セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

主要なトレンド系テクニカル指標を3つ紹介

   

チャート分析などのテクニカル指標は、FXの相場を分析するにあたって重要なツールです。

テクニカル指標の中でもさらにいくつかの種類に分類できますが、その中でも主要なものとしてトレンド系テクニカル指標があります。
トレンド系テクニカル指標は、トレンドの方向や強さを判断する指標のことをさします。今後どのような注文をすればいいのかの方針を立てるのに有効です。トレンド系テクニカル指標の中でも、主要なものを3つここで紹介します。

移動平均線

移動平均線はトレンド系の中でも、トレーダーの間で最も高い人気のある指標かもしれません。FX以外でも株式のテクニカル指標としてもしばしば利用されます。

移動平均線とは一言でいうと、一定期間の終値の平均値をグラフ化したものとなります。値動きの結果をシンプルに出したものといえます。平均線の期間は、いろいろとあります。ちなみに5日移動平均線の場合、直近の5日間の終値の平均値を出します。その次の日の終値が確定すれば、その日を含めた5日間の平均値を出し、6日前の終値を計算から除外する方式になります。

初心者がFXトレードする場合には、基本的に上で紹介した単純移動平均線を使って分析するのが無難です。しかし指数移動平均線も活用しましょう。指数移動平均線は、直近の価格の方を重要視する移動平均線のことで、1日データが古くなると平滑化定数をかけて均す方式になります。

上級者の中には、指数移動平均線を使っている人が多いです。またほかのテクニカルと組み合わせて分析する際には、指数移動平均線を使った方が好ましい場合もあります。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドはFXトレーダーの間では比較的よく知られた指標です。標準偏差の考え方をFXの世界に応用したものです。±1σ、±2σ、±3σの6種類の偏差を使ってグラフ化しています。
バンドの±σの数が大きければ大きいほど、範囲内に収まる確率は高くなります。ちなみに±2σの範囲内に収まる確率は95%程度ありますからもしロウソク足がこの範囲に当たった場合、今後逆のトレンドに振れる確率は高く、逆張りをしても良いことになります。

ボリンジャーバンドにはいくつか法則があります。ロウソク足が±2σを抜けたらトレンドの発生する確率は高いです。しかしここで注意しないといけないのはあくまでも実体が抜けたら、です。ヒゲだけが±2σを抜けてもダマシの可能性がありますから、もう少し慎重に推移を観察する必要があります。ロウソク足が±3σにタッチした場合にもトレンドの発生する確率は高くなると思って、注文の準備に入るべきです。

時にバンドが収縮して、もみあいに近い状態になるケースもあります。この場合、近い将来かなり強いトレンドの発生する可能性が高いです。トレンド発生した時にトレードすれば、大きな利益を確保できる可能性も期待できます。

MACD

MACDもトレンド系指標の中では広くトレーダーに知られています。単なるトレンド系だけでなく、移動平均線をベースにして計算をするオシレータ系の要素もあるため、ちょうど中間のテクニカル指標といえます。
MACDは、EMAと言われる指数平滑移動平均線の差をベースにしてグラフ化します。短期EMAから中期EMAを差し引くことによってMACDを出していきます。

MACDは最新の数値を2倍にして、より最新の値動きを反映できるような移動平均線となっています。値動きに敏感に反応できるため、相場が荒れて急変した場合でもいち早く対応できます。

FX初心者はMACDとシグナルをチェックしましょう。この両者が0より上になっているなら上昇トレンドで、下なら下降トレンドだとまずは思いましょう。売買のタイミングですが、MACDがシグナルよりも上に抜けたら買いで、下に抜けた場合には売りが基本です。
MACDはトレンドがつかみやすいのと、売買サインもわかりやすく、しかも早めに出るためトレーダーでも利用している人は多いです。ただしダマシも多いですから、ボリンジャーバンドや移動平均線などの他のテクニカル指標と組み合わせて、より精度の高い分析をしましょう。

まとめ

トレンド系のテクニカル指標にはその他にも、いろいろな指標がまだまだあります。しかしFX初心者は、上で紹介した3つの指標の使い方をまずマスターする所から始めましょう。
いずれの指標も、FXのトレードのタイミングや戦略を練るにあたって有効ではあります。しかしダマシなどが起きる可能性もありますから、一つだけの指標を使って取引するのではなく、複数の指標を組み合わせた分析を心がけましょう。

最近のFXのトレードツールの中には、いくつかの指標を同時に表示してくれるようなものもたくさん出ています。そこで自分の見やすく感じるFX業者のチャートを見つけることです。口座開設は無料ですから、複数のFX口座を開設して、実際に使ってみるやり方はおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 61
    follow us in feedly

  関連記事

毎日1通貨ずつでもOK!SBI FXトレードのオーストラリアドル積立

雑誌やネットなどで話題になっているFXですが、興味があっても実際にチャレンジする …

FXのだいご味!レバレッジの取り扱いを開設

FXにあって、他の金融商品ではなかなかない特徴として「小さな資金で大きな利益を稼 …

テクニカル指標の2種類を組み合わせて正確な分析をしよう

FXではチャートを見てどのような取引をするか、作戦を立てるのが一般的な運用スタイ …

FXでコツコツ積み立て投資!1000通貨単位以下で運用できるおすすめ業者まとめ

FXの場合、投資の一種ですからどうしても損失を計上するリスクがあります。 一方F …

FXを作っているとされるレンジ相場について解説

FXで儲けを出すためには、市場の相場がどうなっているかを正確に分析する必要があり …

お小遣いを使ってFXトレード!1通貨単位100通貨単位から取引可能なFX業者紹介

FX取引をするに当たって、最低取引通貨単位を頭に入れておく必要があります。 FX …

FXで儲けるためにはチャートの分析は不可欠!

FXで儲けるためには、売買のタイミングを正確に把握する必要があります。 このタイ …

通貨ペアはまずメジャーな通貨の組み合わせから始めよう

FX取引は、通貨のやり取りをする中で利益を上げていくスタイルです。 FXトレード …

レバレッジ1倍は損?いやいや外貨預金で運用するメリットも

FXのだいご味としてしばしば紹介されるのが、小さな資金でも大きく儲けられる可能性 …

FXトレーダーの間から熱視線!MT4の魅力を紹介!

FXトレードをするに当たって、トレーディングソフトのスペックも重要です。 その中 …