セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

NISA口座開設で利益が最大500万円分まで非課税はおいしい!

   

不景気だと言われる昨今は会社員でもなかなか昇級

老後に備えた蓄えなどは株式や投資信託などで貯蓄に働いてもらうしか増やしていく手段が見当たらない世の中になっています。しかも、2013年をもって株や投信などの値上がり益や配当金の税率20%を10%に低減する証券優遇税制が打ち切られ、それすらも厳しい状況になりました。

そんな中、2014年1月からは個人投資家のためと言ってもいい、新しい税制がスタートしています。それはNISA(ニーサ)というもので、日本語では少額投資非課税制度と言います。NISAは銀行や証券会社でNISA専用口座を開設して、その口座で株式や投資信託(MMFやMRFなどを除く)へ投資すれば、売却益や配当金の税金がゼロになるという優遇税制です。老後の蓄えや、日々の生活をよりよくするために投資して資産を増やす、かつ節税で節約もしたいのなら、このNISA口座開設は必須です。

このNISA口座で投資できる額は年間100万円までです。投資期間は5年間ですので、合計で500万円分の投資に対する利益などが非課税になるというわけです。ただし、期間内に100万円を超える投資をした場合、その年の非課税枠は終了してしまいますし、年間の投資額が100万円に満たなくても、残りの投資可能枠を翌年へ繰り越しすことはできません。NISA開始当初はこの枠が120万円に増額されるという噂もありましたが、2014年~2023年までの非課税投資枠は毎年上限100万円で決定しています。

このようにそれほど大きな額ではないですが、合計で500万円分の投資で得られる利益が非課税になるので、個人投資家は注目するべき口座です。

NISA口座を開設するための条件とは

NISA口座を開設するにはどんな条件があるでしょうか。まず、NISA口座は各銀行や証券会社などに用意されているので、そこで入ります。
そして、NISA口座は日本に居住している満20歳以上であれば誰でも開設可能です。
口座開設には身分証明書など各種必要書類に加えて、住民票も必要になってきます。というのは、基本的にはすべての金融機関を通してひとりあたり1口座しか開設することができないからです。各機関でいくつも作って非課税になる投資枠を増やすことはできないのです。

一度どこかの金融機関でNISA口座を開くと、当初の4年間はほかの金融機関にNISA口座を開設することはできません。しかし、2015年1月からは一定の手続きを行えば金融機関の変更が可能になりました。ただ、注意したいのは金融機関の変更を行って複数の金融機関でNISA口座を開設しても、各年においてはひとつのNISA口座でしか株式や投資信託などを購入することができません。
同時にNISA口座内の投資案件は、口座変更したあとにその金融機関に移管することも不可能です。

金融機関を変更する年の非課税投資枠が満額で利用していた場合(つまり100万円を投資してしまった場合)についてはその年に金融機関を変更することはできません。実質的にはひとつの口座しか持てないと思っていていいのではないでしょうか。
とにかく、NISA口座は日本に住んでいる成年者は誰でも1口座は簡単に作ることが可能というわけです。複数の口座を考えるのはNISAに慣れてからで十分でしょう。

NISAの恩恵を十分に受けるためのコツ

NISAをうまく活用するためのポイントを見てみましょう。
まずその大切なコツの根底にあるのは、口座を開く前にNISA口座を使ってどんな投資をしたいのか、投資ルールとスタンスを決めておきましょう、ということです。株でもFXでも金融投資の場合は自分の根にあるスタンスを作らないと話になりません。そこにブレが生じると得られる利益も手に入りません。

そもそもNISA口座では投資をすることが目標ではないです。投資で利益を得て初めて非課税が生きてきて、NISAの恩恵を受けることができるのです。漠然と株を買って利益を出せないのであれば、NISAにする必要はありません。

それからNISA口座で投資できるものもしっかりと把握しておきましょう。そして、どの投資が自分の性格に合っているのかも分析しながら始めるべきです。投資は1にも2にも勉強です。好きでないジャンルで勉強するよりは、好きなジャンルでやった方がより効果的でしょう。NISA口座では株式(ETFやJリートなどを含む)と投資信託(公社債投信を除く)の新規購入で得られる利益のみが非課税対象となるので、その点はしっかり憶えておきましょう。

そんな中でオススメの投資は投資信託です。投資信託は1万円くらいの少額から投資できるという点と、運用自体は実際にはプロに任せて行うので、素人が株などに下手に手を出して火傷する可能性も幾分かは少ないですし、様々な資産への分散投資も可能なので、リスクが低い資産を選べばなお安心だからです。

投資信託で気をつけたいこと

投資信託はNISA口座利用者や初心者の個人投資家にメリットは大きいかと思いますが、気をつけなければいけないこともあります。

投資信託は証券会社でも銀行のNISA口座でも買えるのですが、それぞれの金融機関で取り扱っている商品が違うので、投資したい先がNISA口座にないとなっては意味がありません。基本的にひとり1口座なので、より注意して口座開設をしなければなりません。

要は、NISA口座で投資する場合は、NISA口座が先ではなくてまずは投資したいものを選ぶことが先決です。そして、その投資信託を取り扱っている金融機関にNISA口座を開きましょう。

それから、売買手数料が高い証券会社などで取り引きを行っていると取引経費だけがかかってしまい、せっかくNISAで節税できていても、まったく意味がなくなってしまいます。株の売買手数料が高い証券会社などを利用している場合は手数料以上のメリットがあるのかというポイントもしっかりと見て口座開設先を選択するようにしましょう。

最近では手数料の安い金融機関なども増えてきていますし、ネット証券会社などはとりわけ手数料が安いですから、そういったところを検討するのもいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 51
    follow us in feedly

  関連記事

2016年から始まる子ども版NISA口座で家族あたりの非課税枠を増やす!

2016年からは0歳~19歳の未成年者向けの子ども版NISAが始まることになりま …

NISA口座はキャンペーンで選ばないと失敗する!

NISA口座は原則的にはすべての金融機関を含めてひとりひとつしか開設できないのが …

NISAで教育費を確保!備えあれば憂いなしとはこのこと!

消費構造というのは、家計をしっかりと把握するうえで、知っておかなければならないこ …

NISAで教育資金を上手に運用するコツは?

教育資金として利用することができるジュニアNISAは、基本的には18歳まで払い出 …

NISA口座って何?メリットやデメリットは?

株などの投資による副業を考えている場合、NISAを活用することが第一歩。 最近よ …

NISA口座でできる投資方法を知っておくことは重要!

NISA口座開設をしても、どういった投資をするかが決まっていないと話になりません …

節税なら運用益非課税のNISAがおすすめ!

NISAにおいて購入した商品が値上がりしてしまったり、配当や分配金を出すことで利 …