セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

お薬代の大幅節約!!ジェネリック医薬品を活用しない手はない!

   

「ジェネリック」――利用したことがない方でも、テレビCMなどで名前だけでも耳にしたことがあるのではないでしょうか

みなさん、風邪をひけばドラッグストアなどへ行って風邪薬を買うでしょうし、おなかが痛くなれば胃薬を買うでしょう。そんなときにこの「ジェネリック」という言葉を覚えておくとたいへん便利です。

ジェネリック医薬品とは、一言で言うと、ある製薬会社の特許が切れた医薬品を、ほかの製薬会社が同じ有効成分で製造した医薬品のことです。

日本語では後発医薬品といいます。対して特許を取得している製薬会社による製品は先発医薬品といいます。最初に開発して販売された薬が「先発」、特許が切れて後から販売されたということで「後発」という意味ですね。

ジェネリックのメリットは?

2_2

ジェネリック医薬品の大きな特徴は、その従来のブランド製品と同等品質でありながら、それよりも安価に販売されているということです。
どうして同じ効能の薬が安く手に入るのでしょうか。

その理由が特許にあります。

製薬会社は新薬の開発に莫大な時間と費用をかけます。

そうしてようやく完成した新薬を販売するにあたって、開発に要した努力を他社から横取りされないために特許を取得します。特許をとり、独自のブランド品として新薬を販売し、会社はその新薬の売り上げで開発に要した費用の償却にあて、そして次の製品の開発費用にまわします。

つまり、私たちが購入する医薬品の価格には、それを製造している製薬会社の研究開発費用が含まれているということです。当然ですね。

しかし特許というものには期限があります。期限が切れてしまえば、その製品に対する独占的な使用はできなくなります。そこへ、ほかの医薬品メーカーが、特許の切れた先発医薬品を自社で製造、販売しようと参入してきます。

新しく参入してきたメーカーは、その医薬品の価格に研究開発のコストを上乗せしなくてすむわけですから、そのぶん安く販売できるというわけです。

開発に多大なコストを払ってくれた製薬会社には、なんとなくかわいそうな気もしますが、私たち末端利用者にとってはいい薬が格安で手に入るということですから、ありがたいばかりです。

ジェネリックの問題点

さて、いいことづくめのジェネリック医薬品のようですが、まったく問題がないというわけでもありません。どんなものにでもいい面とわるい面があるものです。いいものをいいものとして利用するためには、その弱点についても理解をしておくということも大切です。

さきほど私は、ジェネリック医薬品は特許が切れた新薬の後発医薬品である、という説明をしましたが、正確にいうとこれは一部誤りなのです。

ジェネリック医薬品を製造・販売するためには、先発医薬品がもっている特許のうち、新しい物質に与えられる「物質特許」、特定の物質に対する新しい効能・効果に与えられる「用途特許」という2つの特許の期間が切れてはじめて可能となるものです。

これにより、ジェネリック医薬品は先発医薬品と「主成分」を同じにすることができます。しかし、「主成分」が同じにできるということが、まったく同じ医薬品を作れるということではありません。

新しく医薬品が開発された際、上の2つ以外にも新薬に関わる特許が取得されます。それは「製造特許」と「製剤特許」というものです。

製造特許は、薬のコーティング部分に使われる添加物などに適用されるもので、製剤特許は、錠剤、カプセル、粉末など、薬の形などに関わる特許です。

物質特許と用途特許の期間が切れていても、製造特許や製剤特許の有効期間は残っているという場合が多々あります。

これがなにを意味するかというと、先発医薬品と主成分は同じでも、コーティングの仕方薬の形がちがう製品になる、ということです。

コーティングの仕方と剤形が変わると、「効きはじめるのが遅い」とか「薬が効きすぎる」とかいった差がでてくる可能性があります。

とはいえ、主成分が同じであるので、効果がまったく同じとはいえないまでも、同等の効果があることは確かです。

しかも、日本のジェネリック医薬品の承認基準は、他国とくらべてもたいへん厳しいものとなっていますので、この基準をクリアしている日本のジェネリック医薬品はかなり信頼できるものであるといっていいでしょう。

ジェネリック医薬品にはこうした問題点があるということも踏まえておくことが大事です。でも、ジェネリック医薬品のほうが安いというのも事実。

ですから、薬を購入する際は薬剤師さんなどのアドバイスを聞いて選ぶといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 65
    follow us in feedly

  関連記事

医療費控除をしっかり理解して家計を守りましょう!

確定申告をしよう 2月、3月は確定申告でみなさんがバタバタする時期です。 自営業 …

海外でもし病気・怪我に見舞われたらどうしよう…?コレを読めば大丈夫!海外療養費制度を正しく理解しよう!

海外旅行や海外赴任の最中に、急な病気やケガなどでしかたなく現地の医療機関で診療等 …

Q「健康保険料、安くならないかな?」→A「残業しなければOK!」 どういうこと??知って得する、標準報酬月額のお話!

標準報酬月額という言葉を、一度はどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか? …

突然の大怪我や大病にも慌てないで!高額療養費を活用しよう!

もしも一カ月のあいだに高額の医療費がかかってしまったときには、高額療養費、自己負 …

「風邪かな?」で大病院へ。ちょっと待った!それ、お金の無駄遣いです!!選定療養費について学ぼう!

「なんだか最近からだの調子がおかしい。ちょっと病院で診てもらおうかな―?」 そう …

医療費の節約十カ条

突然に私達の家計を圧迫する医療費。 どうしても避けられないものですが、なるべく余 …