セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

株主優待をピンポイントで狙う!クロス取引(タダ取り)について勉強しよう

   

株式投資の魅力のひとつである「株主優待」。

もしかすると「この銘柄は別に欲しくは無いけれど、株主優待だけはすごく魅力的!」というのもあるかもしれませんよね。とはいえ、株主優待のためだけに多額の費用を投資するのは気が引けるものです。
その時に活用したいテクニックが「クロス取引(タダ取り)」と呼ばれるものです。
ここではクロス取引について紹介していきたいと思います。これが使えるようになると投資の幅がぐっと広がりますよ!

クロス取引とは?

クロス取引は「信用売り」を活用したテクニックです。利用するのは「信用取引の売り建て」と「現物取引の買い」の2つです。

株主優待を目当てに権利確定日直前に株を大量に購入しようという人はたくさんいます。そして権利確定日が過ぎたら一気にこれらの株を売却し始めます。

ですので、普通の取引で株主優待を目当てに取引すると、高い値段で株を購入し、安い値段で売却せざるを得ません。しかしクロス取引を利用するとこれを回避できます。

まず最初に、権利確定日を確定する「権利付最終日」の前に「現物買い」と「信用売り」を成り行きで同じ数だけ発注します。そして権利確定日(権利落ち日)に「現渡(げんわたし)」を行います。要するに決済ですね。これでクロス取引は完了!

これだけだといまいち分かりづらいので、具体例で紹介していきます。

例えばA株の株主優待は権利確定日前までに100株保有しておく必要がある、としましょう。ちなみに株価は100円。

そこで事前に「現物買い」と「信用売り」で100株ずつ発注しておきます。現物買いで100円(株価)×100株=1万円の出費、信用売りで証券会社から100株借りてそれを売却、100円(株価)×100株=1万円の利益になります。つまりトータルでの出費はありません。

権利確定日が過ぎ、株価が90円にまで落ちてしまいました。しかし現物買いと信用売りの発注は済んでいるので、あとは信用売りに使った分を現物買いで手に入れた株で証券会社に返却します。これでクロス取引完了です。後日株主優待が手元に届きます。

しかし厳密には売買手数料、貸株料(信用売りの金利)、逆日歩のコストがかかってきます。逆に言えば、これらのコストだけで株主優待が受け取れる、ということになります。

クロス取引に必要なコストを考える

クロス取引では現物買い、信用売りを同時に行うため、どうしてもいくつかのコストがかかってきてしまいます。このコストが株主優待の価値よりも高ければクロス取引は行うべきではないと判断できるでしょう。

売買手数料

現物買い、信用売りの際にかかってきます。どれくらいの手数料がかかるかは各証券会社によって異なるのでよく確認しておきましょう。

貸株料(金利)

信用売りは証券会社から一時的に株を借りて、それを売却する取引方法です。借り手入り日数の分だけ利息を支払わなくてはなりません。

逆日歩

逆日歩とは「制度信用取引(私たちにとってなじみの深い信用取引)」によって銘柄が株不足になった際に追加のレンタル料として発生するものです。必ず発生するわけではありませんが、クロス取引を行うタイミングで発生しやすいので注意しておく必要があるでしょう。特に優待の内容が非常に良い、人気の高い銘柄の場合、ある日突然超高額な逆日歩が発生することもあります。

配当相当額の支払い

配当金が用意されている銘柄を使った信用売りの場合、信用買いをしている人に対して配当金を支払う必要があります。これが配当相当額の支払いです。クロス取引を利用した場合、信用売りで支払う配当相当額、そして現物買いで受け取った配当額の差額がコストです。

クロス取引の注意点


株主優待を受け取るためにとても便利なテクニックなのですが、クロス取引を行う前に覚えておきたい注意点があります。確認しておきましょう。

銘柄が限られてくる

信用取引の売り建てができる銘柄は「取引所が選定した銘柄のみ」となっています。つまり、どの銘柄でも必ずクロス取引ができるわけではない、ということです。

ただし、一般信用取引(無期限信用取引)でのクロス取引ならほぼ全ての銘柄が対象になります。しかし証券会社によっては一般信用取引によるクロス取引に対応していないこともあるので証券会社選びが重要となります。

逆日歩の危険性

先述した通り、優待内容がお得な銘柄ほど大きな逆日歩が発生する可能性が高まります。そして厄介なことに、逆日歩が発生するか否かは取引の翌営業日にならないと分かりません。ですので事前に準備する、というのが難しいわけです。お得に株主優待を手に入れるためにクロス取引をやったのに、逆日歩のせいで大きくマイナスになってしまった…という可能性も否定できません。

こちらも一般信用取引のクロス取引を活用すれば逆日歩のリスクがありません。というのも、一般信用取引では逆日歩がつかないからです。

まとめ

クロス取引について紹介してきましたが、何となく仕組みは理解できたのではないでしょうか。

株式投資の旨みであり、魅力となる株主優待を目当てにしたテクニックですのでぜひ検討してみたいものです。と言っても、先程から何度も紹介している通り、場合によってはコストが莫大にかかってしまう可能性もありますし、株主優待の内容よりもコストの方が高くついてしまう可能性は否定できません。

ですので、保有するほどでもないけれど株主優待は気になる、という銘柄以外にはあまり使わない方が良いかもしれませんね。もし銘柄そのものが魅力的で、株主優待の内容も優れているのなら長期的な保有を視野に入れた方が良いと思います。

株主優待投資向けネット証券ランキング

>> この3社がお薦めの理由を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 65
    follow us in feedly

  関連記事

収入保障保険で節約しながら残された家族を守る!

シンプルな保険ゆえに保険料が安い! いくら節約をしなければならないと言っても、削 …

株式投資には価格変動リスクがある!リスクと同時にリターンとなる可能性も

証券会社を通じて、株式投資を行う場合、注意しておきたい市場リスクのひとつに「価格 …

景気に左右されずに株で儲けるには?上手な銘柄選び

株式投資というのは、どのような銘柄が良いのでしょうか。やはり、少しでも儲けやすく …

株価下落時も収益のチャンス!信用取引の「空売り」をマスターしよう

株式投資について色々と情報を集めていると必ず目にするキーワードとして「空売り」が …

ハイリスクハイリターン?株の信用取引の内容やメリット・デメリットを把握しよう

株式投資は比較的ハイリスク・ハイリターンな資産運用のひとつだと言われています。 …

金利の変動が負担に?「金利リスク」について考える

投資におけるリスクには色々なものがありますがそのひとつとして「金利リスク」が挙げ …

一般信用取引とは何だろう?メリットやデメリットについてチェック

信用取引には2種類あり、一般的に信用取引と呼ばれているのは「制度信用取引」になり …

株主優待について初心者でも分かりやすく紹介!

株式投資は資産運用の定番です。 もちろんお金を増やすことが目的、という人が大多数 …

子供(未成年)でも口座開設できる証券会社は?必要書類なども併せて確認してみよう

証券会社に口座開設して株式投資などを行うのは社会人になってから、というイメージが …

中国経済の失速で影響を受ける日本経済と日本人の生活

日本のビジネスモデルが正しいのかどうか問われている 中国の経済が著しく成長してい …