セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

1000万円だって夢じゃない!効率良く貯金するための節約と投資法

   

1年で1000万円貯金するために1日2万7398円貯める環境を作る

短期間でしっかりとお金を稼ぎたい。

近いうちに大きな出費が待ち受けている。

自分が望む未来を手に入れるためにはお金が必要。

そこで「1年で1000万円貯金したい」と考える方がたくさんいます。

税金のことなどは抜いて、単純に考えてみても1年で1000万円貯金するのは年収1000万円の人でも実現できません。

できるとすれば年収1200万円以上の人でしょうね。

実際は税金などが絡んでくるのでもっと稼がないと不可能です。

かなり非現実的な目標にはなりますが、今回は1年で1000万円貯金するための具体的な方法について考察してみましょう。

1日あたり、1ヶ月あたりの貯金額を計算する

1年で1000万円貯金するのがどれだけハードルが高いのか、いまいちピンと来ないレベルですよね。
ということでもう少し具体的に内容を把握するためにも、貯金額を細分化してみましょう。

まず1ヶ月あたりの貯金額から。

1000万円÷12ヶ月=83万3334円

なんと毎月83万3334円も貯金に回す必要が出てきます。

これだけの給料をもらうのもあまり現実的ではないですよね。
ますますハードルの高さが際立ってしまいました。

次に1日あたりの貯金額を計算してみます。

1000万円÷365日=2万7398円

毎日2万7398円貯金に回すだけの稼ぎが必要になってきます。

少なくとも1日あたり3万円近く稼がないと難しいようですね。

どれくらいの収入があればいける?

税金のことは別として、単純に手取りで考えてみましょう。

上記した通り、1年間で1000万円貯金するためには毎月83万3334円を貯金しなくてはなりません。
1ヶ月に必要な生活費は住んでいる場所にもよるでしょうが、食費なども含めて最低でも10万円は必要になると思います。

また交際費や突発的な出費のことも考えると+3万円は確保しておきたいところでしょうか。

となると大体毎月100万円くらいの収入が期待できる人なら1年間で1000万円貯金することができそうです。

貯金できる環境づくり

十分な収入があってもなかなか貯金できない人は多いです。
もちろんその分だけ生活水準が高い、というのも理由のひとつにはなっていますが、単純にお金の管理が上手くできていないケースが多いです。

なのでオススメしたいのは、給料が入ったら自動的に貯金用の口座に移してくれるサービスです。
それぞれの銀行で「自動貯金サービス」といったものが用意されているのでこれを活用しましょう。

一度貯金口座に移したお金はよほどのことがない限り使ってはいけません。これをまずは構築しておきましょう。

まずは節約できるところを探す

1年間で1000万円貯金しなくてはならないので、相当な節約が必要になってきます。
特に効果が高い節約を中心にいくつか具体例を紹介します。

格安SIMに乗り換える

固定費の中でも割と金額が大きく、それでいて削るのが難しいのが携帯電話代です。
3大キャリアを利用していると月々1万円以上必要になってくることが多々あります。

そこでオススメしたいのは格安SIMです。
こちらは月額3000円もあれば今までとほぼ同じ状況で携帯電話が使えるようになります。
ただし、いくつかデメリットもあるのでよく確認してから乗り換えを検討しましょう。

引っ越しする

年収が高い人ほど家賃が高いマンションに住んでいる傾向が強いです。
しかし、本当にそのマンションである必要はあるでしょうか。
もちろんアクセスが便利だったり、職場が近かったり、といった必要性のある理由があればよいのですが、ステータスのためだけに家賃の高いマンションに住んでいるなら考えものです。

もちろん地域によってかなり格差があるので一概には言えないのですが、家賃が高いと感じるならいっそ引っ越してしまうのも手です。
ただし引っ越し代が必要になってくるので良く考えてから行動に移したいところですね。

その他細々とした節約

節約効果が高いのは上記のようなものになるのですが、食費や光熱費といった部分もかなり細かく節約できれば年間で相当な金額になってきます。

またプロバイダや保険などの見直しも忘れずに!

収入を増やす!

おそらくほとんどの人が1年間で1000万円貯金するためには収入自体を増やさないと不可能だと思います。
ということで収入を増やすためのテクニックをいくつか紹介します。

投資で稼ぐ

1年で1000万円貯金しようと考えているくらいですので、多少の資金はすでにあるものだと予想されます。
その資金を思い切って投資に使わないと大幅な収入アップを目指すのは難しいでしょう。

例えば株式投資ですが、デイトレードやスキャルピングといった技法が必要になることもあると思います。すでに仕事に就いている方がそれを蹴ってまで投資に打ち込むのはリスクが大きすぎます。

なので信用取引やFXといった「レバレッジ」が認められている投資方法で一気に稼ぐ必要が出てくるかもしれません。
ただしこれらは追証のリスクがあり、場合によってはこれまでにコツコツと貯めてきた資金を一気に失う可能性もあります。

多少資金があるなら、スワップポイントなどを狙った長期的な戦略をとることもできるでしょうが、これだけで1年で1000万円貯金するのは少し厳しいですね。
補助的な要素で活用するには良いと思います。

ちなみに株式投資なら、株主優待が受け取れる可能性があります。
この株主優待を上手に使えば生活費の節約に繋げられ、同時に配当金なども期待できます。このあたりも視野に入れてみると良いかもしれませんね。

ネット副業を始める

今はネットを通じて様々な仕事が選べる時代になってきました。
そして嬉しいことに、ほとんどが「やった分だけ稼げる」仕組みになっています。

例えばアフィリエイトサイトやアフィリエイトブログに関して言えば専門の知識が必要になりますし、必ずしもかけた時間の分だけペイできるとは限りません。
しかし、クラウドソーシング系のお仕事なら出来高制になっているのでオススメです。

ただし、ネット副業でそれなりの金額を稼ごうと思ったらそれに見合うだけのスキルや実力が必要となってきます。
例えばイラスト関連のスキルを持っているならひたすらロゴやwebデザインを作り続ければそれ相応の報酬に繋がってくるでしょう。

さすがにコレだけで1年で1000万円貯金するのは無理でしょうから、あくまでも空いた時間を「稼ぎ」に繋げる手段のひとつとして取り入れるのがちょうど良いと思います。

その他にも、海外から商品を安く仕入れてオークションやamazonマーケットプレイスなどでを販売する方法もあります。
やはり多少リスキーですが、コツを掴めば安定して稼げる方法だったりもします。

バイトやパートを掛け持ち

メインのお仕事だけでは十分な収入がない場合、バイトやパートなどを掛け持ちする必要も出てくるかもしれません。

短絡的に「稼げるバイトと言えば水商売」と考える人もいるでしょう。

かなり適性が問われますが、上手くいけば相当な収入アップに繋がるでしょう。

一方で、コンビニやスーパーのバイトやパートだと時給的な問題があるので難しいところです。

高収入のバイトやパートになるとそれなりのスキルだったり、ハードな仕事内容になってくるのでメインの仕事がおろそかにならない程度に打ち込めるものを探す必要が出てきそうです。

■まとめ■
ということで今回は1年で1000万円貯金する方法について考察してみました。やはりある程度の収入がある人でないと達成するのは難しいでしょうね。大まかな流れとしては次のようになります。

まずは1日、1ヶ月単位の必要な貯金額を計算
自分自身の収入と支出の内容を把握する
無駄な出費を減らすための節約術を取り入れる
収入を増やす手だてを考える

削れる部分を徹底的に削り、増やせる部分は徹底的に増やす。
これを1年間続けば、人によっては夢や希望にとどまらず、実際に1000万円貯金できるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 51
    follow us in feedly

  関連記事

本多式4分の1貯金法をマスターして貯蓄体質を作り上げよう!

本多式4分の1貯金法はちょっとした心構えで自然と貯金ができるようになる! 貯金し …

子どもが生まれたら大学に行かせることまで考えた貯金計画を立てましょう。

早めの計画と貯蓄で子どもの将来を明るくするためのコツ 子どもを一人育てるためには …

5年で100万円!無理なく貯金するための節約術

5年で100万円貯金するために1日548円貯める環境を作る 子供の教育資金だった …

景気と安保法案可決の関係性は?節約による影響は?

日本は長い間法律によってがんじがらめの状態になっていました。その法律によって身動 …

公共の制度を利用して申請しないともらえないお金をゲットしよう

対象者と申請先をしっかり確認しよう   いろいろな制度を利用して節約し …

じっくり派のあなたに10年コツコツ100万円の貯金をするやり方。

5年で100万円貯金するために1日274円貯める環境を作る 長期的なスパンでじっ …

先にとらわれずゆっくり10年間で1000万円を貯めてみる。

10年で1000万円貯金するために1日2740円貯める環境を作る 1000万円貯 …

3年で1000万円貯金するための節約・投資術

3年で1000万円貯金するために1日9133円貯める環境を作る 1000万円と言 …

img56
日本人は仕事でも家庭でも満足できない?その理由は何?

家庭でもリラックスできない日本人が多い理由もチェック 世界的に見て仕事の満足度の …

普段の生活とのバランスをみて3年間で100万を貯金する方法とは?

3年で100万円貯金するために1日914円貯める環境を作る 将来のことを考えて、 …