セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

宅配クリーニングで断られてしまう衣類 その3つの理由とは? その意外な理由にナットク

   

せっかくの愛着がある服なのに…。「当店ではクリーニングをお受けできません」と断られてしまうことがあります。

家で洗えないのでクリーニングに出したいわけなのに、どうして受け付けてもらえないのでしょうか?クリーニング店の側に立ってみると受け付けたくない理由が自然と見えてきます。同時にどうすれば受け付けてもらえるかも見えてきます。
今回は「宅配クリーニングで断られてしまう3つの理由」を考えていきましょう。

なぜ断られてしまうのか?

クリーニング店の立場に立つと容易にわかるのですが、断る主な理由は、賠償問題を避けるためです。クリーニング店は営利企業ですから、当然利益を上げるためにクリーニング品を受け付けます。クリーニング料金は1000円前後なのに、1件でも賠償が必要になると何万円というお金を賠償しなくてはならず、たちまち大きな赤字となってしまいます。

クリーニング事故の賠償保険に入っていたとしても、企業が保険会社に払う保険料が上がってしまいます。つまり、このクリーニング品を90%の確率できれいに洗えるという確信があっても、10%の失敗する可能性があるならば、初めから断ってしまうほうが企業にとっては採算が合うというわけです。ではどんな衣類が主に断れやすいのでしょうか?3つの種類があります。

洗濯タグ表示で×となっているもの

水洗い×、ドライ×、アイロンもしぼりも全部×となっている衣類もあります。

高級繊維を利用するカシミヤやアンゴラ、または特殊染料と特殊装飾が施されている舞台衣装などは、まるで洗う方法がないようなタグ表示となっています。当然、通常の宅配クリーニングでは断られることになるでしょう。

なかには一見洗えそうなのに水洗い×、ドライ×となっている衣類もあります。これはなぜでしょうか?多くの場合、本当は水洗いOKやドライ洗いがOKなのに、万が一、お客様自身やクリーニング業者の技術が足りないために色落ちや型崩れが起きたとき、予期せぬ補償問題に発展しないために、洋服メーカーがタグ表示をとりあえず×としているだけなのです。

ですから水洗い×、ドライ×となっていても、多くの場合リスクはありますが、水洗いもドライ洗いもできます。これはプロのクリーニングなら知っていることなのです、つまりどうしてもクリーニングを受け付けて欲しいなら、「どうなったとしても賠償請求などしないので、クリーニングしていただけますか」と申し出さえすれば、クリーニングを受け付けてくれるでしょう。

衛生上の問題があるもの

洗濯タグの表示よりも大きな問題なのが、汚物系の汚れです。汚物が付いたものはどこでも断られてしまいます。

もちろんプロの宅配クリーニング店は技術的には落とすことはできるのですが、他の洗濯物に匂いがつくリスク、汚物によってクリーニング技術員が感染するリスクなどを考えて、汚物が付いたままでのクリーニングは断られてしまいます。受け付けてもらいたいならどうすればいいでしょうか?クリーニングに出す前に、自分で汚物を取り除き、あまり臭わない状況にしていれば、通常のクリーニングと同様に出しても大きな問題はないでしょう。

外国語表示、外国製品のもの

洗濯タグ、説明表示がすべてアラビア文字となっているものなどクリーニング業者が解読できないものは断られる場合があります。
プロですから、生地を見た時点でどんな素材かある程度分かりますし、色落ちしそうかどうかもわかるので、実はほとんどのものは技術的にはクリーニング可能です。

しかし万が一、問題があったときには、補償として外国の商品を取り寄せる必要があるでしょう。この大きなリスクを考えて外国の製品は受付拒否されるのです。加えて外国では、日本ではほとんど使用しないような素材を材料にして衣類を作っている場合も少なくありません。

そもそもクリーニングというものを想定していないような衣類もあります。それでもクリーニング業者としては「90%以上はおそらく問題なく洗える」というのが本音です。つまりそれらの品を受け付けてもらいたいなら、「どうなっても文句を言いません」という前提で出すといいでしょう、おそらくクリーニングを受け付けてくれます。

宅配クリーニング業者のレベルは上がっている

以前は工場などに十分な設備がなかったクリーニング店も、宅配クリーニングがメジャーになって久しくなり、現在ではほとんどの宅配クリーニング業者が難しい衣類のクリーニングも取り扱えるようになりました。ですが、上記のクリーニング業者の心情を踏まえ、今でもクリーニングを断られることがあるのを覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 63
    follow us in feedly

  関連記事

高いと思われがちなドライクリーニング とにかく安いのはこの3社!

高いと思われがちのドライクリーニング。 しかし最近は宅配サービスもシステム化して …

ちょっと待った!宅配クリーニングを頼む前に確認 パック型、バラ型の特徴を知らないとかなり損する

宅配クリーニングを頼むときに一番払いたくない費用、それは送料でしょう。 ほとんど …

発見! 宅配クリーニングで次の季節まで保管してもらえるらしい 気になるそのお値段と活用方法

最近の宅配クリーニングうれしいサービスの中に、クリーニング品保管サービスがありま …

宅配クリーニングorクリーニング店舗 徹底比較 仕上がりと金額差はどれくらい?

昔はクリーニングと言えば、クリーニング屋さんに持っていくのが普通でした。 買い物 …

布団、毛布など寝具の宅配クリーニングを比較 総合力が高いのはこの3社

やっぱりプロの仕事は違う!これをはっきりと感じるのが業者クリーニングです。 だけ …

他の宅配クリーニングにはない詰め放題サービス!洗宅倉庫でお得に洗濯しよう

詰め放題サービスでお得にまとめ洗い 出典:sentakusouko.jp 宅配ク …

着物と浴衣はクリーニングに出す場所が違います! これ知らないと大失敗…

クリーニングに出すときに迷うものの1つが、着物や浴衣のクリーニングです。 どこに …

会員数20万人突破!リネットで安くクリーニングする方法を紹介

リネットをレギュラーで利用するならプレミアム会員になるのがお得 >>>おトクな宅 …

まとめてクリーニングをすればお得に!フランス屋の料金システムを公開!

お得にまとめ洗濯をするならパックコース 出典:franceya-shop.jp …

おせっかいな宅配クリーニング?リナビスの魅力を3つ紹介

出典:rinavis 最適な洗い方を診断 リナビスは宅配クリーニングの中でも注目 …