セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

FXで儲けるためにはチャートの分析は不可欠!

   

FXで儲けるためには、売買のタイミングを正確に把握する必要があります。

このタイミングを理解するために有効なツールになるのが、チャートです。チャートは過去のレートの値動きをグラフにしたもので、いまどのような流れで取引されているのかを確認できます。チャートの分析にはいろいろな種類がありますが、その中でもロウソク足を使った分析方法が一般的に広く用いられています。

ロウソク足の基本

ロウソク足は、値動きの情報をまるでロウソクを横から見たかのように四角形で表したものをさします。ロウソク足を見ることで、その日の始値と終値、高値、安値の情報を把握できます。始値と終値がロウソクでそこからヒゲのようなものが伸びてそのてっぺんが高値、最も下が安値になります。
ロウソク部分は赤と青もしくは黒の2色を使って表示します。赤は陽線と言って始値よりも終値の高い状態を指します。青もしくは黒の場合陰線といい、その逆で終値が始値よりも低い状態を表します。

トレンドラインをチェックする

ただ単にロウソク足を眺めているだけでは、どのような取引動向があるかを詳しくは理解できません。そこでロウソク足に補助線を引くと、よりその時々のトレンドがわかります。一般的に広く使われる補助線に、トレンドラインがあります。今これから自分が取引しようと思っている通貨ペアの為替のトレンドを理解するために、活用しましょう。

トレンドラインの場合、ポイントとなるのは2つのラインです。それはサポートラインレジスタンスラインです。

サポートラインはロウソク足の安値同士を2点以上線でつないでいく補助線の引き方です。つまりこれ以上相場が下回らないラインを表現できます。
一方レジスタンスラインはその逆で補助線を使って、2点以上の高値同士を結んでいく方式です。これ以上相場が上がらない程度を補助線で表せます。

2点以上接するようにラインを引いて、それを伸ばしていくと、ある時ロウソク足がこのラインを突き抜けることがあります。
もし上昇トレンドが続き、ロウソク足がこのトレンドラインを突き抜けた場合、そろそろ下降する可能性が高いことを意味します。ラインを超えた価格がついたということは、そこで頭打ちになる可能性が高いからです。逆に下降ラインでロウソク足がこのトレンドを突き抜けた場合、その辺が底で今後上昇トレンドになる可能性が高いことを意味します。

トレンドラインを引いてみたところ、長く横ばいの状態になるパターンもあります。この横ばいがかなり長く続いていれば、今後大きく価格変動する可能性は高いです。もみ合い状態のチャートがあれば、上昇か下降どちらかの動きに固まった時に取引をすれば、大きな利益をあげられるチャンスがあります。

移動平均線を使ってみる

チャート分析の中でも多く使われる分析方法に、移動平均線があります。これは一定期間における終値の平均値をいくつかだし、それをつないで線にしたものです。移動平均線が上向いていれば上昇トレンド、その逆なら下降トレンドといった感じでトレンドを把握するのに有効な手法です。

移動平均線の引き方ですが、単純移動平均線を利用することが多いです。移動平均線はどのくらいの期間の平均でラインを作るかがポイントです。

短期線にすると、実際のロウソク足の動きに近いグラフになりますし、長期線にすると少し緩やかな動きになります。両者ともメリットデメリットがあります。

短期線の場合、トレンドが転換するときに速く反応してくれますからブレイクポイントを見誤りません。しかしダマシとも言いますが、間違ったトレンドを提供することもあります。長期線になれば、ダマシは少なくなるので正確な分析ができます。しかしブレイクポイントに対する反応が鈍いため、買いや売りタイミングを見逃す可能性があります。このように一長一短があるため、複数のラインを引いて分析するのがおすすめです。

移動平均線を使って売り買いのタイミングをつかむのであれば、移動平均線と終値を見ることです。終値が移動平均線を上回ったのであれば買い、下回ったのであれば売りのタイミングが来ていると理解しましょう。

グランビルの法則とは

移動平均線を使った分析をする場合、一つ押さえておきたい理論として、グランビルの法則があります。アメリカの有名なアナリストが開発した方法で、為替レートと移動平均線を見て売買タイミングを見極める分析法です。
移動平均線が下降トレンドから横ばいの状態になって、レートが移動平均線を突き抜けた場合、移動平均線が上昇トレンドにあり、為替レートがその平均線を下回った時などが買いのタイミングとなります。移動平均線が横ばいもしくは下降トレンドになって、その平均線をさらにレートが下回ったとか、移動平均線が下降の局面に入りレートが平均線を上回った場合などは売りのタイミングになります。

まとめ

このようにチャート分析をすることで、いろいろな情報を投資家にもたらしてくれます。上で紹介したツールを複数利用すれば、さらに精度は高まります。慎重に分析をして、正確に売買のタイミングをつかみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 51
    follow us in feedly

  関連記事

FXでコツコツ積み立て投資!1000通貨単位以下で運用できるおすすめ業者まとめ

FXの場合、投資の一種ですからどうしても損失を計上するリスクがあります。 一方F …

短期的分析に有利!オシレーター系テクニカル指標おすすめ2指標を紹介

テクニカル指標の中でもトレンド系とともにツートップと言われているものに、オシレー …

お小遣いを使ってFXトレード!1通貨単位100通貨単位から取引可能なFX業者紹介

FX取引をするに当たって、最低取引通貨単位を頭に入れておく必要があります。 FX …

FXトレーダーの間から熱視線!MT4の魅力を紹介!

FXトレードをするに当たって、トレーディングソフトのスペックも重要です。 その中 …

現状の投資系副業はFXが圧倒的人気!やっぱり稼げる!

ちょっと前までは投資系の副業は株取引が主流でしたが、今はFXの方が人気が高いです …

毎日1通貨ずつでもOK!SBI FXトレードのオーストラリアドル積立

雑誌やネットなどで話題になっているFXですが、興味があっても実際にチャレンジする …

主要なトレンド系テクニカル指標を3つ紹介

チャート分析などのテクニカル指標は、FXの相場を分析するにあたって重要なツールで …

トレードだけがすべてではない!スワップポイントで資産を増やす方法も

FXというと通貨の取引で利ザヤを稼ぐ方法といったイメージを持つ人も多いかもしれま …

FX口座開設するとお得なキャンペン情報をまとめてみた

FX運用をするに当たって、専用の口座を開設する必要があります。 口座開設するにあ …

FXを作っているとされるレンジ相場について解説

FXで儲けを出すためには、市場の相場がどうなっているかを正確に分析する必要があり …