セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

老後の資金が実質減少?インフレリスクに備えることが大事!

   

インフレが起きても資金減少しないための資産運用法を紹介

img63

そもそもインフレとは?

日本経済は長らくデフレ状態にあって、インフレターゲットを設定するなど、インフレの経済曲面を生み出したいと国を挙げて躍起になっています。インフレという言葉はしばしば耳にするけれども、詳しいことはよくわからないという人もいるでしょう。そこでまずインフレについて、簡単に解説します。

インフレとは、一言でいうと物価が上昇して相対的に通貨の価値が落ちてしまう状態のことです。インフレターゲットとして、2%と現在設定しています。これはどういうことかというと、それまで100円出して購入できていた商品が、2%のインフレ後は102円出さないと買えなくなる状態です。

ちなみにデフレはこの逆で、物価下落によって、通貨の価値が上がることをさします。つまりインフレが起きると、今まで変えていた商品が買えなくなってしまうわけです。ということは、インフレの状態になると資産価値が相対的に減少してしまうわけです。

ではどの程度インフレのおかげで、自分の資産価値が減少してしまうか、具体的にシミュレーションしてみましょう。たとえば皆さんが現在、100万円の貯金をしていたとします。便宜上、利息は一切発生しないという過程で、毎年インフレ率が2%になっていると考えます。

もしこのままの状態が10年続けば、100万円のお金の価値は10年後には82万円まで下落してしまいます。100万円が82万円というのは、かなりの下落だと思いませんか?高齢者になって仕事をリタイアしてしまうと、年金暮らしになって、現役時代と比較すれば、手元に入ってくるお金は減少します。

貯金を切り崩すとか、退職金を使ってやり繰りする人も多いでしょう。もしその中でインフレが起きて、実質手持ちのお金の価値が下落すれば、大きな経済的なダメージになりかねません。

インフレリスクとは、自分の持っているお金の価値が下落することを意味します。インフレリスク対策として考えないといけないのは、インフレが起きても強い資産に変えておくことです。

資産増加見込みのない資産が危険

img64

インフレリスクに対して弱い資産は、インフレになってもそのものの価値が増加しないものです。たとえば、現金があります。1万円はインフレになろうとデフレになろうと1万円の価値に変わりはありません。つまりインフレが起きると、現金は実質的に価値が減少してしまいます。

その他には、預金や債券もインフレリスクに弱いと考えられます。これらには利息が付き、インフレ率にある程度対応はできるものの、長期の定期預金とか満期まで時間のまだある債権の場合、インフレ率が大きいと利息が追い付いていかない恐れが出てきます。

インフレに強い資産に変えるには?

img62

預金などしかしていなくて、インフレリスクに備えたいと考えるのであれば、インフレリスクに強い資産に変えておくことが大事です。まず商品投資がオススメです。

物価の上昇をインフレというわけですから、資産を商品にしておけばインフレすれば、その価値がどんどん上昇します。特に貴金属は、もともと万人に価値があるものと認められていますから、物価が上昇した時にフレキシブルに対応できます。その他には、土地などの不動産を購入するのもインフレリスクに備えられます。

バブルの時代を思い出してもらえばわかりますが、日本はインフレの真っただ中でした。この時不動産の価格も上昇していきました。バブルのときのような急騰はないかもしれませんが、インフレになれば不動産価格も上昇する公算は高いです。

また株式投資も、インフレリスクに対して強みがあるといいます。そもそもなぜ国がインフレにしたいかと言えば、物価上昇すれば、会社の利益も上がって、社員の給料が増え、景気が良くなると考えているからです。インフレになればその恩恵を受けるのは企業、その企業の発行している株式の価格も上昇して、インフレリスクの対抗しうるわけです。

自信のない人は投資信託も

img61

簡単に言えば、インフレ時はただ単に貯金しているだけでは、価値が目減りしてしまいます。そこで投資などの資産運用をして、自分から資産を増やしていく必要があるわけです。でも投資に関する知識がない、もし投資に失敗して損失を計上したらどうしよう、などとなかなか一歩踏み出せない人も多いです。

その場合には投資信託を利用しませんか?投資信託の場合お金は自分で出しますが、実際の資産運用はプロのファンドマネージャーが行います。絶対ではないものの、専門家が資産運用を行いますから、素人と比較すれば収益を上げられる可能性は高いでしょう。安定した資産運用でインフレリスクに対応する手っ取り早い方法は、投資信託といえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 65
    follow us in feedly

  関連記事

最近は長いセカンドライフ・退職後準備はお早めに

定年後何もすることがない事態を防ぐために 目次1 日本人はヘタな定年後の生き方2 …

1億円必要?老後の生活資金をどう準備すればいいの?

老後30年近く生きることも想定して準備を 老後の漠然とした不安 若い世代の中では …

年金生活では支出を削減することが大切? それとも命取り?

国民年金の保険料は毎月15000円以上と、なかなか高額になっています。本来は納付 …

セカンドライフの重要な資金源になる退職金・みんなはどう使う?

シニア世代にアンケート調査・退職金の使い道で多かったのは? 退職金はどのくらいも …

リタイアした後の生活費の源・公的年金システムを理解しよう

受給開始を先送りすればもらえるお金が増える? 日本の公的年金制度は2階建て 日本 …

国民年金保険をクレジットカードで払って節約をしよう!

国民年金保険料は前納することで節約が可能なわけですが、1回の支払総額は結構大きな …

国民年金保険料は節約できる!納付方法や前納割引を上手に使おう

毎月の支払いが結構大きい国民年金。しかし支払うことは国民の義務なので、避けて通れ …

節約派は年金前納で割引制度を利用している!

年金は納付期限を忘れてしまいやすく、滞納してしまうこともあるかと思います。 そん …