セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

貯金!はじめの一歩は!1年で100万円を目指す

   

1年で100万円貯金するために1日2740円貯める環境を作る

何か欲しいものがあったり、将来に備えて貯金したい人はたくさんいます。
テレビや雑誌、ネットなどで「1年で100万円貯金した」といった話を聞くとうらやましく感じられるかもしれません。

しかし、1年間で100万円なら割と現実的な数値だったりします。
ということで今回は1年で100万円貯金するための仕組みづくりについて紹介していきます。

1日、1ヶ月に必要な貯金額を把握する

漠然と「1年間で100万円貯金する」という目標はあまりオススメできません。
最初の内は「1年間もあるんだから大丈夫だろう」と考えてしまいがちですし、後半になってくると「とてもじゃないけれど達成するのは無理」とあきらめてしまうかもしれません。

ということでファーストステップは1日、1ヶ月にどれくらい貯金しなくてはならないのかを把握するところから始めていきましょう。

まず、単純に1ヶ月に必要な貯金額から。

100万円÷12ヶ月=8万3333円

ということで、単純に考えれば1ヶ月あたり8万3334円の貯金を1年間続ければ100万円が貯まることになります。

次は1日に必要な貯金額です。

100万円÷365日=2739円

毎日2740円以上貯金することができれば1年間で100万円が貯まる計算になります。
1日当たりだいたい3000円くらい、と考えれば不可能ではないと思いませんか?

現在の支出と収入を考える

1日あたり、1ヶ月あたりの必要貯金額が分かったところで、次は今自分自身が置かれている状況について再確認していきましょう。

具体的には支出と収入の見直しになります。

例えば、毎月30万円の収入があり、食費や生活費といったトータルの支出が15万円だったとします。
これなら自由に使えるお金が15万円あるので、その中から8万3334円を貯金に回せば1年間で100万円貯めることができますよね。

残った約7万円は遊ぶお金や万が一の出費に備えるのに使えます。

しかし、毎月30万円の収入があり、支出が25万円だった場合、自由に使えるお金は5万円しかありません。
つまり、毎月8万3334円貯金しないと実現できない「1年間で100万円貯金」の達成は不可能となります。
この場合は支出を減らす、収入を増やす必要があります。

毎日貯金するわけではない

ほとんどの方が月に1回の給料で生活をやりくりしていると思います。
なので、毎日2740円を貯金する、というのはあまりピンと来ないかもしれません。

なので、次のようなテクニックを取り入れていきましょう。

自動引き落とし

1年間で100万円貯金する最もシンプルかつ確実な方法は「自動引き落とし」です。
給料が振り込まれたタイミングで貯金用の口座に資金が移動する仕組みを作っておけば、特に何かしなくても年間100万円の貯金が実現可能です。

毎月8万3334円を貯金用口座に移動させればそれでOKです。

ただ問題となるのは、毎月給料から8万3334円を差し引いて、それで生活が成り立つかどうか。
特に何もしなくても問題無く生活できるなら簡単に目標達成ですね!

ボーナスは全部貯金に

給料とは別でボーナスが支給されることがあります。
もちろんほとんどの方はボーナスを何に使うかある程度計画を立てていると思います。

しかし、1年間で100万円貯金しようと思うならこれを貯金に回さない手は無いですよね。
ボーナスを全額貯金できるなら、年間で100万円にとどまらず、150万円や200万円くらい貯められる人もいると思います。

ただ、ボーナスをあてにし過ぎるのは問題です。
例えば、来月はボーナスが入るから今月は貯金しなくても良いか…と言った考え方は危険です。

ボーナスは必ずしももらえるとは限りませんし、金額も増減しますよね。
なので文字通りあくまでも「ボーナス」だと割り切って貯金計画を立てていくのが正解です。

節約で目標達成に近づける

上記した通り、1年で100万円貯金するためには毎月決められた額を貯金しつつ、きちんと生活を成り立たせなくてはなりません。

毎月生活費がカツカツで、かなり我慢をしなくてはならない、あるいは生活水準を極端に落とさないといけない、と言った事態になるなら目標達成はかなり厳しくなるでしょう。

ということで、できるだけ出費を削るためにも節約術を身につけることも重要となってきます。
出費が減ればその分だけ貯金に回しやすくなりますし、生活費が苦しい人も多少は緩和されるはずです。

格安SIMを活用

携帯電話代は毎月1万円くらいかかっている方もたくさんいると思います。
これを格安SIMに乗り換えることで月額3000円くらいまで抑えることができます。

単純に考えて毎月7000円分浮くことになるのでかなりの助けになってくれますね。
ただ、格安SIMならではのデメリットもあるのでこのあたりはしっかりと比較・検討を!

食費や光熱費の節約

出費の大半を占めているのが食費。そして毎月の固定費となる光熱費も上手くやりくりすることで節約できます。

食費に関しては業務スーパーや野菜の直売所などを上手く活用するだけで毎月5000円~1万円くらい節約できることもあります。また週末に1週間分の食事を一気に料理するのも無駄な食材を出さず、なおかつ光熱費を最小限に抑えられるのでオススメです。

光熱費に関してはかなりたくさんのテクニックがあるので割愛しますが、ちょっと意識を向けるだけで簡単に節約できたりします。

ポイントサービスを上手に活用する

節約と少し違いますが、楽天スーパーポイントやTポイントカードといったポイントサービスを上手に活用することも年単位で考えればかなり大きなプラスに働いてくれるはずです。普段から楽天で買い物をすることが多い方なら楽天カードを作っておくだけで随分とポイントが貯まりますし、イオン系列のお店で日常的に買い物をしているならイオンカードやWAONを上手く活用していきたいところですね。

家賃が高いなら引っ越しも視野に

食費や光熱費は頑張れば節約できますが、家賃に関して言えば引っ越しするしか手だてがありません。

極端な話、毎月20万円稼いでいる人が家賃10万円のマンションに住んでいたら、自由に使えるお金は10万円しかありません。
この中から毎月8万3334円貯金すると、実質使えるお金は1万7000円前後になってしまいます。
これではまともな食事すら難しいですよね。

もちろん引っ越し費用はある程度まとまった金額が必要になってしまいますが、長期的なスパンで考えれば悪くない選択になってくるでしょう。

収入を増やして目標達成を目指す

限られた収入の中で節約術を活用して上手くやりくりしていくのも重要ですが、そもそも収入を増やしてしまうのがやはり手っ取り早い部分はあります。

ただ、決められた活動時間内でこれまで以上に稼ぐのはなかなか大変なものです。

なので気軽に始められるものからスタートしていって、徐々に手を広げていくことを考えてみましょう。

ネット副業

ネットでできる副業は思っている以上にたくさんあるものです。
例えば「ランサーズ」というクラウドソーシングサービス。
企業が一般の人に対して「こういう仕事をやってくれたら○○円の報酬を出します」といった仕事がずらりと並んでいます。

内容は実に様々で、ホームページ用の記事を作成したり、ロゴやバナーのデザイン、プログラミング…誰でもできる簡単なものなら「サービスの名前を命名する」「商品のキャッチコピーを考える」といったものまであります。

もちろん簡単なものほど報酬は少ないので、ある程度の専門知識を持っている人ほど稼ぎやすい方法ではあるのですが、特にwebデザインやプログラムの知識を持っている方ならやればやるほど稼げます。

これを機に色々と勉強してみるのもいいかもしれません。

投資も視野に

ある程度元手がなくては取り組むこともできませんが、株式投資やFXといった「投資」を上手く活用するのも1年間で100万円貯金するための手法になります。

投資だけで年間100万円稼ぐ、となるとかなりハードルが高いですが、毎月2万円~3万円くらい稼ぎたい、という考えならそこまで難しくは無いでしょう。

コンスタントに毎月これくらい稼ぐことができれば、給料の中から貯金に回す金額が月額5~6万円くらいまで下げられるので目標達成が近づきますよね。

■まとめ■

ということで、今回は1年間で100万円貯金するためのノウハウについていくつか紹介してきました。
もちろん今回紹介したもの以外にも様々なテクニックがあると思います。

これらを上手く組み合わせて、自分自身で続けられる、実現できるプランを立ててみてください。まとめると以下の通りです。

まずは1日、1ヶ月単位の必要な貯金額を計算
自分自身の収入と支出の内容を把握する
無駄な出費を減らすための節約術を取り入れる
節約だけでは目標達成が厳しい場合は収入を増やす手だてを考える

何はともあれ、まずは1日、1ヶ月あたりに必要な貯金額を把握すること、そして今置かれている状況を再確認すること!

これができて初めて計画的な貯金に向かって進めるようになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 61
    follow us in feedly

  関連記事

5年で100万円!無理なく貯金するための節約術

5年で100万円貯金するために1日548円貯める環境を作る 子供の教育資金だった …

公共の制度を利用して申請しないともらえないお金をゲットしよう

対象者と申請先をしっかり確認しよう   いろいろな制度を利用して節約し …

先にとらわれずゆっくり10年間で1000万円を貯めてみる。

10年で1000万円貯金するために1日2740円貯める環境を作る 1000万円貯 …

1000万円だって夢じゃない!効率良く貯金するための節約と投資法

1年で1000万円貯金するために1日2万7398円貯める環境を作る 短期間でしっ …

img56
日本人は仕事でも家庭でも満足できない?その理由は何?

家庭でもリラックスできない日本人が多い理由もチェック 世界的に見て仕事の満足度の …

子どもが生まれたら大学に行かせることまで考えた貯金計画を立てましょう。

早めの計画と貯蓄で子どもの将来を明るくするためのコツ 子どもを一人育てるためには …

本多式4分の1貯金法をマスターして貯蓄体質を作り上げよう!

本多式4分の1貯金法はちょっとした心構えで自然と貯金ができるようになる! 貯金し …

じっくり派のあなたに10年コツコツ100万円の貯金をするやり方。

5年で100万円貯金するために1日274円貯める環境を作る 長期的なスパンでじっ …

ゆったり5年のスパンで1000万円の貯金をはじめる。

5年で1000万円貯金するために1日5480円貯める環境を作る 1000万円とい …

普段の生活とのバランスをみて3年間で100万を貯金する方法とは?

3年で100万円貯金するために1日914円貯める環境を作る 将来のことを考えて、 …