万円まで : 1050円
30万円まで : 1086円
50万円まで : 1811円
その他 : 2015年11月30日までにNISA口座開設で2000円もしくは住民票取得代行サービスをプレゼント。NISA口座で投信積立など同一銘柄を3ヶ月連続買付で最大10800円のキャッシュバック。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 62
    follow us in feedly

  関連記事

iOS7のバッテリーを長持ちさせるためのテクニック

iPhone5sは歴代iPhoneの中でも使い勝手と機能性の高さが高く評価されて …

iphone10
iPhone Xの予約方法と発売日は?全面ディスプレイ化で顔認証搭載、ワイヤレス充電も可能に!!

米国時間の9月12日に「iPhone8」と共に発表されたのが異色の最新型iPho …

最新モデル「iPhone6s」のリーク情報まとめ!一足先に機能を確認してみよう

世のガジェット好きの人たちが大注目している「iPhone6s」ですが、早くもいく …

iPhoneのモバイルデータ通信を節約するための5つのテクニック

iPhoneにかかる費用のほとんどはモバイルデータ通信によるものです。 逆に言え …

iPhone6s予約は9/12から。発売日は9/25!iPhone6sをお得かつ希望通りに手に入れる5つの方法とは?

iPhoneの新型である「iPhone6S」が発売されます。 予約を検討している …

apple_invite_sept_2015
Appleの新製品発表イベントが日本時間9月10日に開催決定!!iPhone 6sはどんなモデルになる?

Appleから、新しいメディアイベントが行われることが正式に伝えられました。 開 …

iPhone 6sとiPhone 6s Plusの新旧スペック比較!具体的にどこがどう変わったのかまとめ

アップルの発表で、ついに待ちに待った「iPhone 6s」、「iPhone 6s …

iPhoneの料金プランを見直す!チェックしたい3つのポイント

毎月7000円~8000円くらい電話代がかかってしまうiPhone。 人によって …

iOS6のバッテリーを長持ちさせるためのテクニック

iOS6を使っているけれど、バッテリーの減りが早くて困っている。 そんな悩みを解 …

iOS8のバッテリーを長持ちさせるためのテクニック

iOS8になって便利な機能がとても多くなってきました。 これまでかゆい所に手が届 …