セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

3年で1000万円貯金するための節約・投資術

   

3年で1000万円貯金するために1日9133円貯める環境を作る

1000万円と言えば、一般的な感覚で言えば「大金」の1つの目安になる金額ですよね。

どうにかして1000万円貯めたい。
けれどそこまでハードに貯金できるほど収入は多くない。
そんな方にとって目標となるのが「3年で1000万円の貯金」になるでしょう。
もちろん決して簡単に達成できる内容ではありません。

ですが頑張りによっては実現できる可能性もある範囲内とも言えます。ということでここでは3年で1000万円貯金するための方法について紹介していきます。

1日、1ヶ月あたりの貯金額を計算してみよう

ざっくりと3年間で1000万円、と言われてもピンと来ないですよね。ということでまずは貯金額を細かく分けて考えてみましょう。

まずは年間の貯金額から計算していきます。

1000万円÷3年=333万3334円

毎年333万3334円の貯金ができれば3年後には1000万円貯まっている計算になります。

次に1ヶ月あたりの貯金額を計算してみましょう。

1000万円÷36ヶ月=27万7778円

毎月27万7778円貯金し続けることができれば3年間で1000万円貯められることになります。ほぼ28万円毎月貯金に回さなくてはならない、というのは若干ハードルが高く感じられますね。

そして最後に1日あたりの貯金額を計算してみましょう。

1000万円÷1095日=9133円

毎日ほぼ1万円ずつ貯金し続けられれば3年間で1000万円になります。

こうやって考えてみると、頑張れば行けなくは無いかな?という感じはします。
ただ覚えておいて欲しいのはあくまでも「貯金に回す金額」であり「1ヶ月、あるいは1日に稼ぐ金額」ではないということです。
最低限必要な金額であり、生活費などが上乗せされることになるので実質はもっとたくさんの稼ぎが必要になります。

自動貯金を上手く使おう!

貯金額の目安が分かったら、次は確実に貯金するための仕組みを構築していきましょう。
オススメしたいのはそれぞれの銀行で用意されている自動貯金サービスです。

各銀行によって若干内容が異なったりしますが、大まかに説明すると給料日に指定した金額が自動的に貯金用の口座に移される、というものです。

もちろん自分自身で毎月27万7778円を貯金用口座に移しても良いのですが、これがなかなか長続きしないんですね。
そう考えれば、自動的にやってくれるサービスを利用したほうがシンプルかつ確実で安心もできます。
貯金口座からお金は引き出さないように徹底するのも忘れずに。

徹底した節約を心がける!

後述しますが、3年で1000万円貯金するためにはお金を増やすことも必要になるでしょう。しかし、自由に使えるお金を増やすために一番簡単なテクニックが「節約」になります。

収入を増やすのは大変ですが、無駄な支出を減らすのはそこまで難しくありません。
ということでいくつか節約術を紹介していきます。

食費をいかに減らせるか

食費は毎月結構な金額が必要になりますが、少し工夫するだけでかなり節約できるのが大きなポイントです。
例えば飲み物。自販機やコンビニで購入すると定価ですが、スーパーやドラッグストアを利用すれば30%くらい割引されていることがほとんどです。
1回あたりはかなり小さな金額かもしれませんが、3年間続ければかなり違いが出てくるはず。

例えば毎日150円のペットボトルを購入している人が、節約のためにスーパーで100円のペットボトルを買うようにしたとしましょう。
すると1日あたり50円、1ヶ月で1500円、1年間で6000円、3年間で1万8000円の節約になります。

当然飲み物だけでなく、他のものも一緒に購入するでしょうから、相乗効果でさらに節約が期待できますね。

また食材などを普通のスーパーで購入するよりも、コストコなどの業務用スーパーや、産地直送の直売所で野菜を買うようにすると節約効果が期待できます。近所にあるなら積極的に活用したいところですね。

タバコはやめよう

喫煙習慣のある方はタバコはスパっと辞めてしまった方が良いと思います。
タバコの価格が大体440円くらいで、1日1箱消費しているなら、1ヶ月で1万3200円、1年間で16万600円、3年間で48万1800円の出費になります。
これをやめれば結構な金額が浮きますね!

格安SIMを検討してみよう

毎月1万円くらいの携帯電話代を月々3000円くらいまで節約できるテクニックとして格安SIMが挙げられます。
正直、特に性能にこだわらないなら月額2000円以下にまで抑えることだってできます。

もちろん格安SIMならではのデメリット(サポートが弱い、データ通信量の上限が低いなど)もありますが、これらが特に気にならないなら絶対格安SIMにするべきです。毎月7000円から8000円くらい節約できるわけですから。

ポイントにこだわり抜く

クレジットカードでの支払いだったり、電子マネーの支払いでポイントが獲得できるサービスが用意されています。
これを上手に活用していきたいところです。
例えば、楽天カードは楽天スーパーポイントが貯められ、1ポイントあたり1円として活用できます。
こういったポイントを設けているクレジットカードや電子マネーを上手く使えば、実質0.5%~2%の割引が常時適用されているようなものです。
「塵も積もれば山となる」の発想で取り入れていきましょう。

収入自体を増やす

3年間で1000万円貯めるためには収入を増やさないことには厳しい人も多いと思います。ということでいくつか現実的な収入アップ術をリストアップしていきます。

副業を始める

もちろん何を副業として選ぶのかが重要になってきます。自分にスキルや実力があるならそれを軸にして副業を始めるのが良いかもしれません。
例えばプログラムの技術があるなら、在宅ワーク(SOHO、フリーランス)で結構稼げます。デザイン系の技術も相性が良いですね。
またサイトに掲載する文章を書くお仕事(ライター)も人気が高く、こちらは特別なスキルがなくても取り組めます。

それなりに高額な副収入になるのが、水商売系になるでしょうが、こちらは適性がなければ稼ぐことは難しいので誰でもできるとは言いがたいですね。また想像している何倍もキツイ仕事でしょうから、掛け持ちできるほど甘くは無いかもしれません。

投資にチャレンジ

ある程度まとまった収入、継続的な収入を期待するなら投資にチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。株式投資やFXがメインになってくると思います。

もちろんある程度資金がないと始められないですし、相応のリスクもあるのでよく考えて踏み切る必要はあります。しかし現状の収入や副業だけでは3年で1000万円貯めるのが難しい、と判断した場合はチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

■まとめ■
ということで今回は3年で1000万円貯金する方法について紹介してきました。頑張り次第では十分実現できる範囲内だと思います。手順としては以下のような流れがオススメです。

まずは1日、1ヶ月単位の必要な貯金額を計算
自分自身の収入と支出の内容を把握する
無駄な出費を減らすための節約術を取り入れる
節約だけでは目標達成が厳しい場合は収入を増やす手だてを考える

1000万円貯金することができれば、かなり色々な用途に使えますよね。「大金」と言われる一つの目安になるので、ぜひ狙ってみたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 65
    follow us in feedly

  関連記事

本多式4分の1貯金法をマスターして貯蓄体質を作り上げよう!

本多式4分の1貯金法はちょっとした心構えで自然と貯金ができるようになる! 貯金し …

景気と安保法案可決の関係性は?節約による影響は?

日本は長い間法律によってがんじがらめの状態になっていました。その法律によって身動 …

貯金!はじめの一歩は!1年で100万円を目指す

1年で100万円貯金するために1日2740円貯める環境を作る 何か欲しいものがあ …

ゆったり5年のスパンで1000万円の貯金をはじめる。

5年で1000万円貯金するために1日5480円貯める環境を作る 1000万円とい …

公共の制度を利用して申請しないともらえないお金をゲットしよう

対象者と申請先をしっかり確認しよう   いろいろな制度を利用して節約し …

日本人は仕事でも家庭でも満足できない?その理由は何?

家庭でもリラックスできない日本人が多い理由もチェック 世界的に見て仕事の満足度の …

子どもが生まれたら大学に行かせることまで考えた貯金計画を立てましょう。

早めの計画と貯蓄で子どもの将来を明るくするためのコツ 子どもを一人育てるためには …

5年で100万円!無理なく貯金するための節約術

5年で100万円貯金するために1日548円貯める環境を作る 子供の教育資金だった …

アベノミクスで景気が回復!でも実感がわかないのはなぜ?

景気回復しても給料の上がらない4つの理由を紹介 アベノミクスで景気回復しても… …

じっくり派のあなたに10年コツコツ100万円の貯金をするやり方。

5年で100万円貯金するために1日274円貯める環境を作る 長期的なスパンでじっ …