セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

通貨ペアはまずメジャーな通貨の組み合わせから始めよう

   

FX取引は、通貨のやり取りをする中で利益を上げていくスタイルです。

FXトレードをするに当たって、どの通貨ペアで取引をするかを決める必要があります。FXトレードの通貨ペアですが、まずはメジャーな通貨のペアで取引するのがおすすめです。
正確に取引をするためには、何はなくても情報を集めることが大事です。メジャーな通貨であれば、為替に関する情報が持ってきやすいです。
プラスメジャーな通貨は世界中で取引が行われているため、大きな値動きをしない傾向が見られます。このため、大損をこうむるリスクが少ないのも初心者向けの理由です。FXの中でもメジャーな通貨は、円とドル、ユーロです。この中から2つの通貨を使って、取引しましょう。

円/ドルの組み合わせ

日本の投資家が行っているFXの中でも、もっともポピュラーな通貨ペアと言って良いでしょう。日本円は私たちが普段使っていますし、ドルは世界の基軸通貨とも言われています。世界的に見ても、ユーロ/ドルに次いで取引量が多いといわれています。
為替相場の情報も比較的入手しやすいですし、初心者でも扱いやすい通貨ペアと言っても良いでしょう。世界の基軸通貨をドルのことを紹介しましたが、アメリカの景気動向は世界の経済に影響をもたらします。実際アメリカの重要な統計が発表されると、各金融商品の値動きが激しくなる傾向もみられます。
そこで円/ドル以外の通貨ペアを使ってFXトレードをする場合でも、ドルの値動きには注視した方が良いです。それだけ他の通貨にも大きな影響力を有しています。

円/ユーロの組み合わせ

1999年に欧州12か国が統一通貨として発表したのがユーロです。実際に通貨として市場で流通の開始されたのは、2002年のことです。現在アメリカのドルについて2番目に大きな取引規模を有しているとされ、第2の基軸通貨とも言われています。2010年にはユーロを国の通貨として採用しているのは、実に16か国にもなります。
円/ユーロを使っての取引を考えるのであれば、ユーロの価格変動要因を常にチェックすることです。もちろんユーロ圏での経済的な出来事をフォローする必要があります。その中でも中心的役割を果たしているとされるドイツとフランスの経済指標は、値動きに大きく影響するといいますからチェックしておきましょう。

円/ユーロは、円/ドルと比較すると値動きは読みにくい通貨ペアと言われています。直接の要因だけでなく、円/ドルやユーロ/ドルの値動きに引っ張られる所もあるからです。値動きがなぎのようにまったく動かないこともあれば、逆に突然比較的大きな動きをすることもあり、何か起きたときに早急に対策を講じられるような態勢を整えましょう。
最近の傾向として、ユーロ安の傾向が見られます。これはテレビニュースで見たことのある人も多いかもしれませんが、ギリシャの財政危機でユーロの信頼が揺らいでいることが関係しています。

ユーロ/ドルの組み合わせ

世界のFXマーケットの中で、最も多くの取引が行われている通貨ペアと言って良いでしょう。ユーロとドルですから、欧米のマーケットがオープンしているときに大きく値動きを見せることが多いです。この時間帯、日本ではちょうど夜間になります。日中仕事をしているサラリーマンが、帰宅してちょっとした自由時間を使ってトレードするのにタイミングがぴったりです。
取引量が多いですが、それほど大荒れな相場になることは少ないです。一定のトレンドを見せやすい為替でもありますから、チャートなどを使ってのテクニカル分析のしやすい通貨ペアとも言えます。

高金利通貨でスワップポイントを狙う

中長期的な運用を考えている人は、スワップポイントにより運用を検討しているでしょう。各国の利益さを使っての運用方法ですが、この場合高金利通貨を使っての通貨ペアを考える必要があります。低金利通貨は何と言ってもゼロ金利などの超低金利政策の続いている日本円です。そして高金利通貨の中でもおすすめなのは、オーストラリアドルとニュージーランドドル、南アフリカランドがあります。
この両者のペアで、売りポジションを持っているだけで利息が毎日発生します。ただし、金利は常に一定ではなく、その時々の経済情勢で見直されます。ですからいつまでも高金利通貨の保証はありません。定期的に自分がポジションを持っている通貨の金利をチェックして、スワップポイントが十分稼げるかどうか確認をしましょう。

まとめ

取り扱っている通貨ペアですが、FX会社によって異なります。だいたいのFX会社は取り扱っている通貨ペアは、10~25くらいです。
中には、かなり多くの通貨を取り扱っている業者もあります。たとえばIG証券では85もの通貨ペアを取り扱っています。OANDA Japanも73通貨ペア数になります。通貨ペア数が多いのは、チェコ湖ルナとかデンマーククローネ、香港ドルといったマイナー通貨も取り扱っているからです。
しかしマイナー通貨の場合、値動きが不安定ですし、情報を集めるのも大変です。このため、最初はメジャーな通貨で取引をした方が安全です。10~25程度取り扱っているFX業者でも、十分トレードはできるはずです。”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 61
    follow us in feedly

  関連記事

FXを作っているとされるレンジ相場について解説

FXで儲けを出すためには、市場の相場がどうなっているかを正確に分析する必要があり …

主要なトレンド系テクニカル指標を3つ紹介

チャート分析などのテクニカル指標は、FXの相場を分析するにあたって重要なツールで …

FXで儲けるためにはチャートの分析は不可欠!

FXで儲けるためには、売買のタイミングを正確に把握する必要があります。 このタイ …

FX口座開設するとお得なキャンペン情報をまとめてみた

FX運用をするに当たって、専用の口座を開設する必要があります。 口座開設するにあ …

現状の投資系副業はFXが圧倒的人気!やっぱり稼げる!

ちょっと前までは投資系の副業は株取引が主流でしたが、今はFXの方が人気が高いです …

短期的分析に有利!オシレーター系テクニカル指標おすすめ2指標を紹介

テクニカル指標の中でもトレンド系とともにツートップと言われているものに、オシレー …

銀行や空港でやると無駄!外貨両替できるFX業者をりようしよう!まとめ

外貨両替をする時に、銀行や空港を利用している人はいませんか? この時、手数料を結 …

トレードだけがすべてではない!スワップポイントで資産を増やす方法も

FXというと通貨の取引で利ザヤを稼ぐ方法といったイメージを持つ人も多いかもしれま …

FXのだいご味!レバレッジの取り扱いを開設

FXにあって、他の金融商品ではなかなかない特徴として「小さな資金で大きな利益を稼 …

レバレッジ1倍は損?いやいや外貨預金で運用するメリットも

FXのだいご味としてしばしば紹介されるのが、小さな資金でも大きく儲けられる可能性 …