セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

ソフトバンク MNP予約番号をわずか2、3分で取得する方法と手続きの流れを解説

   

ソフトバンクからほかの携帯キャリアに乗り換えたいと思っている人はいませんか?最近では格安スマホもいろいろと出ていて、電話料金を節約するために乗り換える方も少なくないですよね。

この時、「友達や知り合いにいちいち伝えるのは面倒だから、使っている電話番号は引き続き使用したい」と思う人も多いはず。その場合、キャリア変更しても引き続き現在の電話番号が使える携帯電話番号ポータビリティMNP)を活用するのは周知の事実ですよね。

今回はMNP番号を取得する方法や必要な手続きについて詳しく見ていきます。

MNP予約番号は解約して乗り換える時に必要不可欠

携帯キャリアを乗り換えても現在使っている電話番号を引き続き使用するためには、MNPの手続きをするのが先決。この手続きをするにあたって、MNP予約番号を取得する必要があります。

MNP予約番号とは通行手形のようなもので、乗り換え手続きの時に必須なアイテムです。まず解約する現在のキャリアでMNP予約番号を入手し、そのうえで新しく契約するキャリアにその番号を通知することで、皆さんの電話番号が引き継がれます。

他社にMNP転出する時に発生する手続きとその流れ

MNPの手続きをするためには、端的に言うと2つのステップを踏む必要があります。

それは、

  • 現在契約している携帯キャリアからMNP予約番号を取得すること
  • 次に契約する携帯キャリアで新規申し込みをする際に、取得したMNP予約番号を通知すること

の2つです。

ただしこのMNP予約番号を取得するためには、キャリアによって方法の異なります。契約しているキャリアでどのようにMNP予約番号を入手するか前もって確認しておきましょう。

事前に準備するもの

事前に準備するものは、

  • 電話番号
  • 暗証番号(契約時に設定した4ケタの番号)
  • 身分証明書(免許証・保険証など)

です。

暗証番号

電話番号に続いて暗証番号は必要ですね。暗証番号といわれてピンとこない人もいるかもしれませんが、最初に契約した時に4桁の番号を設定しているはず。しかし前に契約した方の中には、暗証番号を忘れてしまったという人もいるかも。その場合でも心配はありません。

暗証番号を忘れた場合、ソフトバンクではオペレーターが対応してくれます。この時に生年月日や住所など個人情報を申告することで本人確認手続きをします。そこで契約者本人と確認できれば、MNP予約番号を発行してもらえます。

また前もって本人確認書類を提示すれば、暗証番号を変更できます。覚えやすい番号に変えてからMNP手続きを進めるのも一つの方法です。

身分証明書

ソフトバンクでは店舗にて予約番号の発行も実施しています。店舗で予約番号の発行手続きを行うのであれば、身分証明書が必要です。運転免許証や保険証などを持参し手続きしましょう。

ソフトバンクから発行してもらう方法は3種類

ソフトバンクでMNP予約番号を発行するにあたって、主に3つの方法が考えられます。電話MySoftBankソフトバンクショップのうちいずれかで予約番号を発行してもらう方法を選びましょう。

それぞれの方法について以下で詳しく見ていきます。どの方法をとるかで手続きのスピードも変わってきます。できるだけ早く乗り換えたいと思っているのであれば、早めに手続きできる方法を選ぶのがおすすめ。

電話で発行する

ソフトバンクの場合、電話からMNPの予約番号を取得する方法が取れます。携帯電話のほかにも固定電話からでも手続き可能。

自動再生の案内に従って手続きを進めるのですが、その中でネットワーク暗証番号の入力が求められます。もし暗証番号を忘れた場合でもオペレーターにつながって、そこで本人確認すれば予約番号を発行してもらえます。

暗証番号を忘れた場合、電話で手続きするといいです。ただし電話受付は9時から20時までとなっていますので、時間帯は注意が必要。

MySoftBankで発行する

こちらはいわゆるガラケーの場合です。ガラケーを持っていて乗り換え手続きをしたければ、MySoftBankの利用が可能です。予約番号は即時発行されますので、早く簡単に新規契約をしたい人におすすめ

しかし24時間受付対応しているわけではないので、その点は注意が必要。9時から21時30分までの受付をくれぐれもお忘れなく!

ソフトバンクショップで発行する

日本全国にあるソフトバンクショップでMNP予約番号を発行してもらう方法もあります。電話番号と暗証番号のほかにも、身分証明書が必要。本人だけにしか手続きが認められていないので、代行は不可です。

電話では不安、対面で確認しながら手続きを進めたい人は、こちらで発行してもらうというのも手です。しかし、携帯ショップの場合、長時間待たされることが多いです。スムーズにMNPの手続きをしたい方にはあまりお勧めできません。

電話で発行する方法とその流れ

ソフトバンクのMNP手続きで最もポピュラーなのは、電話を使った方法。MNPの問い合わせ窓口がありますので、こちらに連絡しましょう。受付時間は9時から20時までとなっています。

携帯電話からは*5533・固定電話の場合0800-100-5533です。フリーダイヤルなので、電話料金の心配も全くなし。

まずはMNP問い合わせ窓口への電話から

こちらに電話をかけると自動音声の案内がすぐに始まるはずです。音声の案内に従って、「MNPの手続き」を選択します。そうしたら自分の現在の電話番号を入力しましょう。続いて暗証番号を入力するのですが、忘れてしまった人もいるかもしれません。その場合は、担当オペレーターに問い合わせることができます。

すると「ご用件は?」と聞かれますので、「MNPの申し込みをしたい」と伝えます。MNPが出てこない場合には「今の電話番号のままで他社に乗り換えたい」と言っても問題ないです。暗証番号を忘れていても、オペレーターの本人確認に関する質問に答えていけば、手続きを進めることができます。

以下で詳しく見ますが、引き留められる可能性は十分あります。理由は簡単、ソフトバンクとしてみればみすみす顧客を失うことにつながりかねないからです。しかしきちんと断れば、しつこく引き留められるようなことはありません。

手続き完了後は?

MNPの予約番号発行における必要な手続きが完了すれば、番号が通知されます。ソフトバンクの場合、SMSで予約番号が送信されます。その番号を確認したうえで、新規契約を別のキャリアで行いましょう。

MNP予約番号がないと、別のキャリアで今の番号が使えなくなります。SMSのメッセージをうっかり消去してしまうことのないように、厳重管理を心がけましょう。

ちなみにこの予約番号は、乗り換え先における契約が完了するまでソフトバンクも引き続き利用できますよという暗号のようなもの。このため、当面は現在お持ちのスマホ・携帯電話を使って通話やデータ通信が行えます。仮の状態と思ってもらえればOKです。

MySoftBankから発行する(ガラケーの方のみ)

こちらはガラケーからMNPを取得する場合です。

3G回線のガラケーを利用している人は、「MySoftBank」というソフトバンクのユーザー専用のポータルサイトからでもMNPの手続きを進められます。ガラケーの方はこちらで手続きするのが最も簡単かも!

スマホやiPhoneユーザーは利用できませんのでご注意を。画面に案内が出てきますので、その指示に従って手続きを進めれば予約番号は問題なく発行されるはずです。

MySoftBankにおけるMNPの流れは、メイン画面の「設定・申し込み」から、

  • 「設定・変更」
  • 「契約者情報の変更」
  • 「番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」
  • 「番号ポータビリティ(MNP)予約(予約番号の発行)」

という順番です。ここまで完了すれば、すぐにMNP予約番号が発行されます。

個人差は若干ありますが、MNP予約番号が発行されるまでの所要時間は5分程度が目安と思ってください。ただしMySoftBankは24時間受付対応していないので注意しましょう。9時から21時半までの受付になります。ちょっとした空き時間に速やかにしてしまうのがおすすめ!

ソフトバンクショップで発行してもらう

もし近所にソフトバンクショップがあれば、こちらに出向いてMNP予約番号を発行してもらう方法もあります。しかしこの方法は、先に紹介した2つの方法と比較するとあまりお勧めできません。

買い物など、何かのついでに店舗に寄るのであればまだしも、わざわざ予約番号を発行してもらうためだけに出向くのは面倒なものです。また、混雑していると何時間も待たされる恐れがあります。そのうえ、ソフトバンクのスタッフに面と向かって解約の旨を伝えるのは、気が引けるかもしれません。

もしソフトバンクショップでMNPの予約番号発行する場合には、電話番号と暗証番号のほかに身分証が必要です。二度手間にならないようにするためにも、運転免許証や健康保険証のような公的な書類を忘れずに。

違約金はかかる?

MNPをするにあたって、数種類の費用がかかりますのでこちらも注意が必要です。まず、MNP転出手数料がかかります。またソフトバンクでは、ほとんどの機種で2年契約を採用しています。契約期間内に乗り換えるとなると解約扱いになって、こちらでも手数料がかかります。

MNP引き止めポイントをもらってお得に機種変できることも

ソフトバンクにほかのキャリアへの乗り換えをするためMNPの申し込みをする際、引き留めの説得を受けるかもしれませんね。その引き留めの中には、魅力的なことを言われる場合もあるようです。

ソフトバンクの引き留めの体験談は、インターネットでも数多く投稿されています。その中には、ポイント付与などの特典を付けるといったことを言われたというコメントも見受けられます。

具体的には「もし継続をされるのであれば一定期間月額料金を割引しますよ」とか、「機種変更であれば3万円分のポイントをプレゼントいたします」といったもの。ですからあえてその気はなくてもMNPの申し込みをすることで、このような恩恵を受けられるかもしれません。

そのほかにも「今は月の初めなので解約しても日割りにはなりませんから月末に解約されませんか?」といったことを言われることもあるようです。しかしどうしてもキャリアを変えたい場合は、今すぐにと申し出ると、それ以上しつこく説得されることはないはずです。

MNP転出時に手数料がかかる

ソフトバンクに限ったことではなく、MNP転出する際には手数料が発生しますので注意しましょう。いくらかかるかは、どのタイミングでMNPの申し込みをするかで変わってきます。もし契約期間中に転出する場合には、契約解除料が発生します。契約満期でもMNP転出手数料が発生しますので、いくらかのコストのかかることは覚えておきましょう。

1. MNP転出手数料

ソフトバンクでMNPの手続きをするのであれば、必ずMNP転出手数料がかかります。手数料はソフトバンクと契約してどのくらいの期間が経過しているかで変わってきます。

契約して翌々月末までに解約した場合には5000円、それ以降であれば3000円です。2か月くらいで新規契約を解除する人はあまりいないはず。ですからたいていの人は3000円の手数料を負担する形になります。

ちなみにMNPで新規契約する次のキャリアでも手数料がかかります。正式名称を契約事務手数料といって、3000円一律で発生します。こちらは新しいキャリアの初月の請求の中に自動的に含まれるはずですから請求書でチェックしましょう。

2. 契約解除料(違約金)

ソフトバンクの場合、基本的に契約期間は2年間と定めています。そして2年経過すると、自動的に契約更新となりさらに2年間延長されます。これがずっと繰り返されるので、契約更新する月で乗り換えれば問題ありません。しかし契約の途中で乗り換えるのであれば、解約扱いになります。この場合、どのキャリアでも契約解除料という違約金が請求されます。

ソフトバンクでは料金プランによって、契約解除料の金額も違ってきます。最高で2万4500円かかるプランもあります。しかし多くのプランでは9000~1万円程度の違約金負担になるみたいですね。

違約金を負担しないためには?

もしこの違約金を負担したくなければ、更新月まで乗り換えは我慢すること。しかし長くソフトバンクと契約している人の中には、自分の更新月がいつなのかわからない方もいるはずです。その場合にはショップで問い合わせするか、もしくはMySoftBankで確認できますよ。

最後に転入先で手続きする

MNP予約番号をもらったら、新しいキャリアで新規契約を申し込みましょう。この手続きをするにあたって、予約番号は必須。忘れずに準備しておきましょう。携帯ショップなど、新規契約してその場でスマホ・携帯電話を入手できれば、スムーズに移行できます。

ただし格安スマホに乗り換える場合、申し込んでから自宅にSIMカード・端末が届くまで多少時間がかかるかもしれません。

申し込んだ段階で、前のキャリアの通信停止のため、しばらく通話・データ通信できない期間が発生する可能性も。その場合、日常生活で必要な連絡をどのように取るか、対策が必要です。

まとめ

MNPの手続きは、それほど複雑なものではないのでご心配なく。上で見たようにソフトバンクの場合、スマホを使って来店せずに行えます。もしほかのキャリアに乗り換えたければ、MNPを活用しましょう。

ただしMNP転出手続きにあたって、注意しなければならないことがいくつかあります。

それは、

  • コストの問題
  • MNP予約番号には有効期限があること

の2点です。

まずはコストの問題。少しでも余計な出費を抑制したければ、契約更新月まで待つこと。契約解除料の負担を免除できますし、1万円前後の節約なので一般庶民には大きいでしょう。

また、MNP予約番号には有効期限があります。入手したら速やかに次のキャリアの契約を進めましょう。ソフトバンクの場合、申し込んでから予約日を含めて15日間です。15日以上経過すると無効になってしまうので、手続きを一からやり直さなくてはいけません。MNP予約番号を取得したら、早めに契約しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 63
    follow us in feedly

  関連記事

格安スマホにクーリングオフ?スマホトラブル対策で機能するか?

多いスマホトラブル スマホやケータイはほとんどの人が持っていますが、このケータイ …

どれを選んだらいいの??これを読めばwi-fiルーター選びにもう困らない!押さえておくべき比較ポイント!

wi-fiルーターは「自分がどんな使い方をするか?」に合わせて選ぶことが大切です …

Wi-Fiルーターって何?上手く使えばスマホ通信費の大幅な節約になるんです!

スマホの通信費を安くするテクニックはいくつかありますが、手軽に始められて、なおか …

スマホに使うお金をとにかく安く抑えたい人必見!爆安価格のmvnoSIMはこれだ!

mvnoを提供しているサービスは多いですが、料金やサービス内容はそれぞれ異なりま …

スマホとガラケーの2台持ちで携帯電話の月額料金が大幅に節約できちゃうんです!!

スマホの月額料金を節約するテクニックに「wi-fiルーターを活用する」方法があり …

少しでも初期費用を安くしたい!間違いなく格安SIMをお得に購入するには?

自分の持っているスマホを活用する 格安スマホを導入することで、大手キャリアのスマ …

ネットがなければ生きていけないヤツにはこれしか無い!速度制限無しのmvnoの料金とサービスを比較してみよう

mvnoから提供されているSIMのほとんどはデータ通信量に上限が定められています …

格安スマホで欠かせないSIMフリーの端末・平均価格はどのくらい?

格安スマホの利用法 インターネットなどを中心として、主要キャリアと比較して電話料 …

え?!スマホの月額料金、まだ一万円近く支払ってるの?!MVNOの格安SIMがあるのに…。

スマホユーザーが年々増加している中、月額料金の高さが気になる方も多いです。 中に …

SIMロック解除不要!docomo系格安SIMの使用であなたのdocomo携帯はグッと安くなる!

格安SIMを使うことで携帯電話料金を大きく節約することができると話題になっていま …