セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

ミニマリストの洋服代節約の極意 それは節約しないこと?!

   

ミニマリストの課題の1つとなるのは洋服です。流行の新しい洋服がほしいという誘惑を捨て去らなくてはいけません。

ミニマリストとして生活を始めても、いつまでも流行に追いつこうとしていては洋服代がかさんでしまいます。洋服代がかさまないようにするにはどうしたらよいのでしょうか?

ベテランミニマリストは洋服を減らし無駄に増やさないようにするのが上手です。彼らが掴んでいる3つの方法を見ていきましょう。

洋服の数を決める

洋服代がかさんでしまう要因の1つは、同じ種類の服が複数あるのに慣れてしまうことです。部屋で少し寒いときに着るフリースがすでにあるのに、お買い得に見えるカーディガンを見つけると「これも部屋着にいいかも」と感じて買ってしまうのです。

ミニマリストは同じ種類の服を1種類しか持たないことを目標とします。つまりジーンズ1着、スカート1着、ワンピース1着…というようにです。「フランス人は10着しか服を持たない」という本が良く売れています。洋服代を減らす基本、それは洋服を増やさないことなのです。

流行を追わない

ミニマリストは洋服の選択の際に流行を追いません。今年の流行は来年の流行ではないからです。来年になるとせっかく買った今年の服はタンスをかさばらせるだけのガラクタとなります。

流行の服を着ていると「この人はおしゃれだな」と思われますが、流行を追った服を着ていなくても、オーソドックスな質のよい服を色合いよく着こなせば、同じように「この人はおしゃれだな」と思われます。

質のよい服は今も、10年前も、恐らく10年後もずっとおしゃれです。流行のものというのは通常よりも高い値段設定となっているものが少なくありません。今流行りなのでよく売れるためです。ですが時代が変わっても変わらない質のよい服は適正価格で購入できます。

節約するには節約しない

最後の洋服代を節約する方法は、極意ミニマリストの極意とも言える方法です。それは「節約するために節約しないこと」です。?!という反応かもしれません。しかしこれは極意です。

ミニマリストは家の中をシンプルにするため、洋服の絶対数を減らします。すると当然同じ服を何度も着まわすことになるでしょう。安い服ならすぐに傷んでしまいますし、着ていて楽しくありません。

男性用のスーツを例に取りましょう。「洋服の○○」のバーゲンセールで1万円で買ったスーツはいつも着ているとせいぜい持って1年でしょう。毎日使うとほつれますし、型ずれするからです。その上安いスーツは着ていて気持ちよくはありません。

ではブルックスブラザーズで6万円出してスーツを購入するとどうですか?頻繁に着用していても、それなりに手入れをしていれば10年経っても買ったままの状態です。色落ちもありませんし、型ずれもありません。なお格の高いスーツを着ていると、着ていて気分が良いでしょう。

女性用の訪問着でも同じことが言えます。質のよい服は購入するときは高くつきますが、トータルでは安く付くので、本当のミニマリストは洋服を購入するときに決して安さで選びません。節約せずに質も色も妥協のない最高のものを購入するのです。

自分らしくある

上記の3つの点だけ見ると自分のカラーが出せないと感じる人もいるかもしれませんが、シンプルではあっても、自分のカラーを十分に出すことができます。

スーツ等の訪問着は紺系の万民受けがするものの方がいいかもしれませんが、普段着なら、デニム調、カントリー風、アジアテイストと自分の好きな柄のものを選んでも良いでしょう。ただし製品の質は間違いのないものを選びます。ミニマリストとして、シンプルでよい服を家でも外でも楽しみましょう。

洋服の数は少なくても組合せを変えれば、ファッションを楽しめます。上はボーダートップス、下はジーンズの日もあれば、別の日は上は同じボーダートップスで、下はフレアスカート等のように組み合わせを替えることによってファッションを楽しむことができるのです。数は少なくても質のよい服を組み合わせる、これこそがミニマリストの洋服選びなのです。

どんな服を持っていればいいの?

では実践編としてどんな服を持っていればいいのか、具体例を挙げながら考えていきましょう。ミニマリストは具体的にどんな服を選べばよいのでしょうか?

まずはミニマリストの服選びの基本原則となる4つの指針を整理しましょう。この指針に沿って考えると、自然とどんなものを購入したらよいのか見えてきます。

  1. 着心地が良い服
  2. 実用性がある服
  3. 流行に縛られないコーディネートのしやすい服
  4. 家でも外でも着れる服

この4つの指針に基づいてトップス、ボトムス、アウター選びをしていきましょう。

・トップス選び

tops

身体の上部に着るものから考えます。選ぶ上で一番重要なのは着心地です。そもそも服というのは身体を温めて、生活しやすくするものですから、着心地が悪くては意味がありません。

着心地という点でミニマリストの評判が高いのが、コットン生地で肌触りも良い「ホワイトシャツ」です。

ミニマリストのほとんどが部屋着で着ているのがホワイトシャツといっても過言ではありません。

ホワイトシャツもいろいろありますが、購入する上で重視したいのは生地の強さと折り目もしっかりしているかという点です。

どのメーカーの製品はこの点安心できますか?「無印良品」や「UNIQLO」などのホワイトシャツは大量生産ではありますが、確かな製品の質なので無難です。値段も3000円前後なのでリーズナブルでしょう。

シンプルに生活したいミニマリストは、お気に入りのホワイトシャツを見つけたら、それを毎日着続けます。ですが洋服というのはどうしても汚れるものなので、洗濯する必要があり、そのときは別の服を着なくてはいけません。

そこでまったくホワイトシャツを2、3着買い揃えるというミニマリストがいるのもうなずけるでしょう。そのほうが洗濯のときも、コーディネートに悩む必要がないためです。

着やすさという点からするとTシャツも良いでしょう。流行に縛られないTシャツはやはり無地のホワイト系のTシャツということになります。襟元がよれたりすることのない質が良いTシャツはやはりUNIQLOや無印良品で選ぶと無難です。

・ボトムス選び

bottoms

続いて身体の下半身に穿くものを選んでいきましょう。ボトムスとしてミニマリストが選びたいのは、やはり着心地という点からしてジーンズになります。ジーンズにもいろいろありますが、ミニマリストとして生活感を重視するとあまり足にピットしすぎないものを選びたいところです。

ジーンズの中でも最も履き心地が良いのは、ジーンズが世の中に出始めたときのものと言われています。なぜならジーンズというのは、そもそも労働者のために開発されました。履き心地の良く肉体労働で使用しても、強く丈夫である必要があったのです。昔のジーンズにはまさにそのような特性がありました。

今流行の足にピッタリくっつくスキニーデニムや、穴がわざと開いてあるクラッシュジーンズはファッション性は高いのですが実用性にはかけるために、ミニマリストの選択肢には入らないでしょう。

このようにミニマリストのボトムス選びは常識や流行に流されずに、実用性とオシャレを兼ね備えたものとなります。これらをまとめると、ミニマリストに適したジーンズはどんなものになりますか?

いわゆる「ビンテージの復刻版」と言われるジーンズです。なぜなら昔ながらのジーンズは丈夫で、かっこよいものだからです。昔のものはジーンズはコットン100%でできているのですが、ある嬉しい特徴が現れます。それは何ですか?

ミニマリストにとって嬉しいコットン100%ジーンズの特徴、それは「経年良化」するというものです。買ったばかりのビンテージもののジーンズも履き心地は良いのですが、1年2年と洗濯しながら使ってくると、さらに使い心地が良くなります。洗濯したことによる色落ちが、さらにジーンズを魅力的にもします。その上丈夫なので長年使用することができます。まさにミニマリストのためのボトムスといっても過言ではありません。しわが出にくくするためにポリエステルが10%前後入っているジーンズではこの経年良化は現れにくいのでコットン100%のジーンズを選びましょう。

コットン100%の上質ジーンズは上手に探せば古着屋でも見つけることができますが、Levi’sなどのジーンズ専門店に行けば、ビンテージの復刻版が手に入ります。新品を買って長く使うほうがいいかもしれません。

・アウター選び

outer

トップスはホワイトのシャツかTシャツ、ボトムスは昔ながらの質の良いジーンズがミニマリストに適しているということでした。しかし寒い季節のアウターはどうしますか?ミニマリストの部屋には通常エアコン以外の暖房器具はありません。当然洋服を着て身体を温めながら過ごすことになります。

男性であれば、アウターとしてセットアップできるジャケットを用意しておきたいと思うことでしょう。ホワイトのシャツの上に着ることになるのですが、コーディネートを考えると、紺や黒のジャケットが無難ということになります。紺や黒は太陽熱を吸収しますし、ホワイトシャツともよくコーディネートするので、そのまま外に出かけることもできます。

着心地を重視するならパーカーも選択肢に入ります。ジャケットよりも部屋着には適しているでしょう。フードの付いたものですと、顔が寒くなりがちな冬場も心地よく過ごせます。

女性であれば、アウターとしてカーディガンを選ぶ人が多いようです。飽きのこないシンプルな色のカーディガンを選ぶのがコツであるとベテランミニマリストは感じています。寒い季節だけでなく、夏場にエアコンの冷気で身体が冷えてしまうこともあるので、女性のミニマリストであればカーディガンは一年中手元においておきたい服ということになります。

トップス、ボトムス、アウターとミニマリストが選びたい服を具体的に考えてきました。記事の中でも触れましたが、これらはすべて無印良品やUNIQLOなどで買いそろえることができるものばかりです。

質が良いものを大量生産してリーズナブルな価格で提供するものはファーストフードにちなんでファストファッションと呼ばれます。しかしファストファッションこそが、強くて長持ちし、どの時代を通じてもオシャレであることを考えるとミニマリストにもっとも適したファッションと言えるかもしれません。

ミニマリズムのメリット

服の数を最小限に抑え、生活感のある着心地の良い同じ服をずっと着続けるミニマリストですが、服のミニマリズムにはたくさんのメリットがあります。今回はそのうち3つほどメリットを考察してみましょう。

1、服の買い物欲がおさまる

あらかじめ必要な服を決めてしまうと、街角で素敵な洋服見つけたとしてもスルーできます。ネットを見ていて、突然素敵な洋服の広告が現れても、誘惑となることはないでしょう。ミニマリストはすでにもう頭の中から、新しい服を購入するという思考が消えているからです。

いままでは素敵な洋服が目に入るたびに毎日葛藤していたかもしれませんし、「あの人も買ったから自分も…」と競争意欲もあったかもしれません。

しかし、ミニマリストとして自分のスタイルが決まった以上、買い物欲に振り回されることがないのは大きなメリットでしょう。大きな金銭的、感情的な負担を減らせるのです

2、服をしっかり管理できる

家にたくさんの服があると、自分でもどれほどの服があるのか管理しきれなくなります。何年か前に素敵に見えて買った服もタンスの奥で眠っていることもあるでしょう。知らない間に虫食われてしまったり、カビてしまうこともあるかもしれません。毎年流行を追ってしまった結果、今では着れない服があふれてしまうのはどの家でも生じていることです。

ですがミニマリストは流行を追わない品質の確かな服を10着前後しか持たないので、服が無駄になることがないでしょう。どんな服を所有しているか、どの服のどの部分が傷みかけているのか、どの服はいつごろ買い換えないといけないのかはすべては頭の中で管理できるのです。

3、コーディネートを考えなくてよい

「今日はトップスとボトムスをどの組み合わせにしようか」毎朝と悩む人は少なくありません。なぜ毎日悩むのでしょうか?服がたくさんありすぎるからです。1つしかなければコーディネートで悩む必要はなくなります。毎日すでにコーディネートされているトップスとボトムスを着るだけだからです。

毎日同じ服を着る人たち

実はミニマリストの精神、「できるだけ生活をシンプルにするために服を1つにする」という考えは今に始まったことではありません。近年の歴史を見ていると、すでに実践している著名人がたくさんいるのを知っておられるでしょうか?毎日同じ服をいる3人の著名人を紹介しましょう。

スティーブ・ジョブス

stevejobs

いわずと知れたアップル社の創業者です。コンピュータ業界の革命児は常に同じファッションスタイルを貫いていました。トップスは常に黒のタートルネックで、ボトムスはジーンズ、足はスニーカーというものでした。

彼は新しいアップル社の製品が出ると製品発表会に現れ、製品の説明をするのですが、ファッションは常に同じです。なぜ同じ服を着ているのかという質問に対し彼の答えは「決断の数を減らすため」と答えたそうです。まさにミニマリストと同じ考え方ですね。

では彼はどのメーカーの服を着ていたのでしょうか?黒のタートルネックは「ISSEY MIYAKE」、ジーンズは「Levl’s501」、スニーカーは「New Balance 991」ということです。シンプルながらも質の良いものを着用するという点はミニマリストと共通しています。

アインシュタイン

einstein

物理界に大きな革命をもたらした相対性理論を発明者です。彼もいつも同じ服を着る科学者として知られていました。同じスーツの別モデルのものを何着も購入して着まわしていたそうです。なぜ同じ服をしか着なかったのでしょうか。

彼曰く「毎朝何を着るのか悩むのは時間の無駄だから」というのが理由だそうです。

マック・ザッカーバーグ

Mark_Zuckerberg

FacebookのCEOとして有名なマック・ザッカーバーグですが、彼もいつも同じ服装であることが知られています。トップスはグレーのTシャツに黒のパーカー、ボトムスはジーンズです。Facebookの公開討論会で「どうしていつも同じシャツを着ているのですか」と質問されたことがありました。彼はこのように返答は非常に興味深いものです。

「社会貢献に関係しない英断はできるだけ下さないようにしている。日々の生活の小さい物事にエネルギーを注いでしまうと、僕は自分の仕事をしていないように感じてしまうんだ。10億人以上の人をつなげることが僕の仕事だからね」

他にもいつも同じ服を着ていた人として前アメリカ大統領のオバマ氏もいらっしゃいます。彼も「私は常にグレーか青のスーツを着用している。こうすることで決断する数が減るんだ」と述べています。

いつも同じ服を着るこれらの人の考え方から、自然と毎日同じ服を着ることのメリットが見えてきませんか。2つほどあげてみましょう。

1.決断の数が減る

上記の人がすべて口をそろえるメリットは、「いつも同じ服を着ればそれだけ決断せずに済む」という点です。確かに人生の中で最も重要なのは服を選ぶことではありません。社会のために、もしくは自分や家族の幸せのためにしなくてはいけないことはたくさんあるでしょう。

服を選ぶというのもひとつの大きな仕事なので。重要なことに力を注ぐために、小さな負担をなくしていくというのはミニマリストが参考にできる考え方です。

2.信念のある人として覚えてもらえる

上記の人がいつも同じ服を着ることから、多くの人はこれらの人にどんなイメージがわきますか?これらの人が「強い信念を持った人」と映ります。

実際服選びより重要なことに人生を注ぎだしているので、同じ服を着ているわけです。決してこれらの人がずぼらに映ることはないでしょう。同じ服ではあっても整えられた清潔な服をいつも着ていればそれがその人のトレードマークとなり、覚えてもらうのにも役立ちます。

まとめ

今回はミニマリストの服選びについて考えてきました。要点をまとめてみましょう。

  • 質の良い服を少ない数所有する
  • 流行を追わず、時代を超えてもオシャレな服を選択する
  • 着心地の良さ、生活のしやすさを考える
  • 物質欲は捨て、更なる購入は考えない

上記のミニマリストの服選びがいったん定着してしまうと、毎朝、「服選びから解放されることがこれほど気持ちいいのか」と感じるかもしれません。トップス・ボトムス・アウターをどれにしようかという選択から解放されるだけでありません。洋服の管理もラクになるのです。

さらに他の人からも「しっかりした信念を持って生活している人」と見られることでしょう。毎月の出費のほとんどは被服費だったという人は、ミニマリストを実践することによって大幅な節約にもなるのです。

数多くのメリットがあるミニマリストの服選びではありますが、「ミニマリスト」と「服に無頓着な人」とは紙一重でもあります。ですから清潔であることにだけは気をつけるようにしましょう。いつも手入れの行き届いた質の良い服だけを着と同時に、ヒゲや爪などの手入れにも注意を払うことによって、ずぼらにみられないように注意します。

ミニマリストにとって服を減らすということはその生き方の象徴でもあります。上記の服の選択については、ぜひ妥協することなく実践していきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 63
    follow us in feedly

  関連記事

キャンドゥは便利なアイテムがたくさん!もちろん節約にも!食品系にも力を入れている100均

目次1 100均のキャンドゥは生活の質を高めてくれるハイクオリティな商品が揃う! …

100均のプラスチックチェーン活用術はコレだ!

100均にはプラスチックチェーンが販売されています。 出典:lovemo.jp …

家の壁に穴あけずに簡単DIY!突っ張り棒の使い方アイディア集

家の模様替えやリノベーションをして雰囲気を変えたいけど、家に穴をあけるのは賃貸だ …

手帳は100均でも本当に使えるの?100均手帳まとめ

スマホやタブレットが普及した現代においても、手帳というのはとても便利なものであり …

100均でUVレジンのアクセサリーを簡単に作っちゃおう!

UVレジンのアクセサリーを100均アイテムで作ることができる! 出典:yclou …

就活でも使える無料写真アプリは「BeautyPlus」と「履歴書カメラ」がオススメ

履歴書や就活で使う証明写真は、時間がかかることが多いかもしれません。 そして駅な …

水道救急センターで水まわりのトラブル解消!の前に知っておきたいこと!

目次1 なんで今なの!?思わぬ時に訪れる水のトラブル2 急なトラブルでも、とって …

編み針不要!毛糸を使ったハンドメイドアイデア集

目次1 余った毛糸は捨てずに有効活用しよう!2 毛糸のポンポン3 ラッピング素材 …

家にあるものでツルツルスベスベのお肌を目指すボディケア方法

いつでもつるつるで思わず触りたくなるような体になりたい!と思いませんか?顔のケア …

ミニマリストには3つのタイプがあった あなたに合うのはどのタイプ?

「私はミニマリスト」という人がいるとします。だからと言って「じゃあこの人の家には …