セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

返済の滞納を軽く考えていませんか?

   

クレジットカードの利用料返済を銀行引き落としにしていた場合

残高不足になっていたら、カード会社は指定日に引き落とせません。そうすると、カード会社は再引き落とし日の案内ハガキを送ってきます。2度目の引き落としがないカード会社もあり、その場合は振込用紙が入っていることもあります。いずれにせよ、案内が届いたらすぐに対応をしましょう。そうでないと、節約どころか大変なことになりかねません。
場合によっては案内ハガキ到着前に残高不足に気づくでしょう。そんなときは速やかにカード会社に連絡します。そうすると後述する延滞料もかからないし、信用情報に傷がつかずに済むかもしれません。

気をつけたいのは住所や氏名が変わったのに変更届をせず、案内が届かないで強制解約になってしまうケースです。住所、氏名が変わったらすぐに手続きをしておいてください。
さて、滞納してしまった場合は延滞金がかかってきます。利用規約書にある遅延損害金のことで、ほとんどの会社でショッピング利用の遅延損害金上限は年率14.6%、分割支払いやボーナス一括払いの場合は残金に対して上限年利率6%となっています。延滞金は元々の引き落とし日から完済までの日数で算出されます。
案内を無視して強制解約になると、ただでは済まない事態になるので注意してください。

再引き落とし案内を無視すると起こる怖い話

再引き落とし案内を放置しているとカード会社から電話で督促されます。さらにここでも支払わないと、カード会社によっては次の更新を拒否されたり、強制解約処分になります。
強制解約になると個人信用情報に支払いの延滞と強制解約の情報が記録され、次に新しいカードを作るときだけでなく、長い期間、ローンなどの審査も通りづらくなります。

また、1つのクレジットカードを強制解約されると他社のカードも同時に強制解約されることもあります。信用情報は金融機関同士で筒抜けなので、不安になったほかのカード会社が強制解約に踏み切るのです。

支払いを忘れも一度くらいなら、と思っていても、万が一強制解約される事態になれば、その後大変な事態になります。
さらに、強制解約になっても負債は負債です。返済をせず滞納したまま3ヶ月程度過ぎるとカード会社に訴えられることになります。すぐに裁判所から支払督促状が届き、支払い期限までに全額を一括で支払わねばなりません。もし払わないと、次は給与や預金口座などの差し押さえです。

異議申し立てで分割返済できるかもしれませんが、カードで節約術どころか、人生も大きく変わってしまいますので、とにかく滞納にだけは注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 61
    follow us in feedly

  関連記事

クレジットカードでもあり得る多重債務の地獄

クレジットカードを無計画に使っていると返済がままならなくなる ほかから借り入れた …

危険なアルバイト? 名義貸しの実態とは

絶対にやってはいけないカード詐欺の中で有名なのが、名義貸しです。 得になると持ち …

身に覚えのない請求が来たらすぐに行動を!

カード会社から身に覚えのない請求が来るケースは意外と多くあります。 クレジットカ …

クレジットカードの又貸しはNG過ぎるほどNG!

クレジットカードの又貸しもまた絶対にやってはいけないルール違反です。 そもそもカ …

盗難保険があるといっても紛失は身を滅ぼす可能性あり

クレジットカードの紛失にも注意しましょう。 昨今は盗難保険が自動的についているの …

気をつけたいクレジットカードの詐欺事件

クレジットカードは金銭のやり取りがあるので、それを利用した詐欺が稀に発生します。 …

ポリシーで裏面にサインをしない? そんなカードは使えません!

クレジットカードの裏面にはサインを書く欄がありますね。 ここには必ず名義人のサイ …

「ご利用は計画的に!」は真理? カードの使いすぎには注意

クレジットカードを持つようになると、普通はそれなりにうまく使えるのですが、一部の …

クレジットカードとローンカードを間違ってはいけない!

ローンカードというのは消費者金融以外の貸金業者が発行するローン、つまり貸し付け専 …

最近特に増えているのがスキミング

最近、カード詐欺などの事件でよく出てくるのがスキミングの被害です。 スキミングと …