セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

先にとらわれずゆっくり10年間で1000万円を貯めてみる。

   

10年で1000万円貯金するために1日2740円貯める環境を作る

1000万円貯金したい…!貯金家だけでなく、一般の生活を贈っている方にとっても1つの目安になる金額ではないでしょうか。

とはいえ、毎月そんなにお金に余裕があるわけでも無い人からすればかなり厳しい条件に感じられるかもしれません。

ということで、1000万円貯金するための現実的な期間としては10年くらいを設定しておくのが良いと思います。今回は10年間で1000万円貯金するための方法を紹介していきます。

1日あたり、1ヶ月あたりの貯金額を計算する

貯金額を細かく分けて考えてみましょう。
まずは1年間の貯金額から計算していきます。

1000万円÷10年=100万円

毎年100万円ずつ10年間貯金し続けることができれば1000万円貯金できます。

次に1ヶ月あたりの貯金額を計算してみます。

1000万円÷120ヶ月=8万3334円

毎月8万3500円くらい貯金し続けることができれば目標達成ですね。

そして最後に1日あたりの貯金額。

1000万円÷3650日=2740円

毎日3000円くらい貯金できれば10年後には1000万円貯まっている計算になります。

ぱっと見るとかなり厳しく感じる人もいれば、十分狙っていけると感じる人もいるのではないでしょうか。平均的な収入があれば、きちんと節約するだけで目標達成できる内容ですね。

自動貯金サービスで手堅い環境を構築する

毎月貯金用の口座に8万3334円以上入金するのはなかなか大変だったりします。またお金が手元にある、という気持ちはついつい使いたくなる衝動が生まれてしまうもの。
これを回避するためにも、貯金忘れを避けるためにも「自動貯金サービス」「自動振替サービス」を上手に活用していきましょう。いくつかの銀行で用意されているサービスです。

具体的には、給料日になったら指定した金額が貯金用口座に振り込まれる、というシンプルなものです。
10年で1000万円貯金しようと思うなら、給料日が来るたびに8万3334円以上入金できるように設定しておけばOK。

節約できる部分を考える

限られた収入の中で、貯金額を増やすためには節約が1番効果的です。
ちょっとした工夫だけで自分な節約効果が生まれるので意識したいところです。

ご飯や飲み物は自作しよう

コンビニなどでお弁当を買ったり、ペットボトルのジュースを買ったりすると思っているよりも出費になってしまいがちです。
1回あたりの出費は1000円未満だったとしても、それを毎日繰り返していると血行な金額になってしまいます。なのでペットボトルのジュースを買うならスーパーやドラッグストアを上手く活用する、お弁当はできるだけ自作するのがオススメです。
簡単に冷凍食品を詰め合わせただけのお弁当でも1食当たりは200円から300円くらいまで抑えられます。

固定費の見直し

光熱費を始め、様々な固定費があります。
固定費は意外と節約効果が高いので積極的に狙っていきたいところです。電気代やガス代、水道代についてはできるだけ無駄がないように心がけるだけでもかなり変化が見られます。

また携帯電話代に関しては、格安SIMを活用することで大幅にコストダウンできる可能性が高いので検討してみましょう。同様にインターネットプロバイダーも見直しするとかなり安く済ませられる可能性もあります。

収入が増やせるか考えてみよう

月々8万円以上貯金に回すと考えると、現在の収入では厳しい人もいるでしょう。そういった場合はどうにかして収入を増やせないか考えたいところです。

バイトやパート

コンビニやファミレスなどバイトやパートの掛け持ちをするのが確実に稼げる方法です。例えば仕事が終わってからの数時間だけでも働くことができれば簡単に貯金額は稼げるでしょう。ただ、体力的・精神的な負担のことを考えるとそれなりに仕事を選ぶ必要は出てきそうです。

ネット副業

インターネットを通じて仕事を引き受け、報酬がもらえる環境が充実しています。これなら仕事が終わってから自宅に帰ってきて、毎日3時間くらいネット副業をするだけで思っているよりも稼げたりします。
もちろんスキルや実力などの関係してくる部分なので誰でも簡単に稼げるとは言えませんが、これを機に色々と勉強してチャレンジするのも良いと思います。

投資

株やFXといった投資はある程度元手が必要で、それなりのリスクはあるものの、うまくいけばがっちり稼げます。
誰でも簡単に稼げるとは言いませんが、セオリー通りにやれば安定して稼げる部分はあります。ハイリスク・ハイリターンな面が強いので検討は入念に。

■まとめ■

10年で1000万円貯金していくための流れは次のようになります。

まずは1日、1ヶ月単位の必要な貯金額を計算
自分自身の収入と支出の内容を把握する
無駄な出費を減らすための節約術を取り入れる
節約だけでは目標達成が厳しい場合は収入を増やす手だてを考える

結局のところ、1ヶ月単位、1日単位でどれくらい貯めないといけないのかを把握するところが最も重要だと思います。

目標を細分化し、自分ができること、やるべきことを明確にして目標達成を目指してチャレンジしていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 61
    follow us in feedly

  関連記事

子どもが生まれたら大学に行かせることまで考えた貯金計画を立てましょう。

早めの計画と貯蓄で子どもの将来を明るくするためのコツ 子どもを一人育てるためには …

普段の生活とのバランスをみて3年間で100万を貯金する方法とは?

3年で100万円貯金するために1日914円貯める環境を作る 将来のことを考えて、 …

3年で1000万円貯金するための節約・投資術

3年で1000万円貯金するために1日9133円貯める環境を作る 1000万円と言 …

本多式4分の1貯金法をマスターして貯蓄体質を作り上げよう!

本多式4分の1貯金法はちょっとした心構えで自然と貯金ができるようになる! 貯金し …

1000万円だって夢じゃない!効率良く貯金するための節約と投資法

1年で1000万円貯金するために1日2万7398円貯める環境を作る 短期間でしっ …

公共の制度を利用して申請しないともらえないお金をゲットしよう

対象者と申請先をしっかり確認しよう   いろいろな制度を利用して節約し …

貯金!はじめの一歩は!1年で100万円を目指す

1年で100万円貯金するために1日2740円貯める環境を作る 何か欲しいものがあ …

img56
日本人は仕事でも家庭でも満足できない?その理由は何?

家庭でもリラックスできない日本人が多い理由もチェック 世界的に見て仕事の満足度の …

じっくり派のあなたに10年コツコツ100万円の貯金をするやり方。

5年で100万円貯金するために1日274円貯める環境を作る 長期的なスパンでじっ …

景気と安保法案可決の関係性は?節約による影響は?

日本は長い間法律によってがんじがらめの状態になっていました。その法律によって身動 …