セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

医療保険に加入していればがん保険不要論を検証する・保険料を節約すべし?

   

テレビを見てみると、がん保険のコマーシャルをしばしば目にする人も多いでしょう。

がんに罹患した場合に、手厚い保障の受けられる保険ですが、加入する必要はないと、がん保険不要論を唱える人もいます。

入院や手術などで給付金を受けられる商品として医療保険があります。この医療保険に加入しているのであれば、がん保険は必要ないという論調です。

そこでここではがん保険の必要性について検証しましょう。必要論不要論それぞれの根拠を紹介しますから、加入するかどうかの参考にしてみてください。

■がん保険必要論の根拠

がん保険が必要と考える理由の中で大きいのは、診断給付金がもらえる所です。医療保険では診断給付金のもらえる商品はあまりありません。

がんと診断された時点で給付金が受け取れ、しかも100~200万円程度の給付金の受け取れるがん保険が多いです。

がんにかかって治療するとなると、当面の生活費をどうすべきかの問題は必ず出てきます。その問題をひとまずクリアするのに十分なお金が手に入ります。

医療保険では入院すると、入院給付金が支給されます。

しかし支払い日数には限度を設けているものがほとんどです。しかしがん保険の場合原則、入院給付金の支払い日数に上限を設けず、無制限で支給してくれるのがメリットです。

がんの場合手術による治療も普通に行われます。

また一見完治したように見えてもしばらくすると、再発や転移の確認されることもあります。

このように治療の長期化する恐れもあり、無制限で入院給付金を支給してくれるがん保険に加入しておいた方が安心というわけです。

がんになり働けなくなった場合困るのは、収入が激減してしまうことです。特に自営業者やフリーランスの方は、収入がゼロになる恐れも十分考えられます。

がん保険の中には、収入保障型と呼ばれる商品もあります。がんと診断された時点で、年金のように定期的にお金がもらえます。

こちらを生活費に回せば、治療が長期化しても家計のやりくりはしやすくなり、その意味でもがん保険は必要というわけです。

■がん保険不要論の根拠

一方がん保険は不要と考えるのにも、十分な理由がいくつかあります。まず医療保険との兼ね合いです。

医療保険でも入院や手術を受けた場合、給付金が受け取れる保障になっています。医療保険はがんに対する保障も対象ですから、保障のダブるところが出てきてしまうわけです。

もし最低限の補償で何とかやり繰りできるのであれば、医療保険だけでよく、がん保険にわざわざ加入する必要はないとなるわけです。

医療保険とダブってしまうのに関連しますが、2種類の保険に加入するということは、その分余計に保険料を支払わないといけません

もしがん保険が掛け捨て型の商品であれば、がんに保障期間中一切かからなかった場合、保険料を無駄に支払ってしまったことになります。

がん保険に中には貯蓄型の保険もあって、一定期間保険料を払い込めば解約した時に解約返戻金がもらえるものも確かにあります。

しかしこの場合、掛け捨て型と比較すると保険料が割高になり、家計を圧迫する可能性が出てきます。

ならば医療保険に統一してしまって、無駄な保険料を支払わないようにした方が良いのでは、となるわけです。

がん保険では診断給付金が受け取れると先に紹介しました。

しかしこの診断給付金ですが、最初にがんと診断された1回きり支給されるだけの商品もあります。もし再発した場合でも診断給付金を受け取れなくなります。

この場合、実質医療保険と保障内容はほとんど変わらないことになります。

もし医療保険とがん保険の両方に加入しているのであれば、同じような保険に両方加入し、2つ分の保険料を支払っていることになります。

これは節約という側面で見た場合、必ずしも好ましい状態とは言えません。

■がん保険が必要な人

必要不要両方の意見がありますが、それぞれの事情によってがん保険をつけた方が好ましいタイプの方もいます。

たとえば、まとまったお金が必要な人は、がん保険に加入しておいた方が安心です。

「子供の教育費が結構掛かる」とか「マイホームを購入して住宅ローンの返済がある」「自営業なので自分が働かないと収入がゼロになる」といった人です。

このような場合がんにかかっても、当面暮らしていけるだけの給付金をがん保険に加入していれば手に入れられます。

また貯蓄をしたいけれども、今は十分な資金のない人にもがん保険はおすすめです。もし十分な貯蓄の貯まる前にがんになってしまったら、貯蓄がゼロになりかねません。

そこで貯蓄が十分でない時にがん保険による保障を受け、お金がある程度貯まったところで解約をする方法もあります。

■まとめ

医療保険にすでに加入している人は、がん保険に別個で加入する必要が本当にあるのかどうかは慎重に判断すべきです。

もし貯金が十分あれば、別にがん保険に加入する必要はないでしょう。またがん保険に加入すれば、保険料負担も大きくなります。

その負担が家計を大きく圧迫することはないかも、事前にシミュレーションして判断すべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 65
    follow us in feedly

  関連記事

車両保険と免責金額、年齢条件や運転者限定条件、走行距離…自動車保険加入に当たって必要な知識を理解する

一昔前までは自動車保険というと、どこも似たような保障内容・保険料でどれでも一緒と …

生命保険見直し時期をつけること3つを公開

生命保険の見直しは定期的に行って、その時々の自分にマッチする保障内容に変更するこ …

ダイレクト型と代理店型・自動車保険を節約したいならどっちを選ぶ?

自動車保険に加入するにあたって、ダイレクト型と代理店型の2種類の保険のあることを …

節約中でも加入しやすい、節約効果の高い保険の選び方は?

家計を改善するためには、節約する、収入を増やす(投資などもこれに含まれる)のいず …

初めてのマイカー購入!自動車保険の選ぶ時のポイントを徹底解説

初めてマイカーを購入した人は、まず自賠責保険に加入しないといけません。 これは道 …

生命保険の見直しのタイミングはこの6つを意識せよ!

生命保険に加入するときに、インターネットの比較サイトなどを使って慎重に選んでいる …

がん保険選ぶ時のポイントは全部で5つだと思うべし!

医療保険の中でもがんに特化したがん保険に興味のある人は多いでしょう。 コマーシャ …