セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

節税なら運用益非課税のNISAがおすすめ!

   


NISAにおいて購入した商品が値上がりしてしまったり、配当や分配金を出すことで利益が出た場合には、ここにかかる税金が非課税になります。ただし、投資信託であったり、株によって値下がりしてしまうとNISAのデメリットが出てくるのです。NISAで購入をした株、投資信託が値下がりをしてしまった時のことを考えてみましょう。

NISAで損失が出てしまうと、税金の支払額が多くなる、といわれています。NISAで購入をした投資信託、株というのは利益が出たとしても税金は一切かかりません。しかし、NISAを使用した取引において損失を出してしまったり、通常の口座における取引で利益を出してしまった場合には、普通の取引を行うよりも多く税金を支払わなければならない可能性があるのです。その理由は、NISAというのは損益通算の対象外になるからです。

損失通算とは

損益通算というのは、所得課税において2つ以上の所得があって、その1つ以上の所得において赤字、そして他の所得で黒字という場合、黒字の所得から差し引き計算をして計算するものです。利益と損失とを合算することができるのです。

例えば、サラリーマン兼個人事業である場合に、個人事業においては売上が赤字になってしまった。そしてサラリーマンでは通常通り給料をもらっていた場合です。個人事業の赤字部分をもう1つのサラリーマンで稼いだ所得と相殺することによって、サラリーマンの給与において支払う税金を少なくすることができます。

NISAで損失を出さないポイント

NISAにおいて損失を出さないためには、やはり損失が大きくなるよりも前に売却してしまうことです。損失が大きくなる前に、売却できる商品を売ってしまう、というものです。

早い段階で損失を確定するということによってダメージを小さくすることができることには違いありません。しかし、一時的に損失が出ているだけであって、それから商品の価格が上昇することももちろんあります。状況を見てから臨機応変に対応をするというのはやはりベストです。

NISAを使用しての投資において値上がり益、配当といったものが出れば、その利益に対して課税されることはありませんので、普通よりも利益がたくさん出る、という大きなメリットがあります。その一方で、損失が出てしまうと損益通算できないために税金をその分多く支払わなければならなくなる場合もありますので、その点については十分に理解しておかなければなりません。

このように、NISAというのは運用益非課税ですので節税になることには違いありませんし、長期的に運用をするうえでメリットとなることは間違いありません。しかし、損失が出た時にはまたハイリスクであるということも忘れないでください。ハイリターンでありながらローリスク、といううまい話はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 61
    follow us in feedly

  関連記事

2016年から始まる子ども版NISA口座で家族あたりの非課税枠を増やす!

2016年からは0歳~19歳の未成年者向けの子ども版NISAが始まることになりま …

NISA口座って何?メリットやデメリットは?

株などの投資による副業を考えている場合、NISAを活用することが第一歩。 最近よ …

NISA口座でできる投資方法を知っておくことは重要!

NISA口座開設をしても、どういった投資をするかが決まっていないと話になりません …

NISAで教育費を確保!備えあれば憂いなしとはこのこと!

消費構造というのは、家計をしっかりと把握するうえで、知っておかなければならないこ …

NISA口座開設で利益が最大500万円分まで非課税はおいしい!

不景気だと言われる昨今は会社員でもなかなか昇級 老後に備えた蓄えなどは株式や投資 …

NISA口座はキャンペーンで選ばないと失敗する!

NISA口座は原則的にはすべての金融機関を含めてひとりひとつしか開設できないのが …

NISAで教育資金を上手に運用するコツは?

教育資金として利用することができるジュニアNISAは、基本的には18歳まで払い出 …