セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

短期的分析に有利!オシレーター系テクニカル指標おすすめ2指標を紹介

   

テクニカル指標の中でもトレンド系とともにツートップと言われているものに、オシレーター系テクニカル指標があります。

オシレーターとは「振り子」という意味があります。まるで振り子が行ったり来たりするように、為替レートは一定の範囲を値動きすることから、オシレーター系テクニカル指標と呼ばれるようになりました。

この一定の範囲の縁にまで為替レートが動いたとします。そうすると、元に戻さないといけないという力が強く働く傾向があります。この値動きの中でも高すぎ・安すぎの状況を数値化したものが、オシレーター系テクニカル指標です。

トレンド系テクニカル指標は、中長期的な運用の際に用いられることが多いです。しかしオシレーター系テクニカル指標の場合、短期的な分析をする時によく使われます。
デイトレードのように短期間でどんどんトレードをしたいと思っている人は、オシレーター系テクニカル指標も利用すると良いでしょう。オシレーター系テクニカル指標の中でもよく使われる2種類の指標に関して、ここで紹介していきます。

RSI

いくつかあるオシレーター系テクニカル指標の中でもメジャーなものとして、RSIがあります。過去のレートの値動きをベースにして、買われ過ぎ、売られ過ぎの状態になっていないかどうかを判断するツールになります。簡単に判断できる指標ですから、FX初心者の方でもすぐに使いこなせるはずです。
売られ過ぎのときには買い注文、買われ過ぎている場合には売り注文といった感じで、逆張りをする時に用いられます。チャートの初期設定をする時には、取り入れたい指標の一つといえます。

RSIは自分で計算して、数値を求めることも可能です。ある通貨ペアのレートの値上がり幅を値上がり幅と値下がり幅の合計で割ったものに100をかけて計算します。0~100の間でまるで波のような感じで上下動を繰り返します。
RSIで分析をする場合、2つのラインに注目しましょう。それは30%と70%です。30%以下の数値が出た場合には、売られ過ぎですから、底値に近付いている可能性が高いです。よって買い注文を出すタイミングと判断できます。70%以上に達している場合には買われ過ぎと解釈できます。よってそろそろ天井に近づいていますから、売却して利益確定を急いだ方が良いとなります。

FXの場合、「もうちょっと頑張ればさらに利益が出る」とか「もう少し我慢すれば値上がりする」という人間の感情に引きずられると、大損をこうむる可能性が高まります。その意味では30%を切ったら買い、70%をオーバーしたら売りという感じで非常にわかりやすく、機械的な取引ができます。着実に資産運用して、利益を出したいと思うのであれば、RSIは取り入れるべきテクニカル指標といえます。

ストキャスティクス

オシレーター系テクニカル指標の中でも、しばしば使われるものにストキャスティクスがあります。ジョージ・レーンというアメリカのチャート分析家が考案した指標のことです。ストキャスティクスは、先ほど紹介したRSIと見た目や使い方はあまり変わりがありません。RSIをマスターできれば、ストキャスティクスを使いこなせるようになるまで、それほど時間を要さないでしょう。

0~100%の間で数値が動き、買いタイミングは30%以下になった時、売りタイミングは70%以上になった時というのはRSIと共通しています。ただし何から何までRSIと一緒ではありません。RSIの場合、チャート分析をする際、登場するラインは1本です。しかしストキャスティクスの場合、ラインが2本出てきます。
ストキャスティクスで出てくる2本のラインはそれぞれ、ファスト・ストキャスティクスとスロー・ストキャスティクスと呼ばれます。この2本のラインを作るにあたって、3つの計算式を頭に入れないといけません。
以下で紹介する計算式のうち、Aは当日の終値、Bは過去n日間の最高値、Cは過去n日間の最安値を意味しています。

%k=(A-C)÷(B-C)×100
%D=(A-C)のm日間の合計÷(B-C)のm日間の合計×100
SD=%Dのm’日間の移動平均

です。ちなみにnには9、mとm’には3を入れて計算するのが一般的です。

ファスト・ストキャスティクスは%Kと%Dの2本の線を使って表示します。そしてスロー・ストキャスティクスは、%DとSDの2本のラインを使って表示します。
少々RSIと比較すると複雑にはなるものの、売買タイミングの基準となる部分はRSIと一緒です。RSIの使い方に慣れたところで、こちらも利用してみませんか?

まとめ

FXは常に上下動を繰り返す為替レートを使って取引する投資方法です。短期的には細かく値動きしているレートでも、ある程度長期で見れば一定の流れがあるもののです。この流れがどの程度強いのかを表したのが、オシレーター系テクニカル指標です。

ただしオシレーター系テクニカル指標も完ぺきな分析法ではありません。特にあれた値動きになると機能停止してしまうことが多いです。トレンド系テクニカル指標と組み合わせて、分析を進めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 62
    follow us in feedly

  関連記事

FXトレーダーの間から熱視線!MT4の魅力を紹介!

FXトレードをするに当たって、トレーディングソフトのスペックも重要です。 その中 …

レンジ相場から一転してトレンド相場になるタイミングをつかもう

+ 為替レートを見てみると、一定の範囲内で行ったり来たりするパターンが多いです。 …

トレードだけがすべてではない!スワップポイントで資産を増やす方法も

FXというと通貨の取引で利ザヤを稼ぐ方法といったイメージを持つ人も多いかもしれま …

毎日1通貨ずつでもOK!SBI FXトレードのオーストラリアドル積立

雑誌やネットなどで話題になっているFXですが、興味があっても実際にチャレンジする …

お小遣いを使ってFXトレード!1通貨単位100通貨単位から取引可能なFX業者紹介

FX取引をするに当たって、最低取引通貨単位を頭に入れておく必要があります。 FX …

レバレッジ1倍は損?いやいや外貨預金で運用するメリットも

FXのだいご味としてしばしば紹介されるのが、小さな資金でも大きく儲けられる可能性 …

FXを作っているとされるレンジ相場について解説

FXで儲けを出すためには、市場の相場がどうなっているかを正確に分析する必要があり …

FXのスプレッドはコストに!最狭のFX会社を紹介

FX会社を比較するにあたって、スプレッドの狭いところを選ぶのが鉄則です。 スプレ …

通貨ペアはまずメジャーな通貨の組み合わせから始めよう

FX取引は、通貨のやり取りをする中で利益を上げていくスタイルです。 FXトレード …

巷で注目されているFXって何?初心者向けにそのシステムを解説してみた

経済関係の話題を取り扱っている雑誌の中には、FXに関する特集を組んでいるものもし …