セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

auのMNP予約番号を即時取得する方法を手順を追って詳しく解説!

   

auのスマホを今まで利用してきたけれども、格安スマホなどほかのキャリアに乗り換えたいと思っていませんか?

この時知り合いにいちいち電話番号の変わったことを伝えるのは面倒ですね。

その場合、MNPを活用すれば今までauで使っていた番号を引き続き別の携帯キャリアで引き継げます

ただしその際、必要な手続きがありますので、以下で詳しく見ていきましょう。

MNP予約番号とは?

auからほかの携帯キャリアに移行する場合、今までと同じ電話番号を次の携帯電話でも使用可能です。それはMNPと呼ばれる制度に基づくものです。

MNPとは「携帯電話番号ポータビリティー」が正式名称。「Mobile Number Portability」の頭文字をとっています。

今使っている携帯電話の番号が、次のキャリアに引き継がれる形になります

MNPはあくまでも携帯電話番号のみの引継ぎになります。メールアドレスについてはキャリアが変わるとドメイン等変更になりますので注意が必要。

auから他社に移転する手続きの流れ

MNPを活用する場合の移転手続きとしては、

  1. auに連絡すること
  2. MNP予約番号を入手
  3. MNP予約番号を持って移転先で新規契約の申し込み

という流れになります。

auからほかの携帯キャリアに乗り換える、その際MNPを活用したければ、まずauに連絡すること。

そしてMNP予約番号を入手します。このMNP予約番号、次の携帯キャリアで契約するにあたって必要なものなので紛失は厳禁ですよ。

MNP予約番号を入手するにあたって、いくつか手続きを踏むことも。
auとは解約する形になるので、手続きに関する重要事項の説明が行われるかもしれません。余裕のある時間帯に手続きを進めたほうがいいです。

MNPの予約番号を入手したら、その番号を持って移転先の携帯キャリアで新規契約の申し込みをします。

この手続きが完了すれば、新しい携帯キャリアで従来の番号を使ってやり取りできますよ。

auのMNP予約番号とMNP転出手数料の関係性

auから別の携帯キャリアに転出する場合、MNP予約番号の発行を希望する際お金のかかることは理解しておきましょう。

MNPを利用する場合、以下の手数料が必要になりますよ。

それは

  • MNP転出手数料・・・auに支払うもの
  • 契約事務手数料・・・新しい携帯キャリアで支払う費用
  • 契約解除料・・・違約金のこと

の3つ。この中でも契約解除料を除く2つのお金はすべてのケースで必須。

具体的な金額は、以下に表としてまとめました。

各種手数料 料金
MNP転出手数料 3000円
契約事務手数料 3000円
契約解除料 9500円

MNP転出手数料と契約事務手数料で、MNPを利用するには少なくても6000円が必要になります。

契約解除料は、契約途中でほかのキャリアに乗り換える場合に、auに支払う違約金です。

つまりauからほかのキャリアにMNPを使って乗り換えるのなら、最大1万5500円かかります。

この費用のことも頭に入れて、今が乗り換えのタイミングか慎重に検討すべし!

auのMNP予約番号を取得するには3つの方法がある

auからほかのキャリアの転出する際にMNPを活用するなら、まずauでMNP予約番号を発行してもらう必要があります。

発行手続きの方法は主に3つ。それは

  • auショップにて手続き
  • カスタマーセンターに連絡
  • EZwebを使って手続き

このいずれか。それぞれどのような感じで予約番号を取得するか、以下で紹介しますね。

auショップ(店頭)へ行き取得する

日本全国にあるauショップでは、MNPの予約手続きできる窓口を用意しています。

通常auでMNP予約番号を発行してもらうためには、

  • 電話番号
  • 暗証番号

の2つが必要。それに加えauショップで手続きをするためには、身分証明書も持参しなければなりません。

運転免許証や保険証などで良いので、忘れずに持っていきましょうね。

auショップで手続きをする方法は、正直言ってあまりお勧めできませんね。まずわざわざ外出しなければなりません。

ほかで紹介する残り2つの方法は店舗に行く必要がないです。

また携帯電話のショップを利用したことのある人ならお分かりでしょうが、手続きに時間がかかるのもネック。
混雑状況によっても変わりますが、自分の番が来るまで30分くらい待たされるのは当たり前。下手すると1時間近く待たされることも。

さらにauのスタッフに対して解約を伝えることになります。これは気まずいですね。

そのようなことを考えると、できるだけ避けたほうがいいです。

カスタマーセンターへ電話をして取得する

auのカスタマーセンターに電話をかけて、MNP予約番号を発行してもらう方法もあります。

これは自宅からでも手続きできるので、auショップと比較して断然楽。早ければ5分程度・どんなにかかっても10分くらいで手続き完了しますよ。

auのMNP予約受付センターは、0077-75470です。これは携帯でも固定電話でも共通の連絡先です。

ちなみに通話料は無料

こちらに電話をかけると、音声ガイダンスが流れてきます。そうしたら以下のような流れで手続きを進めましょう。

  1. いくつか選択肢を提示されるので「予約の申し込み・お問い合わせ」である1番をプッシュ
  2. オペレーターにしばらくするとつながる
  3. 「MNPの予約番号の発行を希望する」旨を伝える
  4. 契約者情報を伝える
  5. MNP転出に関する説明
  6. 内容に同意すればMNP予約番号がSNSにて伝えられる
この中で契約者情報ですが、本人確認に必要な項目です。氏名・生年月日・電話番号・暗証番号などです。

最後の暗証番号はネットワーク暗証番号のことで、新規契約した際に設定しているはずです。

たとえ忘れていたとしても、そのほかの情報に間違いがなければ予約番号は発行されるので心配なく。

MNP転出に関する説明は、具体的には手数料や契約途中の場合解約金に関することです。

もしわからないことがあれば、その場でオペレーターに相談しましょうね。

こちらの方法は年中無休で受け付けています。土日祝日でもOKですが、受付可能は9~20時までなのでこの間に手続を進めましょう。

auケータイ EZweb(ガラケー)で取得する

auのガラケーを持っている人は、インターネットサービスのEZwebからもMNP予約番号の発行をお願いできます。

こちらもネット通信できる環境であれば、どこからでも手続きできますね。

EZwebを使ってMNP予約番号を発行してもらうには、ざっくり以下のような手順となります。

  1. 携帯電話にあるEZwebボタンを押し、トップページを立ち上げる
  2. 「auお客様サポート」を選択する
  3. 「申し込む/変更する」を選択する
  4. 「携帯電話番号ポータビリティ(MNP)」を選択する
  5. 確認事項のページが表示されるのでボタンを押して読み進める
  6. 予約番号の発行

このような流れです。

数分程度の手続きでMNP予約番号を発行できるはず。確認事項の手続きの中で、暗証番号を入力する工程があります。

暗証番号を忘れてしまったのであれば、オペレーターに確認するといいです。本人確認できれば、番号がわからなくても手続きを進められます。

ネットを使って手続きできるので、24時間いつでも受け付けてもらえると思いがちです。しかし受付時間は9時から21時半までなので注意が必要!

WebからauのMNP予約番号を取得する方法はある?

先ほども紹介したようにauからMNP予約番号を取得するのは3種類。

この方法を見ると、「Webから申し込みできないの?」と思う人もいるでしょうね。ほかの携帯キャリアでは、Webからの申し込みに対応しているところも多いです。

auの場合、EZwebを使ってガラケーからネットで申し込む方法はあります。

しかしパソコンやスマホから取得はできません。auショップもしくは電話連絡をしてMNP予約番号をゲットしましょうね。

auのMNP予約番号を取得する際の注意点

auだけでなく、異なる携帯キャリアに乗り換える際にはMNP予約番号を入手すると引き続き今使っている電話番号を利用できます。

しかし手続きをするにあたって、注意すべきポイントがいくつかあります。

主な注意点として

  • 引き継げるのは電話番号のみ
  • 分割払いの取り扱い
  • 予約番号の有効期限

この3つのポイントが挙げられます。以下で詳しく見ていきます。

メールアドレスは引き継がれない

MNPで次の電話に引き継げるのは電話番号だけです。メールアドレスについては引き継ぎできないので注意!auの場合「@exweb.ne.jp」のように、携帯キャリアでドメインがそれぞれ異なるためです。

LINEをはじめとして各種Webサービスに登録するにあたり、携帯電話やスマホのメールアドレスを使っている人もいるでしょう。

この場合乗り換えご利用できなくなる恐れがあります。

乗り換えを検討しているようであれば、全部登録内容の変更を行っておきましょう。メールのやり取りをしている知り合いにも早めに伝えておくこと。

端末代の分割支払いが残っている場合は支払いが必要

スマホユーザーの間で多いでしょうが、端末を購入した際に分割払いを選択している人はいませんか?

分割払いが完了していない段階で、他社乗り換えはできます。ただし当然のことながら、引き続き端末の分割の支払は続きます。分割払いでも残金一括払いでも、好きなほうを選択可能。

新規契約する予定のスマホも分割払いを希望する場合、当面2つの端末の料金を負担する形になります。

プラスして通話料・データ通信料もかかります。これらの費用をねん出できるのか、慎重に検討すべし。

またauでは毎月割というサービスを用意しています。しかし解約をすると毎月割もその前月の利用分で終了します。このため、負担が大きくなる恐れが高いので注意が必要

乗り換えた場合、どの程度の料金がかかるのか、あらかじめシミュレーションしておくのがおすすめ!

予約番号には有効期限がある

MNP予約番号を一回発行してもらったら、速やかに次の携帯キャリアの新規契約手続きを進めること。

というのもMNP予約番号には有効期限があるから。MNP予約番号は、発行した日も含めて15日間しか使用できません

もしうっかりしていてMNP予約番号が失効してしまったら、再発行手続きをしましょう。

この再発行手続きは何度でも行え、料金が余計にかかることもなし

ただしいちいち予約番号の発行手続きをするのは面倒なので、1回で速やかに移行したほうがいいですよ。

またMNP予約番号を発行してもらったら、auとは解約したものと思っている人も多いようです。

しかし次の携帯キャリアで新規契約をした段階でないと解約扱いにはならないので注意しましょう。

auのMNP引き止めポイントでお得に機種変更

auにMNP予約番号の発行手続きをお願いすることは、「あなたのところの契約は解除しますよ」と同じ意味。

auとしてみれば、そのまま「はいそうですか」というわけにはいきません。

MNP予約番号の発行手続きを希望すると伝えると、あれこれ引き留め策を講じます。例えば転出先や解約理由を聞かれます。

これは正直に伝えればいいです。解約理由も「お得になるから」「家族がみんな使っているから」のように言っても問題なし。

このように伝えると、auでは引き留めのためにいろいろな提案をします。その中には割引の提案を持ち出すこともありますよ。

その中で「引き止めポイント」「コジ割り」と呼ばれる、特別ポイントの付与を実施するケースもみられます。
これは何もauに限ったことではなく、NTTドコモやソフトバンクでもやっているみたいですね。

auの引き止めポイントは、契約期間の長短で決まるようです。10年以上契約し続けていると3万円程度のポイントの発生する可能性があります。

10年未満だと1万5000とか2万円分のポイントが発生しますよ。説得に応じてこのポイントをもらったほうが、むしろお得に機種変更できる可能性も

引き止めポイントで重要なのは、先ほど紹介した解約理由です。正直に事情を説明することです。

もし「なぜ言わなければならないのですか?」「言いたくありません」と理由を明確にしないと、「申し訳ありませんでした、では手続きを進めさせていただきます」と引き止めポイントの話すら出てこなくなるからです。

auのMNP予約番号をキャンセルできる?

auで電話やショップなどで手続きをすると、MNP予約番号が発行されます。

ところで事情が変わって引き続きauの携帯電話を利用したい、15日以内に新規契約ができないなどキャンセルしたいケースも出てくるでしょう。結論から言うとMNP予約番号をキャンセルすることは可能です。

  • 自動的にキャンセル扱いに
  • 連絡を入れてキャンセルする

のいずれかの方法で対処できますので、詳しく見ていきましょう。

自動的にキャンセルされるケース

先ほども紹介したように、MNP予約番号の有効期間は発行した日を含め15日間です。もし15日が経過すれば予約番号は失効、事実上キャンセルしたのと同じことになります。

もし携帯キャリアの乗り換えをやめようと思ったら、新規契約を行わなくてそのまま放置していれば、自動的にキャンセルされます

もし仕事が忙しいなどの理由で、うっかり15日経過してキャンセルされるとその予約番号は使えません。

その場合、再度手続きをして新しく予約番号を発行してもらわないといけませんよ。

こちらからキャンセルの連絡を入れるケース

MNP予約番号は一定期間経過すれば、自動的にキャンセルされます。しかしこちら側から連絡を入れて、予約番号をキャンセルすることも可能です。

auのお客様センターなどにコンタクトをとって、「間違ってMNPの手続きを進めてしまったのでキャンセルしてほしい」と伝えれば、対応してくれるはず。

口コミサイトやSNSの意見を見てみると、「電話しただけではキャンセルできない」という意見もみられますね。

auは連絡をすれば、その通りに対処してくれることが多いはず。

早くキャンセルして身軽になりたければ、この方法を検討すべし!

キャンセルするのに料金は発生する?再発行は可能か?

MNP予約番号をキャンセルした場合、何らかのペナルティが発生するか心配な人もいるでしょう。

結論から言ってしまうと、その発行された予約番号が使えなくなるだけ。何らかの費用の発生することはないのでご安心を。

MNP予約番号をキャンセルされて、また発行を希望するのなら再度手続きするのももちろん可能。最初の時と同じ手続きで予約番号が発行されます。

発行するにあたって追加で料金請求されることもないです。ただしもちろん以前とは別の番号になっているので、その部分は注意しましょう。

auの解約のみをしたい場合

MNPなしでauの携帯電話を解約だけしたければ、auショップで手続きをします。

MNPの場合には、移転先の携帯キャリアで新規契約が成立した時点で自動的に解約になります。

しかしMNPを利用しないと自動解約ができないので、解約手続きを自分で行う必要があります。

解約手続きはスタッフが案内してくれるので、問題なくできるはず。ただし必要書類があるので忘れずに準備を!

その必要書類とは

  • 印鑑
  • auの携帯電話端末
  • 本人確認書類

の3つです。印鑑と携帯端末はなくても解約は可能。押印の代わりにサインで大丈夫。

本人確認書類は、運転免許証パスポート健康保険証のいずれか一つを準備すること。本人確認書類は原本のみ有効で、コピーは認められないので注意しましょう。

まとめ

MNPで今までと同じ電話番号を次の携帯キャリアでも利用したい、でも手続きは難しそう…と不安に感じている人もいるでしょうね。しかし上で紹介したように、それほどMNP転出するのは難しくありませんよ。

ただし注意すべきことがいくつかあります。

まず電話・ガラケーのEZWebからでも申し込みできますが、営業時間の制約があります。土日祝日も受け付けているので、休みの日、余裕のある時に手続するといいですね。

もう1つ、MNP予約番号には有効期限があることも注意。15日間で失効してしまうので、早めに手続きを進めましょう。ただしもし手続きするのを忘れていても、再発行はできますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 65
    follow us in feedly

  関連記事

MVNOのSIMを検討している人は必見!3大キャリア別SIMロック解除の方法まとめ

MVNOを使えるようにするためには【SIMロックの解除】が必要になります。 SI …

格安スマホに移行する場合いままで使っていたメルアドを引き続き使用できるの?

キャリアのメールアドレスは使えなくなる いままで主要キャリアを使っている人は、キ …

え?!スマホの月額料金、まだ一万円近く支払ってるの?!MVNOの格安SIMがあるのに…。

スマホユーザーが年々増加している中、月額料金の高さが気になる方も多いです。 中に …

日本で購入する必要なし!海外SIMフリー気を購入するメリット

目次1 SIMフリーの端末は海外製のものもある2 SIMロック解除の手間が省ける …

格安スマホで欠かせないSIMフリーの端末・平均価格はどのくらい?

格安スマホの利用法 インターネットなどを中心として、主要キャリアと比較して電話料 …

softbankの料金プランの見直し!気になるmvnoは?

お父さん犬でおなじみのsoftbank。 色々と柔軟な体制で多くのユーザーを掴み …

wi-fiルーターの決定版【WiMAX】!!! おすすめ端末はどれ?

国内で最も支持率が高く、利用者が多いwi-fiは「WiMAX」ではないでしょうか …

主要キャリアの2年縛り…それでもMVNOに移行した方がお得!

2年縛りの壁… 格安スマホがいろいろと紹介されているので、乗り換えを検討しようと …

格安スマホに乗り換える前にデータ引継ぎの方法をマスターしよう

目次1 格安スマホへの移行で2割の人が失敗したと感じている2 電話帳の移行3 写 …

少しでも初期費用を安くしたい!間違いなく格安SIMをお得に購入するには?

自分の持っているスマホを活用する 格安スマホを導入することで、大手キャリアのスマ …