セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

じっくり派のあなたに10年コツコツ100万円の貯金をするやり方。

   

5年で100万円貯金するために1日274円貯める環境を作る

長期的なスパンでじっくりと貯金をしていきたい。あまり生活費に余裕は無いけれど、将来を見越して少しでも貯金しておきたい。そう言った方にオススメなのが「10年間で100万円貯金する」という方法です。じっくりとお金を貯めていくことで貯金習慣が身につきますし、取り組んでいる最中に状況が好転すればもっとたくさん貯金できるようになります。ということでここでは10年で100万円貯金するための方法を具体的に紹介していきます。

1日、1ヶ月に必要な貯金額を計算する

10年間と言えば間違いなく長い期間なのですが、その間に100万円の貯金は余裕!
と甘く見ていると案外達成できなかったりします。
なのでまずは目標を細分化して確実に進めていけるようにしましょう。

まずは1年間でいくら貯金すれば良いのかを計算してみます。

100万円÷10年=10万円

毎年10万円ずつ貯金していけば10年後には100万円貯まっている計算ですね。

次は1ヶ月でいくら貯金すれば良いのかを計算していきます。

100万円÷120ヶ月=8334円

毎月8334円ずつ貯金し続けられれば10年後には100万円に!余裕があるなら毎月1万円ずつ貯金しても良いかもしれませんね。

そして最後に1日あたりの金額です。

100万円÷3650日=274円

1日あたり274円以上、つまり300円も貯金に回せば十分な計算になります。

このように、1日単位、1ヶ月単位で考えてみると本当にハードルが低いことが分かりますね。

自動で貯金できる仕組みを!

上記した通り、毎月の貯金額はさほどでもありませんが、毎回必ず8334円以上を10年間貯金するのはなかなか手間です。
忘れてしまうときもあるでしょうし、お金を使いすぎて貯金に回す余裕がないことも出てくるでしょう。
そういった事態を避けるためにオススメしたいのが自動貯金の構築です。

それぞれの銀行で自動送金サービスや、自動貯金サービスなどが用意されていますよね。
給料から決められた金額を貯金用の口座に移してくれる、というものです。

これを活用しない手はありませんね。

結局のところなかなか貯金できないのは手元に使えるお金が残っているからです。

これを最初に貯金してしまえば、浪費家の人であろうと確実に貯金できることになります。

もちろん貯金用口座からお金を下ろしてはいけませんよ。

毎月のちょっとした節約で簡単に達成!

10年間で100万円貯金しようと思ったら、月々のちょっとした節約を繰り返すだけで達成できると思います。
毎月1万円節約するのは実はそんなに難しくないんですね。

食費を見直す

一番出費が大きいのはやはり食費です。
なので最初に節約できる部分がないか検討したい部分でもあります。

個人的にオススメなのがコンビニを使わずにスーパーやドラッグストアを有効活用することです。
例えば飲み物にしても、コンビニで買えば150円のペットボトルがスーパーやドラッグストアでは100円くらいで購入できることが多々あります。

1回あたり50円の節約。
1ヶ月で考えれば1500円節約できます。
年間で1万8000円も違いが出てくるわけだから積極的に取り入れたいところですよね。

お昼ご飯もコンビニで済ませるのではなく、スーパーのお弁当などの方が安いことが多いので活用してみましょう。

もちろん一番いいのは自分で飲み物とお弁当を用意することです。最も安上がり。

固定費を見直す

固定費は毎月必ず発生するお金のこと。
携帯電話代、電気代、ガス代、水道代といったものがこれに該当します。

電気代やガス代などは無駄を省くことでそれなりに節約することができますが、1番最初に検討したいのは携帯電話代です。

いわゆる3大キャリアを利用していると、月々の支払いが1万円くらいかかってしまうのは仕方がありません。
しかし、格安SIMを利用すれば月額3000円くらいまで抑えられます。人によっては格安SIMに変えるだけで10年間で100万円の貯金になるかもしれませんよ!

ただし格安SIMにはそれなりのデメリットもあるのできちんと内容を把握した上で検討したいですね。

その他にもプロバイダの見直しなども有効です。

ちょっとした収入を増やす

10年で100万円の貯金を考えるなら、ちょっとした収入アップが見込めば簡単に達成できるでしょう。

定期預金を使う

10年間という長いスパンを考えれば、定期預金はかなりマッチした資産運用と言えそうです。

もちろん貯金する額があまり大きくは無いので利息は微々たるものでしょうが…。

キャンペーンなどを上手く使えば、金利0.5%以上で契約できることもあるので色々と探してみては。

投資信託を使う

多少リスクはありますが、定期預金よりも利息が大きく、それでいて自分は特に何もしなくて良い。

これが投資信託の最大のメリットです。全くリスクが無いわけではありませんが、割と確実にコツコツとお金が貯められるのでオススメです。

いらないものはオークション

家の中に「使えるけれどいらない」物があればネットオークションなどにさっさと出してしまうのがオススメです。
できればすぐにでも取り掛かりたいところ。

もしかするとまだ使うかもしれないから…と言って結局使わないものは意外と多いですよね。それならオークションであまり利益にはならなくても売ってしまった方が家のスペースも確保できますし、ちょっとした金額が稼げるのでオススメです。

梱包や発送などは若干面倒ではありますが、慣れれば手早くできるようになります。

■まとめ■
ということで10年間で100万円を貯金する方法について紹介してきました。基本的には以下のような流れで取り組むのが良いと思います。

まずは1日、1ヶ月単位の必要な貯金額を計算
自分自身の収入と支出の内容を把握する
無駄な出費を減らすための節約術を取り入れる
節約だけでは目標達成が厳しい場合は収入を増やす手だてを考える

ハードルが低いとはいえ、やはり意識しないと達成は難しいかもしれないので、まずは自分ができそうな節約方法から取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 60
    follow us in feedly

  関連記事

先にとらわれずゆっくり10年間で1000万円を貯めてみる。

10年で1000万円貯金するために1日2740円貯める環境を作る 1000万円貯 …

5年で100万円!無理なく貯金するための節約術

5年で100万円貯金するために1日548円貯める環境を作る 子供の教育資金だった …

子どもが生まれたら大学に行かせることまで考えた貯金計画を立てましょう。

早めの計画と貯蓄で子どもの将来を明るくするためのコツ 子どもを一人育てるためには …

3年で1000万円貯金するための節約・投資術

3年で1000万円貯金するために1日9133円貯める環境を作る 1000万円と言 …

普段の生活とのバランスをみて3年間で100万を貯金する方法とは?

3年で100万円貯金するために1日914円貯める環境を作る 将来のことを考えて、 …

景気と安保法案可決の関係性は?節約による影響は?

日本は長い間法律によってがんじがらめの状態になっていました。その法律によって身動 …

ゆったり5年のスパンで1000万円の貯金をはじめる。

5年で1000万円貯金するために1日5480円貯める環境を作る 1000万円とい …

本多式4分の1貯金法をマスターして貯蓄体質を作り上げよう!

本多式4分の1貯金法はちょっとした心構えで自然と貯金ができるようになる! 貯金し …

img56
日本人は仕事でも家庭でも満足できない?その理由は何?

家庭でもリラックスできない日本人が多い理由もチェック 世界的に見て仕事の満足度の …

公共の制度を利用して申請しないともらえないお金をゲットしよう

対象者と申請先をしっかり確認しよう   いろいろな制度を利用して節約し …