セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

個人向け国債の種類は変動10年、固定5年、固定3年!それぞれの比較ポイントと選び方の解説

   

個人向け国債はリスクを抑えつつしっかりと資産運用ができる手段として人気です。

個人向け国債には変動10年、固定5年、固定3年の3種類が用意されています。

しかし、どれを選ぶのが良いのか、どういったポイントを比較した上で選ぶべきなのか悩んでいる方も多いと思います。

ということで今回は個人向け国債の種類とその比較ポイント、そして選び方について考えていきたいと思います。

どんなお金を個人向け国債に預ける?

日本人が大好きな資産運用のひとつである銀行の定期預金。しかしこちらは金利が低いので資産運用としての力不足は否めません。

そこで定期預金よりは金利が高く、そして同じぐらい安全性が高い投資方法として個人向け国債に注目が集まっています。

正直なところ「ガンガン稼げる」とは言いがたいですが、少なくとも定期預金に入れるよりは利益につながりますし、安全性の高さが魅力ではないでしょうか。

国債というのは国が財政破綻しない限り元本割れする心配はありません

ということで、個人向け国債に預けるお金としては「守りたいお金」「確実にキープしたいお金」が適していると思います。

例えば「10年後の子供の教育資金として確保しておきたい」といった条件で利用するのに良いと思います。

個人向け国債の種類は3つ!

個人向け国債は3つの種類が用意されています。「変動10年」「固定5年」「固定3年」です。それぞれ大まかな特徴を紹介していきます。

●変動10年
満期:10年
金利:変動金利
金利の決め方:基準金利×0.66
金利の下限:0.05%
利子の受け取り:半年ごとに年2回
購入単位:1万円~
中途換金:国債発行後1年以降ならいつでも可能。ただし中途換金による利子の差し引きが発生。
●固定5年
満期:5年
金利:固定金利
金利の決め方:基準金利×0.05
金利の下限:0.05%
利子の受け取り:半年ごとに年2回
購入単位:1万円~
中途換金:国債発行後1年以降ならいつでも可能。ただし中途換金による利子の差し引きが発生。
●固定3年
満期:3年
金利:固定金利
金利の決め方:基準金利×0.03
金利の下限:0.05%
利子の受け取り:半年ごとに年2回
購入単位:1万円~
中途換金:国債発行後1年以降ならいつでも可能。ただし中途換金による利子の差し引きが発生。

個人向け国債の比較ポイントと選び方の考察

このように個人向け国債には3つの種類がありますが、どのようなポイントを比較した上で選ぶべきなのか、というのが肝になってきます。

ということで次のような点を意識してみましょう。

●使う時期を考える

個人向け国債は「中途換金」することができます。そのため、万が一急にお金を用意しなくてはならなくなった場合でも安心です。

しかし、直前2回分の利息を返済しなくてはなりません。つまり、せっかく個人向け国債に投資したのに意味が無くなってしまう可能性もあります。

もしお金を使う時期が決まっているのなら、その時期より前に満期が来る個人向け国債を選ぶのが適切でしょう。

例えば、3年~4年後にお金を使う予定があったとします。そうなると、候補としては固定3年、固定5年のいずれかになってきますね。

個人向け国債の金利は期間が長いほど金利が高いので…「固定3年を満期まで保有」するのか「固定5年で3年間保有し、中途換金(受け取れる金利は実質2年分)」にするのかを選択することになります。

より有利な方を選択する必要がありますね。

もしもここ1、2年の間で金利が急激に上昇する可能性があるなら、中途換金を視野に入れた変動10年で組むのも良いかもしれません。

もしもお金を使う時期が5年よりも長いなら、固定5年の検討が良いと思います。

もちろん、途中で金利が上がる見込みがあるなら、固定3年を満期まで保有し、再び固定3年を買う…という選択肢もありです。

ただし基本的に固定3年と固定5年を比べるとかなり金利に差が出てくるでしょうから、よほど金利が上昇しない限りは固定5年の方が良いと思います。

●金利の見通しで選ぶ

これから先金利は当分あがらないだろう、むしろ金利は下がってしまうかもしれない、と考えるなら「固定」の個人向け国債を選ぶべきです。

しかし今後金利が上がっていく、現在金利は上昇基調にある、という場合は変動10年も選択肢に入ってくると思います。

ちなみに過去の金利の動きを見ると、あがる時は短期間で急上昇し、下がるときはじわじわ下がっていく傾向があるのでこちらも覚えておくと参考になるのではないでしょうか。

基本的に金利というのは景気が良くなると上がる傾向にあります。景気が悪いとき、景気が回復しつつあるけれど今ひとつ…という状況だとなかなか金利は上がりません。

正直なところ金利の予想は簡単にできるものではありません。金融のプロでさえ予測は困難です。個人向け国債の場合変動だと10年になるので、余計に予想が難しいですよね。

投資の世界、金融の世界では「結果が出てみるまで予想が正しいか否か分からない」というのが常識です。つまり「出たとこ勝負」的な部分があるわけです。

ということで、完璧に金利の見通しを立てる、読もうとするのではなく「万が一見通しが外れてしまった時の対策を考えておく」のが最も現実的かつ正しい判断だと言えないでしょうか。

まとめ

個人向け国債は基本的には毎月発行されています。

ですので入手難易度としてはそこまで高くはありません。もちろんほとんどの人は一度にまとめて購入することになると思います。

しかし、積立感覚で毎月少しずつ個人向け国債を購入して貯めていくのも有効な投資方法です。

例えば個人向け国債固定3年を毎月少しずつ購入して、ボーナスなどが出た時は固定5年をまとめて購入する、といった方法もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 65
    follow us in feedly

  関連記事

個人向け国債「固定5年」の説明と選ぶポイント

個人向け国債の「固定5年」は名前の通り満期が5年間、金利は固定、という金融商品に …

定期預金と個人向け国債を比較!どっちがよりお得になる?

リスクがほとんど無い資産運用の定番は「定期預金」「個人向け国債」のふたつになると …

個人向け国債「固定3年」の説明と選ぶポイント

個人向け国債の種類のひとつである「固定3年」。満期が3年間に設定されていて、その …

副業で始める個人向け国債!国が相手だからこそ安心して始められる

資産運用のひとつ、あるいは副業として選ばれることが多い「個人向け国債」。 名前は …

個人向け国債「変動10年」の説明と選ぶポイント

個人向け国債の種類のひとつである「変動10年」。 金利が変動する、10年が満期と …

個人向け国債のメリットやデメリットは?安全性の高い資産運用として人気の理由とは?

個人向け国債は銀行の「定期預金」と非常によく似た性質を持った人気の資産運用方法で …