セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

食品関連の資格を取って在宅ワークや収入アップにつなげよう

   

ネット収入を目指すために在宅ワークを検討している人も多いと思います。

確かにこれらはニーズが高いですし、スキルに応じてしっかりと稼げます。そんな中でジワジワと人気を伸ばし続けているのが「食品関係」の収入です。まずはどんなお仕事があるのかをチェックし、それに役立つ資格もあわせて確認していきましょう。

■栄養士

名前の通り、栄養に関する専門的な知識を持つ資格です。具体的には栄養の指導を行うのがメイン。

病院、福祉施設、学校といった公的機関はもちろん、最近では民間企業からのニーズも高いです。

栄養士の資格を持つことがなぜネット収入に繋がるのか。

まずひとつは「栄養学」という高い専門性を持っているため、栄養やレシピなどのライターとして活躍できます。案件はあまり多くは無いかもしれませんが、栄養学をベースとした情報提供サイトでライターを募集していることがあります。専門家として顔やプロフィールを公開しても良い、というならもっとニーズは高まるはずです。

またネットサービスの中には、オンライン上で会員の食事内容をサポートするものもあります。例えば、ダイエット目的で登録した人に「もっとたんぱく質を多く取ったほうが良い」「カロリーが高いからこういう食材を使った料理を意識してみては?」といったアドバイスができますよね。

もちろん、自分でこういった「栄養士ならでは」のサポートを強みとしたネットサービスを展開するのも面白いと思います。

■カフェプランナー

「日本カフェプランナー協会」が認定する資格です。具体的には、カフェを経営する際に必要となる知識を持っていることをあらわしています。

例えば、1級ならデザートのデコレーションや軽食メニュー、さらにはテーブルデコレーション、カフェプロデュース…といった内容になります。級が下がるごとに難易度も下がっていくので、まずは基本的なコーヒーや紅茶の淹れ方をマスターしたことを証明する4級からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

カフェプランナーの資格を持っていると、自宅カフェを開店することだってできます!例えば、最初は週末だけオープンしてみて、ある程度お客さんがついてきたら脱サラして本格的に自宅カフェを経営…といったスタイルをとっている人は結構多いものです。

3級で接客技術も問われてくるので、自宅カフェを目指すなら最低でも3級以上は持っていた方が良いかもしれませんね。

■フードアナリスト

食に関する資格の中でも注目度がとても高いのがフードアナリストです。

どんな資格なのか…というと「食に関するスペシャリストとして分析・評価を行う」ことができるようになります。

例えば、食品メーカーと連携して商品を開発したり、タウン誌のレストラン・カフェのライターとして活躍したり…と幅が相当大きいです。

衣食住という人間が生きていくうえで必要不可欠なうちの食の専門家なわけですので、それだけニーズが高いと判断して間違いありません。

フードアナリストの資格を持っていれば、実にさまざまな仕事が選べるようになります。先述した食品開発やライターとしてはもちろん、地域密着系のイベントプロデュースにも必要不可欠ですし、オンラインサービスを通じて講師として活躍している人もたくさんいます。またテレビやラジオでコメンテータとして活躍することも!

フードアナリストは4級から始まり、その級を有していれば次の級が受けられる…という仕組みになっています。1~4級、そして特級があります。特級が取れれば、誰もが認めるスペシャリスト、と自負できるので、それだけで生活ができるレベルといっても過言ではありません。

■その他の資格

これらの資格の補助として取得しておくと有効なものはまだまだたくさんあります。例えば、アクアマエストロ(水のスペシャリスト)、カレーマイスター、コーヒーコーディネーター、パンアドバイザー、調味料マイスター、和食マイスター、食生活アドバイザーなどなど…。

メインとなる資格は上記した栄養士やカフェプランナー、フードアナリストが強いですが、もっと特定の分野に特化したい!色々な分野をしっかりと掘り下げていきたい!というときはこれらの資格も検討してみてはいかがでしょうか。

■動画配信も魅力的?

youtubeなどの動画配信サービスで、自身が料理をしている風景をアップしている人も徐々に増えてきています。これだけで生活するほどの収入を得るのは並々ならぬ努力と、それなりの運が必要にはなってきます。しかし、お小遣い稼ぎ程度なら…という人はチャレンジしてみても良いかもしれませんね。

できれば、他の投稿者と内容がかぶらないように、独自のレシピを考えてみたり、栄養士やフードアナリストならではの解説を加える…といった工夫を取り入れると差別化できて良いと思います。

自分で動画編集などをしなくてはならないので、ちょっと勉強が必要にはなりますが、撮影はスマホでもOKなのでそこまでハードルは高くないと思います。

■まとめ

食に関するお仕事は思いのほか多いものです。店舗などに直接足を運ぶ機会も多いでしょうから、育児や介護などで自宅から出られない人はライター業にスポットを当ててみてはいかがでしょうか。

また友人や近所の人たちを集めて自宅カフェを目指したい人もいるでしょう。自宅に利用者を集めて、料理教室を開くのも良いと思います。最近だと大手以外にこういったサービスがほとんどなくなってしまったので、地域によっては案外需要があるかもしれません。

先ほど紹介したyoutubeなどの動画サイトも、自宅カフェや料理教室の宣伝ツールとして活用するのもオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 62
    follow us in feedly

  関連記事

意外と稼ぎに使えるかも?誰得な面白い資格たち

資格を取る=稼ぐため、あるいはキャリアアップのためというイメージがありますが、世 …

美容関連資格を取って収入アップを目指す!自宅でサロンを開業しよう

私たちの身の回りには実に様々なサロンがあります。 美容院、ネイルサロン、マツエク …

ヨガ講師の資格を取って自宅でヨガ教室を開業しよう

自宅を使ったり、貸しスタジオを使ってお金をかけることなく事業を始めたいと考える人 …

自宅でカウンセラーとして活躍するための覚えておきたいポイントと役に立つ資格

生活水準そのものは昔よりもずっと豊かになっている現代の日本ですが、心にわだかまり …

語学に関する資格取得でネット収入を目指す!在宅翻訳など仕事がたくさん!

在宅ワークもネットを通じてやり取りできるようになってきたため、昔と比べれば随分と …

資格を取って自宅をピラティス教室として開業しよう

海外でブームになり、日本でも流行しているピラティス。 体と心をコントロールするこ …

簡単にとれてけっこう稼げる!フォークリフトの資格を目指してみよう

求人情報誌や求人サイトなどを見ていると「フォークリフトの資格を持っている人募集! …