セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

NISA口座はキャンペーンで選ばないと失敗する!

   

NISA口座は原則的にはすべての金融機関を含めてひとりひとつしか開設できないのが現状です。

ですので、投資したい商品で開くべき金融機関が変わってくるわけですが、今度は似た商品を取り扱っている場合においての選び方も知っていなければなりません。いろいろとポイントはありますが、最もわかりやすいのがキャンペーンでの口座開設でしょう。
ここでは代表的なネット証券会社各社のキャンペーンを比較してみたいと思います。NISA口座開設に向けての参考になるでしょう。

売買手数料無料キャンペーンで比較してみる!

まずは売買時に得られる手数料無料キャンペーンや特典を見てみましょう。

期限なしのキャンペーンを実施中のネット証券はここ!

GMOクリック証券
NISA口座での現物株取引の売買手数料が無料になります。ただ、NISAの非課税枠100万円を超えた取り引きからは通常の売買手数料が徴収されます。
カブドットコム証券
国内株式の買付手数料はすべて無料です。また、NISA口座を使って電話で株式の注文をしても買付手数料は無料になります。それから、カブドットコム証券でNISA口座を開設すると同社の一般口座や特定口座で株取引をする際に手数料が1~5%ほど割り引きになります。これはNISAの口座を使っている年数に応じて割引率が変わるもので、例えば1年目のときは1%割引、5年目で5%割引というものです。
松井証券
NISA口座での現物株取引の売買手数料が無料ですが、NISAの非課税枠100万円を超えた取り引きからは通常の売買手数料がかかります。
フィデリティ証券
NISA口座における投資信託の買付手数料が無料になります。

2015年12月24日までのキャンペーン

楽天証券
2015年のNISA口座内における海外ETFの買付手数料が全額キャッシュバックです。つまり無料ということですが、対象は米国ETF、中国ETF、アセアンETFとなっています。
SBI証券
NISA口座内における海外ETFの買付手数料が無料になります。対象は米国ETF、中国ETF、それから韓国ETFです。
マネックス証券
NISA取扱い全商品買付手数料全額キャッシュバック実施中です。対象は国内株、米国株、中国株、株式投資信託です。

2015年12月25日までのキャンペーン

楽天証券
NISA口座内での現物株式の売買手数料が無料になります。
SBI証券
NISA口座内での現物株式の売買手数料が無料です。

売買手数料優遇以外の特典も大公開!


ここでは売買手数料のほかにあるキャンペーン内容や特典を紹介します。

2015年9月30日までのキャンペーン

マネックス証券
NISA口座開設時に、マネックス証券で証券取引口座をすでに開設してあり、2015年9月30日までにNISA口座開設に必要な書類を不備なく届けた上で委任状を提出してあれば、NISA口座の開設手続きに必要な住民票などの取得を無料代行してくれます。
SMBC日興證券
期間内にNISA口座の開設申込をして口座開設手続きも完了した場合は2000円のプレゼントもしくは住民票の取得代行をしてもらえます。
カブドットコム証券
税務署でNISA口座開設申込書を届け、NISA口座の開設を完了させれば現金500円のキャッシュバックです。これを期日までに完了させるには実質9月11日までにカブドットコム証券へNISA口座開設申込書と住民票の写しなどを届けておくべきでしょう。また、NISA口座開設前にカブドットコム証券で証券取引口座を開設しておかなければならないのですが、証券取引口座は8月末までに開設しておくべきです。それから、500円のキャッシュバックの代わりに住民票などの取得を依頼することもできます。

2015年12月18日までのキャンペーン

楽天証券
2015年12月18日までにNISA申込書、委任状、本人確認書類などを楽天証券に届けておけば、楽天証券が口座開設に必要な住民票の写しを取得してくれるサービスを受けられます。ただし、申請までに証券取引口座の開設が終わっていないといけないので、早めに行動しましょう。

2015年12月30日までのキャンペーン

楽天証券
2015年12月30日までの間に楽天証券へNISA口座開設申込書類を届け、2016年3月31日までにNISA口座開設を完了させれば、投資信託の買付代金2000円がもらえます。そして、その買付代金を使用するとさらにキャンペーン対象の「NISAおすすめファンド」の5銘柄から、1銘柄2000円分の投資信託がもらえるキャンペーンが実施中です。

このように様々な特典がありますので、自分の投資スタイルに見合ったNISA口座をみつけて、手数料などをできるだけ節約しながら資産を増やしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 62
    follow us in feedly

  関連記事

NISA口座でできる投資方法を知っておくことは重要!

NISA口座開設をしても、どういった投資をするかが決まっていないと話になりません …

2016年から始まる子ども版NISA口座で家族あたりの非課税枠を増やす!

2016年からは0歳~19歳の未成年者向けの子ども版NISAが始まることになりま …

節税なら運用益非課税のNISAがおすすめ!

NISAにおいて購入した商品が値上がりしてしまったり、配当や分配金を出すことで利 …

NISA口座って何?メリットやデメリットは?

株などの投資による副業を考えている場合、NISAを活用することが第一歩。 最近よ …

NISAで教育資金を上手に運用するコツは?

教育資金として利用することができるジュニアNISAは、基本的には18歳まで払い出 …

NISAで教育費を確保!備えあれば憂いなしとはこのこと!

消費構造というのは、家計をしっかりと把握するうえで、知っておかなければならないこ …

NISA口座開設で利益が最大500万円分まで非課税はおいしい!

不景気だと言われる昨今は会社員でもなかなか昇級 老後に備えた蓄えなどは株式や投資 …