セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

巷で注目されているFXって何?初心者向けにそのシステムを解説してみた

   

経済関係の話題を取り扱っている雑誌の中には、FXに関する特集を組んでいるものもしばしば見られます。

インターネットでもFX情報を紹介しているサイトがたくさんあります。
FXとはForeign Exchangeの略称です。日本語での正式名称は、外国為替証拠金取引と言います。FXで儲けることができるのはなぜか、その仕組みについて紹介しましょう。

円高と円安

ニュースなどを見てみると、「円高の局面になった」とか「円安で輸出産業の業績が好調」といった報道が流れます。為替レートは常に値動きをしています。円と外貨の取引の中で、その外貨に対して円の価値が上がったら円高、下がったら円安になります。

よくニュースなどでは、円とドルのレートが紹介されています。たとえば1ドル=100円で値動きをしていたとします。それが1ドル=110円になれば、円安です。同じ1ドルでもそれまで100円で購入できていたものがさらに10円追加しないといけないわけですから、ドルに対して円の価値は下がっています。
逆に1ドル=90円になれば、円高になるわけです。FX初心者の中には、これを逆に考えてしまう人も多いです。円高と円安がどのような状態なのかはしっかりと理解しましょう。

為替差益で儲けるFX

ではFXで儲かる仕組みとはどのようなものでしょうか?同じく1ドル100円の上の例を利用します。
例えば1万ドルを購入するとなると、日本円で100万円を準備しないといけません。そして1万ドルを購入したところ円安になって、1ドル=110円となったとします。このタイミングを見計らって、再度ドルを円に交換したとします。そうなると1万ドル全額を円に変換すれば110万円となって、100万円が110万円と10万円の利益が出ます。
これを為替差益と言います。この為替差益を出し続けることで資産運用していくのが、FXの一つの側面といえます。
重要なのは、為替レートを見て今後どのような展開をしていくか予想することです。この予想通りの展開になれば、利益を確保できる可能性も高まります。

為替はどう動く

為替もほかの商品の値段と一緒で、需給バランスによって決まります。ある特定の通貨が多く買われればその通貨の価値は高まります。逆にどんどん売られるような状況になれば、その通貨の価値は下がります。
需給バランスを決める要因はいくつかありますが、まず景気動向があります。景気が良い国であれば、株価や金利も今後上昇するだろうと予想され買われる傾向が起こります。逆に景気が悪いと判断されれば、資本も資産も引き上げようとする心理状態が働きますから売りの傾向が強まります。

金利は各国で独自に設定していますが、高金利の通貨に低金利通貨からお金の流れる傾向が見られます。つまり高金利通貨の場合、今後その価値は上昇する可能性があります。
世界で何か大きな経済的な変化が起きたときに、円高になることがたびたびあります。日本も決して景気の良い状態ではないのになぜ円が買われるかというと、日本は比較的安定しているからです。戦争はもちろんないですし、テロの脅威もさほど高くありません。このような安定感があるため、世界で何か大きなことが起きると自分の資産をとりあえず円に変える動きが世界中で見られます。

このように、経済的な事情だけでなく政治的な事情などいろいろな項目が絡んで、為替レートは変化します。FXでトレードするのであれば、より多くの情報を集めてきて分析をする必要があるわけです。

レバレッジも理解しよう

通常1ドル=100円のときに1万ドルを購入するのであれば、100万円を準備する必要があります。しかしFXではこれだけの額を必ずしも準備する必要はありません。FXではレバレッジが使えるからです。
レバレッジとは、少額の資金でも大きな金額の取引ができる手法をさします。倍率はいくらか設定されていて、口座に入れているお金の数倍のお金を使った取引も可能です。
国内のFX口座では、どこも最大25倍までのレバレッジをかけることが可能です。つまり先の1ドル=100円で1万ドルを購入するにあたって、4万円あれば取引ができます。
もし1ドル100円から1ドル110円になれば、10万円の利益が発生します。10万円が25倍のレバレッジをかけていると4000円にはなりません。10万円は皆さんの利益になります。このように少額でも大きな利益が稼げるかもしれないのがFXの魅力です。ただしレバレッジを大きくすると、失敗した時の損失も大きくなりますから、リスクマネージメントも考える必要があります。

まとめ

通貨の取引は、世界中で行われています。
つまり時差の関係で、平日であれば24時間どこかしらのマーケットが開いているわけです。

サラリーマンだと平日に日中しか取引を行っていない株式投資にはなかなか参加できないでしょう。しかしFXであれば、24時間取引できますから帰宅後のちょっとした時間を利用してトレードに参加できるわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 51
    follow us in feedly

  関連記事

毎日1通貨ずつでもOK!SBI FXトレードのオーストラリアドル積立

雑誌やネットなどで話題になっているFXですが、興味があっても実際にチャレンジする …

通貨ペアはまずメジャーな通貨の組み合わせから始めよう

FX取引は、通貨のやり取りをする中で利益を上げていくスタイルです。 FXトレード …

FXでコツコツ積み立て投資!1000通貨単位以下で運用できるおすすめ業者まとめ

FXの場合、投資の一種ですからどうしても損失を計上するリスクがあります。 一方F …

FXトレーダーの間から熱視線!MT4の魅力を紹介!

FXトレードをするに当たって、トレーディングソフトのスペックも重要です。 その中 …

短期的分析に有利!オシレーター系テクニカル指標おすすめ2指標を紹介

テクニカル指標の中でもトレンド系とともにツートップと言われているものに、オシレー …

レバレッジ1倍は損?いやいや外貨預金で運用するメリットも

FXのだいご味としてしばしば紹介されるのが、小さな資金でも大きく儲けられる可能性 …

FX口座開設するとお得なキャンペン情報をまとめてみた

FX運用をするに当たって、専用の口座を開設する必要があります。 口座開設するにあ …

FXのだいご味!レバレッジの取り扱いを開設

FXにあって、他の金融商品ではなかなかない特徴として「小さな資金で大きな利益を稼 …

銀行や空港でやると無駄!外貨両替できるFX業者をりようしよう!まとめ

外貨両替をする時に、銀行や空港を利用している人はいませんか? この時、手数料を結 …

主要なトレンド系テクニカル指標を3つ紹介

チャート分析などのテクニカル指標は、FXの相場を分析するにあたって重要なツールで …