セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

月1500~3000円は確実?! 不満を投稿すればお金になる「不満買取センター」

   

今までにはなかった新しい小遣い稼ぎの方法が注目を浴びています。それは「不満買取センター」というサイトで、このサイトに企業や商品に対する不満を投稿するとお金がもらえます。

定期的に投稿している人は月収にして1500円から3000円にはなるようで、頑張れば月に1万円にもなるようです。この家にいながらできる小遣い稼ぎなので、時間の有効活用にもってこいかもしれません。どのようなサイトでどのように利用するのでしょうか?

不満買い取りセンターの仕組みと報酬

買い取った不満を企業に届けて企業の品質改善に役立てるというしくみの会社です。もちろん企業は貴重な改善点を見つけることができるので不満を提供してくれた不満買い取りセンターに報酬を支払います。その報酬の一部は不満を投稿したお客さんに還元されるという仕組みで成り立っています。

不満買い取りセンターで不満を投稿するには、まず無料の会員登録をする必要があるようです。メールアドレス(フリーアドレスでOK)が一つあれば簡単に登録が終わります。登録が終わってサイトにログインすると不満を投稿できるカテゴリーが選べます。

「ファッション」「食品・飲食」「デジタル・家電」といった具合のカテゴリーが20ほど選べます。不満を投稿したい種類のカテゴリーを選び、15文字以上の不満を投稿すると受け付けられます。どんな不満でもOKでたいていは受理されます。一件の不満投稿に対する報酬は最低でも1円、企業が役立つような不満なら10円、キャンペーン中なら最大一件50円で不満を買い取ってもらえます。

不満が受け付けられない場合

ほとんどの不満は受け付けられ1円以上の報酬となりますが、以下のような場合は不満が受け付けられない(お金にならない)ようです。

  • 同じ課題に付き、1件以上の投稿をしたとき(1件目のみ受理)
  • 上げられた不満に対する不満の投稿
  • 個人が特定されるような誹謗中傷
  • 犯罪予告

つまり普通の不満であれば1件までは受け付けてもらえるということです。ちょっとした愚痴程度でも受け付けてもらえるようです。

報酬の受け取り

先ほど述べたように一件の不満を投稿すると1円~50円になるのですが、1円=1ポイントという形で貯まっていきます。最低500ポイント貯まると商品交換ができますが、現在のところamazonギフト券のみです。交換申請すると1,2週間後に申請額分のamazonギフト券が送られてくるようです。

他の小遣い稼ぎと比べて

他社の小遣い稼ぎサイトというと、クリックをひたすらするタイプのものや、ゲームをするタイプのものがありますが、それと比べるとはるかに効率の良い小遣い稼ぎのようです。1日50件まで投稿できるので、時間があるときにすればそれなりの家計の足しになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 65
    follow us in feedly

  関連記事

100均のアイテムで収納も自由自在!アイデア次第でおしゃれな収納も簡単!

100均にあるアイテムを使用することで、収納もかなり便利に、そしておしゃれにする …

100均のまわるホッチキスがすっごく便利!できなかったことができるようになった!?

まわるホッチキスって知っていますか? 出典:siso-lab.net このまわる …

100均の容器もラベルの貼り方次第で簡単におしゃれになる!

100均の容器というのは形は好きだけどなんだかちょっとださい… そのようなものも …

自転車の劣化を早めてしまう2つの原因とは?

久しぶりに思い立って自転車に乗ろうとした時に、「困った」という経験をされた方は少 …

野菜の鮮度を長く保つアイデア!まとめ買いしてもこれで安心!

スーパーなどで安売りされている野菜はまとめて買って、美味しく保存しよう! スーパ …

編み針不要!毛糸を使ったハンドメイドアイデア集

目次1 余った毛糸は捨てずに有効活用しよう!2 毛糸のポンポン3 ラッピング素材 …

ペットボトルで袋を密封させるテクニック!

いらないペットボトルでお菓子や調味料を密封できる! 一度袋を開けると湿気ってしま …

オススメのカメラアプリで質の良い写真をとろう

最近のスマホのカメラは、画素数が1000万以上のものが多いです。 一眼レフデジカ …

人気の欧風雑貨をプチプライスで!フライングタイガーはインテリアからお役立ちアイテムまで充実のラインナップ!

目次1 フライングタイガーはバラエティーに富んだアイテムの数々で遊び心に溢れたお …

ネットよりドラッグストアよりコスパのいい!家族が喜ぶコストコ商品はコレ

家族の節約を考えると、お得な感じなものではなく、確実のコスパがいいものを購入する …