セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

ゆったり5年のスパンで1000万円の貯金をはじめる。

   

5年で1000万円貯金するために1日5480円貯める環境を作る

1000万円という大金を貯金するためにはそれ相応の工夫が必要となってきます。
もちろん年収によって難易度は大きく変わってきますが、平均的な年収でも十分狙える貯金額だと思います。

1000万円貯金することができれば、将来への備えになりますし、何か大きな買い物をするときに必ず役に立ってくれるはずです。

では現実的にどれくらいの期間で1000万円貯金することができるか、というのを考えると「5年で1000万円貯金」辺りになるのかな、という感じがします。
ということで今回は5年で1000万円貯金する具体的な方法について紹介していきます。

1日、1ヶ月あたりの貯金額を計算してみよう

5年間で1000万円貯金する、という漠然とした目標を掲げるよりも、細かく分けて考えた方が発生しやすいのは間違いありません。
ということで貯金額を細分化していきましょう。

まず1年間に貯金する金額から計算していきます。

1000万円÷5年=200万円

毎年200万円ずつ貯金することができれば5年後には1000万円貯まっている計算です。

次に1ヶ月に貯金する金額を計算しましょう。

1000万円÷60ヶ月=16万6667円

大体17万円近く月々貯金して、これを5年間続ければ1000万円ですね。こうやって考えてみると、17万円貯金するためにはそれなりの給料がないと難しいことが分かります。

そして最後に1日あたりの貯金額を計算しましょう。

1000万円÷1825日=5480円

毎日5480円、およそ5500円貯金し続ければ5年間で1000万円の貯金額になります。

ボーナスはあてにしない方向で考えた方が良い

会社員の人なら多くの方がボーナスをもらっていると思いますが、できればボーナスは考えずに貯金プランを作っていったほうが良いです。
というのも、ボーナスは絶対にもらえるわけではありませんし、その時々によって金額が増減するので計画が狂ってしまう可能性が高いです。

ですので、あくまでもボーナスはボーナスとして割り切って、毎月確実に貯金できる方法で進めていくことをオススメします。

自動貯金システムを利用しよう

毎月の給料日に決められた金額を貯金用口座に自動で移してくれるサービスが各銀行に用意されています。これを活用することを強くオススメします。

5年で1000万円貯金することを考えているなら、毎月16万6667円自動振込するように設定しておけば5年後には自然と1000万円貯まるという仕組みですね。

もちろん自分自身で振込しても良いのですが、使えるお金があると思うとついつい使ってしまうのが人間。貯金用口座からは絶対にお金を下ろさないことも大切ですが、シンプルに自動システムに任せてしまうのが間違いないでしょう。

節約できる部分を考える

毎月およそ17万円分貯金に回さなくてはならないわけですので、それなりにストイックに節約していかなくてはなりません。

格安SIMに変える

手軽かつ節約効果が高いのが携帯電話を格安SIMに乗り換えることです。
携帯電話代が1万円くらいかかっていた人でも、格安SIMにすることで月額3000円くらいまで下げられる可能性が高いです。もちろんそれなりのデメリットもあるので慎重に検討する必要はありますがオススメです。

家計簿をつける

節約の基本の「き」の字と言えば家計簿ですよね。
自分がどれくらいの出費をしているのかを正確に把握するのはなかなか難しいです。
最近だとスマホやパソコン向けの家系簿アプリが充実しているのでこれらを活用すれば簡単。

特に常時持ち歩いているスマホならレシートが無い支払いでも管理しやすくなります。

収入を増やすことも考える

節約だけでは5年で1000万円貯めるためのボーダーラインとなる月17万円近く浮かせるのはほぼ不可能です。
なので、貯金に回すだけの収入を得ることが重要となってきます。

副業を始める

シンプルに収入を増やすなら副業を始めるのが最も確実です。
今はネットを通じた在宅ワークがかなり充実しているので、これを上手く使えば家から出ることなく稼ぐこともできます。
なかには在宅ワークの方が本業よりも稼げるのでこちらをメインにした、という方もいるくらい。
ただし、実力とスキルが全ての世界なので、これらを持ち合わせていない人はそこそこ稼ぐ程度で終わってしまいます。

貯金生活のためにも何か強みとなるスキルを手に入れることを検討してみてはいかがでしょうか。

投資で増やす

株式投資やFXなど投資の手段はいくつもあります。もちろんある程度元手が必要ですし、リスクもあるので誰にでもオススメできるわけではありません。しかし、それなりに知識や経験があるなら投資を選ぶのはそう悪くない選択だと思います。

人によっては信用取引やFXのレバレッジを上手く使いながら一気に稼ぐ方法を取らないと5年で1000万円貯めることができない人もいるでしょう。

■まとめ■
ということで5年で1000万円貯金するためのノウハウでした。大まかな流れは以下の通りです。

まずは1日、1ヶ月単位の必要な貯金額を計算
自分自身の収入と支出の内容を把握する
無駄な出費を減らすための節約術を取り入れる
節約だけでは目標達成が厳しい場合は収入を増やす手だてを考える

現実的に貯金できるプランではあるのですが、メインとなる収入が少ない人だと少し厳しいかもしれないですね。
平均的な収入がある人なら十分狙っていけるラインだと思います。

ただ、5年間という比較的長いスパンで取り組むわけですので、途中でもっと貯金できそうな場面も出てくるかもしれません。
そういったときは柔軟に対応していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 62
    follow us in feedly

  関連記事

じっくり派のあなたに10年コツコツ100万円の貯金をするやり方。

5年で100万円貯金するために1日274円貯める環境を作る 長期的なスパンでじっ …

子どもが生まれたら大学に行かせることまで考えた貯金計画を立てましょう。

早めの計画と貯蓄で子どもの将来を明るくするためのコツ 子どもを一人育てるためには …

img51
アベノミクスで景気が回復!でも実感がわかないのはなぜ?

景気回復しても給料の上がらない4つの理由を紹介 アベノミクスで景気回復しても… …

貯金!はじめの一歩は!1年で100万円を目指す

1年で100万円貯金するために1日2740円貯める環境を作る 何か欲しいものがあ …

普段の生活とのバランスをみて3年間で100万を貯金する方法とは?

3年で100万円貯金するために1日914円貯める環境を作る 将来のことを考えて、 …

1000万円だって夢じゃない!効率良く貯金するための節約と投資法

1年で1000万円貯金するために1日2万7398円貯める環境を作る 短期間でしっ …

5年で100万円!無理なく貯金するための節約術

5年で100万円貯金するために1日548円貯める環境を作る 子供の教育資金だった …

本多式4分の1貯金法をマスターして貯蓄体質を作り上げよう!

本多式4分の1貯金法はちょっとした心構えで自然と貯金ができるようになる! 貯金し …

景気と安保法案可決の関係性は?節約による影響は?

日本は長い間法律によってがんじがらめの状態になっていました。その法律によって身動 …

先にとらわれずゆっくり10年間で1000万円を貯めてみる。

10年で1000万円貯金するために1日2740円貯める環境を作る 1000万円貯 …