セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

ツアーを利用するならどんなタイミング?個人で旅行するとお得なのはどこ?

   

旅行の計画を立てるのが大好きという方も、あまり得意ではないという方もおられるかもしれません。ツアーの広告を見ると、国内にかぎらず、海外のパックツアーも安くなっているので利用してみたいという方もおられるかもしれません。
でもツアーって本当にお得なのでしょうか?

もし同じ内容の旅行を個人で計画するのとではどちらが安いのでしょうか、またはどの点が安いのでしょうか?成田空港から2名で2日間フリープランの沖縄旅行をする場合を例に比較してみましょう。

ツアーの利用と個人の旅行では費用の節約は最大でも約2,000円程度

沖縄ツアーの価格を見ると2万円前後からというものが多いようです。もし同じ内容のツアーを個人で計画するとどれくらい費用が変わるでしょうか?まず最初に予約するのは格安航空券かもしれません。時期によりますが、一番安いチケットでも片道6,000円以上します。往復で12,000円以上となります。

出典:youtube

そして沖縄での主な交通手段になるのがレンタカーです。早割で予約しても、1泊2日の利用で5,500円以上というところが多いです。一人当たりの価格は2,750円です。そしてホテルの宿泊料金は和室、洋室を選ばないなら、3,500円くらいから探せます。合計すると、一人あたりの費用は18,000円ぐらいとなり、ツアーと比較して約2,000円程度の節約になります。

ただし、個人の旅行はすべて早割で一番価格の安い場合を選んだ場合なので、時期が合わない場合は、ツアーとあまり変わらないか、もしくはもっと高くなる可能性もあります。

個人での旅行を考えるとき、節約のポイントは2つ-早い段階での計画と荷物

個人での旅行を考えるときに節約する最初のカギは、格安の航空券を予約できるかということになります。LCCの早割を活用すると往復の航空券をより安く購入できるのでお得に旅行できます。しかし空港によっては、LCCがない場合もあるかもしれません。

出典:vanilla-air

この場合、LCCのある空港までの移動の費用と時間を考える必要もあります。もう一つのポイントは荷物の多さです。レンタカーの費用は、荷物の多さと人数によって変化しますが、スーツケースなどの箱物が多いならレンタカーの費用がさらにかさむことになりかねません。

大抵のツアーでのレンタカーは小型車が主です。二人での旅行なら十分な大きさですが、荷物が含まれると車に収納できず、思わぬところで費用がかかってしまいます。

もし早めに旅行を計画できるなら、個人での旅行がオススメです。ツアーと比較して、一人あたり何千円かの単位で節約することができます。反対に、ちょっとお休みができた時に旅行したいと考える方にとっては、ツアーなら割安に旅行を楽しむことができます。どちらの旅行の方法を選ぶにしても、旅行の荷物を減らすことによって思わぬ出費を避けることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 51
    follow us in feedly

  関連記事

家に余っているワインボトルと額ぶちで旅の思い出を美しく飾ろう!

みなさんは海外旅行などの思い出をどのように飾っておられますか?旅行にいく前から思 …

雨の日だから行ってみたいカフェやスポット-オススメの場所2ヶ所

雨の日は憂鬱で外に出たくない、わざわざ雨に濡れてまでして出かけたくないと思われる …

羽田からディズニーリゾート バス?それとも電車? 徹底比較してみた

羽田空港からディズニーリゾートまでどんな交通手段で行くのか。 選択肢が多すぎて迷 …

タイムズのカーシェアリング レンタカーとはここが違う

最近よく聞く車を借りれるサービスとしてカーシェアリングという言葉を聞くかもしれま …

小旅行の醍醐味は、ご当地ビール。オススメの2つのファクトリー

日本のご当地ビール造りは、1994年に規制緩和がされた後に各地で誕生しました。 …

東京から大阪ユニバーサルスタジオへ 最安方法は?

東京観光もしたいけど、大阪ユニバーサルスタジオにも行きたい。 出典:usj.co …

ディズニーランド 値上がり後も割安で入れた! あまり知られていない裏技教えます

ついにディズニーランドが3年連続値上げ。2016年4月にはついに大人ワンデーパス …

訪れてみたい世界の水族館-絶対に外せない2つの水族館はどこ?

日本にある水族館のレベルはとても高いものです。自然の海洋に近い環境を再生している …

貧乏旅行の宿探しに人気急上昇なのがAirbnb(エアービーアンドビー)

宿泊費を抑えたい貧乏旅行では宿探しが最も重要になりますが、最近はAirbnbが赤 …

東京下町散策するなら、新しくて懐かしいお店探しをしよう

普段目まぐるしく生活していると、小さな頃から育った街が全く変わった風景になってい …