セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

赤字拡大で日本経済が破綻するとき、我々はなにをする?

   

国が破綻することはないという常識はなくなった現代

借金が1000兆円もあり、もはや世界一の借金大国と言われる日本。政府や日銀は過去に例のない政策を実施していますが、不況という長いトンネルを日本はまだ抜けていません。もしアベノミクスや日銀の金利政策などがうまくいかないと日本の財政破綻を招くことになり、逆に成功しても超格差社会が訪れるとされています。ですので、我々日本人はまさかの事態に備えて個人で財産を守らなければならない時代に入ってきています。

国家が破綻しないというのはもはや都市伝説であり、今では国が財政破綻をすることは驚くべきことではなくなりました。例えば、記憶に新しいギリシャです。ただ、ギリシャが財政危機に陥ったのはたった37兆円の借金が原因です。日本は1000兆円以上の借金があるのですから、常識的に考えれば日本はかなり危ないですよね?

しかし、実際にはちょっと事情が違います。というのは、ギリシャは国外の資金に頼っていたからです。海外で借金をしないと自国の経済が回らない状態なのです。実際、70%以上もの資金を海外から借りていたようです。一方、日本、つまり日本政府が借金をしているのは日本国民からです。主に国債を発行して資金を集めているわけですが、その保有者は95%以上が日本人だとされています。つまり、日本政府は海外の資金に頼らずに経済を動かしているのです。

この違いがなにかというと、日本はギリシャよりも借金額は多くても財政破綻の危険性は低いということです。気をつけたいのは、あくまでその危険性がゼロではなくて「低い」だけに過ぎない点でしょう。

日本の財政破綻に備えてしておくべきこと

このまま赤字が拡大し、なにか大きな出来事が突発的に起こったとき、日本の経済が破綻する可能性はゼロではありません。少子高齢化が進み国債を買ってくれる若い層が少なくなると海外で借金をしなければならなくなるという意見があるのです。

破綻はすぐというわけではないかもしれませんが、もし破綻が訪れたとき、日本円しか持っていなかったら非常に危険です。破綻した瞬間、1万円札や5000円札はすべてただの紙切れになるのですから。そうなると、持っていた資産はゼロになってしまいます。

ですので、自分の今ある資産を紙切れにしないために自分で資産を守らなくてはなりません。それには株式投資やFXなどの金融投資が望ましいです。破綻の恐れと同時にインフレによって資産が目減りする危険性もあります。なので、銀行にただ預けるだけでなく、インフレ率よりも高い利益率で投資をするべきです。FXは特に外貨を確保することも可能なので、より望ましいでしょう。

もし日本が財政破綻したときに外貨を持っていれば、その分は紙切れになることはなく、資産を守ったことになります。株式投資で得た利益を海外の株式市場などの投資先に分散させたり、海外でさらにほかの事業に投資したりなどで日本以外での資産を形成できればなおいいでしょう。しかし、その際にはその国が経済破綻しないように気をつけなければなりませんが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 65
    follow us in feedly

  関連記事

素直に嬉しい!株主優待でディズニーランド利用券がもらえちゃう

ディズニー好きにはたまらない株主優待 もはや説明が要らない日本で最も愛されるテー …

史上最大の株式大暴落「ブラックマンデー」について振り返ってみよう

これから株式投資を始めよう!と思っている人は当然利益を期待しての行動でしょう。 …

株式投資には価格変動リスクがある!リスクと同時にリターンとなる可能性も

証券会社を通じて、株式投資を行う場合、注意しておきたい市場リスクのひとつに「価格 …

金利変動が株式投資と節約術に与える密接な関係とは?

金利はつまり10年物の国債金利などの長期金利 一般的な生活において節約というのは …

一般信用取引とは何だろう?メリットやデメリットについてチェック

信用取引には2種類あり、一般的に信用取引と呼ばれているのは「制度信用取引」になり …

スマホ料金を節約する最短ルートは格安SIMを使うこと?

目安としてどれくらい節約できるのか 昨今は生活の必需品となったスマートフォンです …

株価アプリを導入してスマートフォンで株取引を実現する

スマートフォンの普及に伴い、今では1人1台所有する時代になってきました。 これに …

医療保険には一体いつ入ったらお得になるの?

結論から言うと、若いときに入っておくべき! 医療保険はいつ加入するのがお得なのか …

マイナス金利の時代だからこそ、国際分散投資でリスクヘッジ!

日本国内で資産運用をしている時代じゃない! 金利が下がると株価が上がる。 株式投 …

株価の値下がりを気にしないで株主優待ゲット!つなぎ売りのやり方をマスターしよう!

株式投資の魅力である「株主優待」。 銘柄自体はそこまで魅力的ではないけれど、株主 …